fc2ブログ









神奈川学校保健研究会で井澤代表が講演「現代のいじめの問題点」。養護教諭の方はじめ保健関係者の方々が参加。 

230121 神奈川学校保健研究会講演1

神奈川学校保健研究会で 井澤代表が講演
養護教諭の方々に「現代のいじめの問題点」

 1月21日(土)、「現代のいじめの問題点」と題して、井澤一明(いじめから子供を守ろうネットワーク)代表が、神奈川学校保健研究会主催の1月例会にて、講演させていただきました。
 神奈川学校保健研究会は、神奈川県内の養護教諭の先生や小・中・高校の一般教諭、子供たちの指導者などの保健関係者が研鑽を高めるために発足し、月例会や講習会を開催しています。
 
 今回の1月例会は、当初は神奈川学校保健研究会事務局のある神奈川県予防医学協会(横浜市)で行い、養護教諭の先生方はじめ同研究会の方々にオンラインセミナーで参加していただく予定でしたが、感染症予防の観点から、いじめから子供を守ろうネットワーク本部からの開催になりました。井澤代表は講演の後、オンラインで視聴していた養護教諭の方々からの質問にもお答えさせていただきました。
  
230121 神奈川学校保健研究会講演2
【写真】 いじめから子供を守ろうネットワーク本部から
オンラインで講演する井澤一明代表

 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

[ 2023/01/26 11:27 ] 活動報告&集い | TB(0) | コメント(0)

◇ 代表メッセージ (2023年1月) ◇◆ いじめは、春休みに入る前に解決しましょう ◆◇ 

230114 富士と朝日

◇ 代表メッセージ ◇
◆◇ いじめは、春休みに入る前に解決しましょう ◇◆

あけましておめでとうございます
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

早速ですが、ほっとするニュースが一件ありました。
昨年の2022年12月3日から行方不明となっていた伊豆の国市の中3男子生徒が、1月5日に伊豆の国市内で無事保護されました。
生徒は、学習塾に行くとして、伊豆箱根鉄道の駅で目撃されたのを最後に、行方が分からなくなり、静岡県警が公開捜索していました。

ただ、もう一件、倉敷市の中3男子が去年11月13日から行方が分からなくなっています。
倉敷駅付近で乗っていたとみられる自転車が見つかり、本人の服装と似た人物が三原駅まで移動していたことがわかっていますが、まだ見つかっていないとのことで、寒くなっていますし、心配な状況です。

三学期が始まりましたし、受験も始まります。
昨年のこの時期には、大学入学共通テストの会場の前で高校生が切りつけるという事件が起きています。
子どもたちにとってはストレスが溜まりやすい季節です。

いじめ問題についても注意が必要です。
学年が変わったり、卒業が間近に迫っている時期のいじめ事件では、次の点について特に注意しておいていただきたいと思います。

1. 春休み前に解決しておかないと時間切れ扱いになりやすい。
2. 4月から加害者と同じクラスにならないようにするには、早めに学校に相談する必要がある。
3. 「いじめの調査」ではなく、「いじめの解決」を中心にして学校と交渉すること。

いじめ問題が起きていなければ気にする必要もないのですが、特に一点目の「時間切れ」にはご注意いただきたいと思います。

しっかりといじめに対処できる学校やいじめ解決が得意な先生がいる学校であれば、早ければ一日、長くても二週間以内には解決していただけます。
しかし、
「加害者が認めないので、話し合っています」とか、
「加害者の保護者がいじめを認めないので困っています」
「いじめの証拠が見つからないので加害者と認定できません」
など様々な理由によって、迅速にいじめを解決することに消極的な学校が存在します。

この学校側の理由を受け入れてしまうと、特に三学期はいじめが放置されることになりかねません。
ずるずると時間ばかりかかって何も解決しない状態で、学年末を迎えてしまうと
「学年が変わっても加害者と同じクラスになった」
「担任が変わって今までのことがまったく伝わっていない」
「卒業を理由にいじめについては全く対応をしてくれなくなってしまった」
このような事態が起きてしまうことがあります。
したがって、学年末までにいじめを解決することと、さらに加えて「再発防止策」を実施していただくことが必要です。

私たちのところに相談に来る方で、春休み直前になって
「この学年が終わるので、安心して相談できるようになりました」とおっしゃる方もいらっしゃいます。
しかし、それでは解決する時間が残されていません。
加害者も春休みに入ってしまいます。
学校も春休み中の子どもたちを呼び出して事情を聞いたり、加害者らを叱ることを嫌がります。

2月が過ぎれば3月、春休みは目前に迫ってまいります。
いじめは「早期発見・早期解決」が大きな鍵です。
お子さんの様子に不安を感じたりすることがあるようでしたら、早々にご相談いただければ幸いです。


一般財団法人 いじめから子供を守ろうネットワーク
代表 井澤一明


井澤一明ブログ:
http://ameblo.jp/kzizawa/
Facebook: http://www.facebook.com/kz.izawa
Twitter: @kzizawa

 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2023/01/15 07:07 ] 代表あいさつ | TB(0) | コメント(0)

◇ 代表メッセージ(2022年12月)◇◆ いじめが増加傾向に ◆◇ 

221228 ペンギン

◇ 代表メッセージ ◇
◇◆ いじめが増加傾向に ◇◆

12月、めっきり寒くなってまいりました。
師走ですね。
冬休みに入りますし、受験生にとっては追い込みの季節です。
ご家族の皆様もなんとなく忙しいと感じているのではないでしょうか。

いじめ相談を受けていると発達障害という診断を受けている子がいじめられるケースによく出会います。

12月13日に文部科学省は、
調査の結果、通常学級に通う公立小中学校の児童生徒の8.8%に発達障害の可能性があると公表しました。
これは、1クラスに約2人から3人という割合になります。
報道によると、10年前の前回調査からは2.3ポイント上昇し、その約7割が「特別な教育的支援が必要」と判断されていなかったとしています。
その理由を文科省は、特別支援教育の知識がある教員が少なく、適切な支援ができていない可能性があるとのことです。
この結果に対して、文科省は、この10年で広く一般でも発達障害への理解が深まったことを考えると、上昇率は「高くない」と見ているとのことでした。
この調査は、公立小中学校の通常学級の5万3951人に対し、学級担任らチェックシートに回答する形での調査で、
1.「学習障害」(LD)
2.注意欠陥多動性障害(ADHD)
3.高機能自閉症
の三項目について調べたものです。
また、学年別では、小1が12.0%、小5が8.6%、中1で6.2%、中3では4.2%となっており、学年が上がるにつれて割合は減少する傾向も見られます。

ネットで見つけた記事ですが、いじめと発達障害の関係について、榊原洋一先生(CRN所長、お茶の水女子大学副学長 当時)のメッセージを引用させていただきます。
--------
「発達障害の子どもといじめと仲間はずれについての興味深い研究をアメリカのトウィマン(Twyman)さんという研究者が行っています。
そこで明らかになったのは、発達障害といじめの間には極めて密接な関連があるという事実です。(中略)
注意欠陥多動性障害のある子どもの中で、いじめっ子の割合は定型発達児と有意な差はなく、いじめられっ子の割合が定型発達児の3倍以上になっていることがわかります。(中略)
自閉症の子どもは注意欠陥多動性障害の子どもと同じく、定型発達児と比べていじめられっ子の割合が3倍近く多いことがわかったのです。
---------

ここに述べられているのは、
・発達障害の子がいじめっ子になる割合は、普通の子と変わらない
・発達障害の子は普通の子に比べて3倍いじめられやすい
ということでした。
アメリカでの統計とのことですが、このような傾向は日本でも同じだと考えて良いように思います。
ただ、いじめ問題はその子の特質だけの問題でははなく、日本においては、学校や教師の対応が大きく影響を与えます。

先日も、学校が加害者の主張のみを教育委員会に報告するという残念な事件が起きています。
12月13日の宮城県栗原市の小4男子がいじめによって不登校になり、重大事態として認定されたという報道です。

記事によると、
被害者の保護者の話では、男児は昨年9月、ドッジボール中に味方から体を押さえつけられ、別の味方の児童から顔にボールをぶつけられました。
昨年12月には廊下に連れ出されて腹を殴られ、「この世から消えろ。死んでしまえ」と言われたとのこと。
このいじめは今年11月まで続き、適応障害と診断されたあります。
しかも、今年1月、学校側は「関係性に改善がみられた」「いじめは解消した」と判断し、被害者の保護者に確認しないまま加害児童と同じクラスしたのです。
さらに、学校は市教委に対して、加害児童側から聞き取った内容を中心に概要をまとめて報告していたといいます。
具体的には
・被害児童がルールを守らないので(加害者側が)極度に謝ることを求め、それに対して被害児童が強いストレスを抱いた
・加害児童が、暴れた被害児童を止めに入ろうとして手を出した
というものです。
反対に、被害者側が学校に話したいじめの被害や訴えは、市教委にほぼ報告されませんでした。
このことについて、市教委の話では、男児側の「腹を殴られた」などの訴えは確認できなかったとして報告していないというのです。

これは学校による隠蔽以外のなにものでもありませんし、情けないことに「被害者が悪い」と印象付ける報告まで行っているのです。
善悪の判断を故意にされているようにさえ見えます。
しかしながら、宮城県ではこのような事件が何度も何度も続いています。
被害者を守らんとする気概がない教育では子どもたちを健全に育てることは難しいのではないでしょうか。
恥ずかしいという気持ちを持ち合わせていないのでしょうか。
残念でしかたありません。

また、大阪の枚方でも学校の隠蔽事件が起きているようです。
報道によりと、
「大阪府枚方市立中学校の女子生徒が、同級生らからいじめを受け、教育委員会が重大事態と認定し、調査を進めていることが分かりました。
いじめ発覚後、学校側が半年以上問題を放置していたということです。」
とあります。

両親は発覚直後に部活の顧問に相談しましたが、半年以上、教諭間で共有するなどの適切な対応をしてもらえず、女子生徒はその後、PTSDと診断されて転校しました。
それどころか、この顧問は、約7カ月後、両親から再度の相談を受けると、被害生徒が悪いと勝手に決めつけ、加害生徒らの前で謝罪させたというのです。
被害者に謝罪させるという手法は、被害者を黙らせるという意味で学校に都合の良い手法ですが、なんらの解決にもならない、学校の隠蔽手法です。
この手法に対して、私たち「いじめから子供を守ろうネットワーク」は、セミナーや講演会を通して、その危険性を訴えてきました。
被害者の精神的ダメージが大きく、翌日から不登校になってしまうケースがあまりにも多いのです。
謝罪すべきは加害者です。当然のことです。

保護者であっても学校の中では、直接に自分の子を守るということは難しいものです。
いじめ問題は早期発見・早期解決が原則です。
いくら「重大事態」と認定されたところで、元には戻れないことの方が多いのです。
学校や教師がいじめに真剣に取り組む姿勢を取り戻さない限り、子どもたちを守ることができません。
こんな学校や教師を放置していることが問題なのです。
ですから、いじめ防止対策推進法の中に、いじめを放置したり、いじめへの加担、いじめを黙認、さらにはいじめ隠蔽の指揮をとった校長や教員に対しての罰則を明記する必要があるのです。

新型コロナがまた増え始めています。
しかし、コロナに慣れたためでしょうか、学校でのいじめも、また増えてきているように見えます。
なにか不安に思うことがありましたら、ご遠慮なくご相談ください。
まもなく訪れる冬休み、お正月、子どもたちの疲れた心が癒やされますように。
皆様、良いお年をお迎えください。


一般財団法人 いじめから子供を守ろうネットワーク
代表 井澤一明

井澤一明ブログ:
http://ameblo.jp/kzizawa/
Facebook: http://www.facebook.com/kz.izawa
Twitter: @kzizawa


 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2022/12/28 16:07 ] 代表あいさつ | TB(0) | コメント(0)

「おおいたNPO博」に出展 いじめ防止を呼びかけ! いじめから子供を守ろうネットワーク大分 

221130 1120おおいたNPO博チラシ-1

「おおいたNPO博」 でいじめ防止呼びかけ!
いじめから子供を守ろうネットワーク大分

 
 11月20(日)、大分市で「第6回 おおいたNPO博」が開催され、「いじめから子供を守ろうネットワーク大分」が、昨年に続いてブースを出展、いじめ防止チラシを配布するなど、ご来場の方々にいじめ防止を呼びかけました。

221130 1120おおいたNPO博2

 「おおいたNPO博」は大分市で活動している市民団体が一堂に集まり、日頃の活動を発表するイベントで、JR大分駅すぐの「祝祭の広場」で開催されました。今年は27団体が参加し、ステージではダンスや演奏等も行われました。

221130 1120おおいたNPO博1
【写真】 多くの市民の方々がお立ち寄りくださいました
221130 1120おおいたNPO博3

 「いじめから子供を守ろうネットワーク大分」のブースには、お子さん連れの方等、100名以上の来場者がお立ち寄りくださり、198枚のいじめ防止チラシをお渡しするなど、大盛況でした。

 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2022/11/30 17:37 ] 活動報告&集い | TB(0) | コメント(0)