fc2ブログ









◇ 代表メッセージ (2022年5月) ◆◇ 5月、いじめが始まる季節 ◇◆ 

220514 花しょうぶ1

◇ 代表メッセージ ◇
◆◇ 5月、いじめが始まる季節 ◇◆


新緑の季節、5月です。
気持ちの良い朝を迎える日も多くなったことと思います。
ゴールデンウィークも終わり、子供たちも本格的な勉強の時間を迎えていることでしょう。

私立高校のサッカー部コーチによる暴行の様子がネットにアップされた結果大きな事件となっています。
熊本県八代市の私立秀岳館高サッカー部のコーチによる部員への暴行事件の報道が収まりません。
5月5日の学校の記者会見では、部内での暴行が38件にも上ったという報告がなされています。うち同コーチによる暴行は24件、生徒間の暴行が13件、けが人も8人確認されたものです。
このコーチはすでに書類送検されています。いじめであり、立派な犯罪です。暴行でけが人も出ていますから、傷害罪です。
さらにとんでもない事実も報道されています。
4月26日には、部員が入学前の中学生に暴力を振るっていたことが明らかになりました。
中学生はサッカー部に入部を予定しており、入学前から寮に入っていたのですが、3月下旬、暴力を受けて退寮して、スポーツ推薦で入学できなくなってしまいました。
この中学生に対する救済措置がないまま新学期を迎えてしまっています。中学浪人をつくり出してしまったことに対してなぜ、秀岳館高校は、責任を取ろうとしないのでしょうか。
この年齢での一年のブランクは人生への影響が大きすぎます。あまりにも身勝手だと感じます。

この一連の事件は部員がネットにあげた動画がきっかけで発覚したものですが、それを隠蔽するために監督は、生徒らに謝罪動画をあげさせたり、自らテレビ番組に出演し、虚偽の内容で火消しを図ったことが暴露されてしまいました。
監督が土下座して謝罪したと報道されていますが、それで済ませて良いわけがありません。
加えて、かつて監督に暴力をふるわれたというOBの証言も報道されています。
暴力による支配が常態化したために、部員もまた暴力による支配が当然という考え方を受け入れたのでしょう。
本末転倒です。本来、高校は、サッカーをするために存在を認められているわけではありません。サッカー選手の養成所ではありませんし、高校を有名にするための道具でもありません。

なんのための教育なのか、なんのための学問なのか。
教育関係者は日々、自らに問いかけていただきたいのです。

話は変わりますが、新型コロナによる蔓延防止策が解除されている今、マスクをしているとはいえ、今年度の子供たちにとっては2019年以前のような学校生活が始まっています。
つまり、いじめ問題においても例年並の事件が起きる可能性が高くなっているということです。
4月の間は様子をお互いの伺っていた子供たちですが、この5月ぐらいから慣れてきます。
改めて、「5月」です。
慣れると同時にいじめが起きる可能性も高くなってきます。
それが5月という時期なのです。

私たちのところには、早々に、いじめ相談も入ってきています。
新入生として入学してたった一ヶ月でいじめが始まってしまいました。

そこで、保護者の皆様には、いじめが起きた場合に慌てずに対処する方法について知っておいていただきたいのです。
大切なことは、「いじめだ」と感じたら躊躇しないことです。
すぐに学校に連絡、相談してください。
いじめに対処するのは「学校の責務」です。学校はいじめに対処する義務があるのです。

ある中学生は、いじめが始まって一週間程度で不登校になりました。
その子の方を向いて、こそこそ笑う、
ひそひそばなしが聞こえてくる、
あだなをつけられる、
なんとなく避けられる。
そんないじめが続いた一週間。
朝、学校に行きたくないと言い出し、なんとか送り出しても、学校から帰ってくるなり部屋に引きこもり、次の日には朝から泣いて母親に八つ当たりします。
不登校になりました。
たった一週間ですが、その子にとっては地獄のような毎日です。
このような精神状態にまでなってしまうと、簡単には学校に通えるようにはならないのです。
学校が大好きだった子が一週間でこんなにも変わってしまいました。

「もう少し様子を見よう」と考えないでください。
お子さんからこのような相談を受けたら、すぐに学校に相談することをおすすめします。
しかし、実際には、「担任の先生に迷惑がかかるかもしれない」と考えてしまう方も多いように思います。
あるいは「私なんかが校長先生に直接電話して良いのでしょうか」とおっしゃる方もいます。

確かに勇気もいります。
でも、お子さんの一生にかかわる精神的な傷が残るかどうかの瀬戸際には、そうは言っていられないということも事実です。
お子さんを守るため、小さな一歩を踏み出していただきたいのです。
この小さな一歩は、ものすごく大きな一歩なのです。
「初動」をどう動くかで、まったく違った結果になります。
言葉は丁寧で、優しい言葉遣いで話すことは大切ですが、心のなかでは「うちの子をどうしてくれるんだ。いじめなんか絶対に許さない」というぐらいの強さを持って交渉に臨んでいただきたいと思います。
やや過激に聞こえるかもしれませんが、隠蔽圧力に負けない強さを持つことは大切です。

その場合に、手書きでも結構ですから、いじめの内容を、紙に書き出したり、パソコン等に打ち込んだりして、できるだけ、直接に手渡していただきたいと思います。
加えて、学校にお願いする内容も別の文書にして渡すことが、交渉をスムーズに運ぶポイントになります。
学校に依頼する内容としては、すぐにいじめを止めさせること。
加害者を叱ること。
加害者に謝罪させること。
それ以外にも、いじめを2度としない約束、加害者の保護者に連絡すること、グループ替えやクラス替え、席替え、あるいは休み時間の見守りなどの要望を入れても良いでしょう。

加えて、学校との交渉の場には、何人かで訪れることをおすすめしておきたいと思います。学校が「いじめの対処」を渋ることが無いようにするために効果的です。

簡単にいじめが起きたときの対処について書きましたが、よくわからない点も多いと思います。
不安に感じたら、どうぞご遠慮なくご相談いただけるとうれしく思います。

一般財団法人 いじめから子供を守ろうネットワーク
代表 井澤一明

井澤一明ブログ:
http://ameblo.jp/kzizawa/
Facebook: http://www.facebook.com/kz.izawa
Twitter: @kzizawa

 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2022/05/14 11:50 ] 代表あいさつ | TB(0) | コメント(0)

★☆ 月刊誌『健』にいじめ特集記事掲載 ☆★ 

220420 雑誌「健」
【写真】 雑誌『健』2022年5月号

★☆月刊誌『健』にいじめ特集記事掲載☆★

学校の保健室向けの月刊誌『健』2022年5月号に、いじめ解決に関する、井澤代表の記事が、掲載されました。

「知っておくべき「いじめ」の正体 ― 発見・対処・解決の知識」というタイトルで、19ページにわたる特集記事です。
全文を掲載することは違法になってしまいますので、目次だけですがご紹介いたします。

目次
1.いじめの発見なくして解決なし キーパーソンは養護教諭
2.いじめは1日で解決できる いじめを解決できる学校がいい学校
3.大人が出ないと解決できない いじめの定義といじめ防止対策推進法
4.いじめは学校で起きている 学校現場のいじめの現状
5.原因は「精神的成長度の未熟さ」 最近のいじめの特徴
6.実際に解決したのは… いじめを解決するための具体的方法の提案
7.「解決に真剣に取り組むこと」が一番の近道 代表的な3つの“まずい対応”
8.大切なのは「善悪をはっきり示すこと」 いじめを起こさない学校・いじめを解決できる学校
9.「いじめに負けるな」 子どもたちに伝えてほしいこと

月刊雑誌『健』2022年5月号(日本学校保健研修社発行)のURL →
https://www.school-health.jp/current/

お時間があれば、ご覧いただければと存じます。

いじめから子供を守ろう ネットワーク


 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2022/04/22 07:07 ] 活動報告&集い | TB(0) | コメント(0)

◇ 代表メッセージ (2022年4月) ◆◇ 新年度がスタート! ◇◆ 

220409 桜 しだれ桜

◇ 代表メッセージ ◇
◆◇ 新年度がスタート! ◇◆

入学式を迎えた皆さん、そして保護者の皆様、おめでとうございます。
やや遅めの桜前線も東北、北海道に到達しつつあり、すでに関東では桜も散り始めましたが、入学式を桜の下で迎えた子も多かったことだと思います。

今年度が、子供たちにとって素晴らしい一年となりますように、心よりお祈りしたいと思います。

何回か取り上げておりますが、昨年3月の北海道旭川市の中2凍死事件ですが、3月27日に第三者委員会が「いじめとして取り上げる事実」があったと認定する旨をご遺族に報告したという報道が出ています。
詳しい報告は改めてなされるようですが、なんとかここまで来ました。
今まで、学校や教育委員会は断固としていじめと認めませんでしたが、この発表後の3月29日に、教育長がご遺族に謝罪したとのことです。
しかし、遅すぎます。いじめと認めないという方針でねばり続けて、ここにきて、逃げられなくなったと考えたとしか思えません。
教育長なりのパフォーマンスなんでしょうが、この第三者委員会の報告が旭川市の教育行政の根本的改革の契機になることを期待したいものです。

また4月5日付東京新聞によると、八王子市立小学校に通っていた男児(12)が、いじめが原因で2019年から長期の不登校になった問題で、第三者委員会が、いじめや担任らの不適切な対応が不登校の原因と認定したとのことです。
さらに学校と市教委の対応のまずさも指摘していることがわかりました。
指摘内容を簡単にまとめると、
1.担任が男児の気持ちに寄り添うような言葉掛けをしなかったこと。
2.校長は「重大事態」と認識していたが、約3カ月間、調査を実施しなかったことを「放置」と指摘。
3.市教委も「保護者の信頼を得られず、事態の収拾を取りまとめる力がなかった」と組織が機能せずと指摘。
というものです。

この2件の事件共に、第三者委員会の力を借りて、やっと正常に戻りつつあるというニュースです。
しかし、第三者委員会が設置された後では遅すぎます。いじめは早期発見、そして早期解決が絶対に必要です。

いじめなんかない方が良いに決まっています。ですから、新しいクラスで、いじめられないための対策をとっておくことも、かなり効果があります。
まず、子供自身による仲間づくり。集団の力を利用することだと思います。
現在のいじめの大半は、一人の子を集団でいじめるという形態です。集団に対抗するには、個々で対抗するのではなく、集団で対抗することが効果的です。友人、仲間が多ければ、いじめられることは少なくなります。

ただ、そうは言っても、人見知りする子もいますし、孤独を好む子もいます。
小学生の間は、保護者は学校でのお子さんの様子を頻繁に見ることをお勧めしたいと思います。直接、お子さんから学校の様子をこまめに聞いておくことは大切だと思います。
しかし、あまり話してくれない子もいますよね。そんな時は、学校に様子を見に行って頂きたいのです。
ただ、コロナ禍ですので、学校が見学することを認めてくれないこともあります。その場合の次善の方法としては、「ママ友」から情報集めということになりますでしょうか。ママ友のお子さんたちからの情報を集めようと試みることをお勧めしたいと思います。
その結果、何事もなければとりあえずは安心です。
状況が変わる場合もありますので、定期的に情報を集めるなど、意識を広げておくことは大切です。

個性的であることはとても大切なことだと思います。ただ、小学生ぐらいですと、極端な悪目立ちにならないことも必要です。
例えば、クラスの中で一人だけ毎日遅刻して登校する。いつも、何かを忘れて周りの子から借りまくるみたいな状況ですと、仲間外れになったり、いじめを受けやすくなったりすることもあります。
やはり社会通念上のルールから逸脱しすぎている場合には、保護者が手伝ってあげたりして、徐々にで良いので様々なことが一人でできるようにしてあげて欲しいと思います。

中学生、高校生になると、自立心が強くなってきますので、子供に悟られないようにしながら見守っていくという工夫も必要です。
何よりも「相談しやすい親」であっていただきたいと思います。
また、この年代になってくると、小学生とは違って、欲しがるものも高価な物になったり、お出かけもかなり遠くまで足を延ばしますし、ちょっとしたことでもかなり大きな問題になることも多くなります。いじめ問題においても、警察沙汰になるようなことも起きやすい年代と言えます。
問題は「親が心配する」ことを、子供自身が嫌がることだと言えます。子供たちの成長の証ではあると思いますが、親の心配はつのるばかりです。
子供には、自尊心や自主性を大切にしながら、成長して行って欲しいものです。
ですから、ご家庭によっての違いもありますし、どの程度の干渉が適切なのかと気にかけておくことが大切になります。

新しい年度が始まり、親、特にお母さんにとっては心配事が尽きないと思います。
「まかせてまかさず」という言葉もありますように、大切なことは、子供たちの自主性を大切にしながらも、放任することなく、危険な領域に踏み込ませないようにする、つまり、「守っている」ことを気づかせないで、守ってあげることだと思います。
実際には難しいことだと思いますが、子供たちの1日、1日を見守って行きたいと思います。

一般財団法人 いじめから子供を守ろうネットワーク
代表 井澤一明

井澤一明ブログ:
http://ameblo.jp/kzizawa/
Facebook: http://www.facebook.com/kz.izawa
Twitter: @kzizawa

 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2022/04/09 07:07 ] 代表あいさつ | TB(0) | コメント(0)

◇ 代表メッセージ(2022年3月)◇◆ 教師は「いじめだ」と認める勇気を ◆◇ 

220319 伊達政宗1


◇ 代表メッセージ ◇
◇◆ 教師は「いじめだ」と認める勇気を ◆◇


気温も上がりはじめ、春らしくなって参りました。
桜も咲き始めています。テレビのチャンネルを切り替えるたびに桜の話題が耳に入ってきます。

先月も述べましたが、学年末を迎えたこの時期は、いじめ解決を学校がいやがったり、生徒が卒業したり、春休みだったりと、いじめの解決には困難な壁が待ち受けています。

そのような中、3月15日に、いじめは「ポピュラーな遊び」であるとし、いじめを放置したという学校のニュースが入ってきました。
Yahooに掲載された読売新聞の記事によりますと、昨年12月15日、仙台市の小1の男子が、給食の時間内に食べ終わらなかったために、昼休みに給食を食べていたところ、同級生にトイレへ連れて行かれ、8人から殴ったり蹴られたりされたといいます。
その結果、「全身打撲」、「急性ストレス反応疑い」として全治4週間の診断を受けたという事件がおきてしまいました。
事件翌日から、児童は不登校になり現在も続いています。

保護者が学校に調査するように求めたところ、学校側はいじめを否定し、「ポピュラーな遊びだった」、「加害者側もたたかれた」と発言したとあります。
被害者だって身を守るためには抵抗します。当たり前です。
それを加害者と同列として良いわけがありませんし、殴る、蹴るを「遊び」ということ自体、異常な言動です。
保護者が話し合いを求め、やっと今年の3月4日に市教委と話し合うことができました。
市教委は「いじめがあったという前提で、学校内で詳しい状況を確認している」とし、重大事態として第三者を含む「いじめ調査委員会」を学校に設け、調査することが決まったと報道されています。

組織の体質が変わるということは難しいことなのだと、つくづく感じた事件です。
仙台では、かつていじめによる自殺が相次いで、大きな問題になりました。
2014年9月、仙台市泉区で中1男子生徒が自殺、この事件では亡くなった後、学校が、同級生に「転校した」と虚偽の説明していたことが判明しています。
2016年2月、泉区の中2男子が自宅で自殺、亡くなった後、教師が同級生を訪問して、男子からのいじめに関するLINEの会話を、その場で削除させていました。
2017年4月、青葉区の中2男子がいじめによりマンションから飛び降り自殺していますし、この被害者に対して教師が体罰を行っていたことも判明しました。
さらに2018年11月、泉区では小学2年女子のいじめを苦にした母子心中事件、仙台市ではないのですが亘理町(わたりちょう)でも、2019年3月に中2男子の自宅での自殺と続いてきました。
私たちのところに届いたいじめ相談でも、「仙台市がいじめを認めない」という訴えに、何度も出会ってまいりました。

宮城県や仙台市のここ数年のいじめの認知件数を見てみると、極端に少ない数字を報告するようなことはしていないようなので、いじめに対する認識や対応も良い方向に変わったのだろうと勝手に推測しておりました。
しかし、今回の事件の学校の対応を見る限り、仙台市はまだまだ変わりきれていないことがよくわかります。
長年に染み付いてしまった悪しき習慣が、ずいぶんと深いところまで食い込んでしまっているように見えます。

教師は、いじめから目をそらさずに、「それはいじめだ」として認める勇気を持ちなさいと言いたいのです。
「『いじめ』でなければ対応しなくても良い」という自己保身に満ち満ちた考えで子供たちに応対していて、本当に教育ができると考えているのでしょうか。教育者としての自己を放棄しているようにしか見えません。

いじめでなくても、子供たちが悩んだり、苦しんでいるならは、「助けたい」、「力になってあげたい」と思うのが人間としての気持ちではないでしょうか。
ましてや「教育者」であるならば放置して良いわけがありません。
宮城県のすべての教員がひどい人間ではないと信じています。
しかし、これだけ続けて事件があり、義家弘介議員が文科副大臣のときには、直接仙台市長や仙台市教育長を指導したり、文科省からも何度も対応のための職員が派遣されたりしたはずです。
組織としての「病」が隠れているのではないでしょうか。あまりにも残念です。

宮城県知事、仙台市長はリーダーシップを発揮すべきです。
出発点は「考え方」にあります。
教師の考え方そのものの変革にアプローチしなければ、このいじめ問題の解決力、対応力の向上は難しいのではないかと思います。
子供たちにとって学校が「希望」であり「夢」に向かう重要な足場であることは間違いありません。
「希望」や「夢」を奪う場ではなく、「与える場」としての実績を示していただきたいと思います。

もうすく春休みです。
もうすでに卒業式を終えた子も多いことと思います。
新しい学校、新しい学年に臨むにあたり、しっかりと子供たちの心を休ませてあげたいと思います。
不安を抱えている子もいるかも知れません。
なにか不安なことがございましたら、ご遠慮無くご相談いただければ幸いです。

一般財団法人 いじめから子供を守ろうネットワーク
代表 井澤一明

井澤一明ブログ:
http://ameblo.jp/kzizawa/
Facebook: http://www.facebook.com/kz.izawa
Twitter: @kzizawa

 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2022/03/19 10:27 ] 代表あいさつ | TB(0) | コメント(0)