FC2ブログ









◇ 代表メッセージ (2021年2月) ◆◇ 大津いじめ事件の最高裁判断 ◇◆ 

210213 最高裁


◇ 代表メッセージ ◇
◆◇ 大津いじめ事件の最高裁判断 ◇◆


2011年10月に起きた滋賀県大津市のいじめ自殺事件。
すでに10年近くの歳月が過ぎ去りました。
2021年1月25日には、最高裁が上告を退け400万円の賠償命令が確定したとのニュースが流れました。

大津地裁は、自殺はいじめが原因だったとし、加害者2人に合わせて3700万円余りの賠償を命じましたが、その後、大阪高裁は自殺の原因はいじめと認めましたが、賠償金については、
1.両親が生徒を精神的に支えられなかったこと、2.大津市が和解金を支払っている等として、賠償額をおよそ400万円としました。

今般、最高裁が、上告を退けることで、二審の大阪高裁の判決が確定したのです。

被害者の父は、
「いじめは相手を自殺に追い込む危険な行為だと司法が判断したが、息子が亡くなった9年3か月前は、そうは考えられていなかった。事件は司法判断の流れを変え、被害者の救済に大きくかじを切るきっかけになったと思う。
判決がいじめ問題の解決につながっていくことを祈ります」
と話したことが報道されています。

また、原告側の弁護士は、
「いじめで自殺することは特異的で、損害は通常生じるものとはいえないというのが、これまでの判例だった。
今回、高裁と最高裁が通常の損害だと認めたことで今後立証のハードルが下がることになり、極めて先駆的な国内初の判例になった」
と評価しています。

確かに、「自殺の原因はいじめだった」と認定されたことは、今後のいじめ事件による訴訟に対して、大きな方向を提示したと言えます。
ですが、「いじめによって精神的に追い詰められ、自殺するまで追い込む」というパターンは、起きうることであり、大津いじめ自殺事件の以前において、「自殺の原因はいじめではない」との判断がくだされていたという現実があり、それ自体が異常なんだと言わざるをえません。
司法関係者にとっては、それが常識なのでしょうが、言わせてもらえば「やっと正常な判断を下せるようになったよね」というだけのことです。
ここまで来るのに、何年もかかり、多くの子供達の悲しみ、苦しみの上での判断だとするならば、「遅すぎる」としか言いようがありません。

さらに、今回、「被害者の親にも責任があった」という判決のように見えるところがあります。
被害者の親だからと言っても、普通の人間のはずです。感情もありますし、人生の中には言い争いや喧嘩をすることだってあったと思います。完璧な人間などいないはずです。
「いじめられている子をサポートできなかったから、賠償額を減額する」などという、とんでもない理論がまかり通って良いのでしょうか。
裁判官から見たら当たり前なのかもしれませんが、納得できません。

2017年の11月の日経新聞には、このような記事が出ています。
「名古屋市の青果仲卸会社の女性社員(当時21)が自殺したのは職場でのいじめやパワーハラスメントが原因として、女性の両親が同社と先輩社員2人に約6400万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が30日、名古屋高裁であった。
永野圧彦裁判長は自殺とパワハラの因果関係を認め、賠償額を165万円とした一審・名古屋地裁判決を変更し、約5500万円の支払いを命じた。」
とあります。

この判決と大津いじめ事件の判決、どうして大津事件の賠償額は400万円程度しか認められなかったのでしょうか。
中学生では自分で自分を守ることさえ難しく、学校も守ってくれないという絶望の中で選んだ死であったのは明白だったと思うのです。
しかも市と和解したという理由で減額するということなど、一般の価値観とは大きくずれているように思います。
賠償金額に対するやっかみでもあったのでしょうか。
高裁、最高裁の皆様には、この名古屋のパワハラと同等と感じられるような判断をして欲しかった。
その金額の多寡も、現在もいじめをしているような子供たちへの牽制にもなりますし、教員の皆様にとっても、子供たちのいじめを止めるときの言葉の力ともなるはずです。

今回のこの最高裁の決定のニュースに接して、思うことは、いじめは「早期発見・早期解決」が重要だと改めて訴えたいということです。
そのためには、何よりも「見て見ぬ振りをする教師、いじめを放置する教師」、「いじめ加害者を指導しない、注意しない、叱らない教師」をなくさねばならないということです。

現在放映されている「青のSP」というスクールポリスを扱ったテレビ番組で、主演の藤原竜也さんのセリフの中に、「いじめは暴行、傷害、恐喝」という言葉、「いじめたやつは犯罪者だ」という言葉がありました。
私たちは「いじめは犯罪! 絶対に許さない」とポスターを貼り続けており、ここまで浸透してきたんだという感慨もありますが、
何よりこの言葉は「教師」、つまり先生方が自信を持って子供たちに語っていただきたい言葉なのです。

大津の事件が大きな問題提起をなして「いじめ防止対策推進法」が成立しましたが、この法律には、見て見ぬ振りをする教師に対しての処罰規定がありません。
いじめに知らん顔をしても、罪に問われないのです。
たとえ放置した生徒が自殺しても、罰せられないのです。
確かに教育委員会からの処分を受けることはありますが、不十分です。

国として、子供たちを守るという姿勢を示さなければ、子供たちを守る確率を少しでも上げるためには、「ひどい教師は罰する」べきであると思います。
また逆に、「頑張っている教師」を評価するシステムもつくるべきです。
ぜひ、政治家の皆様のお力をお借りできれば幸いです。

もう2月です。4月には学年が上がり、クラス替えもあるかと思います。
被害を受けている子の保護者の皆様で、「加害者の子と同じクラスは困る」と考えておられるようでしたら、すぐにも学校と相談することをおすすめいたします。
間に合わなくなってしまいます。
なにかありましたらご遠慮無く、ご相談ください。

一般財団法人 いじめから子供を守ろうネットワーク
代表 井澤一明

井澤一明ブログ:
http://ameblo.jp/kzizawa/
Facebook: http://www.facebook.com/kz.izawa
Twitter: @kzizawa

 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2021/02/13 20:30 ] 代表あいさつ | TB(0) | コメント(0)

◇ 代表メッセージ (2021年1月) ◇◆◇ トラウマを克服するために ◇◆ 

210122 富士山とご来光

◇ 代表メッセージ ◇
◆◇ トラウマを克服するために ◇◆

新しい年が開きました。
遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
今年が子供たちの希望あふれる年となりますように心からお祈り申し上げます。

先日、中学の頃に受けたいじめが、トラウマになっていて、苦しいという方に会いました。
いじめがなくなってから、すでに10年以上も経過したにも関わらず、未だに苦しみを抱えながら生活している方がいます。

現在、学校生活を送っている子供たち、その子たちの中にも、いじめを受けて不登校になってしまっている子や、学校に通うことはできていても、苦痛に耐え続けている子供たちがいます。
先日受けた相談の中には、幼稚園に通っているけど、いじめがひどくて精神科にかかっているというお子さんもいました。

その子たちを助けるためには、まず、現在只今において、いじめを受けない状態を創り出してあげなければなりません。
その後、心のケアを考えることが重要だと考えています。

あまたの相談を振り返ってみても、いじめの恐怖を和らげることが、学校生活に復帰する鍵になることが多いように思います。
その鍵のひとつは、加害者からの「謝罪」です。
それも表面上ではなくて心底から悔いている加害者からの謝罪が有効でした。
ぜひ、保護者や先生には、学校に行っても「いじめられない」という確信を得させてあげることを考えていただきたいと思います。

さらにもうひとつ、クラスメイトに会うことが怖くて、身体が動かないというような場合には、転校も効果的です。
転校を選択した子はかなりの数にのぼります。通信制を選択した子もいました。
多くの子は学校になじみ、勉学に努めています。
ただ、その際には、転校先の選び方が大きく影響いたします。ぜひ、転校を考える際には、転校先の生徒の様子、特に校長先生にお会いしてから信頼できる学校に決めることをお勧めいたします。

さて、冒頭の、トラウマが残っているという方の場合ですが、「トラウマを克服した」という方から連絡をいただくこともあります。

その方々の共通点として、
1. 現在が充実していること、
2. 加害者への怨み辛みを克服している
ということがあげられると思います。

残念ながら、過去に戻ってやり直すことはできません。
ドラマやアニメではタイムマシンも出てきますが、現代の科学では困難ですし、過去を変えられたとしても矛盾が起きてしまいます。

すでに起きた事象は変えられません。
変えることができるのは、自らの受け止め方だけです。
でも受け止め方を変えることができたなら、トラウマをも乗り越えていけるのでないかと思うのです。
現在の学業や仕事、その他において、充実した時間を持つことができると、過去の苦しい体験が、自分の人生の糧になっていくことがあります。
したがって、未来に向かって歩き続けることを心がけることは、トラウマを克服するのに効果的だと思います。
ある国語の先生は、「実は私は、中学、高校といじめられて、高卒認定試験を受けて大学に行ったんですよ」と、いじめ体験を語ってくださいました。
今、教師としての自信があるからこそ、いじめられたことを話すことができるのだろうと思います。

トラウマを克服した方のもう一つの方法としては、「忘れる努力」をすることです。
人間は、意識すれば「忘れる」ことができるにようになるものです。
過去のいじめの体験がフラッシュバックしたり、その時の悔しさが蘇(よみがえ)り苦しくなることがあります。
こんな時に、「何度も考えた。時間は戻らない。私は忘れることを決心した」と自分に言い聞かせることです。一度で消えることはないと思いますが、繰り返していくことで、徐々に軽くなってきます。
そして、ついには「ああ、そんなこともあったね」と考えることができるようになってきます。
ある子は、毎日、毎日、お風呂の中で、嫌な言葉や、いじめをお風呂の水面に手の指でなぞり、それが消えていく様子を眺めつづけ、ある日、「こんな消えていくようなものは気にしなくていいんだ」と思い至り、いじめのいやな記憶が気にならなくなったと話してくれました。

新型コロナの緊急事態宣言が発令された地域もあります。
子供たちにとってもつらい時期だと思います。
残り少ない今年度を大切に過ごすためにも、お子さんのことで気になることがありましたら、ご遠慮無く、ご相談ください。

一般財団法人 いじめから子供を守ろうネットワーク
代表 井澤一明

井澤一明ブログ:
http://ameblo.jp/kzizawa/
Facebook: http://www.facebook.com/kz.izawa
Twitter: @kzizawa

 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2021/01/22 12:00 ] 代表あいさつ | TB(0) | コメント(1)

◇ 代表メッセージ (2020年12月) ◆◇ 教師の「言い訳」 ◇◆ 

201211 冬に向かう

◇ 代表メッセージ ◇
◆◇ 教師の「言い訳」 ◇◆

師走ですね。
冬らしい寒さが訪れましたが、新型コロナは治まらず、暗い世相という雰囲気が漂っています。
来年こそ、新型コロナを克服し明るい未来を期待したいですね。

「いじめの解決をしていくなかで、どんなことが一番大変ですか」
先日、高校生からこんな質問をいただきました。

やはり、「いじめ」がおきても、生徒同士、子供たち同士で解決できることが、一番いいと私たちは思っています。
いじめと言っても、人間関係の問題には違いありません。意見の相違や、好き嫌い、相性が合う、合わないなど、多様な個性の違いを、どのように調整していくかという問題だと言えます。
それを「いじめ」という行為を通して、自分が優位になるようにすすめようとする一部の子がいます。
子供たち自身が調整できれば、「いじめ」にはならずにちょっとしたトラブル程度で終わるものなのですが、実際には「いじめ」は大きな問題となっています。

特に、私たちのところに来る相談は、生徒同士の話し合いとかでは解決できなくなってしまっている案件ばかりです。
そんな膠着してしまっている「いじめ」を解決するには、教師の正しいジャッジが必要です。つまり、先生が動いてくれないと、いじめは解決しないと言えるのです。
私たちは、いじめを8千件以上も扱い、9割方解決したと言ってはいますが、それは、言い方を変えると、現場の先生に解決を促して解決したということなのです。

「何が大変なのか」という冒頭の高校生の質問に対する答えとしては、「先生に、いじめを解決する気になってもらうのが大変なんです」ということです。
教師が本気になったら、解決できないいじめはないと言っても過言ではありません。
しかし、この「やる気になってもらう」、「解決に乗り出す」というところに至るまでに、教師の「やれない理由、やらない理由」を乗り越える必要があります。

あえて「言い訳」と表現いたしますが、以下に典型的な先生方のいじめを解決しようとしない言い訳を列挙してみます。

1. 私は、いじめを見ていません。
2. いじめの証拠がありません。
3. 本人は明るく元気に過ごしていますから、いじめられているとは思えません。
4. その子たちは「やっていない」と言っています。
5. その子たちも私の生徒ですし、その子たちも良い子なんです。
6. その子たちを叱ったら、もっといじめられますよ。
7. お宅での育て方が良くないので、いじめられるんですよ。

「これらの言葉をひっくりかえして、学校に解決にのりだしてもらうための交渉がやはり一番大変で、とても難しいんです」と高校生には説明しました。
しかし、学校がその気なってくれさえすれば、一日で解決することもよくあります。一年以上も解決しなかった「いじめ」が一日で解決するという、信じられないような逆転劇がおきるのです。くり返しますが、先生方がやる気になればいじめは解決できるのです。
解決方法を知らない若い先生しかいないという学校はありません。何人もの教師がいますので、経験や智恵、ノウハウやリーダーシップを持った教師は必ずいます。その先生たちを動かすことが重要です。

そのための方法として、私たちは、いじめの状況を時系列で文書にまとめ「いじめの経緯書」をつくることと、学校にしてもらいたい対処を「要望書」という形で文書にすることを勧めています。さらに関係する子供たちが多いときには「生徒の相関図」をつくることも効果的です。
このように文書化することで、「いじめ」が見えてくるのです。
担任に言葉で2時間説明しても、担任から校長への説明は10分もかからないのが普通です。しかし、文書にして渡すことで、多くの先生がいじめの事実を把握できることになります。
そして、何より、担任と話すのではなく、直接、「校長先生」に訴えることを勧めています。

質問してくれた高校生に「学校にいじめは多いの」と逆に質問してみました。
「うちの学校ではないと思う。私も友達も聞いたことがないですし。それに、うちの高校でいじめは即退学だから」
なんと、公立の高校でも「いじめは即退学」ということを徹底している高校があるんですね。
結局、リーダーの考え方一つでいじめは変わるのです。こんな学校がもっともっと増えてほしいものです。

今年もまもなく終わり、新しい年が幕を開けます。
新型コロナの影響はまだ続いておりますし、子供たちにとっては受験の季節ですし、ゆっくりしていられない子も多いと思います。
いじめ問題に関していえば、まもなく三学期に入りますので、早めに対処しないといけない季節です。
学年が変わってしまうと、クラス替えのお願いもできませんし、学年も変わるからと、いじめに対処することを躊躇する教師も出てきます。
保護者の皆様も早めの判断が必要です。
何か気になることがありましたら、ご遠慮無く、ご相談いただきたいと思います。

一般財団法人 いじめから子供を守ろうネットワーク
代表 井澤一明

井澤一明ブログ:
http://ameblo.jp/kzizawa/
Facebook: http://www.facebook.com/kz.izawa
Twitter: @kzizawa

 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2020/12/11 23:07 ] 代表あいさつ | TB(0) | コメント(0)

☆★ 集団圧力に負けない、正しく考える力とは。 ☆★ 

201127 たなびくアメリカの星条旗

☆★ 集団圧力に負けない、    
     正しく考える力とは。☆★

 小学生や中学生の「いじめ相談」を受けていますが、子育ての相談にのることもあります。
 その中で、学校文化、いわゆる日本独特の問題につきあたることがあります。つまり、欧米では問題にならないのに、日本では問題になるということです。それは、価値観の問題でありますが、「集団圧力」という空気が支配する問題です。

 少し前のことです。
 2学期が始まってすぐ、ある公立中学生男子のお母さまから、相談がありました。息子さんは、成績優秀で英語とピアノが得意ですし、スポーツもそこそこにできる子なのですが、すこし頑固なところがあります。

 お母さまは、仕事休みの日にたまたま中学校のグラウンドの横を通りかかり、自分の息子さんが、体育大会の集団演目である、演舞というか集団ダンスの練習をしているのが目に入りました。
 そこで息子が参加してはいるのですが、手足をふる程度で、いかにもいやいや付き合っている様子で、参加しているとは言い難い姿を見たのです。そんなことをしているのは自分の息子だけだったそうです。

 指導の先生も冷たい視線を送っていますし、周囲の子も遠まきにしており、関わり合いたくない様子です。きっと何度も注意されたのでしょうが、指導にしたがわなかったのでしょう。

 「このままでは、体育の成績が悪くなり、希望の高校受験に失敗してしまう」と、お母さまは思ったそうです。
 その都市では、高校受験に内申点がかなり重要視されており、英語や数学がよい成績でも、音楽、美術、体育などの内申点が「1」だと志望校入学が難しいのです。

 本人はお母さまに、「やりたくないから」と言うだけです。
 お母さまはオロオロしてしまい、担任の先生と話をしたようですが、「中3という、この時期に信じられません。彼のやる気のなさの問題です。家庭に問題があるのでは?」と言われてしまい、泣き崩れてしまいました。

 子どもの頃に面識のあった子どもだったので、私は、下校時に偶然を装って通りがかったお母さんの友達のおばさんを演じて、本人にストレートに聞いてみました。彼は、
「だって、ソーラン節だよ。北海道の民謡ではないですか。僕は昨年の先輩たちの演舞を見て、3年になってすぐクラスで話して、まとまったから全体に提案したんだ。この地方の音楽を使った郷土愛にあふれたものにしようって。一度は話し合いで、クラス代表が集まった全体の会議でそれが決まった。でも、先生たちが嫌な顔をして。みんな先生たちの顔色をうかがって去年と同じにした。くだらないから、やりたくない。」

 なるほど、一応、理由があったわけです。
「でも、集団のダンスなら、君一人がやらないことで調和が崩れて、台無しになってしまうし、運動だと思って割り切ってやれば。」と言うと、彼は、
「中学生最後の思い出に、記念になるようなものを・・という目的で熱心に話し合ったのに、例年通りじゃあ意味がないし、意味がないってことで、僕は筋を曲げたくない。」と言い張ります。
 そこまで言うなら良いでしょう。
 先生には、彼の主張は伝わっていたようなのですが、生徒たちみんな、特に他のクラスの人達には伝っていないようでした。

 私が会った時には、彼ひとりだけで下校していましたし、カバンがいやに汚れていました。
 理由を聞いてみると、体育大会の練習がはじまってから、友人たちは彼を避けるようになり、教室では物が隠されたり、様々ないやがらせ、ハラスメントを受けているようなのです。

 彼は、「たとえ、知らないところでカバンが蹴られて白くなっていても、それを見たところで先生たちは知らん顔さ。僕は先生に逆らっているから。いじめはダメの法治主義でなく、集団圧力という人治主義なのさ。これが日本という国なのさ。」と言います。

 とても頭の良い子です。そして、“我一人行く” ある意味、見上げた根性です。このような学生はめったにいません。

 そして、ルールや手順を遵守しながら討論をかわすでもなく、長いものに巻かれろ、で先生の意向や集団の空気で決まることへの理不尽さをよく分析しました。
 彼なりに、考えに考えて出した結論なので、ダンスをやらない自由を選ぶ以上、自己責任をとらねばなりません。成績が悪くなっても仕方ありません。

 実は、彼は幼稚園から小学生まで、お父様の仕事の関係で、欧州各国で教育を受けていました。
 そのため、納得するまで討論し合いたいのです。空気が支配する、日本の学校集団文化には馴染めないのでしょう。

 しかし今回の件は、学校も本人も双方、度を越していると、私は考えました。
 私は、お母様にこのことをお伝えし、お父様と交えて話し合いをして、学校に、
「たとえどんな理由があったとしても、いじめやハラスメントは許されない。ハラスメント行為をやめるよう指導をしてほしい」
と申し入れをするようにお勧めしました。
 その結果、いじめ行為は無くなりました。

 後日、どうなったのか伺うと、体育大会が終わり、合唱大会の練習が始まり、こんどは彼の提案がクラスで通ったようで、希望のビートルズがクラスの楽曲になったそうです。

 こんどは逆に、先生から「空気読め!」というメッセージ性のある圧力がクラスにあったかもしれませんが、英国仕込みの発音アドバイスの役目をもらい、彼はクラスのセンターになりました。
 そして、音楽で成績優秀となり体育のマイナスを消し込んだようで希望の高校に合格しました。

 日本人から見たら、ただの我がままに見えるかもしれません。チームワークを乱す、悪いヤツかもしれません。
 しかし、学校は思春期の青年たちに、「なぜ、ソーラン節なのか」を少なくとも説得力を持って説明する責任はあったでしょう。
 また、民主主義はさまざまな意見を大切にします。反対意見の相手の人権も守る、という観点からみたら、この事案は特にアフターフォローも必要でした。

 さらに大きな視点では、「人権」を守る、ということが、「法治主義のもとでの民主主義でなければ、守られないのだ」、という永遠性のある真理を伝えるエピソードになっています。

 いま香港では、大学を卒業したばかりのアグネス・チョウさんら民主活動家が、過去のデモ行為について、裁判で有罪とされ収監されました。
 量刑は12月2日に言い渡されるということですが、さらに、本来、効力が及ばないはずの「行為の後につくられた法律」によっても裁かれるのではないか、と懸念されています。
 むずかしい言葉で言えば、「法律の不遡及(ふそきゅう)の原則」に則っていないということです。それでは、法治主義の国ではなく、人治主義の国ということになります。
 このような大人の世界の現在進行形の「いじめ問題」に対し、民主主義の国アメリカならどのような意見を発するのでしょうか。もしかしたら、今ならば、「もう自由はないので、空気読め」なんて、言い出すこともあるかもしれません。

 価値観の違いについては、私たち日本人も身近な問題から大きな問題まで、ぶれることなく正しい選択や判断ができるよう、考える力を身につけたいものです。

社会福祉士、精神保健福祉士
元保護観察官
前名古屋市教育委員会 子ども委員SSW
現福祉系大学 講師 堀田利恵

 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2020/11/27 20:47 ] メッセージ | TB(0) | コメント(0)