◆◇ 盲目の愛 ◇◆ 

180615 湖

◆◇ 盲目の愛 ◇◆

私はボーイスカウトの指導者が長かったので、様々な子供を見てきました。育つ環境は、本当に人それぞれです。大金持ちの家庭もいれば、経済的に大変な家庭もあり、偏差値も75から30台までと幅広く、兄弟の数から、出身地、趣味に体力にと、人の数だけの違いがありました。

その中でも 「大丈夫かなあ」 と心配になった子供は、大抵が、甘やかされた子供です。

夏の長期のキャンプ。「夏期野営」 と言いますが、4泊5日は、初参加の小6には地獄だったでしょう。わが家にいれば、お母さんの上げ膳据え膳で、エアコンの効いた部屋でゲームでしょうが、ボーイスカウトのキャンプでは、寝ている時しか自分の時間はありません。右も左も分からない中で、ポリタンクで遠くまで水汲みに行かされるなどの下働きばかり。まだ技術も経験もありませんから、仕方ありません。班長や先輩の命令は絶対で、それより怖い指導者の眼も光っています。その地獄のキャンプを経験すると、ただの小学生が、ようやくスカウトらしくなります。

指導者側からすれば、4泊5日かけて、ようやく使えるスカウトに仕込むのですが、夏期野営の解散のセレモニーで、ご両親が迎えに来た瞬間にダメになってしまう子がいます。グダグダのただの小学生に戻るのです。仕方のないことですが、妙にがっかりしてしまいます。これが、夏のキャンプの後だけならば、少しは甘やかしても仕方ないかもしれません。しかしこの甘やかしを、のべつ幕なしでやられると、子供にとっては、麻薬と一緒です。これが問題なのです。

例えば、子供の代わりに、全てを保護者がしてしまう家庭があります。子供の着替えも、様々な準備も、身だしなみも何もかも全てです。会話しても、子供の代わりに保護者が返答しますし、判断や考えることですら、保護者が代わりにしてしまうのです。これでは猫を飼うのといっしょです。子供ではなくてペットです。

子供の面倒を、こんな風に、一生涯続けたいと強く願っていても、残念ながら、一般的に親は先に旅立つことになっています。

本人がしっかりしていれば、大きくなってきて、他人との違いに気が付きます。遅ればせながらも反抗期をむかえて親に反発し、この 「鳥もちの愛」 から抜け出て、親離れして自立できる子もいます。しかし大変なのは、飼いならされてペット化が完成してしまった子供です。抜き差しならない状況にまで追い込まれないと、自分が野生では生きていけない 「ペット」 であることには気付きません。

そして、気が付いたときには、大事な青少年期を棒に振っています。過保護・過干渉の保護者の下で、猫っ可愛がりされることで、牙を抜かれた家畜に成り下がってしまった子。
「自分は親の盲目の愛によって、自立できない役立たずにされたんだ」、
そのような恨み心が生じてもおかしくはありません。

「自分だけでは何もできない」
「親の保護の下でしか生きられない」
「社会の荒波は渡れない」
「他人との関係が築けない」
「異性と付き合うことなど考えられない」
自力で逃れられなければ、待っているのは、ニートに引きこもり、あるいは家庭内暴力。こんな子供たちの姿を見たくはありません。

心を病んだ若者が起こした、事件の報道を聞いても、被害者の悲惨さもさることながら、加害者の 「絶望」 も真に心に迫ります。成人になれば、責任は本人にあるのは当然ですが、保護者の育て方で何かできることがあったのではないかと、残念で仕方ありません。

子供に対する真の愛は、自立できるように育てることだと思います。自立するとは、自分で稼げることであり、それは社会の役に立つということです。社会に有用であるためには、厳しく育てることも必要です。

だから、甘やかしだけではなく、時には地獄の特訓も、砂糖菓子のような愛ではなく、スパイスの効いた栄養価の高い食事を与えることだって大切です。それは獅子が、わが子を千尋の谷に落とすのと同じです。

私たち親は、ついつい子供を親の所有物だと思いがちです。でもこれは間違いです。あくまで子供は、神様からの預かりものだと思うことです。だから、大事に有為な人材に育てるのです。これは、親の聖なる義務であると同時に、子供に対する本当の愛なんだと思います。

人は、安逸をむさぼるために、産まれてきたのではありません。他人や社会のお役に立つために、産まれてきたのです。

甘やかしや過保護は人をダメにします。時には 「地獄の特訓」 も子供が成長するきっかけになります。虐待になってしまっては本末転倒ですが、「優しさ8割、厳しさ2割」 で接してみることをお勧めします。心がけることは「自立できる子」です。

古人曰く(いわく) 「艱難(かんなん)汝を玉にす」。

こしがやじろう


 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2018/06/16 14:27 ] メッセージ | TB(0) | コメント(0)

◆◇ 過干渉といういじめの芽 ◇◆ 

180531 ラベンダー

◆◇ 過干渉といういじめの芽 ◇◆

 親がいじめに加担していた。ネット上ではそんな話題も耳にする時世である。積極的にいじめに参加するような親はまれであろうが、間接的にいじめにしている親は多くいる。それは過干渉である。

「傘を持っていきなさい」
 
 こんな言葉は小さな子供に向けられるもので、10歳以上の子供に向けるべきものではない。雨が降るのに本人が気づかないでいるのなら、
「今日は午後から雨が降るらしいよ」
とだけ伝えればいい。

「貸しなさい。こうやってやるのよ」

 裁縫の宿題で、子供の不器用さを見かねて親がやってしまうというのもよくある行為だ。宿題は完璧なのに、学校では全然できないので、すぐにばれてしまう。ひどい場合には最初から、親に 「やって」 と依頼する子供もいる。そして親は自分のつくった作品の出来栄えに満足する。子供が困っている場合は、手を貸す前に
「やり方を一緒に考えてみる?それとも自分でやってみる?」
とだけ伝えればいい。

 親が良かれと思って、指示や命令を続けていたらどうなっていくだろう。自分のことは自分の責任という感覚が得られずに、失敗したときに周囲を責める子供になってしまう。
 国が領土や主権を持っているように、個人にも、その人の決定すべき範囲がある。親の過干渉は領空侵犯なのである。それを続けると子供は領空侵犯をしやすくなったり、反対に領空侵犯をされやすくなったりする。

 教育型いじめというのがある。これは何かが出来ない子供に対し、指示、命令し、出来ないことをあざ笑うといった形で行われる。教師に注意されると
「教えてあげていたんです」
「注意していただけです」
といった言葉が返ってくる。された側も自分が悪いからだと思い込みやすい。領空侵犯をする、されるといった人間関係は、親の過干渉が根底にあることが多い。

 人は、一人一人主体的な存在である。個別の願いや課題を持ち、自ら意思決定して生きていく。
 しかし親の子に対する過ぎた干渉は、主体的に生きる価値を奪い、他の人の生き方を尊重しない態度を育てていく。
 正しいこと、困らないことを親が与えるのではなく、正しいこと、困らないことに子供がたどりつけるようにすることが大事である。

 精神科医の斎藤茂太氏は 「人生に失敗がないと、人生に失敗する」 と語った。

 過干渉を避けることは家庭で出来るいじめ防止策だ。

守矢 光児


 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2018/05/31 17:07 ] メッセージ | TB(0) | コメント(0)

★☆ 「暴力」 は 「いじめ」 ではない? ☆★ 

180523 ばら

★☆ 「暴力」 は 「いじめ」 ではない? ☆★

 5月になってからいじめ相談が急に増えています。
 全般的には、学校によるいじめに対しての取り組みが進んでいるようですが、問題のある対応をする学校もかなりあるように思えます。

 さて、静岡市の小5男子が、いじめにより昨年から不登校になっています。
 市教委は重大事態として捉え第三者委員会による調査を行っていました。
 生徒は、クラスの29人のうち27人から 「菌」 などと呼ばれるいじめを受けていたことが、学校の調査で分かっています。
 記者会見した保護者は、ズボンやパンツを脱がされるなどのいじめも受けていたことを公表しています。
 しかも担任は、いじめを見ていても注意せず、逆に被害者を叱るなどしていて、被害者側弁護士は、
「先生がやっているんだからと皆も加わった」
と述べ、いじめが広がった原因が教師にあるとしています。
 被害生徒が 「最期の手紙」 と題した手紙を書いていたことも判明いたしました。その中で、
「クラスのほとんどの友だちから菌と呼ばれて苦しかった」
「先生がいたけどなにも注意してくれなかったし、見て見ぬふりをしていた」
「先生がいなくなればいいと思いました」 などと書いています。
 母親によると生徒は自殺を考えたり、味覚異常などを起こしているといいます。

 保護者が、市教委の第三者委員会に対して不信を表明したことを受けて、市教委の第三者委員会は 「調査継続が困難」 とし、今後の調査は市長部局の第三者委員会に移行する方向になっています。

 以上のような状況ですが、ポイントをまとめてみます。
・学校は「いじめ」があったことを認めている。
・いじめは言葉だけでなく服を脱がす等のいじめもあった。
・担任は見て見ぬ振りを続けていた。
・本人は自殺を考え、身体的にも異常をきたしている。

 特に市教委の第三者委員会は、母親の記者会見を受けて、調査をおっぽり出すなどという暴挙に打って出ています。クレームをつけられたから 「私たちはやりません」 では話にもなりません。
 しかもこの委員会は、暴力行為については「いじめではない」と報告書で述べているというのです。

 学校、教育委員会が、速やかに 「いじめを認定」 したところまではよかったのですが、第三者委員会の対応に疑問が残ります。新聞報道を見る限りではありますが、第三者委員会の人選に問題があったと言わざるを得ない状況です。

 文部科学省の 「いじめの重大事態の調査に関するガイドライン」 でも、被害者側への調査方針の説明等について、
「被害児童生徒・保護者に寄り添いながら対応することを第一とし、信頼関係を構築すること」
とあります ( 「いじめの重大事態の調査に関するガイドライン」7ページ)
 被害者側が第三者委員会に不信感を持っていたら、まずは丁寧な説明をして誤解を解く努力をすべきでしょう。

 また、委員会の報告書の 「暴力はあったが、いじめとは認識していない」 という結論は、ありえません。
 文部科学省も、「叩く」 ことはいじめにあたるとしています。毎年いじめ認知件数が発表されますが、いじめの内容として 「軽く叩かれたり蹴られたりする」、「ひどく叩かれたり蹴られたりする」 ことが挙げられています。
 また、ご存知のように、いじめ防止対策推進法は、いじめられた子供が、いじめられたと苦痛を感じていれば、それは 「いじめ」 だと定めています (同法第2条、注)

 今回の静岡市の第三者委員会委員の浅い知識と、いじめに対する理解のなさが問題を大きくしていると言えます。

 ただ、クラス中にいじめが蔓延するような状況をもたらしたのは担任だったことも忘れてはなりません。
 文科省の 「いじめの重大事態の調査に関するガイドライン」 では、
「法律や基本方針に照らして、重大な過失等が指摘されている場合、・・・教職員の懲戒処分等の要否を検討すること」
と定めています ( 「いじめの重大事態の調査に関するガイドライン」14ページ)。
 文科省は、先生方に対して、この 「処罰がありえる」 ことを広く周知すべきだと思います。
 子供たちに加担したり、黙認する行為は、明確に 「いじめ」 であり、「懲戒処分」 の対象になるはずです。
 いじめをしない子を育てることは大切ですが、いじめが起きた場合には、すぐさまいじめを止めるのは「教師の義務」です。
 これを徹底することは、学校のいじめ防止の基本だと思っています。

 これからいじめが増えていく季節です。
 ご心配なことがありましたら、ご遠慮なくご相談ください。

いじめから子供を守ろう ネットワーク
井澤・松井

(注) いじめ防止対策推進法
(定義)
第二条  この法律において 「いじめ」 とは、児童等に対して、当該児童等が在籍する学校に在籍している等当該児童等と一定の人的関係にある他の児童等が行う心理的又は物理的な影響を与える行為 (インターネットを通じて行われるものを含む。) であって、当該行為の対象となった児童等が心身の苦痛を感じているものをいう。

「いじめの重大事態の調査に関するガイドライン」 文部科学省

http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2017/03/23/1327876_04.pdf

 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2018/05/23 15:10 ] メッセージ | TB(0) | コメント(0)

★☆ 君たちはどう生きるべきか。私はどう教えるのか。(2) ☆★  

180427 うずくまる少女

★☆ 君たちはどう生きるべきか。
         私はどう教えるのか。(2) ☆★

 日本の若者人口は減っているのに、自殺者数は横ばいである。
 子どもの自殺は減らない。いじめを苦にした自殺もあとをたたない。
 平成25年7月10日に亡くなった名古屋市の中2の男子中学生は、「いろんな人から『死ね』と言われた」、「自分が嫌になりました」、「あの世があるなら見ています」 と遺書に書いて、自宅近くのマンションから飛び降りた。
 
 しかし、ときには何もメッセージを残さず、衝動的に飛び降り自殺をすることもある。
 事件の後、「自殺した背景に何があったのか」、「いじめがあったのではないか」、「その時の気持ち、本心を知りたい」 と、大人たちは、遅まきながら、あとから、心の軌跡をたどって歩くようになる。

 ある少女が突然、亡くなってしまった。
 その子は 「カラフル」 という小説を読んでいたと聞いたことがある。
 「カラフル」 は、高校生の読みたい小説の1冊として、この10年余り、常に名前があがっている。アニメ映画にもなっている。
 
 内容はこうだ。
 死んだはずの 「ぼく」 の魂の前に、いきなり天使があらわれ、「抽選にあたりました!」 と言う。
 天使によれば、「ぼく」 は大きな過ちをおかして死んだ罪な魂だが、抽選にあたったので再挑戦の機会を与えられた、再挑戦とは下界で修行することで、下界で誰かの体を借りて一定期間すごす、「ホームステイの修行」 をおこなうこととなる。
 「ぼく」 の魂は 「小林真」 という、自殺した中学3年生の少年の肉体に宿り、自殺から生き返った 「小林真」 として、その家族や学校での 「修行」 が始まった・・・。

 物語としては面白いかもしれない。
 でも、私はこの小説を読んで、とても悲しくなった。
 思春期まっさかりの中学生や高校生の共感を呼んでいるということは、その子たちも同じような悩みを抱えているということではないか、と思うからだ。
 「カラフル」 では、家族であっても傷つくのを恐れて、お互いの心に踏み込んでいけないでいる。家族のコミュニケーションがないのだ。

 この20年間、日本の社会は希望が見えてこない、と言われている。家庭もまた、幸福な家庭環境でないということだ。

 もちろん小説は道徳ではない。けれども、人生の指針を考えるうえで、どうしても語っておかねばならないと思うから、筆をとることにした。

 今、小説 「カラフル」 を読んでいる中学生や高校生の 「女の子」 に語ろう。

 ひとつ、どんなに苦しんでも、自殺してはいけない。「カラフル」 の冒頭で、天使が 「君は間違いを犯した」 と言っているのは正しい。
 人間は死んだら終わりではない。
 「死んだら意識がなくなり、消えると思った」、「自殺したら、苦しみから解き放たれ、楽になる」、とか思っていたら大間違いだ。

 キリスト教でも自殺は罪とされ天国に還れないと言われている。
 仏教ではお釈迦様が自殺をすればもっと重い荷物を背負うことになると教えている。
 自殺は普通の死と違い、死んだらもっと苦しむというのが通説である。君は幽霊になって心霊写真にでも撮られたいの?

 ふたつ、「カラフル」 では、「父親が悪徳産業に従事していた」 とあるし、「母親がフラメンコ教室の講師と浮気」 とある。
 君が主人公と似たような状況にあって、親を憎んでいたとしても、あなたをその年まで食べさせ、学ばせ、安全に暮らしを守り、成長させてきたのはご両親のおかげであるし、親でなくても誰か君を育ててきた人がいるはずである。
 今まで生きてきた人生を振り返っても、自分だけで生きることはできないことを知っているよね。ごはんにしろ、服にしろ、多くの人の手によって作られ、そして、与えられてきた。
 君たちに必要なことは 「感謝する」 気持ちを持つことなんだ。

 そして、あなた自身が、赤ちゃんから思春期になるまでに、たくさんたくさん許されてきたのだから、あなたもまた、親や周りの人を許しなさい。

 「ああ、愛されていたんだ」 と実感した時、君の心が変わることで、世の中の見え方は変わる。周囲の景色は、全く違う風景で見えてくるはずだ。

 三つめ、小説では、「援助交際をしている女子の後輩」 が出て来る。
 およそ中2の設定で、こんなセリフを言うかなと思うけれども、仕事の関係で現実に援助交際をしていた女子中学生をたくさん知っている私は、君に伝えたいんだ。

 「援助交際」 は犯罪なのだ、たとえ同意していたとしても。相手も逮捕される。
 どんなに強がってみても、これらの行為は身体だけではなく、心を腐らせ、悲鳴をあげさせる。
 心をごまかそうとして、心と身体が遊離していく。この症状を 「解離」 というんだ。

 一般的に家庭に不満があると、男の子は非行に走り、女の子は自分で自傷行為をして、父母へ復讐する。売春は最大の自傷行為だ。
 そして、こんなことを続けていると、摂食障害、そううつ病、解離、幻覚、飲酒や薬物依存、・・・心と身体のバランスが取れなくなり、精神病院に入院する。そんな子たちと私は向きあってきた。

 自分で選んだ自分の人生。大切なことは、「人生は完ぺきではなく、一冊の問題集なのだ」 と考えてみることです。
 より良く生きるために、まずは自分自身を大切にしてください。
 あなたは大切な宝物。あなたはすばらしいダイヤモンド。

 フィギュアスケートの羽生結弦選手は、「ありがとうございます。この世界に生まれてきて幸せです。」 と語った。(4月14日アイスショーのインタビュー)
 練習の日々は孤独そのもの、けれども、多くの人々の応援を受けてきたことを悟り、感謝が幸福だと感じること、これこそが人間として本来のあるべき姿なのだと思う。

 だから、正しいことをする勇気を持ってほしい。
 いじめを受けている友人を助けなさい。恐怖に打ち勝ちなさい。時には、知恵をつかって、友人を助けたり、逃がしたりすることを考えてみてください。

 先生や大人に相談すること、真実を話すこと、勇気をもって行ってください。それは、悪を為している、その子自身を助けるためでもあるのですから。

 あなた自身があなたの心の奥の奥から湧き出してくる正義感を大切にしてください。
 担任でダメでも、学年主任の先生、部活の先生、教務主任、教頭先生、校長。
 校長先生を朝の校門のところで待ちかまえて、「少しお時間をください。実は」 と真剣に話してください。
 もし、それでもいじめが解決しないのなら、教育委員会や市長の住所をネットで調べて、手紙を書きなさい。

 あなたの心は決して折れたりなんかしない。
 中学や高校の3年間は、人生の中では決して長くはないのです。
 しかし、あなたの出した勇気は、あなた自身の人生をいろどり、最高の勲章になって、君の人生の航路を照らし続けることでしょう。

 なかなか難しいこともあるでしょう。そうしたら、私たちのところに相談しなさい。
 私たちは、必ず解決いたします。
 そして、あなたの心と魂を守り、希望ある未来へ人生を一歩踏み出す、応援団としての使命を果たしますから。
 君の未来に栄光あれ。ご相談をお待ちしております。

前名古屋市教育委員会 指導主事
前子ども応援委員 スクールソーシャルワーカー
堀田利恵 
*過去に、仮名 村崎京子で寄稿した文は、堀田利恵の文責です。


 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2018/04/25 10:39 ] メッセージ | TB(0) | コメント(0)