FC2ブログ









☆★ 集団圧力に負けない、正しく考える力とは。 ☆★ 

201127 たなびくアメリカの星条旗

☆★ 集団圧力に負けない、    
     正しく考える力とは。☆★

 小学生や中学生の「いじめ相談」を受けていますが、子育ての相談にのることもあります。
 その中で、学校文化、いわゆる日本独特の問題につきあたることがあります。つまり、欧米では問題にならないのに、日本では問題になるということです。それは、価値観の問題でありますが、「集団圧力」という空気が支配する問題です。

 少し前のことです。
 2学期が始まってすぐ、ある公立中学生男子のお母さまから、相談がありました。息子さんは、成績優秀で英語とピアノが得意ですし、スポーツもそこそこにできる子なのですが、すこし頑固なところがあります。

 お母さまは、仕事休みの日にたまたま中学校のグラウンドの横を通りかかり、自分の息子さんが、体育大会の集団演目である、演舞というか集団ダンスの練習をしているのが目に入りました。
 そこで息子が参加してはいるのですが、手足をふる程度で、いかにもいやいや付き合っている様子で、参加しているとは言い難い姿を見たのです。そんなことをしているのは自分の息子だけだったそうです。

 指導の先生も冷たい視線を送っていますし、周囲の子も遠まきにしており、関わり合いたくない様子です。きっと何度も注意されたのでしょうが、指導にしたがわなかったのでしょう。

 「このままでは、体育の成績が悪くなり、希望の高校受験に失敗してしまう」と、お母さまは思ったそうです。
 その都市では、高校受験に内申点がかなり重要視されており、英語や数学がよい成績でも、音楽、美術、体育などの内申点が「1」だと志望校入学が難しいのです。

 本人はお母さまに、「やりたくないから」と言うだけです。
 お母さまはオロオロしてしまい、担任の先生と話をしたようですが、「中3という、この時期に信じられません。彼のやる気のなさの問題です。家庭に問題があるのでは?」と言われてしまい、泣き崩れてしまいました。

 子どもの頃に面識のあった子どもだったので、私は、下校時に偶然を装って通りがかったお母さんの友達のおばさんを演じて、本人にストレートに聞いてみました。彼は、
「だって、ソーラン節だよ。北海道の民謡ではないですか。僕は昨年の先輩たちの演舞を見て、3年になってすぐクラスで話して、まとまったから全体に提案したんだ。この地方の音楽を使った郷土愛にあふれたものにしようって。一度は話し合いで、クラス代表が集まった全体の会議でそれが決まった。でも、先生たちが嫌な顔をして。みんな先生たちの顔色をうかがって去年と同じにした。くだらないから、やりたくない。」

 なるほど、一応、理由があったわけです。
「でも、集団のダンスなら、君一人がやらないことで調和が崩れて、台無しになってしまうし、運動だと思って割り切ってやれば。」と言うと、彼は、
「中学生最後の思い出に、記念になるようなものを・・という目的で熱心に話し合ったのに、例年通りじゃあ意味がないし、意味がないってことで、僕は筋を曲げたくない。」と言い張ります。
 そこまで言うなら良いでしょう。
 先生には、彼の主張は伝わっていたようなのですが、生徒たちみんな、特に他のクラスの人達には伝っていないようでした。

 私が会った時には、彼ひとりだけで下校していましたし、カバンがいやに汚れていました。
 理由を聞いてみると、体育大会の練習がはじまってから、友人たちは彼を避けるようになり、教室では物が隠されたり、様々ないやがらせ、ハラスメントを受けているようなのです。

 彼は、「たとえ、知らないところでカバンが蹴られて白くなっていても、それを見たところで先生たちは知らん顔さ。僕は先生に逆らっているから。いじめはダメの法治主義でなく、集団圧力という人治主義なのさ。これが日本という国なのさ。」と言います。

 とても頭の良い子です。そして、“我一人行く” ある意味、見上げた根性です。このような学生はめったにいません。

 そして、ルールや手順を遵守しながら討論をかわすでもなく、長いものに巻かれろ、で先生の意向や集団の空気で決まることへの理不尽さをよく分析しました。
 彼なりに、考えに考えて出した結論なので、ダンスをやらない自由を選ぶ以上、自己責任をとらねばなりません。成績が悪くなっても仕方ありません。

 実は、彼は幼稚園から小学生まで、お父様の仕事の関係で、欧州各国で教育を受けていました。
 そのため、納得するまで討論し合いたいのです。空気が支配する、日本の学校集団文化には馴染めないのでしょう。

 しかし今回の件は、学校も本人も双方、度を越していると、私は考えました。
 私は、お母様にこのことをお伝えし、お父様と交えて話し合いをして、学校に、
「たとえどんな理由があったとしても、いじめやハラスメントは許されない。ハラスメント行為をやめるよう指導をしてほしい」
と申し入れをするようにお勧めしました。
 その結果、いじめ行為は無くなりました。

 後日、どうなったのか伺うと、体育大会が終わり、合唱大会の練習が始まり、こんどは彼の提案がクラスで通ったようで、希望のビートルズがクラスの楽曲になったそうです。

 こんどは逆に、先生から「空気読め!」というメッセージ性のある圧力がクラスにあったかもしれませんが、英国仕込みの発音アドバイスの役目をもらい、彼はクラスのセンターになりました。
 そして、音楽で成績優秀となり体育のマイナスを消し込んだようで希望の高校に合格しました。

 日本人から見たら、ただの我がままに見えるかもしれません。チームワークを乱す、悪いヤツかもしれません。
 しかし、学校は思春期の青年たちに、「なぜ、ソーラン節なのか」を少なくとも説得力を持って説明する責任はあったでしょう。
 また、民主主義はさまざまな意見を大切にします。反対意見の相手の人権も守る、という観点からみたら、この事案は特にアフターフォローも必要でした。

 さらに大きな視点では、「人権」を守る、ということが、「法治主義のもとでの民主主義でなければ、守られないのだ」、という永遠性のある真理を伝えるエピソードになっています。

 いま香港では、大学を卒業したばかりのアグネス・チョウさんら民主活動家が、過去のデモ行為について、裁判で有罪とされ収監されました。
 量刑は12月2日に言い渡されるということですが、さらに、本来、効力が及ばないはずの「行為の後につくられた法律」によっても裁かれるのではないか、と懸念されています。
 むずかしい言葉で言えば、「法律の不遡及(ふそきゅう)の原則」に則っていないということです。それでは、法治主義の国ではなく、人治主義の国ということになります。
 このような大人の世界の現在進行形の「いじめ問題」に対し、民主主義の国アメリカならどのような意見を発するのでしょうか。もしかしたら、今ならば、「もう自由はないので、空気読め」なんて、言い出すこともあるかもしれません。

 価値観の違いについては、私たち日本人も身近な問題から大きな問題まで、ぶれることなく正しい選択や判断ができるよう、考える力を身につけたいものです。

社会福祉士、精神保健福祉士
元保護観察官
前名古屋市教育委員会 子ども委員SSW
現福祉系大学 講師 堀田利恵

 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2020/11/27 20:47 ] メッセージ | TB(0) | コメント(0)

☆★ 感謝と精進含め ★☆ 

201028大鷲

☆★ 感謝と精進含め ★☆

 私は現在まで38年間、公立・私立を含めて13校の高校に立場を変えて勤務してきました。学校と言いましても、様々な学校がありますし、様々な生徒の皆さんがいますので、一括りには言えませんが、それをお断りした上で、近ごろ感じたことをお話いたします。

 今の時代は、SNSの発達により時間の過ごし方も以前に比べて大きく変わってきています。
 電車に乗ると高校生に限らず、若者から高齢者の方までほとんどの人がスマホを手にして何かに見入っている光景を目にします。別に悪いことではないのですが、中にはスマホに触れずにいられないような方々も目にします。

 高校では、スマホの持ち込み禁止というところは、ほとんどありません。多くは、授業中をはじめ校内では使わないように、というルールを決めているところが多いと思います。中には、授業中机の中のスマホをいじってゲームか何かをやっている生徒もいるようです。

 15年くらい前ころまでは、高校生の問題行動と言えば、喫煙とバイク乗車(禁止の高校が大半)でした。ところが、近年はそのような問題行動はほとんど見受けられません。
 タバコは以前に比べ、購入しにくくなったせいでしょうか、喫煙の習慣がついてしまっている高校生は極めて少なくなったと思います。かつては、学校のトイレに吸い殻が落ちていたり、すれ違うとタバコ臭い生徒がいました。いまはそのような生徒はまったくいなくなりました。
 また、バイクは禁止ではなく、安全に乗車するための指導を行うようになっています。通学にバイクを利用することは原則禁止だと思いますが、法的に認められたことを禁止し続けることはもはや無理があるのでしょうね。
 最近の高校生を見ていると、時代が変わったなと感じます。それだけ自分が歳をとったということでもありますね。
 
 今は、物には満たされて、スマホとSNSなどのお陰で便利な時代です。
 しかし、経済の停滞や中国発のコロナウイルスなどの影響、さらにわが国に迫る覇権国家の脅威など、将来への不安が多いのが今の時代だと思います。
 そのような中での高校生は、総じて真面目で素直な傾向があると思います。それはとてもすばらしいことです。しかし、将来に向けた志や、その実現に向けた努力精進が足りないように感じます。
 そのために根性や粘り強さが足らないように思えます。失敗を恐れ、諦めも早いように思えます。一概には言い切れませんが、何ごとにも淡泊に感じます。
 熱い情熱や信念を持っているところが、伝わってくる生徒が少なくなりました。「自分は将来、この道に進み、世の中の為に貢献したい」というような思いを聞かなくなったような気がします。
 学校でも「キャリア教育」などといって、進路に関する指導にも以前に比べて力を入れていると思います。
 しかし、志に裏打ちされた、目標に向かけて努力する姿をあまり見かけなくなりました。心の深いところではそのような想いを持っているのかもしれませんから、決めつけてはいけませんが、熱い想いをあまり聞かなくなりました。

 失敗を恐れず、高い志を持ってほしいと思います。60歳を超えた私ですら熱い志を抱いています。そのために、自分で言うのもなんですが、努力精進しています。自分と闘いながら、志を遂げるために勉強しています。

 なぜそのようにするのかを申し上げれば、「日本はこのままではいけない」との認識のもとに「変えなければいけない」と強く、強く想うことがあるからです。
 それは、今現在とこれからの日本に生きる人々のあり方にも関わることです。また、その影響が世界にも及ぶことであると考えています。
 その志は、今まで多くの方々の「愛情」や「許し」「寛容さ」のお陰でここまで生かされ、仕事ができたことへの私自身の感謝の想いから出てくるものです。感謝の心から精進しています。

 高校生に限らず、若い皆さんにも、今の段階でかまいませんから、自分はどのような大人になりたいのか、何を以て世の中に貢献したいのかを考えていただきたいと思います。青春の志を持ち、そのために何を学べばよいのかを考えてください。

 そして、志の大前提として、「感謝」があると思います。
 日々の生活の中で様々な人々の助力や励ましや優しさをいただきながら、私たちは生きてきています。その御恩に報いるという考えが、志を育て磨いて行くことになると思います。

 また、感謝と「いじめ」は共存できません。感謝の心を持つ人が多くなれば、「いじめ」は存在しなくなるでしょう。

 感謝から志を育み、その実現に向けて精進しいきましょう。私も若者に負けぬよう努力精進したいと思います。自分を二十歳が三人いると考えて頑張ります(笑)。

清川 洋(元公立高校長)

 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2020/10/28 20:07 ] メッセージ | TB(0) | コメント(0)

☆★ 命を守る絵本の力 ★☆ 

200930 絵本2

☆★ 命を守る絵本の力 ★☆

 芸能人の自死という痛ましいニュースが続いている。コロナによる社会状況の変化、心の健康状態の悪化との関連も取りざたされるようになっている。命の問題について、これまで以上に注意を寄せる必要がある。

200930 絵本「カーくんと森のなかまたち」_ 「カーくんと森のなかまたち」という絵本がある。心の病気の専門家によって監修されていて、ホシガラスのカーくんの変容を描いた美しい物語である。

 カーくんは他の鳥たちとの比較して、「ぼくはぼくでいることがつまらない」と自分の存在に自信をなくしてしまう。
 やがて「ぼくなんか、いてもいなくてもいいみたい。もうだれもいないところにきえていってしまいたい」と思うようになる。
 このセリフは、今を生きる多くの子供の心情と重なる。そして不幸にも命を絶つ子供も少なくない。

 絵本の中ではカーくんが森のなかまたちの支えによって、自分の価値に気づいていく。

 描かれている鳥たちの姿は眺めていると人間の姿と重なってくる。
 絵本には「こんなの、森じゃないよ。森からは、昼も夜も、いろんな音がきこえてくるのに。いつもだれかの声がしているのに」というセリフもある。コロナ対策で、給食時間には前を向き私語が禁止されている教室の姿が重なってくる。

 絵本の中には、いつだって、愛や夢、友情や正義がある。
 教室から、仲間との絆を深め、支えあうという機能が奪われている今だからこそ、絵本の中に大切なものを探しに行くことも必要であろう。互いに支えあい、愛あふれる世界にしようと努力する人々がいれば、救える命もあるだろう。
 愛あふれる世界にするために、まずは心に愛を満たそう。絵本にはそんな力がある。

 守矢 光児


 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2020/09/30 21:00 ] メッセージ | TB(0) | コメント(0)

◆◇ 人が人を支えるということ ◇◆ 

200912 ススキ

◆◇ 人が人を支えるということ ◇◆

 以前、私は社会人1年生の男性から「いじめ相談」を受けました。その方のお話を聞くと、どうやら「いじめ」の被害があったのは、中学生時代のことです。

 クラスで発言力のあるリーダー的な男子同級生から、日常的にくりかえし、暴言、どつき、性的なからかい、カバン等を壊す、などはもちろんのこと、人格を否定するような言動を繰り返され、不登校になってしまったというのです。
 当時、担任の先生に相談したものの、いじめが終わることはなく、結局、うやむやのまま卒業することになったということでした。

 彼自身は、中学時代の不登校期間がダメージとなって、希望の高校や大学に行くことができず、その後、たいへん苦労したとのこと、精神的に不安定になり、人間関係に自信が持てず、どうしても、中学生時代の苦しい思いがよみがえってしまい、「毎日が苦しい」と言います。
 ようやく、見つけた社会人としての仕事もうまくいかず、心身ともに疲れ果ててしまい、苦しいという胸のうちを聞きました。

 一方で、加害者の男性は、世間一般から見れば、恵まれた環境の中で、比較的エリートの大学に通い、有名企業に入った、と地元の友人から聞いたというのです。

 彼の主訴(しゅそ)は、いじめの被害で僕の人生はこんな目にあっているのだから、相手を訴えて、謝罪させ、被害弁償をしてもらいたいというものです。聞くと、弁護士には既に依頼して相談に乗ってもらっているということでした。
 「では、なぜ、NPOボランティアである私に相談を持ち掛けるのですか?」と聞くと、言葉をよどませながら、「実は・・・・」と困っていることを話してきました。

 「どうしても納得できず、しかも考えれば考えるほど悔しいし、怒りも収まらないし」ということで、中学時代のいじめ加害者の就職先の会社に手紙を送りつけ、彼がどんなにひどい人間か、どんなにひどいことをしてきたかを書いて送ったというのです。
 その結果、こんどは自分が訴えられて、警察沙汰になり、さらに裁判所に呼ばれたけれど、納得がいかず、行かなかったので、欠席裁判をされて、こちらが慰謝料を払うことになった、ということでした。その時点で、先の弁護士さんから、もう相談にのれないと断られてしまった、とのことでした。
 つまり、どんなに道義的に観て、いじめ加害者が悪くて、相談者が気の毒であったとしても、世の中の常識的な部分で、相談者は加害者に負けてしまったというわけです。

 本当は、「いじめ解決は初動が命!」なのですが、今となってはどうしようもありません。

 ここまで聞いて、私には、カウンセラーとソーシャルワーカーとして、2つの道が頭に浮かんできました。
 ひとつは、心の問題としてとらえ、「アンガーコントロール」、怒りをコントロールし、平静心を取り戻し、生活を取り戻しましょう、「リフレーミング」、あなた自身の心と向きあいましょう、過去の人生を第三者の目で見る、さらに別の角度から見てみましょう、前を向いて、あなた自身の人生の目標をもって進んでいきましょう、などの励ます方法です。

 けれども、今回は、相談者の「気になる点」を考慮して、もう一つの方法を選びました。ソーシャルワーカーとしての解決です。
 心の問題も大事ですが、相談者はすぐに行動に出てしまうタイプなので、具体的にどのように対処して問題を解決したらよいのか、その方法を一緒に考えました。

 「まだ、何をすべきなのか相談する余地は残っています。納得しがたくて、民事裁判を起こしたいと思うのであれば、訴訟ができるかどうかという視点も含めて、弁護士に相談する必要がありますよ。」

 相談者は、被害に関する資料など何も準備していないようなので、
「そのために、これまで受診してきた病院の診断書とか、お金を払った領収書、明細書とか、中学時代の日記とか、友達からもらったメールとか、そのようないじめ加害者から受けた被害を証明できるような物証など、集めることもできますか。」
 「また、法務局の人権擁護委員会に相談するとか、手立てはあるかもしれません。」

 このようなお話をして、その方のお住いの県の弁護士会、無料相談会、人権擁護委員会などの住所や連絡先をホームページで調べて、具体的に情報を提供させていただきました。

 それから、私は、彼に大事な約束をしていただきました。
 まず、「期限を切る」ということです。具体的にいついつまで、「〇月×日」までやってみる。できなければ、あきらめる。費やすお金は、いくらまで、それ以上で、払えないなら、提訴をあきらめる、ということです。

 また、同級生に証言を頼んでも良いけれども、もう社会人なので無理強いはしないこと、相手の時間をうばわないこと。
 同級生と電話やメールでつながることは、うれしいことですから、もし、つながって、相手の生活ぶりや進路を聞けたら、それだけでも良しとして、いじめのことを覚えていないなら無理に聞かない。
 いじめのことを覚えている人から、協力してもらえるなら、協力してもらう。
 そして、必ず、
「声が聞けてうれしかったよ。今、元気にがんばっていて、すばらしいね。これからも友だちでいてもいいかな。」
と相手に感謝し、相手が学校や仕事、そして良い人生を送っていることを祝福する、そういうことを忘れないようにする、ということです。

 彼は、まずは法務局人権擁護委員会へ行ったようですが、「弁護士にも相談した」と言ったら、「現在、係争中の方の相談に応じかねます」と断られたと報告してきました。
 彼は、裁判のための資料を集めてみると言っていました。

 その後、ぷっつりと連絡は途絶え、もうすっかり忘れ果てたころ、ショートメールがきました。
「友だちと会いました。みんな『〇〇が悪い、(あなたは)がんばれ』と言いました。ありがとうございました。」
 はたして、相談者がいじめ被害による慰謝料請求裁判にもちこめたのか、それとも、社会人になって大人の判断ができるようになった同級生たちから、癒されていって、心の整理がついたのか、それはよくわかりません。

 しかし、心の整理をつけ、一歩前に進んだことは間違いありません。毎日が苦しいと言っている中で、昔の同級生たちと会って、「何か」をつかんだのだと思います。
 その「何か」とは、「人生のさけがたい不幸の中に見つけた悟り」と言っても良いのだろうと思います。私は、仏陀の「からし種」の教えを思い出しました。(注) 彼から、人生を再出発することの大切さを教えてもらいました。

 ただ、このケースもそうですが、気をつけていただきたいのは、「いじめ相談は早めにしないと解決に結びつかない」ということです。
 前述したように、「いじめ解決は初動が命!」なのです。
 いじめの早期発見、早期相談が、解決に結びつきます。このことを知ってほしいと思います。

社会福祉士、精神保健福祉士
元保護観察官
前名古屋市教育委員会 子ども委員SSW
現福祉系大学 講師 堀田利恵

(注)「からし種」の教え
 自分の小さな息子を亡くした母親が、釈尊のもとに行き、「お釈迦様の持っている神通力でもって、生き返らせてください。」と嘆願しました。
 釈尊は、「では、生き返らせてあげよう。いまだ死者を出したことのない家から、からし種をもらってきなさい。」と答えたのです。
 母親は、町を尋ね歩きましたが、死者を出したことのない家は、どこにもなかったのです。
 すると釈尊は、「死者を出さない家というのはないのだよ。どのような人でも、必ずこの世を去っていく。」という話をし、それが縁となって、母親は出家して、釈迦教団に入ったと伝えられています。

 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2020/09/12 21:30 ] メッセージ | TB(0) | コメント(0)