◇ 事務長メッセージ ◇◆◇ 時代は変わってい る◆◇ 

170622 少年たち

◇ 事務長メッセージ ◇
◆◇ 時代は変わってい る◆◇


先週の6月13日、内閣府が2017年版の 「子供・若者白書」 を発表いたしました。
それによりますと、いじめの認知件数が増加を続けるだけでなく、ニートの数も4年ぶりに増加に転じるなど、若者を取り巻く状況がたいへん厳しいことがわかってきました。

まず、今回の白書では 「若者にとっての人とのつながり」 が特集されています。
この調査は昨年12月、15~29歳の1万600人にネットで実施され、回答した6636人から無作為抽出した6千人分を分析したものです。
そこでは、「自分の居場所が多い子は充実感がある」
一方で自分の 「居場所」 と感じる割合は職場や地域よりも 「インターネット空間」 の方が高い。
「就学・就業していない若者の7割超が学校での友人を相談相手と思わない」 など、孤立してしまっている子供や若者に対する支援が必要であるという問題が浮き彫りになりました。

一方、いじめ問題や不登校についてですが、いじめの認知件数は2010年代に入ってから増加を続けており、2015年には約22万5000件になりました。
学年別では中学1年生が最も多くなっています。
また、いじめの原因や動機として最も多いのは 「力が弱い・無抵抗」 で、「いい子ぶる・なまいき」、「態度動作が鈍い」 がそれに続きました。
不登校についてですが、中学校では、2012年以降増加傾向にあり、2015年には2.83%、約10万人が不登校になっています。
小学校での不登校は1992年以降、微増が続いており、2015年には0.42%で約3万人弱が小学校に行けないでいます。
高校で不登校の生徒は減っており、1.49%約5万人。高校を中退する生徒も減少を続けています。

さて、このような内容の白書が発表されたのですが、ここで、保護者の皆様に考えていただきたい事があります。
それは、自分が過ごしてきた学生時代と、今の子供たちが過ごしている時代とは、様々なものが、変わってきているということです。
いじめ相談を受けていると、「自分の時代はこうだった」 と言って、学校と交渉することに賛同いただけないことがあります。これは、父親の方にこの傾向が強いように感じます。
しかし、白書の内容でもわかるように、子供たちを取り巻く環境は変わってきており、厳しさも増してきています。
そして、様々な問題を抱え、昔よりストレスなども増えているように思います。
また、子供を守るという考えが広まった反面、打たれ弱い子供が増えているのも事実です。
だからこそ、今の子供たちの置かれた環境や、様々な社会状況なども踏まえ、いじめ問題にも取り組んでいただきたいと思います。
「自分の時代はこうだった」 と言って、突き放してしまうより、まずは、子供の話を聞いて、一緒に考えていく姿勢が大切だと考えます。
時代の違いというものは、考えているよりも大きなものです。
大切なのは、子供の視線で考えてあげることではないでしょうか。
いじめ問題で、ご不明な点などございましたらご遠慮なくご相談ください。
よろしくお願いいたします。

いじめから子供を守ろう ネットワーク
事務長 丸山秀和

◎参考
内閣府:子供・若者白書について

http://www8.cao.go.jp/youth/suisin/hakusho.html

 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2017/06/22 10:30 ] メッセージ | TB(0) | コメント(0)

「いじめ防止対策協議会」 より深い議論を  

170617 0613いじめ防止対策協議会

「いじめ防止対策協議会」 より深い議論を

 6月13日、文部科学省で、今年度第1回目の 「いじめ防止対策協議会」 が開催されたので、傍聴に行ってまいりました。
 「いじめ防止対策協議会」 は、文科省が設置した有識者会議で、2013年9月に施行された 「いじめ防止対策推進法」 の取組み状況の検証や、いじめ問題等について実効的な施策を講じることなどを目的としています。

 昨年度の協議会の提言に基づいて、文科省は 「いじめの防止等のための基本的な方針」 の改定を行いました。
 そして今年度は、「いじめ防止対策に係る事例集」 の作成や、「SNSを活用したいじめ相談体制の構築」 について、検討が始まりました。

 「いじめ対策事例集」 は、全国の学校からいじめ解決の成功事例や実際の工夫、気を付けるべき点などを集めて、事例集にまとめて共有することを目指しています。
 今回の会議の中では、
「学校からだけではなく、子供たちや保護者の声も集めてはどうか」
「これをやってはいけない、というものばかりではなく、こうすると解決するという事例も掲載すべき」
「事例集を校内研修などで使うこと」
「マニュアル通りにしかしない先生もいる。事例集があっても、自分で考え、周囲と相談しながら解決していくことが大切」
「すぐれた先生が1人いたから解決したではなく、いじめは複数で解決していくことが基本」
「教育学部の学生や教職課程の学生などにも事例集を配布すべきではないか」 など次々と意見があがっておりました。

 気になった意見としては、
「最近は保護者が学校に弁護士を同行してくる。その対応も記載してはどうか」
というものがありました。これに対しては、
「弁護士が同席しても対処は同じはず。
弁護士も子供の安全のために行くのであって、対立するためにいくのではない」 という反論がありほっとしました。
 また近頃はよくあることですが、
「ICレコーダーで録音する保護者もいる」と意見に対しても、
「録音は学校も行えばよい。あげ足とりをしようと録音するわけではない。事実関係をはっきりさせるために録音する」 と当然の反論があり心強く感じました。

 特に、座長の森田洋司教授 (鳴門教育大学特任教授) は次のような意見を述べておられました。
「編集の大きな柱としては、リスクマネジメントの観点も大きな柱になる。人間が対応するので、過失、認識違い、無視、軽視、怠慢などが起きる可能性はある。これにいかに備えるか。」
 加えて
「いじめは、いじめる加害者がいなければ被害はないと言われる。しかし、事例集においては、学校が第2の加害者とならないことも大事な視点だ」
との考えを示されました。

 実際、私たちのところに入ってくる相談をみても、教師の対応によって、被害生徒が不登校に追い込まれることも少なくありません。
 あるお母さんが 「うちの娘がいじめられています」 と担任に相談したところ、担任は、その子からのいじめの聴取もせずに、いきなり教室で 「話し合いの時間」 を持ちました。
 その結果、被害生徒は次の日から不登校になってしまったのです。
 その子にとって 「話し合いの場」 は、
加害生徒や周囲の生徒たちからの
「いじめではない、私たちこそ被害者。皆、迷惑している」
「あなたのここが、皆に嫌われている」
「欠点に気づいてほしいだけ」 等々の、
正当化の申立と、被害者の欠点を指摘され続けただけの1時間だったのです。
 教師は、まずは被害状況を確認し、加害者を呼んで指導するという手順を踏まなくてはなりません。
 「話し合い」 が個人攻撃になるのならば、介入して止めるのは当然のことです。
 しかし、こんなことも理解していない教師が現実にいるのです。
 森田教授のところにも、いじめを相談したら、よりひどくなったという事例が数多く寄せられているのでしょう。

 もう一点、重要な議題として、「SNSを活用したいじめ相談体制」 の検討がなされています。
 現在、文科省は 「24時間いじめ相談ダイヤル」 を設置しています。
 しかし、今の子供たちは携帯電話であっても電話をかけないので、現実とのギャップがある、という現状への対策として、「子供たちが使っているSNSで相談を受ける体制をつくる」 という検討が始まったのです。
 しかし各委員からの意見にはやや失望を感じてしまいました。
「電話ならかけてきた場所が分かるので、そこの教育委員会に転送できるが、SNSだと相手の場所が分からない」
「こちらの回答が文字として残るので慎重になる。拡散されたりすることもあるのでは?」
「今、電話相談を受けているのは主に退職後の方たち。SNSになれていない」
「真夜中に 『死にます』 とか、『今切ってしまいました』 などと深刻な相談がくる。相談を受けるほうの負担が大きい」
「子供のための議論」ではなく、相談を受ける側の論理での発言が多すぎます。

 「事例集」 にしても 「SNS相談」 にしても、「子供たちを守る」 という基本姿勢を崩さずに、信念を持って臨んでいただきたいものです。
 6月は、いじめも多くなりがちです。
 不安に感じたら早めの相談をご検討ください。ご相談をお待ちしております。

いじめから子供を守ろう ネットワーク  
井澤・松井


 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2017/06/17 14:10 ] メッセージ | TB(0) | コメント(0)

◆◇ 「転校」 という解決方法 ◇◆ 

170603 学校校庭

◆◇ 「転校」 という解決方法 ◇◆

 6月になりました。新学年になってから約2か月がたち、子供たちも今の環境になれてくる頃です。

 先日、ある保護者の方からうれしい報告のお電話をいただきました。
「今の学校ではいじめもなく、毎日、学校に通えています」
 この方のお子さんは、数年前からいじめられ、とうとう学校に行けなくなりました。私たちにご相談にこられ、4月から別の小学校に転校しました。
 前の学校では、ご両親が何回も学校にいじめを相談したのですが、いじめを解決してもらえませんでした。転校したことでようやくいじめから解放されたのです。

 このように、「転校」 もいじめ解決の方法の一つです。
 通常は、いじめが解決したと言えるためには、「加害者が、被害者本人に謝罪し、かつ、いじめがなくなること」 が必要であると考えています。
 しかし、いじめが悪質すぎたり、学校側の隠蔽体質が極端である場合等は、いじめから逃れることが解決となります。具体的には、このお子さんのように、転校を決断し、その後、順調に学校生活が送ることができれば、解決したと言えるのです。

 「転校は逃げたことになるのでは?」 と心配する保護者の方もおられます。 しかし、いじめのない学校に転校して、安全な環境で学校生活を送る、これは、新たなスタートであって、決して 「逃げ」 などではありません。
 前述したお子さんのように普通に学校に通えるようになり、みちがえるように元気になるケースは、かなりの数に昇ります。
 お子さん自身が 「いじめがあるから転校したい」 と言っているのでしたら、転校を考えてみていただきたいと思います。

 そこで、改めて「転校」についての考え方を整理しておきたいと思います。「転校したいが引っ越しは無理」、「転校先はどうやって探すのか」、「担任が転校に反対している」、「転校させたいが子供が嫌がっている」 などなど。以下、述べさせていただきます。

1 いじめが理由の場合には、引っ越しをしなくても転校できます。
 「転校のために今すぐ引っ越しは無理です」 とあきらめかける方がおられます。
 しかし、あまり知られていませんが、引っ越さなくても、別の学区の公立学校への転校はできるのです。
 文部科学省は、いじめが原因の場合は学区外への転校に柔軟に配慮するようにと 「通知」 を出しています。(平成19年3月30日付 「学校教育法施行令第8条に基づく就学に関する事務の適正化等について (通知) 」)
 学校や教育委員会が転校を認めてくれない場合には、文科省のこの 「通知」 を示すとスムーズに転校できます。

2 転校先はどうやって決めたらよいのか。
 「転校先でもいじめられたらどうしよう」、これが最も心配される点です。
 まずはインターネットで学校の評判を集めると、大まかですが概要をつかむことができます。ホームページや口コミサイトなどが参考になると思います。
 そして実際に、保護者がその学校を訪問して、校長とお会いすることで、校長先生のいじめについての考えや、自分たちを理解していただけるかなどが分かります。校長先生で学校は決まると言っても過言ではありません。
 あわせて、授業中の雰囲気や、休み時間や掃除の時間の子供たちの様子を見れば、安心できる学校かどうか、わかるものと思います。
 私立学校への転校の場合は、編入試験を受ける必要がある場合もありますので、直接その学校に問い合わせてみてください。

3 転校に担任が反対する場合
 「担任が転校に反対する」、というケースも少なくありません。
 「絶対に認めない」、「こんな理由で転校などできない」 など、かなり高圧的な担任もいます。
 その場合には、教育委員会に相談することをお勧めします。

4 教育委員会が転校に消極的な場合
 一般的には、教育委員会に相談することでスムーズに転校することができます。しかし、まれに、転校に消極的な教育委員会があります。
 前述の文科省の通知を示しても、
「お宅のお子さんは転校しないほうがいいです」
などと言われてしまうことがあります。
 市区町村議会の議員の方に相談して、教育委員会に連絡してもらったり、あるいは、私たちのような第三者機関にご相談ください。外部の機関に相談することで、対応が変わる場合がかなりあります。

5 お子さんが転校を嫌がっている場合
 転校はいじめ解決のための有効な手段ですが、お子さんが転校を渋っているのであれば、無理に転校させることは危険です。
 お子さんが転校をためらう理由としては、
「友達と別れるのはいやだ」
「いじめ加害者たちは楽しく学校に行っているのに、なぜ、被害者の自分だけが転校しなければならないのか」、
「加害者たちに逃げ出したと思われたくない」、
「新しい学校でもいじめられるのではないか」などがあげられます。
 このような気持ちを保護者は理解してあげてください。
 転校については、根気よく話し合い、少しずつ納得させていくことが大切です。

 いじめや転校についても、ご遠慮なくご相談ください。
解決のお役に立てれば幸いです。

いじめから子供を守ろう ネットワーク  
松井 妙子


 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2017/06/03 23:30 ] メッセージ | TB(0) | コメント(1)

◆◇ 子どもたちが、人間関係において適度な距離感を保つためには(その2)◇◆ 

170528 菜の花と少女たち

子どもたちが、人間関係において
適度な距離感を保つためには(その2)

 前回、良い関係性を保つには、一定の距離感を保つことが必要であり、お互いに自立していることが肝要なのだと述べました。

 真実の友情を築くためには、焦らず、ゆっくりと人間関係を育んでいくことが大切です。自分を十分に知ってもらい、少しずつ時間をかけながら関係を深めていくような方法をとることです。このようなことを折にふれて、子どもたちに教えていく必要があります。

 子どもたちには未来があります。
 より大きな目標を達成するために、孤独に耐えることが必要な時期があるのです。そのことを教師や親は教えなくてはなりません。

「時間に正確な人は信用される」
「規則正しい生活習慣を持つことは、将来の成功につながる」
「それは、世の中の役にたつ人になるためです。」
と自信を持って言える子どもにすることです。
 時間とルールを守れない人とは、一定の距離をとるように導いてあげることが重要になります。
 さらに、善悪を区別できない人との付き合い方にも配慮が必要です。

 時には、「今は、遮断しなくてはならない時期だ」 と判断したら、社交的ではないかもしれませんが縁を切ることが大事です。
 但し、一方的に言いすぎると子どもが納得しません。そこから家庭内トラブルにつながることもありますから、「なぜそうなのか」 ということを説明し、納得するまで説得することが大切です。

 大切な人間関係のルールは、大人である教師や保護者が教え、サポートしなくてはなりません。
 とは言っても、なかなか実践することは困難なことでもあります。

 その意味では、帰国子女家庭や外国人のほうがハッキリしています。
 ある外国人の方を紹介します。お子さんは小学6年生、学級崩壊のさなか、そのクラスでは正論が全く通りません。暴力的で悪いグループの影響を受け、普通の子までも荒れて、教員もお手上げ状態でした。
 その子がとうとう情緒不安定になってしまったため、保護者は見切りをつけて、学校に通わない宣言をして、学習塾のみに通い、私立中学を受験し、合格しました。
 その後、私立中学に近い場所に転居することになり、お子さんは卒業式には出席し、親しかった優等生の子ども達には感謝のお手紙を渡していました。

 このような親の決断が成功した事例もありますが、いつまでたっても、午前2時までSNSを止めない子どもたちもいます。そのなかには、こだわりの強い性格の子、特定の障がいの子、家庭が不遇で淋しがっている子もいます。
 ソーシャルスキル教育で対応できる場合もありますが、改善が見られない子どももいます。

 悩み続ける子どもは、総じて、家庭的な背景に課題があることが多く、その保護者も悩みに対して、「判断できていない。どうして良いのかわからない」 状態になっていることが多いと考えられます。決断できない人が悩み続けるのです。

 悩みの渦中にある子供たちは、感情や情緒が不安定になりがちで、相手に依存したり、自分の感情が収まるまで、執拗にメールやラインのメッセージを送ります。
 夜中もです。眠れないまま、感情が高ぶったまま、朝を迎えてしまいます。これでは、お互いに自滅です。

 大切なことは、「今、お友達が悩んでいることは、友人のあなたが解決できますか?」 ということを教えてあげることです。特に、家庭内の経済的困窮や父母の不和などの悩みには、寄りそってあげてもいいですが、「あなたでは解決できないこともある」、と伝える勇気も必要です。
 「どうしても、見放すことが出来ない」、と考える心根の優しい子には、「大人や信用できる人にこの問題を預けましょう、相談しましょう」、と言ってあげてください。
 父母の離婚問題、経済的困窮、係争関係、進路問題もあるでしょう。でも、子どもたちには難しすぎます。どうか大人に相談してください。
 経済的問題の悩みが解決すれば、悩みの8割は消えるとも言われています。

 ストレスをのり越えたとき、それは人生の階段をひとつ昇ったのです。
 のり越えた先には、人生の成功や発展が待っていることを知っていてください。
 朝の来ない夜はありません。必ずのり越えられます。過ぎ去りしストレスの日々はいつかあなたの心の勲章として輝かしいものとなるでしょう。

スクールソーシャルワーカー  村崎京子(仮名)


 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2017/05/28 17:00 ] メッセージ | TB(0) | コメント(0)