FC2ブログ









◆◇ ありがとう ◇◆ 

190213 空と太陽

◆◇ ありがとう ◇◆

私には、6才年上の知的障がいを持つ兄がいました。
ダウン症という名の知的障がいです。

もう半世紀以上もの昔の話です。
昔はまだ、学齢期になっても、
障がい児には教育を受ける場がありませんでした。
家庭の事情もありましたが、
兄は、寄宿制の学園にお世話になっていました。

今ならば、福祉も教育も充実していますから、
自宅から学校に通えたかもしれません。
しかし当時は、家から離れるしか、
障がい児に、教育の機会はありませんでした。

本人にしてみたら、それはなんといっても、
自宅で家族と一緒にいるのが一番いいでしょう。
ですから、寄宿制の学園に行くのが、嫌で嫌でたまらなかったようです。

しかし家にいたままでは、
テレビを見るだけで、毎日が終わってしまいます。
学園で19歳までお世話になったからこそ、
多くを学べ、また色々な経験をすることもできたと思います。

本人にとっては大変だったでしょうが、
結果的には非常にありがたかったことだと思っております。

お世話になった学園の、園長先生ご夫婦は、
キリスト教の信仰を持たれた、まことに立派な人格者でした。
そして、ご自身もダウン症のお子さんをお持ちでした。
お子さんの教育の機会がないことを憂えてでしょうか、
私財をなげうたれて学園を始められ、
多くの知的障がい児を受け入れていらっしゃいました。
子供心にも、立派さが肌で感じられる、
見事な信仰者だったと思います。

そこで、園長先生が、
子供たちや保護者の皆さんに教えていらっしゃったことで、
今でも覚えていることがあります。
それは「ありがとう」という言葉を覚えなさい、
という教えでした。

人は、誰でも他の人のお世話になって生きています。
特にあなた方は、おとうさん、おかあさんや、兄弟たち、
そして多くの人の、お世話になります。
だから「ありがとう」という言葉を覚えて、いつも言うようにしなさい。

兄は40年で、その短く少し悲しい生涯を終えました。
最後は、白血病という病を得て、病院で両親に見守られて帰天しました。

お世話になった園長先生の教え通りに、
「ありがとう」
と 最後まで言い続けて、息を引き取りました。

不自由な肉体に、しかも病を得て、かなり苦しかったようです。
しかしその苦しい中でも、看護師の皆さんにお世話になると、
ニッコリと笑って「ありがとう」と言い続けたそうです。

不思議なことですが、亡くなる少し前に、何かに驚いたように、
まん丸に眼を見開いて、天井の方をキョロキョロと見ていたそうです。

心清いままの生涯でしたから、
お迎えに来た、天使たちを見ることができたのでしょう。

一生涯の間、一度も声を荒げることもなく、
友人に暴力を振るわれても「だめよ」と言うだけで抵抗もせず、
なぜか不思議に国会中継を食い入るように見ていた、
そんな兄でした。

役に立つか立たないか
そうした有用性の物差しだけで見たならば、
何の役にも立たなかった生涯です。

しかし 人は死んでも、何度も生まれ変わってくる
「生き通しの魂」だと聞きます。

色々な時代に 様々な境涯で生まれ、
多くの経験を得るために生まれてくる

そうならば どんな人生にも意味はあります

障がい者として生まれ、
不自由な人生の中で、感謝の心を学び

愛とは何か
感謝とは何か
それを家族や
周囲の多くの人々に
学びとして与えた人生

どんな人生にも意味はあります

笑顔と「ありがとう」の感謝の心
それしか 兄にはできませんでしたが、それでも 多くの仕事を、
この地上で成し遂げたと思います

少なくとも 我が家族は 
兄がいなかったら、鼻持ちならない、
そんな人間ばかりだったでしょう

ある意味、身を捨てての生涯、愛の生涯を、
障がい者の方々は担っているのでしょう

自分には何もできない、
そう思う人も多いかもしれません

しかし 笑顔は浮かべられます
ありがとうと感謝することも可能です

誰であっても 
愛に生きることは可能なのです

それを 身を挺して 示す魂たちが、
不自由な肉体に宿って、
たった今も 奮戦している。

そんな風に思っているのです。

こしがやじろう


 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2019/02/13 20:10 ] メッセージ | TB(0) | コメント(0)

◆◇ イジメ被害者は、世間にあやまらなくてはいけないのか ◇◆ 

190203 枯れ葉と青空

◆◇ イジメ被害者は、世間にあやまらなくてはいけないのか ◇◆

 「Mちゃんは悪くない!」
と、ステージ上の若い女性アイドルに声がかかる。
 12月上旬、人気のアイドルグループの女の子が、自宅マンションで男たちに襲われた。
 自宅は安心のオートロックマンションのはずなのに、なんと自室に入るところで加害者たちに口をふさがれ、自室に入り込まれそうになった・・・としたら、どんなに恐ろしかったことでしょう。
 犯人たちは逮捕されたが12月下旬に不起訴処分になり、事件は、人気アイドルが被害者であるのに、報道されることもなかった。
 ところが、1ヶ月後、被害女性がSNSで事件を公表した。
「(運営の責任者は)悪いことした奴だって解雇するって言ったくせに。なんも対処してくれてなくて」
「ずっと言いたかったけど、全部対処してくれるって言ったから、この1ヶ月怖かったけどずっと待っていた。だけど結果何もしてくれなくて」
 事件は大反響を呼んだ。
 大きな騒ぎとなったことで、事件公表2日後のステージ上で、「お騒がせして申し訳ありません」と、彼女は、ひとりで謝罪した。

 TVでファンの一人がインタヴューに答えていました。
「被害者なのに、なぜ彼女が謝らなければならないのか。」
 普通の常識ある社会人であれば、そう考えるのが普通のことです。
 批判の的になったのは運営会社でした。なぜ被害者を守れないのか。なぜ1ヶ月も放置したのか。だれしもそう思うはずです。
 
 この事件の犯人は不起訴処分になった、ということでしたが、不起訴は無罪ではありません。実際に、事件は起きていたのです。
 「不起訴」の理由は明らかではありませんが、日本の場合、不起訴率は、5割にもなるとのデータもあります。
 日本では、検察官が起訴すれば、ほぼ99%が黒(有罪)になります。一般的に軽微な事件で初犯の場合、「今回だけは許してやる。今度やったらただではすまない」と検事が厳しく申し渡して、不起訴処分にすることもあるようです。
 不起訴でも逮捕歴は残りますし、事件捜査の書類等は保管されます。「不起訴」になったからといって、事件がなかったことになるわけではありません。

 さらに、この事件では、被害者の女性は、Twitter(ツイッター)で、
「あるメンバーに公演の帰宅時間を教えられ、またあるメンバーに家、部屋を教えられ、またあるメンバーは私の家に行けと犯人をそそのかしていました」という発言をしています。
 運営会社は、「帰宅時間をもらしたメンバーはいるが、違法性のある行為をしたメンバーはいない」と発表しています。
 ここで、違和感を感じたのは私だけではないと思います。

 不起訴にはなりましたが、犯人たちの犯罪行為があったから、警察や検察庁が動いたわけです。
 捜査の過程で、グループ内の女の子たちが事情徴収されるのには、根拠があります。実際、たしかに直接手をだしたのは男性ですが、そそのかしたり、住まいの住所や帰宅時間を教えた人間がいるならば、犯罪の共犯者として責任追及されることもありうるからです。

 つまり、運営会社は、被害者よりも、犯人たちの共犯かも知れない女の子たちのほうを守ったのです。 
 ことが公になって、自分たちの運営管理のマネジメントの悪さが表面に出てきたり、評判が下がること、つまるところは、売り上げが落ちることを避けたいわけです。
 そうなると、被害者ひとりを抑え込み、「しゃべるな」、「広げるな」という圧力をかけることは容易に想像がつきます、

 結論として、会社擁護とその外見的名誉やブランドを守るために、被害者の救済を困難にしたり、隠ぺいしてはならない、と声を大にしていいたいのです。

 しかし、一番、重要なことは、加害者が被害者に謝罪することなのです。たいていの場合、加害者側は、「自分は悪くない」と思っています。「ささいなことで大騒ぎする、被害者こそ悪いのだ」、「自分のほうが被害者だ」と思っています。

 実は、学校のいじめ問題でも、同様のことが日本各地で起きています。
 少なくとも、同じクラスや部活といったグループの中に、被害者と加害者の両方がいたならば、即座に対応しなくてはならないでしょう。

 ところが、先の運営会社のごとく、「事実関係の確認や人間関係の把握が先だ」、「第三者委員会に委ねる・・・」といった先送りにし、全く判断をせず、逃げる学校があとをたちません。
 時間だけが、過ぎていきます。
 それはなぜでしょうか。
第一に、なにが善でなにが悪か、わかっていないということ、
第二に、悪行を行う人をしっかりと反省させる指導法を持っていないこと、
第三に、人数の多い側つまり加害者側に対しての指導を避けようとすること、
第四に、時間の経過によってうやむやにしたいこと、
 以上のように、学校は責任をとりたくないのです。だれも判断せず、物事を決めず、雲散霧消にしたいのです。

 一般的に、世間で知られた会社であるならば、もし不良品や悪いサービスをしたら、社長が謝罪し、責任をとって退任したりします。
 ルールを守るというコンプライアンスが高いことが組織に対する信頼であることを世間は知っています。

 ひるがえって、学校という組織は、「最も責任をとりたくない組織」です。
 その結果、そうこうしているうちに、被害者やその家族は精神的に追い詰められていきます。
 仙台市で痛ましい事件が起きました。いじめを苦にして、小2の女子と母親が無理心中したのです。
 被害者側の父母が学校に対して出した要望書を、なんと学校が、加害者の父母にそのまま見せているというのです。あまりにお粗末な学校側の対応が報道されています。

 悪いのは、学校に手間をかけさせる被害者なのでしょうか?
 「自分はやっていない。自分のせいじゃない」といいはる加害者に、自分自身の心に向き合うように導き、「自分がされて嫌なことを他人にしない」という黄金律を教える、この原点から始めなければならないのではないでしょうか。

 多くの思春期、青年期を生きる女性たちをお預かりする運営会社も、子どもたちを導き、教育し、未来をあたえる学校も、被害者に謝らせたり、記者会見をさせたり、涙をながさせたりしないで、時間伸ばしをせず、正々堂々と、責任者や校長が出てきて、
「守ることが出来ず、申し訳なかった」
「二度と悲しい想いはさせない」
「責任は私がとります」
と言うことが先なのではないでしょうか。

 解決しようと覚悟すれば、おのずと道は開かれていきます。
 いじめから子どもを守ろうネットワークは、いじめを解決する支援を惜しみません。

前名古屋市教育委員会 子ども応援委員 スクールソーシャルワーカー
現・福祉系大学 講師 堀田利恵 (ペンネーム 村崎京子)


 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2019/02/03 07:07 ] メッセージ | TB(0) | コメント(1)

★☆ 自分を愛することから始めよう ☆★ 

190128 椿

★☆ 自分を愛することから始めよう ☆★

 いじめをなくすためには、いじめを超える人と人とのつながりを創ることが大切です。たった一人でもいいのです。愛にあふれ、信じあえるつながりを見つけることです。そのつながりは、実はあなたが自分を愛し、信じることから始まるのです。自分を愛し、自分を信じることが、他の人を愛し、他の人を信じることにつながっていくと思うのです。

 この世に生を受けたあなた。世界にたった一人しかいません。
 あなたは世界を創っているのです。ですから、あなたにしかできないことがあります。それが何なのか。本を読んだ後や映画を見た後、音楽を聴いた後、人と話した時など、日常の様々な場面で、自分はどんなことを感じ、どんなことを思ったのか、考えてみてください。
 そこから自分は、
・優しい人間なのか、
・正しさを重んじる人間なのか、
・ねばり強い人間なのか、
様々な良さを見つけることができると思います。自分という人間を知ってみませんか。自分を知ることが、あなたの人生を、知らず知らずのうちに大きく変えていくことになります。

 先日、昨年4月に放送されたNHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」をDVDで見ました。
 北海道の書店の店主を紹介していました。その書店では、「1万円選書」といって、アンケートを送ると、アンケートから店主があなたのことをイメージし、あなたにあった本を選んでくれるのです。

 私はこのDVDを見た時、心が温かくなり、「あぁ、私も誰かに向き合ってほしかったのか。」と気づきました。
 私は教師という子供たちのための奉仕の仕事をしていましたし、仕事を辞めても、誰かを支えること、人のために生きる時間を大切にしてきました。しかし、ある時ふと、私自身が自分に向き合っていなかったのではないかと思ったのです。
 だから、まず、自分と向き合い、自分を愛することから始めようと思ったのです。すると、不思議なことに、心が落ち着いてきて、疲れていた心が元気を取り戻していたのです。

 SNSが居場所となり、孤独を癒している人も多いです。「誰かがそこにいる」、「自分のことに気づく誰かがいる」そんな気持ちだと思います。だから、SNSの中でいじめなどが起こると、最後の居場所がなくなって、たちまち暗闇に落とされるように気持ちになると思うのです。
 そんな時こそ、自分で自分を愛してほしいのです。自分自身を愛することで自分が癒されることがあることをどうか忘れないでください。

 また、大切な人と共に過ごす時間を大切にしてください。大切な人に「あなたをとっても大切に思っている」「大好きだよ」と、思っていることを伝えてください。相手に話しかけているのですが、それは、実は、あなたの中にいるもう一人のあなたに話しかけているのと同じなんだということにも気づくと思います。
自分の大切な人を通して、あなたの思いがあなた自身に戻って、循環し、あなたを癒してくれます。

 毎日の私たちの人生は、だれ一人同じではありません。その人生の中の苦しみや悲しみ、喜びは、実は、他の人の人生と共感しあえるのです。「自分の思いをうまく話せない」という悩みや「誰かに愛してほしい」という悩みなど、誰にもわかってもらえないと思う悩みも、実は誰かと共感できたりするのです。他の人と思いを交流することは人生の中で大切な時間です。

 もし、あなたがだれかと交流することをためらってしまうような時には、SNSやインターネットに流れていく時間を、好きな本や好きな映画を見ること、今まで、選ぶことのなかった洋服を着てみること、食べたことのないメニューにトライしてみること、などなど、自分の好きなことに使ってください。新しい自分に出会う大切な時間です。

 誰も自分を愛してくれる人がいないと思っても、実はたった一人、必ずあなたを愛してくれる人がいます。
 それは、あなた自身です。
 あなたは今まで一生懸命生きていました。
 生まれてから、できるようになったことはたくさんありますね。
 それをノートに書き上げたら、箇条書きで書いても、きっと何ページにもなります。
 そして、大切なあなた自身に語りかけてください。

 私は今保育園に勤務しているので、毎日、子どもの素直な心に触れます。子どもは悲しくなると、「ママがいい」とママを素直に求めます。遊びに夢中になる子どもたちの目はキラキラしています。

 みなさんも自分の素直な気持ちを大切にしてみませんか。子どもの頃に描いた夢を思い出し、自分を愛することや自分の未来を信じることに素直に生きてみませんか。人生の大きな波の中で、いつの間にか忘れてしまっている本来の自分に出会うことで、あなたの毎日が輝き始めます。

 自分を愛することが、世界にたった一人の自分を思い出させてくれます。自分を愛する人は自分の命も人の命も大切にします。
 自分の命も人の命も大切にできる人が増えていくことが、究極のいじめをなくす方法と言ってもよいのです。

泉章子の子ども未来プロジェクト代表  泉 章子(いずみ しょうこ 元小学校校長 )


 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2019/01/28 17:07 ] メッセージ | TB(0) | コメント(0)

◆◇ 勤務校での 「いじめ」 問題 ◇◆ 

190118 水仙

◆◇ 勤務校での 「いじめ」 問題 ◇◆

 今から25年以上前のことです。
 私は、当時高校で2年生の担任をしていました。その高校は、喫煙、バイク乗車などの問題行動が多発し、勉強がやや苦手な生徒が少なくなく、私は大なり小なりストレスを感じながらも勤務していました。当時は良きにつけ悪しきにつけ元気のある生徒が多かったと感じます。
 今回は、その時期に、教師のあり方を考えさせられた事件について述べてみたいと思います。

 具体的な内容は申し上げられませんが、自分のクラスのA君が公共の場で大変迷惑をかけ、危険な行為をしました。
 私は朝からA君の事情聴取をしました。しかし、なかなか事実を認めません。A君は潜在的に能力のある生徒なのですが、その分良くない方向にも力を発揮するタイプでした。教員の前では見せない姿が、陰に隠されているように思えました。

 私はA君の問題行動の内容を把握していましたので、正直に言うように促しました。危険かつ多くの人に迷惑をかけた行為を認め、反省するようにと説きました。しかし、ふてくされた態度が続き、次第に反抗的になってきました。
 私は、「許せない」、「見逃せない」という思いがこみ上げ、「お前はいつまでもそんな人間でいいのか!」と、大声で怒鳴りながら、立ち上がりざまにテーブルを両手で思い切り叩きました。「向かってくるなら来い」という思いでいました。
 ところがA君は突然、涙を流し初めました。そして、「自分だってこのままでいいとは思っていないよ」とつぶやきました。
 私はホッとしました。A君の本当の姿に接することができたように思えました。それからは、素直にありのままを話してくれました。

 その後、校長から懲戒指導がA君に申し渡されました。
 家庭訪問にいくと、素直な態度で課題をしっかりとこなしていました。御両親は学校の指導に御理解をいただき大変ありがたく思えましたし、「こんなご両親の元で、どうして・・・」と思いました。

 それから数日後、学校は保護者面談の期間に入りました。
 私のクラスのB君は少しひ弱な感じのする、おとなしく優しい感じの男子生徒です。思いを内に込めてしまうタイプなので、日頃から少し気にしていた子です。お母さんが面談にいらっしゃいました。
 私は冒頭、「B君の様子で気になることはありますか」と問いかけました。
 するとお母さんは、「少し前、貯金が減っていることに気づきました。何かを買っている様子はないのですが」とおっしゃいました。
 これはただ事ではない、喝アゲ(恐喝)か「カンパ」だなと思いました。

 翌日、B君を放課後に呼びました。「誰が相手でも絶対に仕返しなんてさせない」ことを訴え、ありのままの事実を話すように促しました。
 B君を苦しめていたのはA君でした。聞けば、お金を持ってくるように強要されること数回、さらに、体育の授業の後の教員の目の無いところで暴力を振るわれることも何回かあったことが分かりました。
 改めて貯金通帳を確認させ、金額と時期を把握しました。B君はさぞつらかったことだろうと思いました。

 私は、A君とB君とも2年になってから担任した生徒です。ところが、二人は1年生でも同じクラスでした。B君のお母さんによれば、2年生のクラス発表があった日は、元気がなかったとのことでした。
 生徒に充分に目が行き届いていなかったことを反省しました。
 また、B君を救わなければと思うと同時に、憑き物が落ちたようなA君の謹慎中の態度から、担任としては複雑な思いでした。でも、事の重大さから、「A君の行為をそのままにしてはいけない」と考えざるを得ません。学年主任や教頭に、A君に「進路変更(自主的な退学)を勧める」方針を提示せざるを得ませんでした。

 B君から聴取した事実を持って、学年主任と共に謹慎中のA君の家庭訪問に行きました。A君に時系列を追って事実確認すると、反省した様子で事実を認めました。驚いたことは、「B君以外にはお金を脅し取ったことはないのか」と尋ねると別の数件の事実を述べました。
 御両親は、息子があまりにもひどい行為をしていたことを知り、ショックを受けていらっしゃるようでした。自主的な退学に関しては御理解いただけました。
 A君には、「B君に逆恨みをしないように。もし何かすれば、警察の問題になる」との注意も与えました。現状でも十分警察沙汰レベルの事件でしたが、B君の御両親は警察までは考えていらっしゃいませんでした。

 B君から巻き上げたお金と、B君以外で被害に遭った生徒に対しては、A君の保護者の方からその金額を返していただけました。
 しばらくして、A君のお父さんから転学先が見つかったと、御連絡が入りました。今の住まいから遠くになる学校ですが、同じ高校2年生に転学できるので安心しました。

 後日、A君が私物を引き取りに、学校に挨拶に来てくれました。別れ際、互いに笑顔で、「がんばれよ」、「ありがとうございました」で握手して別れました。B君も安心するだろうし、A君の行先も決まりよかったと思いました。

 その直後のこと、三階の渡り廊下を歩いていると、私の横を後ろから一本の傘が飛んできました。思わず振り返っても、誰の姿も見えませんでした。きっと、「あいつがAを辞めさせた」との逆恨みした、A君の子分、取り巻きの仕わざでしょう。

 数カ月後、A君からハガキが届きました。スキーをしているA君の写真とコメントでした。なんでもスキー部に入り大会に出て入賞したとのことでした。元々、力のある活発な生徒でしたが、元気に活躍しているようでうれしく思いました。 

 この事件を通して、最初のA君の懲戒指導はA君に立ち直りのチャンスを与えることになったと思いますし、B君にとっては、困ったことを自分だけで抱え込まないことの大事さを学ぶ機会となったと感じています。
 また、私自身の「いじめ」解決体験は、「生徒や親御さんの心に寄り添う」という態度を学ぶという、教員としての貴重な体験であったと思います。

清川 洋


 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2019/01/18 16:30 ] メッセージ | TB(0) | コメント(0)