fc2ブログ









その後の山形 

その後の山形


 7月22日(日)、山形市の国際交流プラザにおいて、教員の立場からいじめ問題に取り組む全国組織「いじめを許さない教師の会」の初協賛による「いじめから子供を守ろう!ネットワークシンポジウム」が開かれた。テーマは「教室に正義を。子供たちに未来を!」で、180名を超える県民が参加し、見えないところで広がっている「現代のいじめ」の現実や海外の教育改革の成功事例、日本の学校の事なかれ主義的傾向の問題、子供の自主性を重んじる傾向のゆきすぎ問題などについての意見が交わされた。


 今のいじめの事例として、「臭い」と言われ続け、自分が本当に臭いと思うようになり、傷だらけになるまで身体を洗う子供の話や、ニート、自殺に至るケース、恐喝、暴行、援助交際の強要にまで発展したケースが報告され、周りの大人達がどう行動すべきか真剣な討論がなされた。その後の27日(金)、県立高畠高校二年の女子生徒が昨年11月に学校の敷地内で、飛び降り自殺した問題で、新たな動きが見られた。遺族が県教育委員会に対し、第三者を交えた再調査なとを求める要望書を提出したのに対し、高校教育課は、「要望に100パーセント応えるのは難しい。しかし第三者基幹的な組織を設置できないかどうか検討しているところだ」と新たな態度を示した。このニュースが新聞に掲載されているのを発見し、今回のシンポジウムの意味合いを改めて認識した。


 この事件は、女子生徒の遺した携帯電話に「複数の人から言葉によりいじめを受けた」という主旨の書き込みが残っており、さらに女子生徒の母親も、事件の二日前と一週間前に「学校でいじめられている」と本人の相談を受けていたこともあり、県教育委員会は調査を行っていた。しかし、「いじめがあったという事実は確認できなかった」とする調査結果を報告していたものだ。


 「たかが悪口」と思ったのかもしれないが、いじめを放置し続けた結果、このようななんとも痛ましい事件となった。遺族はもちろんのこと、いじめを知りつつも言えなかった子供達の心の傷も癒えないだろう。いじめが悪いこととも知らずに成長した子供達の将来を想像してみたことがあるだろうか。たどってみれば、家庭環境の問題も大きいと思う。だからと言って責任逃れを皆でしていたら、いつまで経ってもこの問題は解決がつかないだろう。学校関係者を含め、全ての大人が、当たり前の正しい善悪を学び直し、行動力と言葉で、子供達に教えてゆく必要があると思う。


後藤博子


※記事以外のコメントはBBSへ投稿ください。
                    ☆おとな向け掲示板☆      ☆児童・生徒向け掲示板☆
                    
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-           いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-
☆ご協力のお願い☆
現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif            ブログランキング・にほんブログ村へ           a_03.gif    
↑人気ブログランキング      ↑ブログ村           ↑FC2ブログ☆ランキング
 

[ 2007/08/01 09:58 ] 投稿記事 | TB(0) | コメント(0)

子どもたちが安心して学校に行ける環境を! 

子どもたちが安心して学校に行ける環境を!



   小学二年生を持つお母さんが、学校の面談(保護者会?)で、先生が「うちのクラスには手におえない男の子が五人くらいいて、その子たちを一人で見ているので大変で他のお子さんに目が回らないから了承してほしい」と、こう話していたそうです。

      「それをどうにかするのが先生の役目でしょう?」と、友人は思ったそうです。

      以前、私の子供のクラスにも、女の子にひどい暴力を振るうわ、授業では騒ぐは、つぶすわ・・・という、とんでもない男の子がいました。その子はお父さんはずっと仕事で、お母さんも働いていて、夜は菓子パンを数個置いて遊びに出かけてしまったりする母親だったそうです。

      それで、うちの子供がその子に、暴力を振るわれて、先生にクレームを言いにいったら、「私も本当に困っているんです。その子の親に電話しても、いつも子どものクレームばっかりでそのうち出なくなり、学校に呼び出しても来なくなりました。それに、どうやら、子どもをしかるときに暴力を振るっているみたいなんです。だから、ちょっと解決は無理ですねー。その子もかわいそうなんです」と、こういう感じでした。

      でも、待てよ。ですよね。家庭環境が悪いから、暴力を振るわれたほうは黙っていろ、というのは、おかしなものです。理由がどうであれ、暴力を振るったことに関しては、きちんと叱らなくてはならないでしょう。その後で、家庭環境のフォローがあると思います。

      結局その子は転校しましたが、その子がいた三年間は、どの女の子もいつもびくびくして授業を受けていたのです。

      私立の学校では、そういった子どもは出席停止にするとか、保健室とか、他の場所で勉強させるところもあるみたいです。

      先生は「公立小学校だから、退学にも出来ないんですよ」と、ぼやいてましたが、私は、いじめをした生徒や暴力を振るった生徒を停学や退学にするのは全うな処置だと思います。

      また、能力のない教師にも、しかるべき措置があってもいいと思います。

      S小学校というところでいじめを隠蔽した担任や校長たちはまた、違うところで教鞭を振るっていると聞きました。


  そんな生ぬるいことでは、その教師たちにも「悪いことをした」という気持ちはあまり持てなくなるでしょう。それよりも、教員免許を取り上げるとか、何年間は教壇に立てないとか、そのぐらいの処置をしてもおかしくないと思います。

      一番大切なのは、子どもたちが安心して学校に行ける環境を作るということです。

一日も早く、そういう体制ができることを願っています。
by YI


               @@@@@@@7777777@@@@@@@7777777@@@@@@@


                関西ツーリングリレー


                Second Day Report


今日(7月16日)は、姫路から「翔」号とママチャリ2台の、計3台で兵庫の街を走りました。自転車には全て「いじめから子どもを守ろう!ネットワーク」の「のぼり」がついています。関西の街を駆け抜ける際に、1台より3台の方が一人でも多くの方に「いじめから子どもをまもろう」というメッセージをお伝えできるのではないか・・・という青年の智慧です☆

実際に自転車で長距離をリレーでつなぐのは今日が初めて。必ず成功させよう!という情熱から有志で準備・段取りをきめ細かく行ってくれた青年たち。「情熱と志があれば出来ないことなんかないんだ!!」と今日参加した一人ひとりの心に情熱と勇気の火が着き、いじめ撲滅に向けて、本格的に走り出しました!!

いじめ撲滅を訴えチラシを配る青年の姿に、「がんばってな!!」というエールも・・・☆チラシも快く受け取って下さり、とても嬉しかったです。

 あいにく途中から雨が降り出しましたが、カッパを着て姫路から神戸西まで約80kmを13人の青年でつなぎました。

この、「雨」という困難が、私たち青年の心をひとつにしたように感じます。雨の中を力強く走る姿・・・信号待ちではのぼりを振ってPR・・・そんな一生懸命な仲間の姿に心を打たれました。
人生にも色々な困難があると思いますが、仲間と共に乗り越えた時って、困難に出会う前の自分よりも強くなってるし、仲間とのつながりも強くなったりしませんか?

今、いじめで悩んでいる人がいたら、一緒に乗り越えたい。一人じゃ重すぎる荷物を、一緒に持たせてよ・・・と言いたいです。

素晴らしい仲間と共に、同じ理想を持ち、同じ時代を駆け抜けることができる喜び。

共に走った6台の車に乗っていたサポートの青年たちも、自転車をこいでいた青年も、間違いなく今通っているこの道は、黄金に輝いていると感じていたにちがいありません。次回(21日)は兵庫三田へと、この正義の光をつないでいきます。絶対にいじめを撲滅して、子どもたちも大人たちも笑顔で幸福な関西にしたいと強く思いました。

 ここで、今日、自転車で走った青年のコメントを紹介します☆

「仲間と共に走らせて頂いて、ほんのりと爽やかで、あたたかくなりました。同世代の仲間とひとつになる良さを感じさせて頂きました。ありがとうございます。」

「このツーリングリレーに参加させて頂き、最初は不安などありましたが、一緒にやっていくうちにみんなでひとつの目標に向かって頑張ることがとても素晴らしいことだと感じました。」

 仲間って素晴らしい!!!!!広げよう☆仲間の輪

 社会啓蒙運動は、社会のために、誰かのために、してあげる活動のように思いますが、実際は多くの方に支えられたり勇気を頂いたり、与えられていることの方が多く、キャンペーンやツーリングが終わった時には、みんな口々に「ありがとう!」と感謝の言葉を伝え合っていることに気づきました。

今はまだ、実際に誰かを救ったという事例もありませんが、関西に生まれ合わせた青年たちが、「この関西からいじめをなくそう!」「教室に正義を取り戻そう!」と本気で思うことで、これからの社会が、未来が、大きく変わっていくと信じています。

 次回は7月21日(土)兵庫駅付近を出発し、三田へと駆け抜けます☆ツーリングリレー参加者も大募集です^^by Hiromi Nakamura

 

  ※記事以外のコメントはBBSへ投稿ください。
     ☆おとな向け掲示板☆      ☆児童・生徒向け掲示板☆
       
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-           いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-
☆ご協力のお願い☆
現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif            ブログランキング・にほんブログ村へ           a_03.gif    
↑人気ブログランキング      ↑ブログ村           ↑FC2ブログ☆ランキング
 

[ 2007/07/17 07:07 ] 投稿記事 | TB(0) | コメント(0)

連続ドキュメント ⑦ 

いじめ連続ドラマ ⑦


by GI


「いじめられている」というK君の言葉を、
教務主任の先生が聞きつけました。
「誰にやられてるんだ!」
厳しく問い詰める教務主任。
でも、言えるはずなどありません。
チクッたのがばれたら、どんな仕返しをされる分からないからです。
厳しく追い込まれるとK君は、パニックを起こしてしまいます。
「暴れだして危険な状態です。すぐに引き取りに来てください」
連絡が入った母親のYさんが学校に駆けつけてみると、K君は4人の先生に押さえつけられていました。
強い衝撃にパニックを起こすのは、彼の障害の特徴です。
あれだけ説明してきたのに、この学校の先生たちは、発達障害をまったく理解していません。
いじめへの無関心、障害への無理解、
Yさんは無力感とともに、学校への絶望を覚えざるを得ませんでした。

K君の安全な居場所は、もう学校の中にはありまん。
休みがちだとはいえ、それでも何とか登校したとしても、もう彼には勉強する場所がないのです。
K君は落ち着きがなくなり、いらいらし、小さなことにもパニックを起こすようになります。
「ボクなんていないほうがいいんだ」と言うようになったK君。
母親のYさんは、K君の身の危険を感じるようになりました。
これでは「学力の不安」どころではありません。
「このままでは生命にかかわるかもしれない」と、思うようになったのです。
「お昼まででいいから」と、学校に送り出したある日、
「すぐに帰りたいから迎えに来て!」と、K君からの電話がありました。
教室に行ったK君が見たのは、自分の机の上に積まれた、ゴミ箱とゴミの山。
「もう、ボクの机はないんだ」
ここに、すべての道は閉ざされてしまいました。つづく


       ※記事以外のコメントはBBSへ投稿ください。
     ☆おとな向け掲示板☆
      ☆児童・生徒向け掲示板☆
       
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-           いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-
☆ご協力のお願い☆ 現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif         ブログランキング・にほんブログ村へ         a_03.gif    
↑人気ブログランキング      ↑ブログ村                   ↑FC2ブログ☆ランキング
                          

[ 2007/07/03 07:07 ] 投稿記事 | TB(0) | コメント(2)

家族が一致団結 

          家族が強いで信じあう


                                              by 希望


家族が強い絆で信じあう事が一番だと最近感じます。


こんな話を聞きました。


小学校時代不登校になりました。そのお父さんは外科医でした、勉学にも非常に励んでいる家族でした。不登校になった子を、攻める事もなく、行かないなら行かないでいい、と自宅学習をし、その後中学は県外の中学に行きました。高校は行かず、自宅で家庭教師に恵まれ、大学資格検定で大学へ入学、その後医者になり現在も活躍中です。


そのお話をおききし、常に励まされていました。努力すれば道は開けるものなんだと・・・。そのお父様も昔は飛び級制度があったので飛び級で自分自身の志を果たしました。


今は他界しましたが、奥様と子供だけでひっそりとお葬式を出し、回りの方々にシラセがあったのは、初七日を過ぎてからでした。


若いときの将来への道は沢山開かれているんだと感じました。きっとその方々の努力は並大抵のモノではなかったと思います。でも勇気がわきます。将来自分がどのような道に進みたいのか、どうなりたいのか、家族としてどう未来を切り開いていくのかをしっかりと考えて現状だけの事象にとらわれすぎないことが大切だと思いました。


ただ、やはり未来設計をするには、情報や相談窓口
や色々な分野での知識も必要だと思いました。色々な経験や情報が皆様のお役に立てればと思い投稿させていただきました。


いじめによる傷は非常に深いです。持って行き場のない孤独感と失望感孤独感さえ感じます。どうか、いじめにあっている方々が、一人でもよき方向に希望が持てるように日々お祈りいたします。






   ※記事以外のコメントはBBSへ投稿ください。
     ☆おとな向け掲示板☆
      ☆児童・生徒向け掲示板☆
       
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-           いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-

☆ご協力のお願い☆ 現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)


banner2.gif         ブログランキング・にほんブログ村へ         a_03.gif    
↑人気ブログランキング      ↑ブログ村                   ↑FC2ブログ☆ランキング

[ 2007/06/28 07:07 ] 投稿記事 | TB(0) | コメント(0)