fc2ブログ









◇ 代表メッセージ (2021年10月) ◆◇ 令和2年度いじめ認知件数について ◇◆ 

211021 文部科学省

◇ 代表メッセージ ◇
◆◇ 令和2年度いじめ認知件数について ◇◆

今朝の電車の中や街にはコートを羽織った人が数多く見られました。
ここ数日、朝の天気予報を見ている気温が11月下旬並みまで下がっているとのこと、朝の冷たさに、冬がもうそこまできているのを感じます。

さて、先週の13日、いじめ認知件数が公表されました。
文部科学省の「令和2年度の問題行動・不登校調査」は、2020年(令和2年)4月1日から、2021年3月31日までの、コロナ禍における子供たちの調査結果です。
主なデータは以下のとおりです。

1.「いじめ認知件数」は、51万7,163件。(前年度より9万5,333件減少)
2.「ネットいじめ」、1万8,870件。(前年度より946 件増加)
3.「重大事態のいじめ」514件。(前年度より209件減少)
4.「暴力行為件数」は、6万6,201件。(前年度より1万2,586件減少)
5.「不登校児童生徒数」は、19万6,127人。(前年度より1万4,855件増加)
6. 自殺児童生徒数415人(学校からの報告数)。(前年度より98人増加)

2020年3月2日から全国の学校は休校になり、解除されたのは概ね6月1日以降となりましたので、いじめ認知件数や、暴力行為件数については実質、10ヶ月間のデータと言えます。
この状況を踏まえると、いじめ認知件数については、昨年の61万2,496件と大差ないように感じていますし、暴力行為件数も昨年の7万8,787件と同程度とみてよいと思います。

一方、小中学校の不登校児童生徒数は1万4,855人増え、19万6,127人と過去最多となっています。
新型コロナウィルスの影響で休校期間が長かったことに加え、オンライン授業も増えたことで、「学校に通わなくてはならない」という義務感が薄れたことが大きく影響したように思います。

また、今回の調査結果について、文科省では、「必ずしも肯定的に捉えることはできない。(被害者が)1人で抱え込んでいる可能性がある」と述べていると報道されています。

ですから、今回「いじめ認知件数」が減ったからと言っても、「いじめが減っている」と安易に考えるべきではありません。
旭川市で起きたいじめ凍死事件や、町田市でのネットいじめでの自殺事件を見ても、学校だけでなく、教育委員会も巻き込んで隠蔽するような事件が、全国で起きています。
全体を見れば、いじめを隠蔽しようという先生方は大幅に減ったように見えますが、まだまだ勢力を保っているようです。
今回の調査結果でも、いじめを認知していない小中学校が、全国で4,159校、全体の13.87%もあります。
いじめ認知件数が極端に少ない自治体もありますので、100万件を超える程度の数字になっても不思議ではありません。
51万7,163件といういじめ認知件数は、そのまま鵜呑みにはしにくい数字です。

公立の学校を指導している教育委員会の方々には、学校に対して隠蔽することがないように、もう一段指導を強化していただきたいと思います。

昨今のいじめ事件の報道や、私たちのところに届く相談を見ていて感じることは、「いじめ解決の鍵は教師にある」ということです。
いじめの隠蔽を指揮した学校長が栄転するような組織であってはなりません。
やはり、いじめを隠蔽し、いじめを放置したり、いじめに加担したり、さらには、いじめ隠蔽を指揮するような管理職も含めて、いじめを増長させるような行為をした教師に対する懲戒処分を厳しくすべきです。
文科省は、このような教師に対する罰則を法制化することを以って、「いじめを解決する」から逃げようとする教師を減らさなければならないのではないでしょうか。

10月に入って、いじめの相談が相次いでいます。
例年のことですが、10月から冬休みにかけて、いじめが発生しやすい季節です。
また、文化祭等の学校行事も多くなると共に生徒間のトラブルも起きやすい時期ですので、何か、不安に感じたりしましたら早めにご相談いただきたいと存じます。


一般財団法人 いじめから子供を守ろうネットワーク
代表 井澤一明

井澤一明ブログ:
http://ameblo.jp/kzizawa/
Facebook: http://www.facebook.com/kz.izawa
Twitter: @kzizawa

 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2021/10/21 15:07 ] 代表あいさつ | TB(0) | コメント(0)

◇ 代表メッセージ (2021年9月) ◆◇ 見えてきたGIGAスクールの運用課題 ◇◆ 

210920 彼岸花1

◇ 代表メッセージ ◇
◆◇ 見えてきたGIGAスクールの運用課題 ◇◆

近年は9月に入っても暑い日が続くことが多く、今年も暑い秋だろうなと思っていたのですが、涼しい9月となってしまいました。

今年の7月、ちば県民保健予防財団さんから声をかけていただいて、サマーセミナーでお話をさせていただきました。
ちば県民保健予防財団さんは、千葉県内の小中高大学の生徒をはじめ、市町村、企業などの健康診断・検診を行っていらっしゃる公益法人です。
サマーセミナーは、小中高等学校の養護教諭及び教職員の皆様に向けて、毎年開催されていらっしゃるとのことです。ただ今年は、コロナ禍の最中であり、ビデオ収録して8月末までのオンデマンド配信でした。
その中で、GIGAスクールの初年度に当たり、養護の先生方には、ネットや配布した端末を介したいじめを中心とする問題に気を配りつつ子供たちを守っていただきたいとお願いをしてまいりました。

しかし、残念ながら、GIGAスクールの中でもうすでに小学生がいじめ自殺するという事件が起きていたのです。
その中で、あまりにもずさんな学校の対応が見えてきました。
子供の生命を犠牲にしてまで実験するんじゃないと言いたいのです。
ネットにおける問題は、もう何年も前から分っているのです。ですから、明らかなシミュレーション不足、リスクマネジメントの欠如です。

9月13日、東京都町田市の小6女児が、2020年11月に自殺していたことがわかりました。
会見した両親によると、机の引き出しに複数のメモが残されており、2人の名前を挙げ、「おまえらのおもちゃじゃない」などの言葉がのこされていたとのことです。

いじめは「一人に一台端末を配布する」というGIGAスクール構想の先進モデル校として、昨年中には児童に端末が渡されていたのですが、この中でいじめが起きていたのです。
PRESIDENT Onlineの連載記事(https://president.jp/category/c03341)によると、被害者本人がネットのいじめに気づいたきっかけについて、
「それは(加害者)二人だけのやりとりだけだったのですが、(被害者の)パソコンの調子が悪くて、その時は仲良くしていたB子の端末を借りて作業したときに、A子からB子に『まじキモイ』『ウザイ』『死ねばいいのに』などのメッセージが送られてきたのをたまたま見てしまったようです。」とあります。
さらに、
-----------
(自殺後の学校からの報告の中で)
学校側から、9月10日に実施した「心のアンケート」で、「友達関係に悩みがある」と書いていたことを知らされた。
「A子とB子には言わないでほしいと言っていたそうですが、担任のB先生は二人に伝えてしまったのです。
9月14日、放課後の委員会活動で3人が集まった時に、当事者だけで話し合いをしたそうです。
その時、A子とB子は謝罪していじめは解決したとB先生に報告したと言うのですが、とんでもないと思いました。
(娘は)遺書を9月23日から書き始めていたからです。
当事者同士で話し合いをさせた結果、解決どころか、エスカレートしたのだと思いました」
-----------
と母の言葉が掲載されています。
「加害者に伝えて、話し合い」など論外です。
事実を確認したならば、叱らなければなりません。
そして「話し合い」ではなくて、「謝罪」させ「二度としない」ことを約束させなければ、いじめは解決できません。

また、東京新聞の報道では、
「その後、児童が作成し、一部に「(女児の名前)のころしかた」と題する絵が描かれたノートを学校が保管していたことが判明。
2月に学校が独自の調査報告書をまとめていたことも分かったという。」
とあります。

萩生田文科大臣は、
「(GIGAスクール、ICT教育)モデル校でパスワードなど管理があまりにずさんだった」、
「児童のいじめの一部が端末のチャット機能を使って行われていた」と説明。

先のPRESIDENT Onlineには、
「“ハッキング”というと大がかりな事件のようだが、この学校ではIDは出席番号、パスワードは123456789と全員が共通だった。
だから、誰でもやろうと思えばA子のアカウントにログインして、チャットの内容を見ることも消すこともできた。」とあります。

自殺した後、クラスでは不登校になったということにされてしまっており、チャットの悪口を見たという子がいるのにもかかわらず、同じくPRESIDENT Onlineには、母親がチャットの履歴を見せてほしいと学校に依頼すると、
-----------
「12月24日にA校長から電話がかかってきて
「チャットで悪口が書かれていたのは事実でした。
でも、私たちも不思議なんですが、履歴が消えています。
書き込んだと認めたA子さんも、『あれ、ない?』と戸惑っていました。
誰が消したかわからない、ハッキングにあったかもしれません」と報告があった」
-----------
という証言が記載されています。
加害者側なのか学校側なのか、誰が実行したのかはわかりませんが、「証拠隠滅」を図ったとしか見えません。
あまりにも悪質です。
学校は、亡くなった時点で証拠の保全を図らなければならないはずなのに、この体たらくは、隠蔽に手を貸したのも同じです。

今年の6月に日経新聞には、
----------
「名古屋市、小中学生の端末使用停止 履歴収集に指摘」という記事が掲載されました。
名古屋市は10日、市内の小学校と中学校に対し、在籍する小中学生に配布しているタブレットの使用を一時中止するように通知した。
市はタブレットの操作履歴ログを収集してサーバーで保管しており、これが市の個人情報保護条例に違反している疑いがあるため。
----------
という記事が載りました。
これは危険です。
町田市の事件のように、子供たちがどのようなやり取りをしたのかを記録することは、子供たちを守るためには必要です。
プライバシーよりも、いじめから子供たちを守ることの方が重要な仕事ですし、責任です。
GIGAスクールを構築するにあたっては、ネットやコンピュータのセキュリティスキルが不十分な教師まかせであってはならないのです。
文科省は推進する以上、責任を持って臨むべきです。甘さが招いた悲劇だと言えます。専門家レベルの知識が必要です。

改めて、この事件からは、GIGAスクールを導入する場合の問題点、課題が様々に見えてきました。
GIGAスクール構築の知識と、問題が起きる場合の予測能力、リスクマネジメントの理解と知識の不足があります。あまりにも初歩的な能力不足です。

また、この学校ではいじめ対応のスキルが不充分です。教師の教育が足りていません。
いじめの加害者、被害者を話し合わせるという初歩的なミスを犯しています。
さらに経過観察を投げ出しています。
加えて、いじめ対応のスキルがないどころか、それ以前に、クラスの人間関係を調整するというクラス担任としての能力がなかったようにしか見えません。
会社で言うリスクマネジメント、クライシスマネジメント意識の欠如、危機管理案件が起きたときの対応として、自己保存の欲を肯定し、「隠蔽」、「顧客を黙らせよう」とするという最悪な手法をとったということが、より被害者、被害者遺族の悲しみに追い打ちをかけています。

初期の対応を間違えなければ、防ぐことのできたいじめです。
その意味で教師の責任は大きいのです。
結局、子供たちの苦しみの声が理解できない教師の存在こそが、いじめ問題の中心にあるのです。
時機的には、いじめが増えはじめる時です。
皆様の周りで不安なことがありましたら、すぐにでもご相談いただきたいと思います。


一般財団法人 いじめから子供を守ろうネットワーク
代表 井澤一明

井澤一明ブログ:
http://ameblo.jp/kzizawa/
Facebook: http://www.facebook.com/kz.izawa
Twitter: @kzizawa

 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2021/09/20 19:07 ] 代表あいさつ | TB(0) | コメント(0)

◇ 代表メッセージ (2021年8月) ◆◇ 旭川市にはびこる大きな闇 ◇◆ 

210822 ひまわり野

◇ 代表メッセージ ◇
◆◇ 旭川市にはびこる大きな闇 ◇◆

早くも秋の気配がただよっています。
昨日ですが、帰宅の道すがら道路の両脇からコオロギの鳴き声が聞こえてきて、驚きました。昼の間は、まだ蝉が泣いていますが、季節は代わり始めていたんですね。

本年5月に、『教師の責任を問わない日本の闇』と題したメルマガを配信しましたが、その中で、旭川市の中2女子のいじめ事件に言及しました。
この事件において、8月18日に遺族側の弁護士が会見を開きました。
本事件は、本年3月に旭川市の公園で女子生徒が凍死しているのが見つかった事件で、その背景に悲惨ないじめがあったことがわかっています。
現在、旭川市によって「重大事態」としていじめの調査がされています。
この会見で、遺族の代理人が生徒の名前と写真、そして遺族の手記を公開し、遺族は「真実を知りたい」と訴えていると公表しました。
その手記には、このような記載が、あります。
------------------
「10人の加害者の未来と、1人の被害者の未来、どっちが大切ですか。10人ですよ。
1人のために10人の未来をつぶしていいんですか。
どっちが将来の日本のためになりますか。もう一度、冷静に考えてみてください」。
これは、教頭に言われた言葉です。同席した知人も、あきれ果てるような対応でした。
私は、泣くことしかできませんでした。
------------------
被害者の親に、加害者の方が大切なんだと宣言する教頭がいるとは。もはや、これは教育者ではありません。

日テレNEWS24(NNN)の記事には、
------------------
NNNが入手した北海道教育委員会の文書には、遺体で見つかる2年前に、母親が学校にいじめの相談をしていたことなどを受け、北海道教育委員会が「いじめの疑い」があるとして、旭川市教育委員会に対応するよう指導する内容が記されています。
道教委はこれを口頭で伝えたということですが、旭川市教委は「当時、指導を受けた認識はない」と話すなど、食い違いも…。
------------------
指導されていないと言いはるさまが記されています。
続けてこの記事には、「遺族側は、第三者委員会の進捗状況など、調査の内容がわからず、疑問や不安を拭えないといいます。」と遺族の訴えが報道されています。

この事件は、本年の4月には文春で大きく報道され、国会でも取り上げられた結果、第三者委員会を設置し調査をはじめたものです。
それにもかかわらず、まだ隠蔽しようと画策しているように見えます。
私たちは旭川市の第三者委員会のもとで粛々と調査が行われ、その公正な結果が発表されるものだと考えていました。
文科省の「いじめ重大事態の調査に関するガイドライン」には、被害者側からの要望があり、必要な場合には、構成員の調整を行うよう示されていますし、被害者側に説明を行うことを求めています。
ここまでひどい組織があろうとは、想像さえできませんでした。往生際が悪すぎます。

続報が入ってきました。
20日夕、旭川市長は、こうした遺族の訴えを受け、市の教育長に、「遺族に寄り添いながら一刻も早い真相究明に向け調査を進めていただくようお願いします」と、進捗状況を伝えるなど、遺族に寄り添ったかたちで進めるよう要請したとのことです。

ご遺族が、被害者の名前や写真、遺族の手記まで公表しなければならないところまで追い込まれているのです。
これが本当に「第三者委員会」なのでしょうか。実態は、名ばかりの「お抱え委員会」の可能性が高いようにしか見えません。いまだに隠蔽し続けようと画策しているようです。
自殺したお子さん、そしてご遺族を何度悲しませれば気がすむのでしょうか。
こんな第三者委員会には学校の隠蔽体質を糾弾する力はないでしょう。

こんなことを続けるのならば、「旭川市教育委員会」など存在意義がありません。
市長が進捗状況を伝えるように要請したとのことですが、遺族側の会見を受けてのパフォーマンスではないかと疑ってしまいます。本質は変わらないのではないでしょうか。
この第三者委員会を解散させ、改めて調査委員会を組織するぐらいのリーダーシップが欲しいところです。
その際には、ご遺族の推薦する方も加えて構成する必要があります。文部科学省直轄、せめて北海道教委直轄で「第三者委員会」を設置し、公明正大な調査をするべきです。

また、医師作成の死体検案書の「死亡の原因」欄に、「実際にはかかっていなかった精神疾患の病名が記入されていた」という報道も出てきました。
市ぐるみで隠蔽をしようとしているとしか考えられません。残念ですが、旭川市は信用できません。

教師にしっかりと責任をとっていただくためには、いじめを隠蔽したり、いじめに加担したり、いじめを黙認したりするような教師は懲戒すべきであると、私たちは訴えています。
この事件のように、学校に隠蔽を指示するような市の教育委員会は解散させ、その隠蔽を指揮した教委の職員は、隠蔽を実行した教員ともども懲戒すべきです。
明確な罰則がないために、隠蔽することの方が「メリットがある」という思考を持っているのでしょう。教師、そして教育委員会を含めて教育行政に関わる人間に対して、この国は甘すぎです。
子供の生命に比べたら大人のメンツなどどうでも良い問題です。
いじめを隠蔽する教職員に対する懲戒を定めて、法制化しなくてなりません。
子供たちの犠牲の上になりたつような教育行政などいりません。
子供たちの未来をつくり、子供たちを守り、国造りの基礎をつくるための教育行政ではなかったのでしょうか。
「教育は国家100年の計」という言葉があります。
ぜひ、子供たちのために、日本の未来のために、政治家の皆様にはお力をお貸しいただきたくお願いいたします。

まもなく夏休みも終わりを迎える予定です。
新型コロナの影響で夏休みの延長も検討されている地域があると聞きます。
また、例年、夏休みが終わる前後で、子供たちの自殺が起きてしまいます。
先生方におかれては、「旭川市の教育姿勢」を他山の石として、子供たちの見守っていただきたいと思います。

私たちのところには、先生方からの相談も来ています。
私たちの相談経験がなんらかの参考になることもあろうかと思います。
ご遠慮なくお声をかけていただきたいと存じます。
また、保護者の皆様におかれましても、子供たちが夏休みが終わるこの時機、どうか言動に気をつけて見守ってあげてください。
何か不安なことがございましたら、早めにご相談ください。


一般財団法人 いじめから子供を守ろうネットワーク
代表 井澤一明

井澤一明ブログ:
http://ameblo.jp/kzizawa/
Facebook: http://www.facebook.com/kz.izawa
Twitter: @kzizawa

 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2021/08/22 07:07 ] 代表あいさつ | TB(0) | コメント(0)

◇ 代表メッセージ (2021年7月) ◆◇  いじめには加害者がいるんだ ◇◆ 

210716 ハス4

◇ 代表メッセージ ◇
◆◇ いじめには加害者がいるんだ ◇◆


各地で梅雨明け宣言がなされています。ここ関東地方でも本日梅雨明けいたしました。

さて、先週、先々週と続けて2校の小学校に行ってきました。
ただ、講演ではなくいじめ被害者の保護者に同行しての学校訪問です。

2件共に解決に向かいましたが、キーマンとなったのは「教育委員会」でした。

そのうちの1件は、いじめ相談員をしてくださっている方のところへの相談メールでした。
小学生男子のいじめです。体の大きな男子からいじめを受けて、不登校になっているというものです。
もともとは仲が良かったのですが、ある日の被害者の子のテストの点がよかったことがきっかけに、いじめられるようになってしまったというのです。

しかし、問題はここからです。
本人から担任に訴え、さらに母親からも担任に相談すると、
「その子に悪気はないから」
「じゃれ合っているようなものですよ」

それだけではありません。
母親は管理職に相談しようとしたのですが、教頭からは面談を断られ、替りに、児童支援コーディネーターを紹介されました。
「話を聞く気はない」という意思表示に見えます。

やや期待はしてたのですが、コーディネーターはとんでもない方だったのです。家庭の責任、子育ての責任を言い立ててきたというのです。
曰く、
「親が笑っていれば、子供はすぐに元気になるものですよ」
「(子育てにおいて)理想と現実のギャップがあるのではないですか」
「ご家庭の中に悩みがおありではないでしょうか」

こんな言動を繰り返すばかりで、肝心のいじめについては、担任もコーディネーターも全く対処しようとしないのです。「馬鹿なことを言ってんじゃないよ」と言いたくなります。

このメルマガで何度も言ってますが、
「いじめには加害者がいる。加害者を止めない限り、いじめは止まらない」。
この当たり前のことを認識していない教員にあたってしまったのです。

こんな状態の中で、お母さんは校長との面談のアポをとりました。
いじめについて相談したいと言っても拒否されるだろうからと、「息子の不登校について、どのようにしたら学校に復帰できるかご相談したい」という体裁で面談の約束をされたのです。悔しかったことだと思います。
校長先生とお電話をしていて、お母さんが気付いたことは、
「校長先生は、うちの子がいじめられていることを全く知らないんだ」ということだったのです。
担任からも教頭からも報告が上がっていないという「隠蔽体質」に染まった学校だとこの時知ったのです。

私たちは、このまま面談してもいじめがスルーされることを懸念しました。また、第三者である私たちの同席も拒否されるだろうと予測されましたので、教育委員会に電話を入れることにしました。
ちなみにお母さんからは、教育委員会への相談は検討はしたけれどまだしていないとのこと。

教育委員会においてこの小学校を担当している指導主事の先生を電話口まで呼んでいただき、「このお母さんからご相談をいただいたのですが、少し確認させていただきたいのですが」と、いじめに対しての姿勢について、まずお話を伺いました。
「お子さんが心身に異常を訴えている状態では、重大事態に近いのではないでしょうか」
「いじめについて加害者を指導しない、叱らないという指導方法を教育委員会は教師に勧めているのでしょうか」等々、
「いじめ防止対策推進法」やいじめの対処方法について確認をしながら、「実は、このようなご相談をいただいておりまして、明日、面談の予定ですが、お母さんから同行の依頼を受けているのですが、伺ってもよろしいでしょうか」と教育委員会に申し入れをいたしました。

学校には、当日の朝、再度お母さんから、「いじめから子供を守ろうネットワークの人に付き添いをお願いしたのですが、大丈夫ですか」と確認を入れていただいて同行の運びとなりました。
お母さんからの報告によりますと、「了解はいただいたのですが、学校は大慌てしているような雰囲気でした。教育委員会に電話をいれていただいたのが良かったように思います」とのこと。

当日は、すぐに校長室に案内され、担任、児童支援コーディネーターも同席の上で面談が始まりました。
私たち被害者側から学校に伝えたことは、
・「いじめには加害者がいる。加害者のいないいじめは絶対に起きない」、この当たり前のことを認識していますか。
・加害者がいじめをやめようと思わなければいじめは止まらない。
ですから、加害者に自覚を促し、指導していただきたい。
・加害者は叱られていないから、いじめを繰り返す。加害者の保護者にも連絡し、家庭ぐるみで、いじめすることは悪いことだと教える環境を整えていただきたい。
・その上で加害者から被害者に対してしっかりと謝罪させて欲しい。
・ただし、「話し合い」をして加害者の言い訳を正当化させるような機会を設けないこと。
・本人が相談しても放置されたわけですから、本人が登校できるようになるには、「いじめられない」という確信と、「先生が守ってくれる」という安心感が必要。
ですから、担任からも「絶対に守る」という決意と、本人への謝罪をしていただきたい。
・「家庭の問題」だとか言い出すのは論外の対応であり、責務を果たすことを避けないで欲しい。
・また校長がいじめが起きていることを知らなかったのは、組織としての風通しが悪いことを意味している。
その場合、一つは校長が「悪い情報」を嫌っていると知り、教員が遠慮している、あるいは、担当教員が自己保身のためにそうしているという場合が多い。
校長先生には、組織風土を変える決意をお願いしたい。

これに対して、校長先生は、「全くおっしゃるとおりです。全ては私の責任です。必ず学校に来ていただけるように、私からも息子さんに謝罪させていただきます」と話してくれました。

話をしてみると校長先生の考え方はごくごく真っ当な方で、いじめの対処方法についても、しっかりとした認識を持っておられるように感じました。
ただ、外部から人が来ていたり、教育委員会から指導が入ったことが影響していると思われるので、もしかしたら取り繕っていただけなのかもしれませんが。

その翌日には、加害者のお子さんと保護者の方からの謝罪がありました。また、担任、教頭、校長先生がそれぞれ息子さんにあやまってくれたとのことです。
息子さんは安心した様子でしたが、その次の日は疲れ切って寝ていたとのことです。
「現在はまだ保健室登校ですが、休み時間には友達と遊んでいる」という報告をいただいております。

まもなく夏休みに入ります。
コロナ禍の中でオリンピック・パラリンピックもテレビでの観戦となりましたし、出かける機会も減っておりますが、その中でも子どもたちの心が元気になるような夏休みをつくってあげていただきたいと思います。
子どもたち同志が直接に会う機会は減るのですが、インターネット、SNSのトラブルは気にかかるところです。
何か気になるようなことがありましたら、早めにご相談いただければ幸いです。

一般財団法人 いじめから子供を守ろうネットワーク
代表 井澤一明

井澤一明ブログ:
http://ameblo.jp/kzizawa/
Facebook: http://www.facebook.com/kz.izawa
Twitter: @kzizawa

 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2021/07/16 13:27 ] 代表あいさつ | TB(0) | コメント(0)