FC2ブログ









◇ 代表メッセージ(2020年7月)◇◆ 大人の優しい眼差し ◇◆ 

200704 七夕

◇ 代表メッセージ ◇
◆◇ 大人の優しい眼差し ◇◆

7月、七夕の季節です。
仙台の七夕は8月に入ってからになっているのは有名ですね。
私の田舎では、七夕は何週間かの遅れで行われていました。
町では七夕は7月7日でしたが、そこから山に向かって少しずつずれて七夕がめぐってきます。
となりの集落で七夕飾りが軒に吊るされるのを見て、来週はうちのところだと思いながら眺めていたことを思い出します。
まあ、今ではそんなことはないのでしょうが。
七夕と聞いてなんとく気分が上がるのですが、まもなく暑い夏がやってきます。
しかし、残念ですが、新型コロナウィルスの影響を受けて、今年の夏休みは短くなってしまいました。

先月のメルマガでも述べたのですが、そろそろいじめの相談が増えてまいりました。
辛いニュースも入ってきています。
6月22日に北海道登別市の中1男子が自殺しました。
母親は「いじめによるものだ」と訴えています。
当日の午前8時ごろいつも通り家を出て学校に向かったはずでしたが、約30分後敷地内で倒れているところを発見されたとのことです。
発見されたスマホにサッカー部員から筋トレを強要されるやりとりなどが見つかっています。
母親が、登別市教育委員会にいじめがあったかどうかの調査を依頼し、30日、市教委は記者会見を開き、アンケート調査の結果、「いじめ」をうかがわせる記述が複数あったと発表しました。
アンケートによると、いじめの内容は、身体的な特徴、運動能力へのからかい、SNSへのからかいなどがあったというものです。
また、亡くなる前の6月18日には保健室で養護教諭に「部活で疲れている」という趣旨の話をし、「トレーニングで疲れているのか」という問いに「人間関係」と答えたということも公表されました。
教室に戻り担任も「大丈夫か」と声をかけても「大丈夫」と答えたため、通常の授業を続けたということです。

入学して間もないのに部活でいじめられる。
中学で部活を始める子は多いですし、当然初めて触れる内容も多かろうと思います。
したがって体もできていませんし、「下手」なのは当たり前です。
子どもたちの中に「寛容さ」というものが失われつつあるように思います。
そして、それは指導する大人、教師の心のなかにもあるはずです。
指導する、とは、成長を暖かく見守る心なくしてできるものではありません。
子どもたちの心に、お互いの成長を信じ、見守ることを醸成していくような指導をお願いしたいと思います。
子どもたちは変わっていくのです。成長していくのです。
信じて上げてほしいのです。

子どもたちは変わっていけるということを述べましたが、子どもたちの更生、成長を見守る取り組みが、私たちもお世話になっている義家弘介法務副大臣を中心に始まろうとしています。
「少年院で高校卒業 後押し 法務省、通信制高とも連携」というニュースで流れていました。
法務省が、非行で少年院に入った少年たちの高校卒業を後押しするため、文部科学省との検討会を立ち上げたというもののです。
日経新聞によると、
2018年の少年院への新規収容者のうち、高校に通っていない少年ら(中退者を含む)が66.2%を占め、高卒は5.5%と少なく、他は中学・高校の在籍者。
従来、高校卒業程度認定試験(旧大検)の指導に力を入れてきたが、大学に進学する子は少なく、大学を卒業しなければ、最終学歴は「中卒」のままとなる。
現在、通信制の学習を基本とし、リポートや、登校日に面接指導する「スクーリング」などで単位を認定することが検討されており、広域通信制高校は全国各地に拠点を持つ学校も多く、少年院を出ても継続しやすいメリットがあるとのこと。

私たち、大人が子どもたちに向ける眼差し、思いこそ、教育改革の出発点なんだと思います。
いじめのない学校を当たり前の学校にしていきたいものです。
夏休みに向かいつつありますが、このタイミングでいじめは増えていくことが予想されます。
ここで食い止めることができれば、9月1日に子供の自殺が多くなるという「9月問題」を
押し止めることができると考えております。
早期発見が早期解決につながります。
お子さんを見ていて、不安になったり、なにか気になることがありましたら、ご遠慮無くご相談いただければと存じます。

一般財団法人 いじめから子供を守ろうネットワーク
代表 井澤一明

井澤一明ブログ:
http://ameblo.jp/kzizawa/
Facebook: http://www.facebook.com/kz.izawa
Twitter: @kzizawa

 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2020/07/04 20:07 ] 代表あいさつ | TB(0) | コメント(0)

◇ 代表メッセージ (2020年6月) ◇◆ 新学期のスタート ◇◆ 

200613 あじさい

◇ 代表メッセージ ◇
◆◇ 新学期のスタート ◇◆


沖縄は梅雨明けしましたが、全国的には梅雨ですね。
激しい雨とともに、蒸し暑い季節がやってきました。

4月に新学期を迎えたはずなのですが、新型コロナウィルスの影響を受けたために、多くの子どもたちにとっては、この6月が新学期のスタートになりました。
あまりにも長い春休みでしたが、やっと終わりました。
ただ、始まりましたものの校内では、近づかない、大声で話さない、マスクをつけるなど、本来の姿とは言えない状況です。

さて、大島商船高専が、今年3月に第三者委員会がまとめた最終報告書を、6月9日にホームページで公表したという報道がありました。やっとです。

NHK NEWS WEBの報道によりますと、国立の大島商船では、3年前、いじめの被害を訴えた男子学生が自殺を図り、調査を進めてきた第三者委員会は、ことし3月、学生に対する暴力やインターネット上での悪口など、合わせて14のいじめを認定した最終報告書をまとめました。
学校は、この最終報告書について、個人が特定できるような名前や発言などを黒塗りにしたうえで、86ページからなる全文を、9日、ホームページで公開しました。
報告書では、
▼教職員が「男子学生がいじめの原因を作っている」などと発言したことや、
▼いじめに関するアンケートを誤って破棄したことなど、
学校の問題点も指摘していて、学校は、今後、学生側の意見を聞きながら再発防止策をまとめることにしています。

また、設置者の国立高等専門学校機構(東京都)は、いじめ対策の実務的な指針とするガイドラインを策定し、全51校に通知を出した。同校の第三者委員会がまとめた最終報告書での提言に対応した。
と毎日新聞が報道しています。

最終報告書を隠さずに公表したことについては、大変に素晴らしい決断だと言えます。
しかし、その裏では、公表を渋っていた高専に公表を求めた被害者のねばり強い交渉があったと聞いています。
また、国立高専機構が全国に通知するというところまできたという意味では、被害者、そしてそのご家族の皆様の勇気ある行動が「国を変えた」のです。
まだ、終わったわけではないと思いますが、ご家族の行動に敬意を表したいと思います。

ほんの少しですが関わってきた私たちも、改めて「調査報告書」を読みました。
被害者の視点をしっかりと捉え、大島商船の問題点、国立高専機構の問題点、改善点の指摘は秀逸だと感じました。
しかし、ここに至るまでが悪すぎです。

学校が認識したのは、2017年4月、いじめ自体はその一年も前の2016年5月末ぐらいから始まっていたのです。
報道によりますと、
「同校は遠方から入学する学生が多いことや、規律ある共同生活を送ることなどを目的に、2年生までは原則として学生寮で生活することが義務付けられている。
被害者らによると、いじめは被害者が入学した2016年4月ごろから始まり、5月に被害者と同室の学生が自死したことをきっかけにエスカレート。
暴行を受けたり、被害者のコラージュ画像をSNSでばらまかれたりするなどの行為が繰り返され、追い詰められた被害者は17年12月に自殺未遂した。
さらに、学校側は被害者の意思を無視する形で、いじめ調査を開始。
被害者の友人3人をいじめ加害者と事実誤認し、突然授業中に呼び出すなどして、長時間にわたる事情聴取が行われた。
複数の教員が学生を取り囲み、「お前が少しでもうそをついたら、退学させることもできる」などの威圧的な言葉が浴びせられ、出席できなかった授業の補講が行われなかったり、一部の学生が恣意(しい)的に停学処分にされたりしたという。」
と伝えられています。

被害者を守ることが責務であるのにも関わらず、あろうことか学校は、「いじめられる被害者が悪い」で押し通しました。
さらには被害者を支えていた友人たちに恫喝まがいの事情聴取し、はては「懲戒処分」に処したのです。
加えて、報告書を読む限り、アンケートを紛失したのではなく、証拠隠滅を図ったように見えます。
反面、本当のいじめ加害者には形ばかりの事情聴取で、加害者の言葉をうのみにしたというとんでもない組織ぐるみの隠蔽が行われたことが、報告書には記載されております。
被害者側は、文科省にも、国立高専機構にも被害を訴えましたが、「教育の自治」の名の下で何も進展しませんでした。
被害者が自殺未遂をするにいたり、なんとか第三者委員会が設けられたという事件です。
私も「高専」というやや変わった学校の卒業生の一人として「高専」に親近感を覚えるものですが、「何やってんだよ!」と、この対応にはとても恥ずかしさを感じます。

これはひとえに大島商船の問題ではなく、高専機構を超えた「国立」の問題、文科省の問題と言えます。
学生を人権を持つ一人の人間として扱わない姿勢に問題があります。
仮にも「教授」とか「准教授」とか名のっている「教官」として恥を知るべきです。
大島商船としては、報告書を載せるだけでは不十分です。
ここまでひどい迫害とも呼べるような行為に対して、何もなかったで済ませるつもりなのでしょうか。
加害者側の学生に対する懲戒もあったとは聞いておりません。
被害者の友人に対し、恫喝、脅迫するなどの理不尽な振る舞いをした教官、そして校長自らの処分を行ってこそ、本気で変わろうとしている姿勢を見せることになるはずです。
当然、国立高専機構も「通知しました」だけで終わらせるようであってはならない、そのように考えます。
大島商船は「誰を守るのが学校の利益になるのか」を考えた結果の行動をとったといえます。
教育関係者は、「誰が正しいかではなく、何が正しいか」を示さなければなりません。

この事件はまだ終わったとは言えないような状況にあります。
本来、子どもたちにとって学校に行くことは、「楽しい」ことでなくてはなりません。
楽しくないから「不登校」を選択するのです。さらには絶望し自殺を図ったりするような事件が起きるのです。
生徒を預かる教師には「当たり前のことを当たり前」にできる学校をつくる責任があります。
当たり前のこととは「いじめは絶対に許さない」ことであり、被害者を「守り抜く」ことです。
そして「学習できる環境」をつくり出し、「この学校に行って良かった」という喜びを語れる生徒を送り出してほしいと思います。
これができない学校は、存在しなくてもよいと言わざるを得ません。

さあ、学校が始まりました。
こんなとんでもない学校が出てこないことを祈りつつ、私たちは、いじめ問題に取り組んでまいりたいと思います。
例年ですと5月の連休明けからいじめ問題が増えてまいりますが、今年は6月末位から増えることが予想されますので、ご注意いただきたいと思います。
何か心配なことがありましたらご遠慮無くご相談いただければと存じます。

一般財団法人 いじめから子供を守ろうネットワーク
代表 井澤一明

井澤一明ブログ:
http://ameblo.jp/kzizawa/
Facebook: http://www.facebook.com/kz.izawa
Twitter: @kzizawa

 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2020/06/13 13:41 ] 代表あいさつ | TB(0) | コメント(0)

◇ 代表メッセージ(2020年5月)◆◇ 子どもたちの側に立つ教育を ◇◆ 

200516 花菖蒲

◇ 代表メッセージ ◇
◆◇ 子どもたちの側に立つ教育を ◇◆


新型コロナウィルスは、教育の世界にも大きな影響を与えています。
現状、いじめ相談はすごく少なくなっていますが、先週には、私のTwitterにダイレクトメッセージで相談が入ってきました。
いじめで検索したらすぐに出てきたと言っていました。
内容としては、
「インスタグラムで質問箱をだしたら、名前を名乗ってはいないけど、知っている子たちから悪口が入ってきて怖い。学校が再開したら、その子たちからいじめられるに決まってる」
ということでした。
何度かやりとして、まずは、インスタのアカウントの変更をすることと、学校が再開したら、悪口とかを言われないように、しばらくはグループで行動すること、それでも、いじめられるようなら大人の力を借りることを話して、何かあったら、すぐ連絡をしてくれるようにと伝えてあります。

また、新型コロナの影響で、9月入学・新学期制への移行が大きく議論されています。
「緊急事態」であり、多くの学校が休校中という状況を、打開すると共に、一気呵成(いっきかせい)に諸外国に合わせた9月入学制に持っていくべきだという考えも理解できます。
ただ、休校していない学校もありますし、就職活動や会社等の入社時期、受験の時期などの問題もあります。
もともとは明治の時代に、会計年度を4月にしたことを契機に、あわせて、学校も「桜の咲く頃小学生」という4月入学になった経緯と言います。
ですから、日本の社会の大きな仕組みにも関係してきますので、メリット、デメリットを明確にした上での調整が必要になることと思います。

子どもたちにとって一番いい形で結論が出てほしいものです。
ただ、問題は、この新型コロナウィルス騒動が9月までに収束するかどうかという点だと思います。
なんとか早く収まって欲しいと願うばかりです。

そんな中、5月に入ってすぐ、いじめ被害者の母親が、元校長を訴えたという報道がありました。
山口県下関市立小の女子児童が、2019年12月に、いじめを苦に自殺未遂を起こした事件で、母親が、「元校長に侮辱を受けて精神的な損害を受けた」として、110万円の損害賠償を求めて、今年の3月に提訴したというのです。

報道によると、元校長が他の保護者に
「(母親が)自分の子供がいじめられてもいないのに、いじめられたと子供にうそを言わせている」
などと発言したことがきっかけです。

当時の報道によると、この事件は、いじめを受けていた女子が、2019年の10月半ば頃に、「足をかけられて転倒、ケガをさせられた」、「悪口を言われる」などのいじめを受け学校に訴えました。
しかし、学校側は男子児童が否定したため、「いじめレベル1」と判断。
下関市ではいじめのレベルが3段階に分かれており、レベル1は「ごめんね」「いいよ」など教育的解決ができる程度としたのです。

10月下旬には保護者から、「学校に行くくらいなら死にたい」と訴えていることを学校に伝えており、当時、女子児童はスマートフォンで「きれいな死に方」を検索していたともわかっています。
その後、登校した際に、再び暴力を受けて学校に訴えたのですが、学校は「いじめ」と認めませんでした。
そこで、保護者が警察に相談し、学校側もはじめて対応を協議し、女子の登校時には校長らが授業中の様子を見守る対応をとると決めたといいます。
残念なことに、12月5日、被害児童は自宅でナイフを首に押し当て、自殺未遂を図った事件です。なお、家族が発見したためケガはありませんでした。

この提訴に対し、元校長側は、「その都度相手の子供に注意して教え、指導している」、「遺書は学校も市の教育委員会も見ていない」などと主張し、侮辱の不法行為もなかったとして請求棄却を求める答弁書を出しています。

「その都度注意したから問題ない」というのが校長側の主張のようです。ですが、親が警察に相談するまで何もしなかったようにしか見えません。
しかも再三指導したと主張しているようですが、いじめを止められなかったのは事実ですから、実効的な指導力がたりなかったということも明らかといえるでしょう。

何より重要なものは、子どもたちの気持ちを理解し、適切な指導ができる教師の存在です。
いじめられている子の気持ちがわからない教師は、自分自身で「変わる努力」をしなければなりません。
「親が子供に嘘をつかせている」などと教育者が、故意に偽情報をながすなどは論外の行為です。
教師には、教師としての責任から逃げないでもらいたいものです。

9月入学という議論も必要かもしれませんが、何より、子供たちの側に立ち、子供たちのためにと考える教師や大人が必要です。
休校で学習が遅れたり、不安になっている子たちの側に立った施策を打ち出していただきたいと思います。
緊急事態宣言が解除された地域もあります。
休校明けで、いじめも起きてくることが考えられます。
なにかありましたら、ご遠慮無くご相談ください。

一般財団法人 いじめから子供を守ろうネットワーク
代表 井澤一明

井澤一明ブログ:
http://ameblo.jp/kzizawa/
Facebook: http://www.facebook.com/kz.izawa
Twitter: @kzizawa

 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

[ 2020/05/15 20:30 ] 代表あいさつ | TB(0) | コメント(0)

◇ 代表メッセージ (2020年4月) ◆◇ 子供たちに学びのチャンスを ◇◆ 

200417 菜の花と虹

◇ 代表メッセージ ◇
◆◇ 子供たちに学びのチャンスを ◇◆


長い長い春休みが続いている学校が数多くあります。
いじめの相談もかなり少なくなっています。
そのような中でもいじめ関連のニュースはいくつか出ています。

京都新聞によると、滋賀県の立命館守山中の元男子生徒(15)が、中1の時にいじめで不登校になり、学校が第三者委員会を設置する方針であることが13日わかったと報道されています。
今春、生徒はすでに卒業しています。対応が遅すぎたと言えます。
当時、保護者が、教師に相談したが状況は改善せず、中1の2学期から不登校になってしまいました。
保護者がその後、学年主任に対し、いじめに対応するよう申し出ると「調べてみます」と返答されたが、何も変わらずに調査結果も知らされることはなかったとのこと。
結局、保護者が昨年、中3の6月に、滋賀県総務課に相談し、学校は、県から相談記録の交付を受けた後、12月に保護者に第三者委員会を立ち上げることになったことを伝えています。
公立の学校では、「教育委員会」という組織が上位にあり、学校が対応してくれない場合に教育委員会に相談するという道があります。
しかし、私立の学校の場合、都道府県の私学の担当部署に相談しても、ほとんど何もしてくれないことが多いというのが現状です。
私学では「生徒のことよりも学校の評判の方が大事だ、隠蔽しよう」と考える学校が多く、そのことを正せる仕組みも脆弱です。
今回のケースのように県の総務課が動いてくれるケースの方が珍しいといえる程です。
私学のいじめ問題への対応では、対処が適切で早期に解決する学校と、泣き寝入りせざるを得ないような隠蔽工作をする学校の両極端の対応になるケースが跡を絶ちません。
先生方には教師としての自覚と誇りをもって、いじめを隠蔽せずに、いじめ等の諸問題に、積極的に取り組むことによって子供たちを守っていただくようにお願いしたいと思います。

先生方に頑張っていただきたいところですが、現在、休校が続いている学校が6割にも登っています。
4月13日 のNHKの報道では、文科省が10日までにとりまとめたところ、新学期からの学校再開は全体の約4割、38%にとどまることが判明したといいます。国立30%、公立36%、私立49%しか学校を再開できません。
今後、更に新型コロナウイルスの感染が広がり緊急事態宣言をする地域が増えるとますます増えることも考えられます。
ちなみに、大学等では、国立大学90.7%、公立大学85.4%、私立大学85.2%、高等専門学校85.5%が、授業を延期しています。ほとんどということです。

新型コロナウイルスのワクチンの開発が期待されておりますが、開発までには早くても一年半程度の期間を要するとする記事も見かけます。
子供たちの将来、そしてこの子たちが大人になって社会を支えるようになる世代のことを考えると、どうしても学習環境は必要です。
このままでは大半の生徒が「不登校児童生徒」という扱いになりかねません。
日本が現在まで発展してきた大きな理由は「教育」にあります。知識教育は、教育の基礎の部分です。文科省には、国としての責任を担うことを期待したいものです。

かなり以前になりますが、「知的生活の方法」という著作で知られる渡部昇一先生が、「義務教育の到達目標に達しさえすれば塾だけでいい」と発言されていたと記憶しております。
塾での学習を、学校での履修に充当することを文科省は認めても良いのではないでしょうか。
あるいは、「高等学校卒業程度認定試験」と同様に、義務教育の修了認定試験を検討することも必要になるかもしれません。

新型コロナ対策で自粛している塾も多いと思いますので、これだけでは不足でしょう。
2016年12月に「教育機会確保法」が制定されましたが、制定前には、家庭学習、ホームスクーリングを認めるかどうかという議論がありました。最終的には、法制化になりませんでしたが、この時期ですから、家庭での学習も、同様に履修認定をするようにしてあげて欲しいものです。

またテレワークが推奨され自宅でお仕事をされている方も多くなっています。
子供たちにもテレワーク、つまり、IT学習を推進し履修を認めても良いのではないかと思うのです。大手進学塾では何年も前から遠隔授業を取り入れておりますし、YouTube等のネットを使った授業の試みをされている先生もいらっしゃいます。
この際、文科省は地上波のテレビを使って全国ネットで授業をするというのはいかがでしょう。
幸いにして、日本には学習指導要領もありますので、緊急事態においては全国一律の授業になっても許されるのではないでしょうか。

このような子供たちが学べる環境を、文科省主導で、整えて頂きたいと思いますが、現実には時間がかかると思われます。
つらい時期ではあります。このような時間を大切にして、ご家庭の中で知識的教育とともに、心の大切さ、考え方の大切さを子供たちに伝えていただきたいと思います。
学校でいじめが蔓延している現状を見れば、「こころ」の教育が足りていないのです。
50年前の私たちの年代では「人をだませても神様は見てる」とか「自分の心には嘘をつけない」、「悪いことをしたら地獄におちるぞ」などとよく叱られたものですが、このよう道徳観に底にある家族の絆の大切さ、仲良くする、うそをつかない、約束を守る、だまさない、思いやること、人を信じることなどのごくごく当たり前の価値観を取り戻すことで、いじめる心を減らすことができると考えています。

休校中の学校が多くありますが、まだまだいじめは起きています。
何か不安なことがございましたら、ご遠慮なくご相談ください。
精一杯、お答えできるように努めさせていただきます。

一般財団法人 いじめから子供を守ろうネットワーク
代表 井澤一明

井澤一明ブログ:
http://ameblo.jp/kzizawa/
Facebook: http://www.facebook.com/kz.izawa
Twitter: @kzizawa

 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2020/04/17 12:07 ] 代表あいさつ | TB(0) | コメント(0)