FC2ブログ









◇ 代表メッセージ ◇◆ 大津いじめ自殺事件、3750万円を認める ◇◆ 

190220 ロウバイ

◇ 代表メッセージ ◇
◆ 大津いじめ自殺事件、3750万円を認める ◆


2019年2月19日、滋賀県大津市で起きたいじめ自殺事件の民事裁判の判決がおりました。
中学2年の2011年の10月に亡くなってから8年、加害者も成人を迎えるほどの歳月がすぎました。

私たちが2007年から、長年訴えてきた法制化が、この自殺事件をきっかけにすすみ、「いじめ防止対策推進法」が生まれました。
その意味でもこの大津いじめ自殺事件は、学校関係者だけでなく、社会的にも大きな影響を与えました。

今回の判決は、加害者側の元同級生と保護者に、慰謝料など約3850万円の損害賠償を求めていた訴訟で、大津地裁は「いじめが自殺の原因になった」とし、約3750万円の支払いを命じました。

判決が出たその日のうちにYahooには、
『大津いじめ訴訟判決を読み解く「被害者救済にかじをきる判断」』という産経ニュースが流れました。
https://www.sankei.com/affairs/news/190219/afr1902190041-n1.html
私も電話でのインタビューを受け、そのコメントが掲載されましたが、改めて、今回の判決に思うところを簡潔に述べておきたいと思います。

1. 自殺の原因を「いじめ」としたところは画期的な判決であるということ。
過去のいじめ事件の判決や第三者委員会の報告書の多くでは、「自死の原因は、いじめ以外にもあった」と結論付けられ、「いじめが自殺の原因」とすることが避けられてきました。
それ故に、今回の判決が今後のいじめ裁判に与える影響は大きいと言えます。

2. 自殺の予見可能性があったことを認定した。
裁判官は「そのような心理状態に至った者が自殺に及ぶことは一般に予見可能」としています。
他の裁判では、「自殺を予見することはできなかった」と判断されることが多く、「予見可能」であるということを示したことは大変に重要です。

3. 賠償金を遺族の主張のほぼ満額を認めた。
今回は遺族の賠償請求額をほぼ認めていることも大切な点だと思います。
過去の判例を見ると数十万円程度の判決もかなりあります。多くても数百万円程度しか認められていません。
今回の判決は、今後の訴訟において必ず参考にされるものであり、一石を投じたものと言えます。

4. 今後、学校は「いじめた側の賠償責任」についても児童生徒に教えるべき。
いじめ事件が起きると、「子供だから逮捕されない」、「刑事罰はない」という言葉がささやかれます。
しかし、いじめたことの責任は負わなければなりません。
学校は、この判決を示し、子供たちに、
「軽い気持ちでいじめをしても、その責任は重くのしかかってくるんだ」
ということを教える必要があります。

判決後に父親が記者会見し、
「いじめは人を自殺に追い込む恐ろしい行為なのだということを、何とか証明したい」
「いじめ被害をなくすために闘うことは、私に託された息子の最後のメッセージだと思うようになった」
と述べたことが報道されています。
子供たちが、この判決に触れることによって、いじめを止めること、また、いじめたくなる気持ちを抑えることができるように、教師は導いてあげて欲しいと思います。

5. その他
判決としては素晴らしいものだったと言えますが、保護者としては納得がいかない点もいくつか残ります。

加害者側についての判決はでたのですが、学校側についての判決はありませんでした。
報道によると学校側とは、2015年に1300万円で和解しているために、分離されていたとのことです。
学校側に対する裁判所の判断が「判決文」として残らなかったことに悔しさを感じています。
今国会で審議されるはずの「いじめ防止対策推進法」の改正案の、教師の隠蔽等に関する懲戒規定が一刻も早く成立することを願ってやみません。

また、報道された判決の要旨を読むと、1人の子に対しての請求は棄却されています。
いじめや暴力行為を行ったことは間違いないのになぜ棄却されるのか納得できません。
全くの無関係で、いじめ行為が全く無かったのならそれでも良いのですが、いじめや暴力行為はあったのですから、その責任は追求されるべきだと思います。加えて、加害者側の保護者の責任についても言及すべきだと考えます。

裁判すること自体、御遺族にとっては大変なご負担だったことだろうと思います。
勇気も時間も様々なものを犠牲にされて戦ってきたのだろうと推測されますが、この判決は、日本全体に大きな影響を与えたことは確かだと思います。

私たちもこの痛ましい事件を忘れることなく、いじめで苦しんでいる子供たちの力になっていきたいと思います。
間もなく3月、学年末を迎えます。
いじめなど不安なことがありましたら、ご遠慮無くご相談ください。

一般財団法人 いじめから子供を守ろうネットワーク
代表 井澤一明

井澤一明ブログ:
http://ameblo.jp/kzizawa/
Facebook: http://www.facebook.com/kz.izawa
Twitter: @kzizawa

 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2019/02/20 23:00 ] 代表あいさつ | TB(0) | コメント(0)

◇ 代表メッセージ (2019年2月) ◆◇ 教師は「いじめ」から逃げてはいけない ◇◆ 

190209 梅 白梅

◇ 代表メッセージ ◇
◆◇教師は「いじめ」から逃げてはいけない◇◆


2月、一年で一番寒い季節とも言われますが、梅の花も咲き始め、春の訪れが感じられます。
子供たち、特に受験生にとっては、入学試験があったり、合格発表があったりと、落ち着かない毎日を送っていることでしょう。

この時期は、例年、いじめ相談が増える月でもあり、私たちのところも一日で10件を超える相談が入ってくる日が続いています。
いじめ解決を急ぐことも大切ですが、まもなく学年末を迎えますので、保護者としては、「加害者の子たちとは一緒のクラスにしないでください」、ということを伝えておくことも忘れないようにしていただきたいと思います。

先月末、「今国会に、いじめ防止対策推進法改正案が提出される」というニュースが流れました。
超党派の議員による「いじめを放置した教職員を懲戒処分の対象とする」ことを盛り込んだ改正案であり、与野党の賛成多数で可決、成立する見通しというものです。
この改正により、いじめを放置し、隠蔽するような教師に自覚を促し、また、教師としてのあるまじき行動を抑止することが期待できると考えています。

教師の中には、隠蔽どころか、生徒をいじめる教師がいます。
「大人である教師がいじめる」などというのは、立派な犯罪です。
2016年7月、山口県の周南市で高2の男子生徒が自殺した事件で、教職員らによる「いじめに類する行為」が認められました。
2017年に第三者委員会は、「いじめだけが自殺の要因ではない」と公表していたのですが、再調査の結果、今年の2月5日、県の検証委員会は、教師による「いじめに類する行為」があったと認定したものです。
この調査では、他の生徒からのいじめとして、教室からの閉め出しや無料通信アプリ 「LINE(ライン)」でのグループ外しなど18事象を認定。

教師によるいじめとして
(1) 全校生徒の前で名前を呼び周囲が笑った
(2) 雑用の押し付け
(3) テスト中に「ちゃんとやったんか」と個別に話しかけた
(4) 対応に困るようなことを言う
(5) 授業中に不必要に名前を連呼したこと
の5項目があげられています。
この点について、調査委員会の委員長の言葉として、
「“いじり”と呼ばれていた“いじめ”が無自覚に繰り返され、周りの生徒・教職員も日常の風景のように受け取り、問題意識を持つことがなかった」との報道があります。
あまりにも悲しい状況です。
被害者の父は、
「息子が受けた苦痛・屈辱・孤立は、生徒さんたちが“いじり”と呼ぶほど軽いものではありませんでした。
最も驚き、怒りを感じたのは、再調査で明らかになった教員による“いじめ”です」と話しています。
関わった教師たちは、生徒たちの「あいつはいじめてもいい奴だ」という雰囲気に流され、自らもいじめに加担し、「笑い」をとろうとしていたようにも見えます。
頑張っている先生たちにもいい迷惑です。
頑張っている先生を応援し、ひどい教師を許さないためにも、「教師への懲戒」を法律に盛り込むことを、早急に実現してほしいものです。

ただ、再調査の結果、教師によるいじめにまで言及したことは評価できると同時に、「学校側がいじめに対して積極的に関わろう」とする姿勢が出てきているとも思います。
こんな悲劇を繰り返さない為にも、教師には「いじめは犯罪」という姿勢を徹底していただきたいと思います。

冒頭に述べましたように、いじめ相談が相次いでいます。
その相談の中には、去年の5月からいじめられているという相談や、学校と何度も話し合っているが、一向に改善しないという相談もありますし、事務所まで訪れて相談に来られる親御さんもいらっしゃいます。
学年末が迫ってきているこの時期、持ち越すことは危険です。
どうぞ、お早めにご相談ください。

一般財団法人 いじめから子供を守ろうネットワーク
代表 井澤一明

井澤一明ブログ:
http://ameblo.jp/kzizawa/
Facebook: http://www.facebook.com/kz.izawa
Twitter: @kzizawa

 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2019/02/08 20:00 ] 代表あいさつ | TB(0) | コメント(1)

◇ 代表メッセージ (2019年1月) ◆◇ 今こそ「いじめ防止法に教師への処罰規定を」 ◇◆ 

190109 富士山


◇ 代表メッセージ ◇
◆◇ 今こそ
「いじめ防止法に教師への処罰規定を」 ◇◆


新年 明けましておめでとうございます
昨年も大変多くの皆様にご指導、ご協力いただきましたことに、深く感謝申し上げます。
本年は、昨年に引き続き、教育界において「いじめ防止」に対する考え方、常識が様変わりすることが期待できる年となると思います。
なにとぞ、よろしくご指導、ご支援のほどお願い申し上げます。

今年のお正月、お店や会社では例年通りの飾り付けなのですが、周囲の家々には門松やしめ飾りをかかげる家が少なくなっているように感じました。
やや寂しくもありますが、平成も終わりを迎え、時代が変化してきているのかもしれません。

さて、昨年の12月、サポーターの方から地元の下野新聞の論説をご紹介いただきました。
「いじめ防止法改正 信頼関係構築に努力必要」というタイトルで、超党派の国会議員による勉強会が、いじめ防止対策推進法の改正に向けた素案をまとめたというものでした。
その素案には、「教員がいじめの疑いを把握しながら放置するのを禁じ、これに反した対応をした場合は懲戒処分の対象にする」と示されているというものです。
さらに本論説では、「学校・教委の側に被害者側に寄り添う姿勢が全くうかがえず、対立があらわになる例はほかにも多々ある。防止法の趣旨を根付かせていくには、改正以前に教育現場の意識改革が必要だろう。」と締めくくられております。

私たちが皆様と共に、長年に渡って訴えてきた、「いじめを隠蔽、放置、加担、あるいは主導する教師は懲戒することを盛り込むことが必要だ」という主張が実現する日が間近に迫ってきていることが感じられます。
子供たちを守るためには、国として絶対に宣言しなくてはならないことです。
全国100万人を超える教師の中で、いじめを隠蔽したりするような教師はほんの一握りです。しかし、その一握りの心無い教師を担任に持つ子供たちにとっては、それはつらい現実です。
その一握りの教師をかばうために、教育界には「教師を罰するのは反対だ」との声が根強くありました。
この壁を破らなければなりません。

法制化すると短絡的に「いじめがなくなる」というわけではありませんが、いじめは放置してもかまわないと考えている教師たちに、「いじめには、きちんと対応しなければいけない」という意識変革を促すための第1歩です。

昨年末にお会いしたヤンキー先生こと義家弘介前文科副大臣からも、「来年はやりますからね」という力強いお言葉をいただきました。
文部科学省自体の「いじめ」に対しての取り組みが積極的な方向に転換し、「いじめ防止対策推進法」に「教師の懲戒」を盛り込むことが議論されている今こそ、保護者の声を、文科省、議員の皆様に届けてまいりたいと存じます。
どうか、お知り合いの中に文科省、議員の皆様がいらっしゃる方や、あるいは、法改正に影響力をお持ちの方とご縁があります方でご賛同いただけるようでしたら、お声がけをお願いしたいと存じます。

冬休みが終わり、学年末に向けての毎日がはじまります。
先生方の異動もこの学期中に検討されますし、4月からのクラス編成も検討される季節です。
ですから、いじめやその他の問題も、保護者としては早期に決着する必要があります。
なにか気になることがありましたらご遠慮無くご相談いただければ幸いです。
改めまして、本年もよろしくお願い申し上げます。

一般財団法人 いじめから子供を守ろうネットワーク
代表 井澤一明

井澤一明ブログ:
http://ameblo.jp/kzizawa/
Facebook: http://www.facebook.com/kz.izawa
Twitter: @kzizawa

 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2019/01/08 20:47 ] 代表あいさつ | TB(0) | コメント(0)

☆ 代表メッセージ (2018年12月) ☆★ 不登校に対応した制度改革を ☆★ 

181206 いちょう

☆ 代表メッセージ ☆
★☆ 不登校に対応した制度改革を ☆★


12月、例年に比べて温かい気がします。
家の周りではイチョウの葉がやっと色づいてきましたが、季節は秋ではなくて冬ですよね。

さて、現代の学校の抱える問題を、新聞等の記事から拾ってみると、いじめ、不登校、虐待、発達障害、体罰、教師によるセクハラ、教師の長時間労働などが目に付きます。

少し前になりますが、以前相談を受けた子が東京に来ているというので会いに出掛けました。
大学生になったその子に加えて、一緒に来ていた大学生の友人が二人。
その同級生の一人は、高校まで不登校だったと話していました。
「不登校の間、自分でもどうなるんだろうって、とても不安だった。
布団から出ようと思っても、起きるのが辛くて、寝てるだけだったなぁ。
でも、自殺したら 『十倍苦しくなるんだ』 って親が言うから、絶対に死なないって決めてた」
「よく出てきたね。何かあった?」
「よくわかんない。なぜかわからないけど、気がついたら動けるようになってた」

私たちのところにはいじめ以外にも不登校の相談も入ってきますが、不登校の相談は本当に難しいと感じています。
私の年代の頭の中には、
「学校にはいかなければならない。不登校は悪いことだ」
「学校に行かなければ勉強もできない。働くこともできない」
という先入観が染み付いています。
だから 「学校に通えるようにしてあげたい」 と思ってしまいがちです。
しかし、そう簡単には解決しないというのが現状です。
何より学校にいけなくなった原因を本人がわからないことが多いのです。

いじめによって不登校になっている子たちは、ある意味で原因がわかっていますから、加害者の子が謝罪したり、加害者の子が学校からいなくなったり、自分が転校したり、先生たちが守ってくれて安全な空間が生まれたりすることで学校に戻ることができるようになることもよくあります。
つまり、「いじめられなくなる」ことが確信できたら復帰できるのです。

いじめや友達関係以外にも不登校になる原因は様々です。
相談事例から拾ってみますと
・クラスに溶け込めない。
・いじめられている子を見たくない。
・担任と合わない。
・海外の学校の方が良かった。戻りたい。
・親がうるさい。
・長期間休んだので、戻るのが恥ずかしい。
・勉強がまったくわからない。行くだけ無駄。
・学校が荒れていて、クラスが学級崩壊している。
等々、多種多様な理由を抱えています。

中には、相談電話を受けて次の日から学校に行けるようになったという事例もありますが、あくまでも特例ですし、奇跡レベルです。
特に、原因が不明の場合は、得てして長期戦になりやすいと感じています。
また、いじめが原因であっても、すでに不登校状態が何年も続いているような場合などは、簡単には解決しないものです。

ただ言えることは、その子たちにとって 「学校は行きたくない場所」 ということです。
「学校は怖い」
「私のことなんて誰もわからないんだ」、
このような気持ちを抱えて一人で苦しんでいる子供たちが多いのです。
不登校と向き合う時、私たち大人は、「学校は楽しくない」 という気持ち理解してあげること、ここが出発点なのではないかと思っています。

今年、公表された不登校の児童生徒は14万4,031人、小学生が3万5,032人、中学生が10万8,999人となっています。
不登校の子を抱えている保護者も苦しんでいますが、多くの教師たちも苦しんでいます。
心ある人ほど苦しんでしまうのです。

対策もさまざまに議論されています。
私たちとしては、「学校に行かなくても良い」 と考えています。
しかし、社会に出てから困らないだけの基礎的知識をつけてあげることは、保護者の役割だと思っています。
そのためには、通信制の学校を選択することも必要ですし、渡部昇一先生が生前提唱されていたように 「塾を学校と認める」 ことや、さらには、ホームスクールでの学習を認定するという方向、つまり 「学校でなくても学習できる」 という制度改革が必要だと考えています。

ただ、根本には子供自身の意欲がなければ、何をやっても無意味だとも言えます。
ですから、自主独立の精神、自立する心、挑戦する勇気、強い精神力、感情をコントーロールする力などなど、日頃から気にかけて、本人が成長する方向でサポートしていく必要があると思っています。

12月、これから、クリスマスもありますし、冬休みもあります。そしてお正月も間もなくです。
子供たちにとってはうれしい日が続きます。
そんな中、落ち込んでいる子もいると思います。
ぜひ、お話を聴く時間をとってあげて下さい。
なにかご不安なことがありましたら、ご遠慮無くご相談ください。

一般財団法人 いじめから子供を守ろうネットワーク
代表 井澤一明

井澤一明ブログ:
http://ameblo.jp/kzizawa/
Facebook: http://www.facebook.com/kz.izawa
Twitter: @kzizawa


 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2018/12/06 21:57 ] 代表あいさつ | TB(0) | コメント(0)