fc2ブログ









続報:川西市高2男子いじめ自殺事件 「いじめは犯罪」、侮辱罪容疑で書類送検されるも、第三者委員会はいじめと自殺の因果関係を認めず。【兵庫県川西市】 

続報:川西市高2男子いじめ自殺事件
「いじめは犯罪」、言葉のいじめでも


130501 NHK 

3人を「侮辱」容疑で書類送検
【兵庫県川西市】


 去年、兵庫県川西市で自殺した高校2年の男子生徒がいじめを受けていた問題で、警察は、同級生3人が男子生徒を「菌」と呼んで悪口を言ったり、虫をいすに置いたりするいじめを繰り返したとして、生徒を侮辱した容疑で書類送検しました。

 書類送検されたのは、去年9月に自殺した兵庫県川西市に住む当時17歳の高校2年の男子生徒の同級生3人です。
 警察の調べによりますと、3人は、去年5月から6月にかけて、自殺した生徒を「菌」と呼んで悪口を言ったり、虫をいすに置いたりするいじめを繰り返したとして、生徒を侮辱した疑いが持たれています。警察は、ことし1月、生徒の両親からの告訴を受けて捜査を進めていました。

 送検を受けて、母親は、「同級生3人とその保護者たちには、自分たちの行いを重く受け止め、息子が今どんな気持ちでいるのか考えて改めて向き合ってほしい。たとえことばの暴力であっても、いじめが犯罪であることを世の中にはきちんと分かってほしい」と話しています。

 この問題を巡っては、生徒の自殺直後に、高校側が両親に対して、「不慮の事故で亡くなったと公表できないか」と打診するなど不適切な対応があったとして、兵庫県教育委員会が第三者委員会を設置し、自殺の原因などを調査しています。
【2013年5月1日 NHKニュース】


※ 刑事告訴は「書類送検」まで進みましたが、いじめ解明のために設置された第三者委員会による報告は、遺族側に不満の残る内容でした。
川西市高2自殺:
「いじめ関連付け困難」と報告書
【第三者委員会報告】


 兵庫県川西市で昨年9月に自殺した県立高2年の男子生徒(当時17歳)が同級生3人からいじめを受けていた問題で、学校が設置した第三者委員会(委員長=羽下大信・京都橘大教授)は2日、「生徒はいじめにより精神的苦痛を受け、無力感を覚えていたのは間違いないが、自殺と関連付けることは困難」とする報告書を、校長に提出した。

 いじめを発見できなかった点では学校の落ち度を認めない一方、自殺後、遺族の信頼を損なった校長らの対応を、「管理職としての役割を果たしていない」と批判した。

 男子生徒は昨年9月2日夜、自宅で自殺しているのが発見された。
 委員会は教育学や臨床心理の専門家や弁護士ら4人で構成。11月以降、21回会合を開き、同級生や教諭らから聞き取りを行った。

 報告書は、いじめに関係したのは、県警が1日に侮辱容疑で書類送検した同級生3人と判断。いじめの具体例として〈1〉「ムシ」と呼ぶ〈2〉イスの上に死んだ蛾(が)を置いた〈3〉コーラス大会の練習中、他の生徒をぶつけさせ、「菌がつく」と言った――など7項目を挙げた。

 学校側については、「いじめの存在をつかむ手がかりはあったが、(加害者側も被害者側も、問題を抱えた生徒との認識がなく)いじめの存在を知るべきであった、疑うべきであった、とは断定できない」とした。
 ただし、生徒の自殺後、学校側が遺族に「自殺を在校生に伝える際、不慮の事故と説明させてもらえないか」と持ちかけた行為などは、「配慮に欠けた対応で不信感を招いた」と批判。「校内ではいつでもいじめが起きうるという前提が共有され、繰り返し確認されるプロセスが必要である」と指摘した。
【2013年5月2日 読売新聞】


130502 川西市
【写真:共同通信】 男子生徒のいじめと自殺に関する報告書を、
生徒が通っていた県立高の校長(左)に手渡す
第三者委員会の委員長=2日午前、兵庫県川西市

川西市高2自殺 第三者委報告書
両親憤り、民事訴訟へ


◆「時間の無駄だった」
 川西市で昨年9月に自殺した県立高校2年の男子生徒=当時(17)=がいじめを受けていた問題で、男子生徒の両親が2日、同市内で記者会見し、高校が設置した第三者委員会の報告書について、「内容が薄く残念だ」と述べ、学校の管理責任を問う民事訴訟を起こす考えを明らかにした。
 この日公表された報告書は、「いじめと自殺との因果関係を認定できない」としたが、母親は「いじめがなかったら息子は自殺していない。『関連性がなかった』の一言で済まされたら私たちはどうすればいいのか」と訴えた。

 川西市の第三者機関「市子どもの人権オンブズパーソン」が3月にまとめた報告書では、「いじめを含む学校内の人間関係が原因の可能性は高い」としており、母親は「(学校側の)第三者委員会は生徒の聴き取りもしているのに、オンブズパーソンの方が中身がある」と批判した。
 また、父親は「何のための第三者委員会なのか。『学校擁護委員会』ではないのかと言いたい。きょうまで時間の無駄だった」と憤った。
 2日は生徒の月命日。母親は「裏切られた気持ち。どう報告していいのか…」と声を詰まらせた。

 一方、第三者委員会から報告書を受け取った高校の校長も同日会見し、「提言をいただいたので、今後しっかりと深く読んだうえで、再発防止について全力で取り組みたい」と述べた。
【2013年5月3日 産経ニュース】


 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

埼玉県北本市の中1女子生徒自殺、「いじめではない」。遺族側の控訴棄却 【東京高裁】 

130425 NTV
【写真:日テレNEWS24】 東京高裁 設楽隆一裁判長

※ 2005年の中1女子自死について、東京高裁は第一審の東京地裁判決を支持、遺族側の請求を認めない残念な判決が言い渡されました。

埼玉県北本市の女子中学生自殺、
「いじめではない」
東京高裁、遺族側の控訴棄却


 学校でのいじめが原因で、当時中学1年生の娘が自殺したとして、埼玉・北本市の両親が市や国を訴えた裁判で、東京高裁は25日、一審と同じく、「いじめがあったとは言えない」として、両親の訴えを退けた。
 この裁判は、05年に自殺した北本市の中井佑美さんの両親が、自殺の原因は学校でのいじめにあるとして、市や国に損害賠償を求めたもの。
 両親は、中井さんが無視されたり、「ウザい」と言われたりして心理的ないじめをうけていたと主張したが、東京高裁は、「学校での一部の出来事が、中井さんに精神的な不快感を与えたことは否めないが、自殺の原因となるいじめがあったとは言えない」として、一審判決を支持し、両親の控訴を退けた。

 中井さんの父・紳二さん(63) 「言葉のいじめを、裁判所がやってはいけないことだと認定しない限り、子供たちのいじめは永久になくならない」。 両親は判決を不服として上告する方針。
【2013年4月25日 日テレNEWS24】


いじめとの因果関係、控訴審も否定
埼玉の中1女子自殺
 【東京高裁】


 埼玉県北本市の市立中学校に通っていた中井佑美さん=当時(12)=が自殺したのはいじめが原因として、両親が市などに計約7600万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は25日、一審東京地裁判決に続き請求を棄却した。

 判決によると、中1だった佑美さんは2005年10月、マンションの屋上から飛び降り自殺した。
 遺書には、「死んだのは、学校の美術のみんなでも学校の先生でもありません。クラスの一部に勉強にテストのせいかも(原文ママ)」と書かれていた。
 設楽隆一裁判長は、げた箱から上履きを落とされるなどの事実があったと認めた上で、「一部の出来事が不快感を与えたことは否めないが、自殺を決意する原因になるようないじめが存在したとはいえない」と退けた。遺書をいじめ自殺の根拠とした両親の主張は、「飛躍がある」とした。
【2013年4月25日 産経ニュース】


 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

昨年7月の中3男子自殺、アンケートで生徒らが「いじめ」を認識するも、学校側は「いじり」であって「いじめ」はないと主張。【熊本県県北】 

※ 一人の中学生の尊い命が失われ、子供たちは、「大きな石を投げられた」、「数人で押さえつけてズボンを脱がせようとした」等の事実をアンケートで答えているのに、学校側は、「いじめではない」、「いじりである」との主張を変えません。このような子供の心の痛みがわからない残念な先生がいる以上、学校現場だけにいじめ対策を任すのではなく、強制力のある「いじめ防止法」、「いじめ防止条例」を制定することが急務です。

生徒ら「いじめ」認識か
県北の中3自殺

【熊本県県北】


 県北の町立中3年の男子生徒が自殺し、両親が第三者委員会による真相解明を求める準備を進めている問題で、学校が全生徒に実施したアンケートには、「いじめがある」と認識していた記述が多数あった。
 学校は回収後の保護者説明会で、「度を過ぎたからかいはあったが、いじめではなく、いじり」と説明していた。

 アンケートは、男子生徒の自殺が分かった当日に実施。生徒への聞き取りも後日行い、結果をまとめた。
 男子生徒に関して見聞きした出来事として、▽女子トイレに靴が投げ込まれた、▽大きな石を投げられた、▽女性の名前で呼ばれ、クラスの班名になっていた、▽筆箱を投げられた、▽数人で押さえ付けてズボンを脱がせようとしていた-といった記述があった。
 男子生徒について、「いじられても笑っていたので、悩んでいたとは思わなかった」との見方の一方、「いじめが原因だと思う」、「嫌なことを言ってくる人がいて、それが悩みだったと思う」との回答があった。

 学校は昨年7月、自殺から2日後の保護者説明会で、「客観的にいじめはなかった」と説明。
 8月の説明会では、アンケートに、「複数から蹴られた」とあるのを、聞き取りにより「つつく感じの遊びだった」と結論付けた事例を挙げ、いじめではなく「いじり」との認識を示していた。

 熊本日日新聞の取材に対し、校長は、「靴や石を投げた行為は、生徒が互いにやりあっていたと判断している。継続して嫌がることをやってはおらず、いじめは見当たらなかった」と話している。
【2013年3月9日 熊本日日新聞】


 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

東京世田谷区の私立学校・中1女子 自殺、いじめがきっかけ 学校、対応ミス認める 

※ 保護者が学校に「いじめ」を相談していたのに、学校側が「いじめ」とは認めなかったため、尊い命が失われました。このような悲劇が何回も繰り返されています。
「いじめ」の相談を受けた教員や学校はその訴えを真摯に受け止め、学校の組織全体で、協力しながらいじめ解決に邁進していただきたいです。


世田谷の中1女子 自殺
いじめきっかけ 学校、対応ミス認める

【東京都世田谷区】


 東京都世田谷区の私立中学一年の女子生徒=当時(13)=が昨年十二月、自殺した問題で、同校校長が二十三日記者会見し、調査結果を発表した。昨年七月から友達にからかわれ「自殺当日、学校での昼食中に言葉によるいじめを受けたことが(自殺へと)背中を押すきっかけになった」として、いじめが自殺の原因の一つであると認めた。 (小形佳奈)

 学校が生徒や教員から聞き取った調査結果によると、女子生徒が昨年七月ごろ、友達に自分の秘密を言い触らされ、そのことで複数の級友からからかわれるようになったという。
 スカートめくりや「うざい」、「きもい」などの言葉を受けたり、十月下旬ごろからはツイッターにも同様の言葉が書きこまれるようになった。生徒の携帯電話の中身を見たり勝手にメール。女子生徒がジュース代などとして貸した数百円から三千円が返ってこないこともあったという。
 女子生徒の父親から昨年十一月中旬、「娘がいじめを受けている」と相談があったが、担任が女子生徒との面談から、「友人関係の悩み」と判断、いじめとは断定していなかった。
 校長は、「自殺の原因は複数あるが、昨年七月ごろから友達にからかわれるようになり、それがエスカレートしていじめにつながった」と話し、女子生徒の悩みの深さに気付かなかった対応のまずさを認めた。

 女子生徒は昨年十二月八日に小田急線座間駅で電車にはねられ死亡。座間署によると、生徒のノートに、「いろいろされたけど何があったかはいわない」と記された上で、複数の生徒の名前が記されていた。
 学校は二十三日午後、保護者会でカウンセラー体制の充実や「いじめ解決のための生活アンケート」を学期ごとに行うなど再発防止策について説明した。


◆終始あいまいな説明

 「わかりません」、「説明できません」。女子生徒が通った私立中学校の記者会見で、校長は、「いじめが自殺の一つの原因と言うなら、ほかの要因は」との質問に、あいまいな説明に終始した。
 校長はプライバシーを理由に詳しい説明を拒んだ上、「遺書にはそう(いじめが原因と)あったが、生徒への聞き取りやツイッターへの書き込み内容などから、思春期特有の悩みもあったと判断した」とも述べ、いじめ以外の理由を示唆した。

 遺族は自殺直後、「とにかく原因が知りたい」と、学校側に徹底的な原因調査を求めたという。
 学校は自殺翌日に校長、担任や外部の危機管理コンサルタントら十一人からなる調査委員会を立ち上げた。学校は女子生徒の保護者と自殺後、四回面会し、聞き取り内容は全て文書で手渡している。
 ただ、生徒への聞き取りは第三者によるものではなく、校内の教員だけで行ったという。
 私立学校は、市区町村の教育委員会の管轄外で、都内の私立学校を管轄する都私学部も調査手法や内容に踏み込むことはない。
【2013年2月24日 東京新聞】


 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ