◆◇ 「内申点」 で生徒の人生を握る先生? ◇◆ 

171020 桔梗

◆◇「内申点」で生徒の人生を握る先生?◇◆

「『授業中、私語はしていません』 と、自分も言い、クラスの他の生徒たちも証言してくれているのに、先生がまったく信じてくれず、職員室に呼び出されて厳重注意された」
「爪にマニキュアなどしていないのに、先生が 『絶対にしているはずだ』 と言い、厳しく注意された」

こんな話を、塾で教えている中学生たちから聞かされた。

昔から、学校の校則とか生活指導というのは、理不尽なものだと思ってきたし、多くの人が良くないと感じているはずだと思うのだが、21世紀になって十数年も経った今でも、無くなるどころか、よりいっそう理不尽になっているのではないかと感じる。

それが、「あの先生、いやになっちゃうよね」 という笑い話で済めばいいのだが、これが高校入試の結果に直結する内申点に影響する問題だとなれば、子どもにとってはもちろんのこと、親にとっても深刻である。

つい最近も、ある3年生が
「音楽の先生ににらまれて、通知表に“2”を付けられてしまって、行きたかった私立高校には 『合格できない』 と言われてしまった」
と話していた。

他の都道府県の事情はよく知らないのだが、大阪府では公立高校の入試の合否判定の元となる中学校の 「内申点」 のルールが、ころころと変わり、生徒も親も塾の教師も混乱している。※(1)

これまで、内申点は3年時の成績だけで決められていたが、今年度、平成29年度からは2、3年時の成績、来年度の平成30年度は、1年から3年時までの3年間の成績によって算出されることになった。

「3年時の成績だけで評価するより、公平になるのでは?」 と思われる方も多いかもしれない。
しかし、生徒に言わせれば、「入学したときからずっと、気を抜けないので大変」 ということなのだ。

内申点は、主要5教科 (英・数・国・理・社) だけでなく、体育・音楽・美術・技術家庭の副教科も含む 9教科で算出される。
副教科は、それぞれ得手・不得手がはっきりと表れるものなので、かなり大変だろうと思う。

◆「ペーパーテスト」より 「授業態度」で評価

大阪教職員組合の先生方は、
「ペーパーテストでの評価の割合は4割にし、残りの6割は授業態度や発表、提出物等で評価するように」
という指導方針を支持しているようだ。※(2)

つまり、
「いくら定期テストなどで良い点数をとっても、日常の学校生活の態度を理由に、先生に内申点を低くつけられる可能性が大である」
ということであり、
「自分が志望する高校に、学力面では合格ラインにあるのに、合格できなくなる」
ということなのだ。

実際、昨年度、「授業中に寝てしまったことがある」 というある生徒は、学校の定期テストで毎回、非常に良い点数を取り続け、入試模擬テストなどでも高い成績を取っていたのに、志望していた府立高校に不合格となってしまった。
「調査書 (内申書)」 は、生徒本人も確認できないので、あくまで推測の域を出ないものであるが、まったくもって納得のできない結果であった。

しかも、「寝てしまった」 ということは問題があるとしても、「授業態度が良いか悪いか」 という判定は、先生の主観に大きく左右される。
はたして先生方の 「評価」 に信用がおけるかどうか、かなり疑わしい。

耳を疑った最近の事例では、大阪の某市立中学校でクラス担任が 「悪口ノート」 を作って、生徒たちの悪口を書き連ねていたという。
発覚して、3日間の謹慎処分を受けて担任を降ろされたものの、まだ同じ学校に在職しているという話を聞いた。
このような教師に正当な評価ができるのだろうか。

さらには、放課後の部活動でも
「顧問の先生が担任なので、『辞めると内申点を下げるぞ』 と言われて、辞めたくても辞められない」
という話も聞く。
課外の部活動での態度までが内申点に影響するというのは、やり過ぎではないだろうか。

ただ、大阪府は、内申点の決定にあたって、教師の恣意的評価を排除し公平性が保たれるように、府内の全中学生に 「チャレンジテスト」 を実施して、各学校がつける内申点が、大阪府全体の中で適正であるかを確認するという取組みをしている。

中学生はまだまだ子どもであり、やんちゃもすれば、思春期特有の感情的なブレも大きい。
その“人間的な部分”の評価を、彼らの人生の第一関門である高校入試で大きく扱うというのは、いかがなものか。
そもそも 「ペーパーテストだけの“一発勝負”の入学試験は、生徒が可哀想」 だという発想は間違っている、と思う。
大きな試験に臨むためには、毎日コツコツと学習を続け、しっかりと準備しなければならない。
決して 「一発勝負」 などではないのだから。

小宮直子(塾講師)

※(1) 平成29年度大阪府公立高等学校入学者選抜における調査書の評定の取扱いについて
大阪府サイト 平成28年6月17日の記事より

http://www.pref.osaka.lg.jp/kotogakko/gakuji-g3/tyousasyo.html

※(2) 「教育を大きくゆがめるチャレンジテストの廃止・撤回を」
大阪教職員組合サイト2016.5.20の記事より

http://www.daikyoso.net/?p=1345


 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2017/10/20 12:30 ] メッセージ | TB(0) | コメント(0)

◇ 事務長メッセージ ◇◆ 教育の無償化を考える ◆◇ 

171012 学校図書館

◇ 事務長メッセージ ◇
◆◇ 教育の無償化を考える ◆◇


一昨日10月10日、衆議院選挙が公示されました。
今回の選挙では、教育問題も争点の一つとしてあげられており、各党が、教育の無償化を訴えています。

これは、教育にかかる家庭負担を解消するためだと思われますが、教育の無償化は、様々な問題を抱えていると思います。

教育の無償化は、お金のない家庭にとっては、高校や大学への道が開け、人材の育成に役に立つ面はあると思います。
しかし、無償化により、学校間の競争がなくなり、教師も生徒も、向上を目指さない、堕落への道を歩むことになる危険性を持っています。
教育の荒廃が起きてくるのです。
子供たちはというと、「親なんか、いてもいなくてもいい」 という考え方になり、「親不孝のすすめ」 になってしまう可能性があります。
これでは、無償化の意味がありません。

結局、教育の無償化というのは、「学校に行くことが出来る」 ということしか考えておらず、学校に入ってから、どうするのかという点が、考慮されていないのです。
ここで考えなければならないことが、「教育の質」 の問題です。

「教育の質」を考える時、もう一つ問題点があります。
今、教育現場は、教師への過度な負担が大きな問題になっているのです。
文部科学省が4月に発表した調査では小学校教諭の約3割、中学校教諭の約6割は時間外労働が、労災認定基準で使われる 「過労死ライン」 に達していたそうです。
また、月平均で比較すると、昭和41年度は、およそ8時間だったものが、平成18年度は、およそ42時間と、5倍以上に増えています。特に、土日の部活動の指導時間は、ここ10年で2倍にもなっています。
子供たちの人数は減っていますし、教える内容も減っているのです。
これは、本来の教師の仕事以外の、何か無駄な仕事が、つくられているのではないでしょうか。
たとえば、教師の質の向上で、研修が行われているようですが、研修後の報告書の作成が大変で、研修で学びを得るよりも、報告書で時間を取られることの方が大変で、何のための研修なのかが疑われているという話も聞きます。
どこか、今の教育システムに問題があるように思います。

一方、教師のモラルも問題になっています。連日のように、教師の不祥事が報道されています。
いじめ問題でも、教師が加担していたり、反対に、全く無視して、いじめ問題から逃げていたりしています。

このような状況では、子供たちが、本当に安心して学校生活を送ることが出来ません。まず、この 「教育現場の質」 を向上することが、急務だと思います。
器にものを入れることよりも、器をしっかりさせなくては、ものを入れることは出来ないのです。政府も、この器づくりである、教育現場の質の向上に力を入れてもらいたいものです。

教育現場の質の向上は、いじめ問題の撲滅につながっていきます。
私たちも、強く訴えていきたいと思います。
皆様のご協力をお願いいたします。

いじめから子供を守ろう ネットワーク
事務長 丸山秀和


 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2017/10/15 17:00 ] メッセージ | TB(0) | コメント(0)

お知らせ: 10月15日(日) 13時30分から 福島県いわき市で セミナーを開催!「君はひとりじゃない いじめは1日で解決できる」 【いじめから子供を守ろうネットワーク いわき】  

171014 1015いわきセミナーチラシ

お知らせ: 10月15日(日) 福島県いわき市で
いじめから子供を守ろうネットワーク セミナーを開催!
「君はひとりじゃない いじめは1日で解決できる」

【いじめから子供を守ろうネットワーク いわき】


 来たる 10月15日 (日)、福島県いわき市にて、「いじめから子供を守ろうネットワークセミナー」 を開催いたします。 (於: いわき駅前 ラトブ 6階)。

 「君はひとりじゃない いじめは1日で解決できる」 と題して、井澤一明 (いじめから子供を守ろうネットワーク) 代表が講演。
 いじめの実態を知っていただき、いじめを防止するために、学校、家庭、社会で何ができるのか、皆様とともに考えて、提案、アドバイスしていきたいと思います。

 今回のセミナーには、いわき市教育委員会、いわき民報社、朝日新聞福島総局、福島民報社、福島民友新聞社から、後援をいただきました。

 どなたでもご参加いただけます。 多くの皆様のご来場をお待ちしています。
詳しくは次のとおりです。

「 いじめから子供を守ろうネットワークセミナー
君はひとりじゃない いじめは1日で解決できる 」
~ 現代の教育現場といじめについて ~
講 師 : 井澤 一明 (一般財団法人いじめから子供を守ろうネットワーク 代表)

日 時 : 2017年10月15日(日) 午後13時30分~15時 (開場 13時)
会 場 : ラトブ 6階 IT研修室 (住所: 福島県いわき市平字田町120番地)
アクセス: JR 常磐線 「いわき」駅から 徒歩 約2分

後 援 :  いわき市教育委員会  いわき民報社  朝日新聞福島総局  
     福島民報社  福島民友新聞社
主 催 : いじめから子供を守ろうネットワーク いわき
入場料 : 1,000円(子供・学生 無料)

★ 講演終了後、個別いじめ相談も実施いたします。(相談無料、秘密厳守)
★ どなたでもご参加いただけます。 多くの皆様のご来場をお待ちしております!


 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2017/10/11 07:45 ] 活動報告&集い | TB(0) | コメント(0)

◇ 代表メッセージ (2017年10月) ◇◆ 守られすぎている教師 ◇◆ 

171006 コスモス

◇ 代表メッセージ ◇
◆◇ 守られすぎている教師 ◇◆


10月に入り、帰り道には、にぎやかな秋の虫の声が広がっています。
文化祭や体育祭を行う学校も少なくありません。

9月29日、教師に暴行を働いた16歳の高校生が逮捕されるというニュースが大きく流れました。
28日午後3時ごろ、福岡県の私立高の男子生徒が、授業中にタブレットで授業に関係ない動画を見ていて教師に注意され、ついにはタブレットを取り上げられたことで事件を起こしました。
生徒がタブレットを取り返そうとして、教師の背中をけるなどの暴行を加えたというものですが、この事件が発覚したのは、ネット上の動画がきっかけだったということで反響が大きくなったように感じます。その場にいた生徒が撮影して動画をネットに上げていたのです。
ちなみに、その授業は、教師が大声で制したために騒ぎは収まったようです。

続いて3日、同じ福岡県で、中学の男子生徒が教員を殴り、顔面打撲の傷害を負わせ、暴行を受けた教員が生徒を傷害容疑の現行犯で 「常人逮捕」 したというニュースが飛び込んでまいりました。
授業を受けずに外にいた生徒を連れ戻そうとして起きた事件のようです。
警察官でない一般人が逮捕することを常人逮捕、あるいは私人逮捕と呼びますが、珍しいケースです。

「暴力に及んだら逮捕される」 ということは当然です。
不思議なことに生徒が教師を殴って逮捕されたというニュースはよく目にしますが、逆に教師が生徒を殴って逮捕されたというケースはあまり目にしません。
日頃、いじめ相談を受けていると、警察は、なぜ生徒には厳しいのに、教師には甘いのだろうと感じています。

先日も、服装がだらしないということで、「顧問の先生から殴られた」 という相談がありました。
この生徒からの相談は、
「殴られたのは、自分が悪かったから、しょうがないと思う。でも、転んでボタンがとれてしまって、止められなくなっただけなのに。いつもちゃんとしているのに、理由も聞いてくれないし、試合にも出してくれない」
というものでした。

学校という場であろうとなかろうと暴力に及んだら教師であっても逮捕されてしかるべきです。
しかしながら、教師による体罰で、懲戒処分を受けたというニュースはありますが、教師が逮捕されたという事案はほとんど聞いたことがありません。

10月2日には、このようなニュースもありました。
2009年、大分県の高校生が部活動中に死亡した事故に伴い、両親が、県に命じられた賠償金など約2755万円を元顧問らに請求するよう県に求めた訴訟の控訴審判決で、県側の控訴を棄却し、1審の元顧問に賠償金100万円を請求するよう命じた判決を支持したとのことです。
2009年当時の報道によると、
『顧問は助けるどころか 「演技じゃろうが」 と言って、生徒の体を前蹴り、生徒は自分で、防具をはぎ取るように外し、壁に頭をぶつけて倒れた。
それでも元顧問は馬乗りになり、「これが熱中症の症状じゃないことは、俺は知っている」 などと言いながら頬に約十発、平手打ちを加えた。
生徒は嘔吐 (おうと) して反応しなくなり、その夜に亡くなった』 (東京新聞) とあります。
このような状況でも、刑事事件になっていないのです。

両親は 「公務員がその職務を遂行する際に、過失によって他人が損害を受けたときには、国や自治体がその賠償責任を負う」 と規定された 「国家賠償法の壁 」に阻まれ、直接的に顧問の責任を追求できなかったのです。
そこで顧問の責任を問うために、裁判を起こし、「県は、県が支払う賠償金の一部を顧問に負担させよ」 と求めたのです。

ここまでの暴力行為がなぜ刑事事件として扱われないのか、法律に不備がある、あるいは法の運用に問題があると言えます。
教師による体罰や暴力が 「教育上必要な指導」、「容認されるべき行為」 として扱われ、犯罪が黙認されているような状況は、変えなければなりません。
本来、成年した分別ある大人が暴力を振るうことのほうが罪は重いのです。
公務員だから許されるなどということはあってはならないことです。
生徒の範たるべき教師だからこそ、なお一層のこと生徒の範たらねばなりません。

10月、楽しいこともたくさんあることと思いますが、その分、子供たち同士での小さな衝突も起きやすい季節です。
結果、いじめ相談も多くなってまいります。

いじめで困っている子供たちをみかけたら、声をかけてあげてください。
お子さんが落ち込んでいるとか、朝方までふとんにくるまってネットしているとか、そんな兆候が出てくるようでしたら、やや危険領域に入っています。
不安に思うことなどありましたら、どうぞ、ご相談ください。

一般財団法人 いじめから子供を守ろうネットワーク
代表 井澤一明

井澤一明ブログ:
http://ameblo.jp/kzizawa/
Facebook: http://www.facebook.com/kz.izawa
Twitter: @kzizawa

 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2017/10/07 10:20 ] 代表あいさつ | TB(0) | コメント(0)

ご案内: 10月7日(土) 福岡県新宮町にて、いじめ防止セミナーを開催! 井澤一明代表が講演。【いじめから子供を守ろうネットワーク 新宮】 

171003 1007新宮セミナーチラシ

ご案内: 10月7日(土) 福岡県新宮町にて
いじめ防止セミナーを開催! 井澤一明代表が講演

【いじめから子供を守ろうネットワーク 新宮】


 来たる 10月7日 (土曜日)、13時30分から、福岡県新宮町で、「いじめ防止セミナー」 を開催します。
 学校が荒れる真の原因とは何か、その解決策はあるのか、井澤一明代表がお話しさせていただきます。(於: 新宮町そぴあしんぐう)。

 どなたでもご参加いただけます。 入場は無料です。 多くの皆様のご来場をお待ちしています。

「いじめ防止セミナー」
日 時 : 2017年10月7日(土) 午後13時30分~15時
場 所 : そぴあしんぐう 2階 研修室1・2
(住所: 福岡県糟屋郡新宮町大字上府1121-1)
アクセス: JR 鹿児島本線 「新宮中央」駅から 徒歩 約10分
講 師 : 井澤 一明 (一般財団法人いじめから子供を守ろうネットワーク 代表)

入 場 : 無 料

【お問合せ】いじめから子供を守ろうネットワーク新宮
FAX番号 092-942-3815 はまだまで

★ 当日参加大歓迎です。 多くの皆様のご来場をお待ちしております!


 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2017/10/03 10:47 ] 活動報告&集い | TB(0) | コメント(0)