FC2ブログ









◇ 代表メッセージ (2020年10月) ◇◆ 大人として考えること ◇◆ 

201017 紅葉1

◇ 代表メッセージ ◇
◆◇ 大人として考えること ◇◆

昨年、東京では降水量が多かったのが10月だったそうですね。
台風が来襲する日本では、9月、10月の降水量が高くなりますが、イメージ的には、体育の日があったり、文化祭があったりと晴天の日が多いように感じられます。

今年も間もなく「いじめ認知件数」が公表されると思います。
今年の発表数は、昨年度、令和元年の数値となりますが、3月期はほとんど通えていませんから、昨年度よりは少ない数値が出るものと思います。

現在も、新型コロナウィルスの感染者の報道が続いていますが、なぜかいじめ相談が増えてきました。

先日のご相談は、「小学校高学年でいじめにあって不登校になってしまっています。今年、18歳になりました」という、保護者の方からのご相談でした。
高校は通信制をなんとか卒業することができましたが、働くことはできていません、という状況の方でした。
「理不尽だと思うんです」と話されていらっしゃったのですが、確かに、その通りだと思います。
加害者たちは、何事もなかったかのように中学、高校に通い、大学に入学しています。
翻って、自分の家の中を見ると、大学にも行けず、働くこともできず、何事も思い通りに行かないと悶々とし、時には暴れることもある我が子、親として何もできない無力さに責め苛まれる毎日、おつらいことだと思います。
その方は「親としては、悔やんだり、恨んだりしても、そのままでは「改善」することはないという現実を、受け入れなくてはならないとは思っている」とのことでした。

以前、述べたこともありますが、中学、高校ともに不登校で、資格認定試験を通って大学に通い、教員をしている方もいます。
「いじめ」で不登校になった後、どのように「恐怖心」を乗り越え、打ち勝つことができるかどうか、最後は本人の強い意志が道を開いていくように思います。
親を含めて、周囲の人間ができることは、本人の努力を認めてあげ、励ますことしかできないかもしれません。
でも、本人から見たら、ほんの少しでも褒められたりすることは、心の中に残り、自信となっていくものです。
優しい言葉をかけつづけ、未来を信じて歩み続けられることを祈るばかりです。

今回のご相談のように、時間がたっても大きな影響がのこってしまう「いじめ」ですが、振り返るといじめられていた期間は、短いものでは一週間、長くても数か月というものが一般的です。中には、三年、五年といじめを受けたという子もいますが。
しかし、その後、中には30年、40年も苦しんでいらっしゃる方がいます。
だからこそ、「早期発見」、そして「早期解決」をしなければならないのです。
現代の教育界では、教師がいじめを解決することは、教員の「責務」であることが常識になっています。
私たちもいじめが起きた場合の解決は、先生方にお願いすることが大半です。

しかし、本来は、いじめが起きない学校が一番良いのです。
さらに言えば、いじめが起きても、子供たち自身が解決する力を持っていることが望ましいといえます。
40年前、50年前の日本でも、いじめはありました。
その当時は、現在よりもいじめの数は少なく、教師が解決を図らなくても、子供たちの間でいじめが解決できていました。
「何かが、変わってしまった」、あるいは「何かが、失われてしまった」ように思うのです。
それは、子供たちの中の善悪に対する判断力と、人間関係の力、別の言葉で言えば「社会性」ともよばれる能力ではないかと思います。
子供たち自身の、自らを省みる力や、道徳心、公共心、思いやり、我慢強さ、意思の力、並べてもきりがないのかもしれませんが、一言でいうならば「精神力」だと思います。
昔帰りがすべて良いわけではありませんが、半世紀前の子供たちが持っていた「心の力」を取り戻す教育、家庭の教育力も含めて、大人である私たちが考えていかなければならないように思います。

一般財団法人 いじめから子供を守ろうネットワーク
代表 井澤一明

井澤一明ブログ:
http://ameblo.jp/kzizawa/
Facebook: http://www.facebook.com/kz.izawa
Twitter: @kzizawa

 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2020/10/17 11:41 ] 代表あいさつ | TB(0) | コメント(0)

ご報告:120名以上の市民の方々が参加! 「いじめから子供を守る読み語りフォーラム」 和歌山市で開催! 

201009 和歌山読み語り1003-2

120名以上の市民の方々が参加!
「いじめから子供を守る読み語りフォーラム」
和歌山市で開催!

 10月3日(土)午後1時から、和歌山市の「県民交流プラザ・和歌山ビッグ愛」にて、「いじめから子供を守る 読み語りフォーラム」を開催いたしました。(主催:いじめから子供を守ろうネットワーク和歌山)。

 新型コロナウィルス感染防止のために、検温、マスク着用、手指の消毒、ソーシャルディスタンスを徹底して、ご来場の皆様をお迎えしました。外出を控える方が多いと聞きますが、続々と市民の方々が集われ、120名以上の方々にご参加いただき、改めていじめ問題に対する関心の高さを実感いたしました。


201009 和歌山読み語り1003-1
【写真】 夢ら丘実果さんが、絵本「カーくんと森のなかまたち」を読み語り。

 第1部は、絵本作家・夢ら丘実果(むらおかみか)さん作絵、吉澤誠さんの作文による、絵本「カーくんと森のなかまたち」の読み語り。夢ら丘さんたちの活動を追うドキュメンタリー番組の放映の後、夢ら丘さんがしっとりと絵本を読みました。ホシガラスのカーくんと森に住む他の鳥たちとふれあいが美しくほほえましく、とても心癒やされる時間でした。

201009 和歌山読み語り1003-5
【写真】 いじめから子供を守るパネルトーク。

 第2部は、いじめから子供を守るパネルトーク。夢ら丘実果さん、吉澤誠さんにもご参加いただき、パネリストとして、高校副校長の南谷為朝先生、いじめから子供を守ろうネットワークの井澤一明代表、コーディネーターを三木きくみ(いじめから子供を守ろうネットワーク和歌山代表)がつとめました。

201009 和歌山読み語り1003-4

 ご来場の皆様は熱心にメモなど取りながら、最後まで真剣に耳を傾けてくださいました。ありがとうございました。

 「いじめから子供を守る読み語りフォーラム」は、10月3日の和歌山放送ニュースで報道されました。 →

https://wbs.co.jp/news/2020/10/03/150975.html

 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2020/10/09 18:15 ] 活動報告&集い | TB(0) | コメント(0)