fc2ブログ









◇ 代表メッセージ (2023年7月) ◆◇ 文科省が国立附属校にいじめ対応の徹底を通知 ◇◆ 

230719 雷2

◇ 代表メッセージ ◇
◆◇ 文科省が国立附属校にいじめ対応の徹底を通知 ◇◆


豪雨が続く一方では猛暑も襲ってくるという7月も半ばを過ぎました。
まもなく子供たちにとってはうれしい夏休みに入ります。
夏休みの間に学校でのストレスを解消し、新学期に備えてもらいたいものです。

今月の7日に、文部科学省は、附属学校を置く各国立大学法人学長に対して、「いじめ防止対策推進法等に基づくいじめ重大事態への適切な対応等の徹底について」という通知と共に、いじめ重大事態への対応チェックリストを送りました。
併せて公立、私立の学校に対しても、同様にチェックリストを配布しました。

文科省は、通知の中で
-------
この度、国立大学の附属学校において、法に規定するいじめ重大事態が発生した際、法第28条に基づく調査が長期間実施されず、文部科学大臣への発生報告もなされなかった事案があり、その他いじめ防止対策推進法等に基づく対応が徹底されていない事案が散見されていることは、大変遺憾です。
-------
と述べています。
確かに、今年の4月には、茨城大教育学部附属小学校が「重大事態」に認定しながらも文科省に報告していなかったというニュースが大きく流れましたし、学芸大附属小学校の対応も問題になりました。


「通知」では、以下の3点を国立大附属校に求めています。

1. いじめ防止対策推進法等の全教職員への周知・組織的対応の徹底及び附属学校のいじめ防止対策組織等の定期的な確認・見直しの実施
2. 国立大学の附属学校における積極的ないじめ防止対策の推進
3. 文部科学大臣への報告時におけるチェックリストの提出
その中で
-------
一人の教職員が抱え込むのではなく、学校が一丸となって組織的に早期発見・早期対応に努め、いじめを受けた児童生徒を徹底して守り通すことが重要です。
-------
と被害者を守るという姿勢を強調し、加えて、
-------
国立大学の附属学校は、学校におけるいじめの問題に対する日常の取組が公私立を含めた全国の取組状況と比較して、「いじめの問題に関する校内研修会の実施」、「学校いじめ防止基本方針が学校の実情に即して機能しているかの点検や見直し」、「法第22条に基づく、いじめ防止等の対策のための組織の招集」等について実施率が低い状況にあります。
-------
と言わずもがなの指摘ではありますが、国立校のずさんな対応への注意喚起が盛り込まれています。

私たちが受けるいじめ相談事案でも、「国立」の学校におけるいじめに対応する意欲は、公立の学校や私立の学校に比べると著しく低いように感じられます。
いじめを解決しようとする意志が伝わってこないのです。
できるだけ穏便にして「いじめはなかった」ことにしたいという真逆の意志さえ感じられるのです。
もしくは、時間を稼いでうやむやにしてしまおうという国立の学校も現実に存在します。
本来、文科省の直轄とも言える国立の附属校です。
それだけの責任があるはずです。
「文科省にも相談しましたけど、何もなりませんでした」という相談もありましたので、文科省は、毎年毎年、何件もの被害者、被害者の家族からの相談を受けているはずです。
故に、この通知を出した背景には大きな方針転換があったのではと勘繰りたくなる程です。
もしくは、何件かの不祥事により文科省への批判があったため、外圧によってやむを得ず通知したのではないかとも思えます。
いずれにしろ「遅すぎる」のです。

しかもチェックリストは「いじめ防止対策推進法等に基づくいじめ重大事態調査の基本的な対応チェックリスト」、つまり「重大事態」が前提になっているのです。
いじめの対応の基本は「早期発見・早期解決」でなくてはなりません。
日々に起きる「いじめ」の対策こそ、一番重要です。
したがって、「日常のいじめ」への対処も「もう知ってるでしょう。改めて言わなくてもわかってるよね」とか言わずに何度でも周知すべきですし、その意味では「いじめ重大事態」のチェックリストより重要です。
日常のいじめを解決できない学校が「重大事態のいじめ」を解決できるはずはありません。

文科省には、現在まで今までに過去どれだけの子供たち、保護者が苦しんで来られたのかを分かっていただきたいものです。
今後、苦しむ子を増やしてほしくはありません。
自分の心の痛みとして捉えていただきたいものです。

さあ、夏休みです。
お出かけの予定もあると思います。
ぜひ、お子さんたちとの時間を大切にお過ごしください。
また、何かご心配のことがありましたら、ご遠慮なくご相談いただければ幸いです。


一般財団法人 いじめから子供を守ろうネットワーク
代表 井澤一明


井澤一明ブログ:
http://ameblo.jp/kzizawa/
Facebook: http://www.facebook.com/kz.izawa
Twitter: @kzizawa

 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2023/07/19 14:07 ] 代表あいさつ | TB(0) | コメント(0)

「滋賀県養護教諭研究協議会」で 井澤一明代表が講演。滋賀県内の養護教諭の先生方 関係職員の皆様が参加。 

230711 0630 滋賀県養護教諭研究協議会1

「滋賀県養護教諭研究協議会」にて講演
井澤代表 「いじめから子供を守ろう!」


 6月30日(金)、井澤一明(いじめから子供を守ろうネットワーク)代表が、「令和5年度 滋賀県養護教諭研究協議会 総会」にて講演、滋賀県内の養護教諭の方々および関係職員の皆様に、いじめ防止についてお話しさせていただきました。

230711 0630滋賀県養護教諭研究協議会2
【写真】 講演する井澤一明代表

 同会は、滋賀県養護教諭研究会と滋賀県教育委員会の共催で開催され、子供たちの健康生活のために学校教育全体を通じて健康教育を推進するために、養護教諭の先生方の専門性や保健室の機能を生かした支援や連携のあり方等について研究する協議会です。

230711 0630滋賀県養護教諭研究協議会3
【写真】 真剣に講演を聴かれる養護教諭の先生方

 井澤代表は、「いじめから子供を守ろう!」というテーマで、1時間30分の講演を行いました。
 会場の滋賀県近江八幡市の「滋賀県男女共同参画センター」大ホールには、滋賀県内の養護教諭の先生方が多数参集し、大変熱心に真剣に、講演に耳を傾けておられました。
 ありがとうございました。


 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2023/07/11 17:37 ] 活動報告&集い | TB(0) | コメント(0)