fc2ブログ









国旗国歌通達は「合憲」、東京高裁 都教職員ら逆転敗訴 

国旗国歌通達は 「合憲」 
東京高裁 都教職員ら逆転敗訴 


 入学式や卒業式で国旗に向かっての起立や国歌斉唱を求めた東京都教育委員会の「通達」や「校長の命令」は、思想と良心の自由を定めた憲法に違反するなどとして、教職員ら395人が、従う義務がないことの確認や慰謝料を求めた訴訟の控訴審判決で東京高裁の都築弘裁判長(三輪和雄裁判長代読)は28日、「通達には合理性があり、思想・信条・良心などの自由を定めた憲法に反しない」などとして1審東京地裁判決を取り消し、教職員側の請求を棄却した。教職員側は上告する方針。

110128.jpg
【写真・時事通信】逆転敗訴の判決に、「不当判決」などと書いた垂れ幕を掲げる都教職員側弁護士ら

 都教委は平成15年10月、都立高校の校長に国旗掲揚、国歌斉唱やピアノ伴奏の実施方法を通達し、従わなかった教職員を懲戒処分にしていた。
 都築裁判長は通達について「式典の国旗掲揚、国歌斉唱を指導すると定めた学習指導要領に基づいている。一方的な観念を子供に植え付ける教育を強制するものではない」とした。
 判決は、国旗国歌法制定(平成11年)の前から日の丸が「国旗」、君が代が「国歌」であることは慣習法として確立していたと判断。「一律に起立、斉唱するよう求めた都教育長通達には合理性があり、思想・信条・良心などの自由を定めた憲法に反せず、教育基本法が禁じる『不当な支配』にも当たらない」とした。

 原告側は通達違反を理由にした懲戒処分などの事前差し止めも求めたが、「訴訟要件を満たしていない」と訴えを却下した。
 18年の1審東京地裁判決は「原告は起立や斉唱を強要され、精神的損害を受けた」としたほか、日の丸と君が代を「終戦まで軍国主義思想の精神的支柱だったのは歴史的事実」とし、原告側勝訴としていた。

【国旗国歌訴訟】平成元年の学習指導要領改定で、入学式などでの国旗掲揚、国歌斉唱を指導するよう明記。11年に日の丸を国旗、君が代を国歌と位置付ける国旗国歌法が成立した。だが、教職員が国旗掲揚や国歌斉唱に反対してトラブルになるケースが絶えずヽ東京都教委は15年、都立高校長らに「教職員は国旗に向かって起立し国歌を斉唱する」と通達、従わない場合は処分対象にすることも明確にした。通達や処分に反発した教諭らが訴えを起こしていた。

【2011年1月29日 産経新聞】

 

いじめHPバナー

 

 記事以外のコメントはBBSへ投稿ください。

                           ☆保護者向け掲示板☆            ☆児童・生徒向け掲示板☆ 
       いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-            いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-
☆ご協力のお願い☆
現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください) 

       banner2.gif         ブログランキング・にほんブログ村へ        a_03.gif     

    ↑人気ブログランキング        ↑ブログ            ↑FC2ブログ 

   


当然の判決ですよね!

地方公務員法の服務義務規定や学習指導要領、国歌国旗に関する法律を鑑みたら、当然の判決です!

規則を自分勝手に曲解させようとする輩がいるから、ルールを守れない子供が増えてんじゃないの?と思ってしまいます。

ちなみに、産経新聞は、都教育委逆転勝訴と書いていました。
[ 2011/01/29 23:54 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/1014-28310221