fc2ブログ









JWP女子プロレス・コマンドボリショイ選手、「児童養護施設に目を向けて」 

女性タイガーマスクは児童施設出身
「施設に目を向けて」
タイガーマスク運動をきっかけに


JWPコマンド選手 ヒーローを名乗る匿名寄付の輪が広がるなか、「これを機会に児童養護施設に目を向けて」と願う女子プロレスラーがいる。漫画のタイガーマスクさながらに、覆面レスラーとして戦う大阪出身のコマンドボリショイさん。これまでは施設で育った生い立ちを伏せてきたが、「運動」をきっかけに、子どもを試合に招待したり、施設を慰問したりする活動を20年続けてきた思いを語った。

「がんばれっ」。
 6日、大阪市中央区。プロレス会場の観客席から、市内の児童養護施設「博愛社」から招かれた子どもたちの歓声が飛んだ。スポットライトが当たる四角いリングで、小柄なボリショイさんが華麗な技を繰り出すと、子どもたちは思わず身を乗り出した。
 1月に施設を訪れたボリショイさんが招待した。小学6年の男子(12)は「体が小さいのに、テクニックがすごい。すごく鍛えたんだと思う」と興奮気味に話した。

 「友達が持っているかわいい文房具がうらやましかった」。ボリショイさんは2歳の時に父親が病死。母親は7人の子どもたちを育てられず、ボリショイさんは大阪府内の児童養護施設で3歳から15歳まで過ごした。
 幼い頃は「母さんに会いたい」と泣き出し、施設の職員から「あんただけじゃない」と諭されたことも。
 
 辛抱の多い生活のなかで、夢中になったのがプロレスだった。テレビは夕食後の2時間に制限されていたため、職員に隠れてプロレス中継を見た。
 あこがれは、一世を風靡(ふうび)した人気コンビ・クラッシュギャルズ。リングで戦い、歌う姿に心を奪われた。大阪城ホールでの試合を見るため、片道の電車賃だけを手に友達と施設を抜け出し、会場周辺で職員に見つかって連れ戻されたこともある。
「体を鍛えてプロレス選手になれば、お金持ちになって自立できる」
 その一心から中学では先生に頼み込み、女子の柔道部を立ち上げた。下校後も腕立て伏せや腹筋運動を繰り返した。

 鍛錬の末、中学3年で女子プロレスのテストに合格。20年前に覆面レスラーとしてデビューし、身長150センチと小柄ながら、強力な関節技を武器に人気選手になった。

 デビューすると、拠点とする東京都内のほか、巡業先の各地方で福祉施設の訪問を始めた。ギターを手に歌ったり、プロレスの技を披露したりして子どもやお年寄りを励ましている。
「プロレスの仕事は夢を与え、勇気づけることだから」との信念がある。

 現在、女子プロレス団体「JWP女子プロレス」の選手代表を務め、試合に出る傍ら団体の運営にも携わる。女子プロレス界は観客動員数が落ち込むなど順風満帆とは言えないが、子どもたちにはリングで挑戦し続ける姿を見てほしいと思う。
タイガーマスク運動がきっかけで、多くの人に児童養護施設の存在を知ってもらえた。私も施設の子どもたちに、何かに憧れて夢を持つきっかけを与え続けたい
(北上田剛)
【2011年2月16日 朝日新聞】
【写真】試合観戦に招待した子どもをリング上で抱え上げるコマンドボリショイ選手=6日、大阪市中央区、北上田写す

※「JWP女子プロレス」は「いじめから子供を守ろう!ネットワーク」の協力団体です。

 

いじめHPバナー

 

 記事以外のコメントはBBSへ投稿ください。

                           ☆保護者向け掲示板☆            ☆児童・生徒向け掲示板☆ 
       いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-            いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-
☆ご協力のお願い☆
現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください) 

       banner2.gif         ブログランキング・にほんブログ村へ        a_03.gif     

    ↑人気ブログランキング        ↑ブログ            ↑FC2ブログ 

   

[ 2011/02/22 07:07 ] 協力団体 | TB(0) | コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/1028-b00d3840