いじめ体験、歌に。石川雅士さん(17歳)、9月にCDデビュー 【横浜】 

いじめ体験、歌に 
高校生、9月にCDデビュー

【神奈川県横浜市】


石川雅士さん

◇生き続ければ幸せがある

 いじめ体験を歌詞に乗せて歌う高校生ミュージシャンがいる。通信制3年生として学びながら、今秋CDデビューする横浜市旭区の石川雅士さん(17)。「生き続ければ希望がある」と、路上ライブなどで多くの同世代にメッセージを届けている。【宗岡敬介】

 今俺、踏切の前に立ってるんだ――。
 自殺ばかり考えていたかつての自分を歌ったバラード「生き続けた先に待っているもの」はこう始まる。

 中学2年の夏休み明け、理由が分からないままクラスメートによるいじめが始まった。
 上履きには画びょうが入れられ、携帯電話の番号がインターネット上に流出、「キモい」「ダサい」などと陰口を言われた。
 つらかったのは仲良しの友人がいじめる側に回ったことだった。「死にたい」と考えるようになっていた。

 中3の春、横浜駅近くのCDショップで、シンガー・ソングライター、尾崎豊の「15の夜」を耳にした。盗んだバイクで走り出すという歌詞に、「こんなふうに自由に生きてもいいんだ」と共感した。

 いじめは卒業まで続いたが登校は続けた。
 自分も勇気を与えられる歌手になれたらと、家にあった父のギターで尾崎の曲を弾くようになった。
 学校以外の時間はギターの練習や曲づくりに没頭し、現在所属する海老名市の音楽事務所の選考に合格。事務所プロデューサー、小沢千尋さんは「歌詞にものすごいインパクトがあった」と話す。
 いじめの体験をさらけ出すのに抵抗はなく、石川さんは「同じ境遇の子に頑張れと伝えたかった」と振り返る。

 高校に入ってからは、自宅に近く、ミュージシャンが集まる大和市の大和駅前で歌い続けた。聴き入っていた男子高校生から「もう一度頑張ってみます」と声をかけられた時は報われた気がした。
 すでに100曲以上を作詞・作曲。
 事務所は9月、バラード「生き続けた先に…」など3曲を収めたCDの発売を予定している。

 バラードの歌詞は「生き続けた先に待っているもの、それは幸せだと胸張って言える」と続く。希望は必ず待っている―。
 石川さんは自分の夢も重ねながら、歌い続ける。
【2011年4月19日 毎日新聞】

※ 写真は、昨年10月の「いじめから子供を守ろう!ネットワーク」シンポジウムで歌う、石川雅士さん。

 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ           ↑FC2ブログ

 


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/1066-81bef38d