4年前の「いじめ」と自殺の因果関係を認定 【名古屋地裁判決】その2 

愛知県岩倉市の高2女子自殺
中学時のいじめ原因、学園側に賠償命令
【名古屋地裁判決】


110521毎日新聞 中学時代のいじめに起因する解離性障害などと診断され、高校2年だった06年に自殺した愛知県岩倉市の高橋美桜子(みおこ)さん(当時16歳)の母典子さん(53)が、学校法人市邨(いちむら)学園(名古屋市)や中学当時の担任教諭らを相手取り、慰謝料など約4647万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が20日、名古屋地裁であった。
 長谷川恭弘裁判長は「学園関係者が何の対応も行わずに放置したため解離性障害を発症し、自死に至ったことは明らか」として、自殺と4年前のいじめとの因果関係を認め、被告側に約1491万円の支払いを命じた被告側は即日控訴した。【高木香奈】

 また判決は、中学校でのいじめについて「耐え難い精神的苦痛を与え、心身に異常を生じさせるに十分な行為だった」と指摘した。
 原告代理人の弁護士によると、過去のいじめと自殺との因果関係を認めた判決は、全国的にも珍しい。

 判決によると、美桜子さんは02年、同学園が運営する名古屋経済大市邨中に入学
 同級生から靴に画びょうを入れられたり、「キモイ」「死ね」などの言葉を浴びせられるなどいじめを受け、1年で転校した。その後も無言電話などの嫌がらせが続き、パニック症状などが起き、解離性障害などと診断された。美桜子さんは06年8月、住んでいたマンションから飛び降りて死亡した。

 訴訟では、いじめの有無と、いじめと解離性障害などの発症や自殺との因果関係が争われた
 遺族側は「市邨中時代のいじめの後遺症で自殺した」と主張。
 学園側はいじめ自体を否定し、転校から3年半後の自殺だったことから「自殺は転校後のさまざまな出来事が影響している」としていた。
 遺族側は市邨中の同級生8人と保護者も提訴したが、10年11月に和解した。

◇コメント控える
 学校法人市邨学園の話 詳細な判決文が届いていないので、コメントは差し控える
【2011年5月21日 毎日新聞】
【写真】遺影を前に目を潤ませながら会見する高橋典子さん=名古屋司法記者クラブで2011年5月20日午後2時37分、福島祥撮影

「学校が認めなくても法は認めてくれた」
いじめ訴訟で原告の母親 名古屋地裁


110521017420008-n1.jpg 「学校も生徒も認めなかった娘へのいじめを法は認めてくれた」
 娘が高校2年で自殺したのは中学時代のいじめが原因として母親高橋典子さん(53)が学校側を訴えた訴訟。主張がほぼ認められた20日の名古屋地裁判決後、典子さんは記者会見で声を詰まらせた。

 死亡した美桜子さん=当時(16)=はいじめを受けて転校した直後から頭痛や腹痛を訴え始め、自殺までの間、苦しみ続けたという。
 閉廷後に「頑張ってよかったね」という娘の声が聞こえたという典子さん。「判決がいじめの後遺症に苦しむ方々へのメッセージになればいい」と話した。

 代理人の勝田浩司弁護士は、いじめから約4年後の自殺について因果関係を認定したことや、学校側が自殺を予見できたと判断した点について「非常に意味のある判決だ」と評価した。
【2011年5月20日 産経ニュース】
【写真】自殺した美桜子さんの写真を前に、記者会見する母親の高橋典子さん(右)=20日午後、名古屋市中区の名古屋司法記者クラブ

 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ           ↑FC2ブログ

 


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/1081-921dded2