校長、担任が謝罪④ お母さんからのメッセージ 

 いじめ解決までの経緯をレポートしていただきましたが、Aさんからメッセージが届きました。
優しいお母さんが、ひとり立ち、学校と闘ってきて、そして、現在の心境に至った経緯がうかがえる素晴らしいメッセージです。このメッセージには、皆様の心にとどきますようにという願いが込められています。
私たち大人が子供の力になれるということを、この「いじめから子供を守ろう!ネットワーク」を通して皆さんと共に、証明してまいりたいと存じます。
     いじめから子供を守ろう!ネットワーク
             井澤


 


子供は昨年10月から月曜日の朝になると「頭が痛い」「お腹が痛い」などで学校を休んでいました。
担任も心配し時々自宅へ訪問してきました。
しかし、その理由が分からないままでした。
担任は言います。「学校では何の問題もありません。何が原因なのでしょうか・・・」



しかし、2月になり、子供がやり場のない怒りと涙ながらの訴えによって、
原因が担任に対する恐怖心だと分かったのです。


私はすぐに教頭に相談しに学校へ行きました。
「明日から学校に行きたくないと言っています。
原因は担任に対する恐怖心です」


しかし、教頭は「いろいろと誤解があるようですので、今度、担任を交え話をしましょう」と・・・


私は子供の気持ちをまず理解してほしいと望んだだけなのに、
教頭、担任は問題をすり替え、
生活態度に問題があるのでは?ときたのです。


私は正直、本当にびっくりしました。
どうして、問題をすり替えるのか。私達の意見を誤解と決めつけるのか・・・


子供の気持ちが置き去りになってしまっている事に納得がいきません。


子供がこれまでどんなに辛い思いをしてきたのか。
それを親にも言わず、ずっと耐えてきたのかと思うと、涙が出てきます。


私は子供に伝えました。
「お母さんは、あなたの味方だからね」


子供は嬉しそうな顔をしました。


今回の事で思った事は、
①自分一人の考えだと、
 「先生が言われることが正しいのか。私が間違っているのか・・・」と錯覚してしまうのですが、
 いじめから子供を守ろう!ネットワークに電話相談し、
 「これは大きな問題です」と言われ、今後の具体的な動きについて教えてもらったことや、
 信頼のおける仲間に相談し、みんなの意見が一致したことによって、勇気をもらえたことにあります。


②また、学校外部の人の介入があったから、学校側は動いたと思います。


③教育委員会に文書にて詳しく報告もしました。


学校側は子供の気持ちを無視し、
自分たちの保身、立場を守るために必死だということ。


学校側の言うことにかなりの矛盾が見えたこと。


そこのところを突いたら、先生方は抵抗していました。
突いてもらいたくないところを突かれて、必死だったと思います。


子供は市外に転校しました。
転校してから毎日楽しそうに学校に登校しています。
病気の症状も、パタッとなくなり、
担当医による診断(この病気は一時的なことはない)をくつがえし、
「一時的な症状だったのでしょう」と新たな診断をしてもらいました。


担任教師からの子供への手紙には、本当に反省し謝罪の言葉がつづられていました。


子供は「もういいよ。忘れる」と言い、新しい生活に意欲を見せ始めました。


担任は言います。
「僕は、りっぱな子になってほしくて、一生懸命指導しました」と・・・


一方的な指導では相手の顔や心が見えません。
相手が良い方向へ生かされてこその指導です。


これから、学校のあり方として、先生方も大きな学びとなったことでしょう。
校長・教頭・担任教師は私の前で土下座して謝罪しました。


しかし、学年末まで他の児童に転校の件を告げず、
春休みに”引っ越したから転校した
ともっていきそうな感じがあったので、
他の児童の家を一軒一軒訪問し、転校に至った理由とお詫びをしてもらうことを
約束しました。


学校として本当に反省され、これからの素晴らしい教育現場となることを願いたいです。



私の子供と同じ思いをしないためにも、今回の事例が皆様の励みとなれたらと心から思います。
いじめから子供を守ろう!ネットワークの方々の支援を始め、たくさんの方の応援をいただき、
とても勇気が出ました。
本当にありがとうございました。


     ※記事以外のコメントはBBSへ投稿ください。
     ☆おとな向け掲示板☆      ☆児童・生徒向け掲示板☆
        いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-           いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆ 現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)


 

banner2.gif         ブログランキング・にほんブログ村へ         a_03.gif    
↑人気ブログランキング    ↑ブログ村              ↑FC2ブログ☆ランキング

  
[ 2007/04/04 07:07 ] いじめ相談 | TB(0) | コメント(5)

ちなみに、「埼玉県教育委員会」の実態調査によると、「いじめられた事がある」子が小学4年で、50.5パーセント、と半数を越えています。えー小4でもうそんなに・・という感じですが、もっと恐ろしい事に、その「理由」なんですが、55.0パーセントが「遊びのつもり」と「なんとなく」、なんですよ。・・「なんとなく」、「遊びのつもり」で半分以上の子がいじめている・・・このデータは恐ろしいと思うんですが、・・・正直、先生方は何を教えているんだろう??・・・先生やる資格ないんじゃないか、・・・と私は正直思うんですけど。
[ 2007/04/04 19:50 ] [ 編集 ]

うわっ。土下座ですか。

…そんなこと、だれも、求めてはいないのでしょうにね。

それよりも、
きちんと「事実を話し、二度と繰り返さない対策を取る」という形で、
誠意を顕していただきたいですね。

本当の反省、ということを、
先生方は、ご存じないのでしょうか。

土下座なんて…

あほくさい。

舌だしていても、土下座くらいはできますよ。

もう少し、

理性的で、建設的な「謝罪」というものを

「より、よくする」という「教育者の態度」を

見せていただきたいと思います。

[ 2007/04/04 18:25 ] [ 編集 ]

振り返って大人達の課題

Aさんは本当につらい思いをなさったと思います。
私も似たような経験をしたので、「転校してお子さんが元気になったこと」本当に良かったですね。

しかし、このようなケースは、どうしてもすっきりしないまま終わるような気がしています。
当の担任の先生は、「何が原因で何を改善したらいいのかを認識しないまま」でいるでしょうし、何よりも周りの生徒さん達はどう考えているのでしょうか?
そして、教頭先生始め、今ももとの学校に残っている先生達は?
根本的には何も変わっていないように思えてなりません。

当の担任の先生に問題があるのは勿論ですが、根本的にはその先生が問題を起こした学校の構造を改善しないと解決しないと思います。
学校の隠蔽体質は、社会圧力のかからない空間であることと、唯一の圧力が(一部の)要求主義のPTA出しかないことに原因があると思います。

この体質にどうやってメスを入れて行くか?
これが、課題の本丸なのでしょう。
そしてこのような学校の制度を構築している大人たちが、切り込んでいかなくてはならない課題だと思います。
[ 2007/04/04 11:04 ] [ 編集 ]

ただ転校の件を他の生徒に告げていない・・というのは学校として完全に反省しきっていませんね。これからまだまだ、学校が完全に浄化されるまで、この活動は終わらないですね。
[ 2007/04/04 08:50 ] [ 編集 ]

校長、教頭、担任、が土下座ですか・・お子様も元気になられた様で何よりです。担任が心の底から反省、謝罪したから、気持ちが晴れたのでしょう。日本中の教師がこうあって欲しいものです。
[ 2007/04/04 08:15 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/112-6abaccb5