「ナマケルナ」簡潔明快な教訓こそ子供の宝 

「ナマケルナ」 
簡潔明快な教訓こそ子供の宝


edc11060408110001-p1.jpg 平成8年の中央教育審議会の第一次答申は、「ゆとりの中で生きる力を育む」ことを提言し、「生きる力」の筆頭に次の文言を記した。
 「いかに社会が変化しようと、自分で課題を見つけ、自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、行動し、よりよく問題を解決する資質や能力」-これを受けて平成10年7月、教育課程審議会は留意点の(2)として次のように述べた。
 「多くの知識を一方的に教え込む教育を転換し、子どもたちの自ら学び自ら考える力の育成を重視すること」-この答申は今も根強く現場の教師の中に生きている。
 従って次のような考えは広く教員社会の中に浸透している。

ア、教師が結論を言ってはいけない。それぞれの子供に委ねよ。
イ、価値観が多様化している中で教師の解を押しつけるのは厳禁
ウ、子供に自由に考えさせ、自由に発言させ、自由に行動させることが子供の自主性、主体性を尊重し、伸長することになる。
エ、授業の主役は子供である。
オ、叱ったり、否定したりするのは不可。ほめて励ますべきだ。

 中教審や教育課程審の答申が総論とすれば、ア~オの5項目は各論に当たる。子供は各論の中で育つ。
 かくて、いわゆる「子供中心主義」が広まり、「教えない教育」が学校を支配し、「教わらない子供」が社会に送り出される。そのツケがやがて大人を震撼(しんかん)させることになる。

 大正7年発行、第3期の尋常小学校修身書(巻一)の「モクロク」(目次)の一部をみてみよう。

一、ヨクマナビヨクアソベ
二、ジコクヲマモレ
三、ナマケルナ
四、トモダチハタスケアヘ
五、ケンクワヲスルナ
六、ゲンキヨクアレ
七、タベモノニキヲツケヨ
八、ギャウギヲヨクセヨ

 実に明快、簡潔かつ雄渾(ゆうこん)でさえある。自信に満ちた教師による揺るぎない道義の教授こそ、実は多くの国民が渇望している教育なのではあるまいか。(植草学園大学教授・野口芳宏)
【2011年6月4日 産経ニュース】
【写真】修身教科書の学校の絵=「復刻国定修身教科書」(大空社)

 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ           ↑FC2ブログ

 


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/1130-35b634b2