fc2ブログ









札幌市の中2自殺、校長ら記者会見。「陰口を言った生徒を指導」「いじめは改善された」 

校長ら記者会見  札幌の中2自殺
前日、友人に「死にたい」


■学校、陰口「収まった」
相談後、周囲の生徒指導


110831 朝日新聞 2学期が始まったばかりの30日朝、札幌市立前田北中学校2年の男子生徒(13)がマンション屋上から飛び降りて死亡した。自殺とみられる。
 生徒は夏休み前の三者面談で「陰口をたたかれている」と悩みを話していたという。生徒に何があったのか。同校や市教育委員会は慎重に調べている。
   ◇
 札幌手稲署によると、生徒は同日午前8時半ごろ、「友人の家に寄ってから学校に行く」と言って自宅を出た。登校しなかったため心配した母親が担任教師らと捜し、マンションの屋上に立っているところを見つけたが、呼びかけに応じないまま飛び降りた。
 遺書は見つかっていない。前日早朝に自宅を抜け出して友人宅を訪れた際には、友人に「死にたい」と漏らしていたとされる。

 30日夕に記者会見した荒沢与志男校長らによると、生徒は5月から休みがちになり、1学期は計9日間欠席した。7月8日の三者面談で担任にその理由を聞かれ、「友達に陰口をたたかれている」と打ち明けた。「学校に行きたくない」とも話していたという。
 陰口を言ったとされる生徒から聞き取りをしたところ、人を傷つけるような言葉もあったといい、同校は「いじめの可能性があるとして担任が対応していた」と説明している。こうした指導によって夏休み前に収まったと判断したという。
 同校は30日午後、ホームルームで各学級の担任が生徒の死亡を伝えた。31日からはスクールカウンセラーが常駐し、生徒たちの心のケアにあたる。

■第三者委員会の立ち上げ検討
 会見した荒沢校長らとの主なやりとりは次の通り。

――亡くなった生徒から相談を受けたことは。
「本人と保護者、担任教師による(7月8日の)三者面談で、陰口をたたかれるなど人間関係について相談があった。クラスだけでなく、かつて所属していた部活動の生徒からもあったと聞いている」
「陰口は『なんでそこにいるの』など。意識せずに出た言葉を本人が陰口と捉えたケースもあるが、相手の生徒が『嫌な気持ちにさせてやろう』と意図して発したこともある」

――それに対する対応は。
「担任教師がいじめの可能性があるということで指導した。本人には『心を強く持つこと』、周りの生徒には『命の大切さ、いじめの卑劣さ』を伝えた
指導を受けた生徒は数人で、みんな彼の友人。指導で『いじめは改善された』と本人や保護者から聞いていたので驚いている」

――生徒の印象は。
学級活動に熱心に取り組み、おとなしくてまじめな子という認識だった。休みがちだったが、不登校という認識はなかった」
「2学期が始まった25日、26日は元気に登校していたので安心していた。だが、夏休み中の変化などを家庭訪問で見るなどすればよかった。学校としての対応を怠っていたかもしれないという反省はある」

――今後の対応は。
「市教委と学校とで調査していく。状況を見て、第三者調査委員会を立ち上げるかなどを決める」
【2011年8月31日 朝日新聞】
【写真】記者会見する札幌市立前田北中学校の荒沢与志男校長(中央)。奥は柿崎雅夫教頭、手前は札幌市教委の横山学・指導担当課長=札幌市手稲区、杉本康弘撮影

 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ           ↑FC2ブログ

 


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/1154-b721f79f