fc2ブログ









ネットいじめ防止強化の法案提出、14歳少年自殺を受けて【米国ニューヨーク州議会】 

米国でネットいじめ対策強化の動き
14歳少年の自殺などで

【米ニューヨーク州】


[バッファロー(米ニューヨーク州)3日 ロイター] 米ニューヨーク州で先月、14歳の少年ネット上でのいじめを苦に自殺するという事件が発生し、学校関係者や警察当局などが再発防止に向けて対策に乗り出している。
 この事件は、同州バッファローに住むジェイミー・ロードマイヤー君が、同性愛者であることなどを理由にいじめを受け、9月19日に自宅近くで自殺したもの。

 事件を受けて、ジェイミー君の両親は、慢性的ないじめに対する学校の対策に変化が必要だと提言。これを受けて、州議会にネット上の悪口やいじめを防ぐ法案が提出された。

 ニュージャージー州でも先に、同性愛者の大学生がいじめを苦に自殺した昨年の事件を受け、是正処置計画などを含む一律の対応策を規定した全米で最も厳しいいじめ防止法が制定されている。

 ただ、バッファローでは事件後も生徒の間にほとんど変化は見られず、先週にはジェイミー君の妹が通夜参列後に出席した学校行事でからかわれるという出来事もあった。
 この行事では、ジェイミー君を追悼するために歌が演奏された際、一部の生徒らが「死んだ方がまし」と連呼したと伝えられ、母親のトレイシーさんは「人がそこまで残酷になれるなんて理解できない」と語っている。

 警察当局は、ジェイミー君の事件をめぐり、いじめに関与したとされる生徒ら刑事責任を問えるかどうか捜査を続けているという。

 ニューヨーク州議会に提出された法案は、ネット上のいじめをより立件しやすくするもので、法案を提出した議員のスポークスマンは、いじめを抑える「萎縮効果」を狙ったものと説明。さらに、「飲酒運転も、人を殺す可能性があるにもかかわらず、かつては大きな問題とされていなかった。われわれは今、いじめについての見方を変えようと取り組んでいる」と話した。
【2011年10月4日 ロイター】

※ 日本でも「いじめ」を原因とした子供の自殺があとを断ちませんが、いじめ防止法、いじめ防止条例の制定はなされていません。この米国ニューヨーク州では、いじめ自殺後1ヶ月もたたないうちに、ネットいじめ防止強化の法案が提出されています。わが国でも迅速に、いじめ防止法、いじめ防止条例の制定が必要です。

 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ           ↑FC2ブログ

 

[ 2011/10/13 22:07 ] 海外情報 | TB(0) | コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/1185-fee06bfb