大館の中3年男子自殺、「調査に問題点」と知事諮問機関が報告【秋田県大館市】 

大館・中学生自殺、「学校対応に問題」
両親に報告書届く、改めて市教委を批判

【秋田県大館市】


 秋田県大館市立第一中学3年の男子生徒(当時15歳)が2010年10月に自宅で自殺した問題で、佐竹知事の諮問機関「県子どもの権利擁護委員会」が、自殺から1週間で大館市教育委員会が「いじめはなかった」と断定したのは不適切で、調査方法にも問題があったと結論付けた報告書が13日、生徒の両親に郵送で届いた
 両親は、報告書の内容について納得できるとの姿勢を示し、改めて市教委などを批判した。

 報告書はA4判で計13ページ。この中で、自殺後の市教委や同校の対応の問題点として、〈1〉調査の大半を口頭で済ませ、ほとんど記録を残していない〈2〉スクールカウンセラーが生徒から聴取した内容をそのまま保護者への回答に転用した〈3〉自殺後わずか1週間で「学校生活に自殺の要因が見受けられない」と判断したのは拙速〈4〉保護者への「いじめがあったなら遺書を残す」などの回答は配慮に欠ける〈5〉一部の聴取内容を事実とすることで早期に調査を終了させようとした――などを挙げている。

 また、生徒が自殺の12日前、事前手続きの不備を理由に志望高校の体験入学から帰宅させられたことに関し、「一定の苦痛とショックを与えたと予想できる」と指摘。自殺当日別の生徒の制服をカッターナイフで切った疑いで担任教諭から指導を受け、帰宅後にも自宅に電話があったことについても、「学校からの連絡が心理的影響を与え、自殺の直接の契機になった可能性がある」とした。

 いじめの有無については、市教委の調査は判断の根拠として不十分とし、「いじめが無かったと断定するのは困難」と結論付けた。
 報告書の提出を受け、生徒の父親(49)は「市教委は一貫して『調査に問題は無い』という態度だった。『学校側の対応に問題あり』との結論は納得できる」と話した。母親(49)も「市教委は何度尋ねても調査内容の根拠や詳細を全く示してくれなかった。聴取記録すら取っていないことが明記されていて、示さなかった理由がわかった」と話した。

 市教委幹部は年明け以降、一度も生徒の自宅を訪れていないといい、父親は自殺直後に教育長から『息子さんは死に憧れていた』『もう調査を(求めるのを)やめたらどうか』と言われて怒りが沸いた。市教委と学校はまず、自分たちの何が悪かったのかを自覚してほしい」と話した。
【2011年10月14日 読売新聞】

知事諮問機関「県子どもの権利擁護委員会」
中学生自殺「調査に問題点」
委員長ら会見 遺族の聞き取り不十分


 大館市立第一中学3年の男子生徒(当時15歳)が2010年10月に自宅で自殺した問題で、佐竹知事の諮問機関「県子どもの権利擁護委員会」の水俣健一委員長(60)(秋田市立秋田総合病院副院長)らが14日、県庁で記者会見し、「大館市教委によるいじめ調査の手法には幾つか問題点がみられる」などとした調査結果について発表した。

 擁護委の水俣委員長と、弁護士の京野垂日委員(39)が会見に臨んだ。
 京野委員が「市教委が1週間で調査結果を出したのは拙速で、遺族からの聞き取りも不十分」などと報告書を読み上げ、「遺族への(いじめ調査の)回答書の中に遺族を傷つける表現があった」と述べ、市教委と学校側の問題点を指摘した。
 また、京野委員は、児童や生徒が自殺した際の調査手法の指針が存在していない点を踏まえ、「県が、聴取結果を記録・保存し、検証可能にするなどの調査指針や、一定の基準を明示することが望ましい」と述べた。
 さらに、いじめの有無については「存在を裏付ける事実は確認できない。なかったと断定するのも困難」とした上で、「市教委は報告書を尊重して遺族との関係改善に努力し、県は仲介をしてほしい」と話した。

 擁護委は昨年12月、自殺した生徒の両親が県に救済を申し立てたことに基づき、臨床心理士らで構成される委員3人と、調査専門員3人で調査を開始。調査結果を踏まえ、今月11日、知事に答申した。
 会見を受け、生徒の母親(49)は読売新聞の取材に対し、「中立な機関が『調査に問題あり』と結論づけてくれた。市教委の姿勢が『俺たちは悪くない』のまま変わらなければ法的手段も視野に入れて対応したい」と話した。

■大館市教育長 不快感示す

 大館市教委の高橋善之教育長(58)は14日、読売新聞の取材に応じ、報告書について「『市教委の対応は不十分』とする論調は納得できない事実誤認や理解が不十分と思われる記述も散見される。内容を精査した上で県への意見書の提出も検討したい」と述べ、不快感を示した。

 1週間での調査終了は拙速すぎた、との指摘にも「可能な限り公正に調査し、学校生活に自殺の要因が無いと結論付けた。3日間で調査を終わらせても良かったと思っており、拙速とは思わない」と反論。
 関係者からの聴取内容を記録化せず、情報の正否も検証せずに遺族に通知したことについては「市教委は捜査機関ではなく、裏付け調査にも限界がある。報告書が求める調査レベルは我々には不可能。今後、同様の事案が起きた時には専門家による第三者機関が調査にあたればよいのではないか」と述べた。
 遺族への謝罪については「やるべきことはやってきたと自負しているが、報告書を精査し、今後、謝るべき部分があれば謝るし、無ければ謝罪する必要は無いだろう」と話した。

 また、同市立第一中の菊地俊策校長(59)は「教育現場としてできる限りの調査を誠心誠意、行ってきた。学校による調査には限界があり、擁護委の調査と報告書の公正さに疑問を抱いている」と不信感をあらわにした。
【2011年10月15日 読売新聞】
【写真】市教委の問題点などを指摘する京野委員(右)と水俣委員長(14日、県庁で)

 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ           ↑FC2ブログ

 


両親の問題

いじめとは、どこにでも存在するものだが、自殺にいたるには相談できる相手や家族などの信頼できる人が周りにいなければ、絶望感から死を選ぶだろう。仮に学校でいじめがあったとしても、その原因が本人にあるとはかぎらない。兄弟のことや両親に問題がありいじめの原因となっていた可能性もある。社会通念上異常な行動と思えることを行っている両親のことで、いじめられていたのではないだろうか。働かない父親、協調性がなく他人に嫌がらせを行う母親などで、いじめを受けていたのではないだろうか?当然そのような両親に相談できるわけがない。行き場のない思いが、このような結果になったのであろう。結果、両親は未だ自殺の原因に気付けていないのでは。
[ 2014/01/26 19:04 ] [ 編集 ]

一中のいじめ問題について

今、現在進行形で2年生にいじめがあります。担任は少しおかしいと感じているはずなのに、自分可愛さに見てみぬふりだそうです。また同じ過ちをおかすのでしょうか?又子供を自殺させてしまうのですか?この見てみぬふりが一番悪いと思います!

[ 2012/10/11 22:31 ] [ 編集 ]

単純にどう考えても 学校側の言動が自殺に追いやったとしか考えられませんが ・・・・死人に口無しなんでしょうね
募金問題で教師の質が明るみにでましたが まるで自殺者を生んだのは ここに問題ありと 明らかに語っていますね
それでも罪に問われず 笑って暮らせるんですね それも市民の税金で・・・公務員であれば なおさら厳しく罰するべき 特に体験入学で帰宅させる判断をした教師 あの対応は教師として的確ではないはず また家に電話した教師犯人扱いしての電話だったから本人は傷ついたのです 口調で感じ取るものです とっさの思いで死に走ったのでしょう 相手は思春期の子供なんです 私の娘も自殺した生徒の3年前に自殺未遂を起こしています 原因は教師の言動です 立て続けに起こるこの学校の不祥事は異常です 真摯に教師自らの足元をみつめてほしい と切におもいます 
[ 2012/05/11 23:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/1193-10f91f26