fc2ブログ









「見回り用」携帯電話を貸し出して「ネットパトロール」【大分県】 

ネットの危険子どもを守れ
県とPTA
【大分県】


111106_大分 大分県は小・中・高のPTAと連携し、ネットを通じた子どものプライバシーの流出やいじめといったトラブルを未然に防ぐ「ネットパトロール」に取り組んでいる。パソコンや携帯電話で問題のある記述を見つけた場合に報告してもらい、関係機関と対応する。保護者らが子どもの利用するサイト自体やその危険性を知るきっかけにする目的もある。

 県は参加団体に「見回り」用として携帯電話を貸し出している。使用料は県が負担。会員の保護者らは携帯電話や家庭のパソコンで10代の利用が多いブログやSNS(会員制交流サイト)を中心にチェックする。
 各サイトの検索機能で学校や地区名を入力し、地域の子どもに関わる書き込みがないか確かめる。▽友人の悪口自殺をほのめかす内容▽ストーカー被害につながりかねない個人情報の過度な掲載―などの問題を見つければ県に報告。県は必要に応じて県教委や警察と連携して対応する。
 参加団体は▽中津市PTA連合会▽宇佐市PTA連合会▽三隈中、日田三隈高(日田市)▽情報科学高(大分市)の各PTA▽県青少年育成県民会議。説明会を受けた団体から順次、パトロールを始めている。

 県私学振興・青少年課は県民会議事務局として9月以降、6件の問題事例を発見。本人の居住地や学校が推測できる記述や顔写真のほか、飲酒などへの関与をうかがわせる書き込みもあったという。うち1件は該当校に情報提供した。
 ネット関連の相談窓口を設ける財団法人ハイパーネットワーク社会研究所(大分市)の七条麻衣子・研究コーディネーターは「自分の安全を守れる年齢になるまでは個人情報の公開に慎重さが必要。大人に脅迫されるケースもあり、保護者がネットの実態をよく知る必要がある」と指摘する。
【2011年11月6日 大分合同新聞】
【写真】ブログやネット掲示板で、地元の学校や児童生徒に関わる書き込みがないか「パトロール」。県とPTAが連携して取り組む


 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ           ↑FC2ブログ

 

[ 2011/11/07 17:07 ] 活動報告&集い | TB(0) | コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/1206-f1bf2034