fc2ブログ









不祥事相次ぐ長崎県教委、全教職員に防止本配布  【長崎県】 

「先生、わいせつやめて」
長崎県教委が手引き配布


111116朝日 学校の先生に「わいせつ行為やセクハラ、飲酒運転は絶対にしない、させない」と説く手引書を長崎県教委が作った。
 昨年続発した教員不祥事の対策の一環。「こんなものを配布しなければならないのは情けないが、いま一度、心のブレーキをかけてほしい」と県教委の担当者は真顔だ。

 昨年度、県内で懲戒処分を受けた教職員は13件21人。女児の裸体を撮影したとして小学校教諭の男が児童買春・児童ポルノ禁止法違反の罪で実刑判決を受けたほか、飲酒運転撲滅運動を担当していた中学校教諭が酒気帯び運転容疑で逮捕され、懲戒免職に。さらに、この酒気帯び運転に絡んで事実関係の公表を控えるよう部下に指示して混乱を招いたとして、当時の県教育長も辞任した。

 手引書は「大切な人へのメッセージ」という題で始まり、不祥事を絶対に起こさないという決意を書くよう求めている。「子どもたちを裏切ってはなりません」「大事な自分の家族がどうなるか、自問しよう」「いつも『誰かに見られている』という意識で仕事しよう」といった標語も並ぶ。
【2011年11月16日 朝日新聞】
【写真】長崎県教委が配布した不祥事防止の手引書

不祥事相次ぐ長崎県教委、
全教職員に防止本配布


111116読売 昨年度、教職員らの不祥事が相次いだことを受け、県教委は防止策などを示したハンドブック約1万4000部を作成した。県立の中学・高校と特別支援学校、市町立小中学校の全教職員に配布する。

 ハンドブックはA5判、33ページで、冒頭に「子どもは先生たちのことが大好きで、尊敬しています。こんな子どもたちを裏切ってはなりません」とのメッセージを掲載。
 不祥事防止のポイントとして、「わいせつ行為は絶対にしない、させない」「飲酒・酒気帯び運転は絶対にしない、させない」などと明記した。
 このほか、「『人の師と呼ばれて恥じるところはないか』と常に自らに問い直している」といった倫理観などを問う60項目のチェックリストを設け、過去の懲戒処分の事例も列挙している。
【2011年11月16日 読売新聞】
【写真】不祥事防止策を記した教職員向けのハンドブック

 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ           ↑FC2ブログ

 

[ 2011/11/16 14:37 ] 教職員 | TB(0) | コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/1211-6ed19a86