fc2ブログ









韓国で、いじめの予防教育を強化 

いじめの予防教育を強化
【韓国】


120108_KBSl 教育科学技術部の李周浩(イ・ジュホ)長官は5日、慶州初等学校で教師や父兄と懇談した席で、いじめ予防教育を強化する方針を明らかにしました。

 韓国では去年12月20日、 大邱(テグ)市で、いじめを苦にして中学生が自殺する事件が起き、波紋が広がっています。この中学生は同じ学校の生徒に無視されたり、暴力を受けるなどした内容を遺書に書き残し、警察は加害者の生徒を取り調べています。

 事件が起きた後、教育科学技術部を中心にいろいろな対策が出ており、加害者の児童や生徒を強制的に転校させたり、暴行罪、傷害罪、侮辱罪、脅迫罪などで刑事処罰の対象にできる年齢を下方修正したり、校内にスクールポリスを配置することなどが検討されています。

 李周浩長官は、根本的な対策の一つとして、児童及び生徒、父兄、教師を対象にいじめ予防教育を強化するとしました。
 まず児童及び生徒を対象した教育は、日本の小学校にあたる初等学校、中学校と高校で、学期ごとに1回以上予防教育を実施することにしました。
 また、父兄を対象に、いじめと関連した予防教育を年1回実施する他、「いじめ兆候観察リスト」を配布し、子どもたちを観察、指導できるようにする計画です。
 次に教師の場合は、すべての教師を対象に予防教育を実施し、「状況別、段階別対処法」のようなマニュアルを制作して配布することにしました。
 また、一部の学校で運営しているいじめに関する相談プログラムをより多くの学校に拡大することにしました。

 ただ、こうした対策についは、その効果を疑問視する声も出ています。こうした対策は一時的に終わる場合が多かったためです。実際、これまでにもいじめが問題になったことはありましたが、特に有効な対策はなく、あったとしても、社会の関心が薄れるとうやむやになるケースが多くありました。

 いじめは韓国だけでなく各国で深刻な問題になっていますが、その解決は難しいのは現実です。
 法律できることは限られており、加害者にしても被害者にしても未成年者なので、より慎重な対応が求められるからです。
 社会全体が、わが身になって持続的にその対策を熟慮していくべきでしょう。
【2012年1月8日 KBS WORLD ニュース】

 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ           ↑FC2ブログ

 

[ 2012/01/10 07:07 ] 海外情報 | TB(0) | コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/1250-a81da76f