書籍 「デブ、死ね、臭い!を乗り越えて」 細山貴嶺・著 

120320 書籍「デブ、死ね、臭いを乗り越えて」_

書籍紹介
「デブ、死ね、臭い!を乗り越えて」
細山貴嶺・著 マガジンハウス刊


 ホリプロ所属のこどもタレント、細山クン。いつの間にか、高校生になっていた。その細山クンが、いじめ体験を本にした。一年もの歳月をかけ、思い出したくない体験をコツコツとまとめ上げたものだ。

 あとがきの中で、細山クンは、「残酷な現代を生きる、別の僕」に対して、「僕がこの本を書くことによって救われる人が確実にいる。いじめが解決しないまでも、少しでも、気持ちが軽くなる人がいる。……そう、今、戦っている人のために、この本は書かねばならなかった。」と述べている。

 一昔ほど前、テレビの中の細山クンは、生意気な口の立つデブキャラ。そこをまたいじられる子。それは、作り出されたイメージであり、局から期待された役割だったと書籍の中で回想している。実際の本人は全く違っていて、いじめに苦しみ、インターナショナルスクールの4年生の時には、自殺まで図るという経験をしていたという。

 その細山クンが、どのようにいじめと戦い、いじめを克服していったかという心の軌跡をまとめた。
 本書で、彼は、「“特別なところ”は、キミの“個性”。“個性”は磨けば輝くんだよ。その“個性”を生かして、新しい自分を手に入れることだってできるんだ。……諦めちゃダメだからね!」と呼びかけている。


 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ           ↑FC2ブログ

 

[ 2012/03/20 10:07 ] 書評、書籍紹介 | TB(0) | コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/1296-2b255cc6