FC2ブログ









犯罪といじめから子どもを守る幼児期の生活習慣 

「犯罪といじめから子どもを守る


                      幼児期の生活習慣」



「犯罪といじめから子どもを守る幼児期の生活習慣」(ほんの木編 税別1500円)  


子どもが被害に遭う犯罪やいじめが社会問題となる中、親たちの心配にこたえようと、専門家の話をまとめた。


危機管理対策アドバイザー国崎信江さん、立正大学教授小宮信夫さん、脅威査定コンサルタント毛利元貞さん、心理カウンセラー内田良子さんが登場。


 「肌の露出の大きい服は避ける」「犯罪を避けるには、『人』より、『場所』に注意する」「自己表現のできる子は犯罪にも巻き込まれにくい」コミュニケーションの力がいじめを防ぐ」――などのアドバイスが満載。  「安全対策のためのチェックシート」などで、ポイントがわかりやすく示されている。親子で、生活を見直すきっかけにできる。


(2007年4月16日 読売新聞)


   ※記事以外のコメントはBBSへ投稿ください。
     ☆おとな向け掲示板☆      ☆児童・生徒向け掲示板☆
        いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-           いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-

☆ご協力のお願い☆ 現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif         ブログランキング・にほんブログ村へ         a_03.gif    
↑人気ブログランキング    ↑ブログ村              ↑FC2ブログ☆ランキング



 

[ 2007/04/23 07:07 ] 書評、書籍紹介 | TB(0) | コメント(2)

カルト創価学会から子供や家族、知人、日本人を守るためには

カルト創価学会から子供や家族、知人、日本人を守るためには

1.自分の直感を疑わないでください。「なんか変だ。おかしい」と感じたら、それが正しいです。「気のせい、考え過ぎ」ではありません。奴らには、私達の常識の範疇での「まさかそんなこと」は通用しません。ありえないことをやってくるのが奴らです。

2.周囲の信頼できる人に出来るだけ事の次第を話しておき、第三者から見て変だと思うことがあった場合や、自分に対する中傷などを耳にした場合は必ず知らせてもらうようお願いしておいてください。絶対に鵜呑みにはしないようにお願いするのも忘れずに。奴らはデマや嘘の中傷を流します。これはジワジワやられるので、気付いた時には近所や行きつけの店や職場で「犯罪者、精神異常者」扱いされていて愕然とすることがあります。

3.人間関係の破壊を仕掛けてきます。友人、同志お互いがお互いを疑い合うように仕掛けてきます。ネットなどに自分と相手(友人など)しか知らないはずのことや悪口が書き込まれたりするので、つい相手を疑ってしまいますが、そうすると奴らの思う壺です。そんな時は必ず相手に直接話を聞き、納得するまで話し合ってください。絶対に自分ひとりだけで決めつけないように。奴らは、どういった方法でかメールや電話の内容を盗み読み聞きできるみたいです。今までなぜなのか分からなかったのですが、先日の創価警察の動画で少し納得しました。絶対に孤立しないでください。必ず団結していてください。

4.何か変だと感じたら、必ずメモを。可能なら写真や映像もあった方がいいと思います。

5.家の敷地内や玄関前に汚物を置かれたり、自転車のタイヤの空気が抜かれたり、車に傷を付けられたり、郵便物に異状(封を開けたような)があった場合も必ず記録を。それから通報を。

6.生活パターンが出来るだけ同一にならないように。通勤、通学、帰宅の際の電車やバスや道順、帰宅時間なども出来るだけ不規則にした方がいいです。

7.道を歩いている時は、まめに(出来たら100mおき位)背後をチェックして、同じ人物や車などが尾行していないか見てください。もし尾行されていたら写真を撮り、場合によっては通報を。

8.不審人物には、とりあえず「創価学会関係の方ですか?」と声をかけてみてください。これは会社の同僚や、出会って間もないのにやたらとプライベートなことに踏み込みたがる人物なども含みます。

9.奴らの情報網は半端じゃないようです。目をつけられたら住所、家族構成などはもちろん勤務先、交友関係、生活パターンなど、かなりの情報を調べ上げていると考えた方がいいです。引いたりせずに、友人や家族などには詳しく話しておき、みんなで周囲を監視してください。とりあえず奴らの狙いは「こんなこともあんなことも知っているんだぞ」「お前を監視しているぞ」という心理的圧迫感を私達に与え、恐怖感を植え付けることのようです。逆に監視してやりましょう。
※ 繰り返しますが、絶対に孤立しないでください。芝居がかった言い方だけど仲間を信じてください。 今現在「信じられる仲間がいない」という人は、実際に奴らと戦っている人々をネットなどで探し、連帯してください。 おそらくターゲットを選抜し、選挙後に集中攻撃を仕掛けてくるような気がします。 繰り返します。絶対に孤立しないでください。
 コピペして全国の多くの友人、知人に送付して下さい。役に立つと考えます。
(練馬創価学会の真実。とあるブログからの抜粋です)
[ 2009/08/24 11:35 ] [ 編集 ]

カルト創価学会「凶悪青年部」犯罪者出没か?

カルト創価学会「凶悪青年部」犯罪者出没か?

 言論には言論では通じない「カルト池田教創価学会」に洗脳教育された青年部妨害班の犯行が表沙汰になった模様。
 8月2日午後。閑静な住宅地、東京都足立区路上にて「創価学会の批判ビラ」を配布していた男性が突然現れた、カルト創価学会員5人組(創価学会犯罪青年部とみられる)の男たちに囲まれ罵声(脅迫罪)及び暴行傷害を受け、凶悪にもその中の一人に傘で両目を刺され失明の危機に至ったという凶悪事件(反日集団的共謀罪・殺人未遂罪)が発生。
なお、現在も凶悪犯(反日集団的共謀罪・殺人未遂罪)は逃走中とのことですので、足立区周辺にお住まいの方はご注意してください。また、犯行を目撃した住民の方は所轄の警察署及び交番に通報して下さい。
(練馬創価学会の真実)
[ 2009/08/06 22:00 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/130-695af70e