「いじめた友人に土下座させたい」、14歳容疑者が供述。八王子バス運転手刺傷事件 

120504 産経新聞

「いじめた友人に土下座させたい」
14歳容疑者が供述

八王子バス運転手刺傷事件 【東京都八王子市】


 東京都八王子市のJR西八王子駅前に停車したバスで4月22日、運転手が刺された事件で、逮捕された市立中学3年の男子生徒(14)が、警視庁の調べに「バスジャックをしてマスコミや警察を呼び、その前でいじめられた友人数人に土下座させ、殴りつけたかった」と供述していることが2日、捜査関係者への取材で分かった。しかし、捜査ではいじめは確認されず、警視庁は男子生徒が「いじめられている」と思い込み、バスジャックを計画したとみている。

 「同級生数人にいじめられていた」。事件から数日たった4月下旬、男子生徒は警視庁八王子署の取調室で、捜査員に言葉を選ぶように冷静に話した。

 男子生徒は同市で育ち、家族は母親ときょうだい。中学校では成績は中ぐらいで、「普通の少年」(市教委)とみられていた。友人もいた。
 捜査幹部は「いじめられてはいないが、
“いじられキャラ”だったようだ。友人にからかわれることが負担になっていたのかもしれない」と話す。
 所属するバドミントン部では昨年12月、「ほかの部員に『下手だ』と言われた」と退部を言いだした。顧問の男性教諭に引き留められたが、練習は休みがちになった。
 一方で、生徒自身も自分より弱い同級生らには、胸ぐらをつかんだり悪口を言ったりすることがあった。
 事件前日には補欠で参加した市大会で、
ほかの部員から「来たの?」と言われたことに腹を立て、おにぎりを投げつけた。

 バスジャックは以前から計画していたとみられ、1~2カ月前、少年のバスジャックを題材にした小説を買い、「参考にした」という。
 事件当日、バス乗車直前に友人3人に果物ナイフを見せつけ、バドミントン部の顧問に「バスジャックするといったらどうする?」と電話をかけたが、友人も顧問も話をそらした。

 新潟青陵大大学院の碓井真史教授(社会心理学)は「『普通』といわれる子供は、自分が注目されずに疎外感を持つことがある。バスジャックは本気ではなく、自分の存在を示したかっただけなのかもしれない」と分析する。

 男子生徒はいまだに事件について反省を口にせず、「(バスジャックを)まだやりたい」と供述しているという。事件は疎外感に悩む生徒の悲痛な叫びだったのか。警視庁は心の内の解明を進めている。
【2012年5月3日 産経新聞】

【写真】男性運転手が刺された事件で、JR西八王子駅前の西東京バスを調べる捜査員ら=4月22日午後5時30分ごろ、東京都八王子市

 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ           ↑FC2ブログ

 


事件研究会(名前検討中

関係のない バス運転手が 刺される。ひどい話ですね。
[ 2012/05/05 20:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/1327-42469cea