続々報:大津市中2いじめ自殺 滋賀県警が教委と中学校を捜索。追加アンケ「葬式ごっこ」、見落とした上に非公表【滋賀県大津市】 

120712 朝日新聞1
【写真】自殺した生徒が通っていた中学校の捜索を終え、押収品を運び出す捜査員ら=12日午前0時19分、大津市、水野義則撮影

続々報:大津市 中2いじめ自殺
大津市役所と中学校を捜索 暴行容疑で
【滋賀県警】


 大津市で昨年10月、いじめを受けていた中学2年の男子生徒(当時13)が自殺した問題で、滋賀県警は11日夜、同級生3人が昨年9月に生徒に暴行したとの容疑を裏付けるため、生徒が通っていた市立中学校と、市教委事務局が入る市役所(同市御陵町)を捜索した。
120712 朝日2
【写真】大津市役所2階の教育長室に入る滋賀県警の捜査員=11日午後7時32分、大津市御陵町

 男子生徒は昨年10月11日午前8時10分ごろ、自宅マンション14階から飛び降り、自殺した。
 少年課によると、捜索容疑は昨年9月29日ごろ、同級生3人が大津市内の陸上競技場で男子生徒に暴行したというもの。捜索は午後7時半ごろから始まり、中学校は校長室や職員室、市役所は市教育長室や市教委事務局などに捜査員計24人が入った。
【2012年7月12日 朝日新聞】


捜索容疑は体育大会の暴行

 大津市の中2男子自殺問題で、滋賀県警は11日、暴行容疑で男子生徒(当時13)の通っていた中学校と教育委員会が入る大津市役所を家宅捜索した。一連の問題は刑事事件に発展したが、いじめ問題での教育委員会などへの強制捜査は異例。県警幹部は「市教委の調査に一抹の不信があった」と捜索に踏み切った理由を説明した。
 捜索容疑が、昨年9月29日に大津市の運動公園での体育大会で、同級生の少年3人が男子生徒の両手を鉢巻きで縛り、口に粘着テープを貼った疑いであることも捜査関係者への取材で判明。

 県警によると、捜索は4~5時間で終了。中学校では教員の日記など86点を押収した。捜索に先立ち、市教委から全校生徒を対象に実施したアンケートの原本の任意提出を受けた。全量がそろっているかどうかは不明としている。
 県警は夏休み中に生徒の聞き取りを集中的に実施し、8月中にも立件の可否を判断する方針。
 県警は11日、いじめと自殺との関連などを調べるため、生活安全部少年課に捜査員ら約25人態勢で専従捜査チームを設置。学校と市教委の複数の幹部からも任意で事情聴取した。

 大津市の越直美市長は滋賀県警の家宅捜索について「真相解明につながると思うので、全面的に協力する」と述べた。
 県警の満重昭男生活安全部長は「自殺の原因を徹底的に究明することが再発防止の前提だ。いじめへの市教委や学校の対応、調査実態も明らかにする」とコメントした。
【2012年7月12日 日本経済新聞】


追加アンケ「葬式ごっこ」
見落とした上に非公表

【滋賀県大津市教委】


120711 読売 大津市立中学2年の男子生徒(当時13歳)がいじめを苦に自殺したとされる問題で、市教委は10日夜、緊急記者会見を開き、昨年10月の全校生徒を対象にしたアンケートとは別に、11月にもアンケートを実施し、「葬式ごっこをした」「『自殺の練習』と言って首を絞めた」など、いじめを示す新たな回答を得ていたことを明らかにした。
 1回目のアンケート後、「さらに事実を知りたい」という男子生徒の遺族の要望を受けて追加実施したというが、市教委は十分に事実確認をせず、公表もしなかった。

 市教委によると、追加アンケートは昨年11月1日に実施した。最初のアンケートは無記名や伝聞の情報が多く、事実確認が難しかったため遺族の意向に応えて再度行ったとしている。
 追加アンケートの回答には、加害者とされる同級生らが「葬式ごっこをしていた」「『自殺の練習』と言って首を絞めた」などの内容も含まれていた。

 しかし当時、学校側がこうした記述を見落としたうえ、市教委には「新たな情報は確認できなかった」と報告した。このため、市教委は追跡調査は必要ないと判断し、回答についても非公表にしたという。
 アンケートについて、市教委は昨年12月の市議会で2度実施したことを認めていたが、内容は明らかにしていなかった。

 記者会見で、沢村憲次教育長は「『葬式ごっこ』などの文言は、最近になってこちらで気づき、学校側に再調査を指示した。事実確認が不十分だった点もあり、批判を受けても仕方がない。深くおわびしたい」と陳謝した。
【2012年7月11日 読売新聞】

【写真】記者会見の冒頭、頭を下げ、謝罪する沢村教育長(中央)ら(大津市役所で)

大津市長、遺族と和解の意向
中2自殺「いじめと関係」


 大津市立中学2年の男子生徒(当時13)が自殺した問題で、同市の越直美市長は10日夜、市役所で報道陣の取材に応じ、自殺の原因について「いじめがあったから亡くなったと思っている。(いじめと自殺の)因果関係があると思って調査する」と述べ、遺族が市などを相手取った訴訟で和解する意向を示した。

 男子生徒の両親は2月、市といじめをしたとされる同級生3人らに7720万円の損害賠償を求め大津地裁に提訴。市側はいじめがあったことを認めたうえで、「いじめが自殺の原因か断定できない」として争う姿勢を見せてきた。

 だが、生徒の自殺の背景を探る調査をめぐり、市教委が10日夜の緊急会見で、学校側が2回目のアンケート途中で調査を打ち切り、結果を公表していなかったと明らかにした。
 これを受け、越市長は同夜、「学校と市教委の調査は不十分でずさん。裁判の基礎となる事実が信用できない。(裁判の進行を)いったん中断したい」と、従来の姿勢を転換した。
 越市長はすでに、これまで調査してきた市教委と切り離し、第三者による委員会で調査する方針を表明している。
 この日は「調査結果で市の責任があればおわびして和解する。因果関係が裁判所で認定されるような証拠を探したい」とも話した。
【2012年7月11日 朝日新聞】


 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/1370-c0e522a8