◇事務長メッセージ◇■□いじめ問題と子育て(発達障害の基礎知識と対応のあり方)■□ 

120721親子

◇事務長メッセージ◇
■□いじめ問題と子育て
  (発達障害の基礎知識と対応のあり方)□■


 ここ連日のように、大津市中2いじめ自殺事件が報道されています。新聞、テレビ、インターネットなどで様々な情報が流れており、大きな話題になっております。一日も早く、真相が解明され、正しい対応がされることを願ってやみません。

 前回までは、思春期精神医学について、お話をしてまいりました。今回から、発達障害について考えていきたいと思います。
 最近のいじめ相談の中で、「子供が発達障害と言われた」と言うことを、よく聞くようになりました。
「子供がお友達の輪になかなか入れず、仲間外れになってしまった」
「自分の意見が言えずに、ただ言いなりになってしまい、自信を無くしている」
「隣の子が発達障害のため、落ち着かなくて、ちょっかいばかりかけられる」というように、被害者、加害者、両方の面で、いじめ問題につながるケースがあるように思われます。

 この発達障害については、医学的にも判断が難しく、専門の窓口を持っている医療機関も少ないのが現状です。
 そのため、医療機関としては、心療内科、精神科と言ったところが窓口になっており、その関係から、発達障害が精神障害の一部だと勘違いされている方が多いのも事実です。前回まで、精神障害についてお話をさせていただきましたが、発達障害は、これらの精神障害とは違うものだということをご理解願いたいと思います。

 また、発達障害児童の行動が、一見すると、子供のわがままや、養育者のしつけの問題のように見えてしまうということも大きな問題です。
 しかし、発達障害というのは、脳の機能の発達の部分的な遅れであったり、機能のばらつき、などによるものであって、そういった脳の機能を適切に評価して、適切な援助をすれば、よりよい方向にその子を導くことが出来る、と言われています。

 また、現代においては、エジソンやアインシュタインも発達障害だったと言われています。その子の強い個性が表れて、発達障害のように見えてしまうが、その個性が立派な成果に結びついてる例もあることは知っておく必要はあると思います。

 学校現場における対応はどうなっているかというと、発達障害児は、他の子供たちに比べると、手がかかり、その対応も大変だと言われています。現場では、なかなか人員もさけず、対応に苦慮なされている学校が多いようです。

 しかし一方では、いじめ問題で学校に相談した時に、
「お宅のお子さんは発達障害です。病院に行ってください。」と言って、いじめの対処をせず、発達障害を逃げの言葉として使われているケースもあります。

 こうした流れの中で、国は次のような対策を立て、取り組んでいます。
それが、平成17年4月1日に施行された、発達障害者支援法です。

( http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/tokubetu/05011301.htm )

 まず、この法律では、発達障害の定義を以下のように定めております。
『「発達障害」とは、自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害、その他これに類する脳機能の障害であって、その症状が通常低年齢において発現するものとして政令で定めるものをいう。』

 本来、この法律は、発達障害者に対して、福祉援助の道を開くためのものです。しかし、具体的な施策として、実行段階に移っておらず、まだまだ問題が多いと言われています。発達障害者支援センターの設立など、発達障害者支援システムの確立を具体的に実施していってほしいと思います。

 今回は概略的なお話をさせていただきました。
 次回から、個々の発達障害についてご紹介していきたいと思います。
 少しでも、発達障害に対しての理解が深まり、発達障害によるいじめ問題の解決の一助となればと思います。

いじめから子供を守ろう!ネットワーク
事務長 丸山秀和


 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2012/07/21 16:30 ] メッセージ | TB(0) | コメント(2)

売名行為を糾弾!

いじめからコドモを守ろう!とか戯けた事いってては何も解決しませんよ。
人間3人寄れば派閥ができます。派閥ができればいじめが始まるのです。
いじめが社会生活の障害にならないように対処法を自分で考えられるダケの教養を個々の人に持たせるしかないのです。
「いじめ禁止」とか「いじめは犯罪」とか言ってる限り問題解決は遠のく一方です。
[ 2012/07/23 11:42 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/07/22 09:03 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/1374-1f818e59