高2男子いじめ自殺。不誠実な学校側に遺族の怒り。兵庫県警も捜査。【兵庫県7川西市】 

高2男子、いじめ自殺か
同級生から「虫」、「菌」

【兵庫県7川西市】


 兵庫県川西市の県立高校2年の男子生徒(17)が今月2日に自殺し、その後の高校の調査で男子生徒が複数の生徒からいじめを受けていたことが16日、分かった。

 高校によると、男子生徒は2日、市内の自宅で首をつって自殺。遺書はなかった。3日に校長らが「学校生活に問題はなかった」と両親に説明したが、4日の葬儀に参加した同級生が男子生徒に宛てた追悼の手紙の中にいじめをうかがわせる文言があり、5日に両親が学校に連絡した。いじめがあったという別の情報も校長に寄せられていた。
 学校側は、5日から男子生徒のクラスを中心に聞き取り調査を開始し、6日には2学年全員に記述式のアンケートを行った。その結果、男子生徒が今春以降、複数の生徒から「虫」「菌」と呼ばれたり、椅子の上に蛾(が)の死骸が置かれたりするいじめを受けていたことが分かった。
【2012年9月16日 時事通信】


自殺前、担任にいじめ情報
遺族には「何もないです」


 兵庫県川西市の県立高校2年生の男子生徒(17)が今月2日に自宅で自殺し、学校でいじめを受けていたことがわかった問題で、自殺の約3カ月前、別の生徒が男子生徒へのいじめをうかがわせる行為を目撃し、担任教諭に伝えていたことが遺族の話でわかった。同校は「いじめとの認識はしていなかった」としている。

 男子生徒の遺族によると、同級生らが男子生徒あてに書いた追悼の手紙にいじめをうかがわせる記述があり、学校に確認すると、6月、男子生徒の机が教室の隅に勝手に移動させられているのを別の生徒が見て担任に伝えたと知らされたという。担任は学年主任と相談し、机を動かした生徒を指導したが、男子生徒からは話を聞かなかった。校長は取材に対し、「本人からの訴えではなかったので、机が移動されたと知らなかったら、話すことで傷つける恐れがあると考えた。いじめとは思わなかった」としている。

 自殺の翌日に男子生徒宅を訪れた校長と学年主任、担任教諭は、遺族から「学校で何かあったのか」と問われ、「何もないです」と答えていた。
【2012年9月17日 朝日新聞】


「不慮の事故と説明したい」
学校側、遺族に打診


 兵庫県川西市の自宅で今月2日に自殺した県立高校2年の男子生徒(17)がいじめを受けていた問題で、学校側が自殺翌日、遺族に「不慮の事故と生徒に説明したい」と打診していたことがわかった。遺族が拒んだため、学校は始業式があった3日に開いた学年集会で生徒らに「自ら命を絶った」と説明した。

 男子生徒の両親によると、校長から3日昼ごろ、「自殺と説明すれば第2、第3の(連鎖)自殺が出る恐れがある。自殺ではなく、不慮の事故にしたい」と電話で連絡があった。
 遺族は「同じことを繰り返さないためにも、きちんと説明すべきだ」と断った。その後、学年集会は開かれたという。

 高校は17日、生徒の自殺後初めて記者会見を同校で開いた。
 会見で校長は「高校生は心に影響を受けやすい年頃なので、できるだけおだやかな表現にしたかった。問題を小さく見せる意図はなかった」と説明した。
【2012年9月18日 朝日新聞】


120917 共同通信
【写真・共同通信】記者会見する、自殺した男子生徒が通っていた県立高校の関係者=17日午後、兵庫県川西市

両親がいじめアンケ開示請求へ

 兵庫県川西市の自宅で今月2日に自殺した県立高2年の男子生徒(17)が同級生3人にいじめを受けていた問題で、男子生徒の両親が、自殺を受けて学校が2年生を対象に実施したアンケートや聞き取り結果の開示を求め、県教委に情報公開請求することを決めた。18日午後に請求書を郵送する。

 両親によると、学校が6日に2年生全約270人にアンケートを実施したことを受け、結果の提供を求めたが、校長は10日に両親宅を訪れた際、「記名式で個人情報が掲載されている」と拒否。その後も提供を求めたところ、校長らは11日にアンケート結果を口頭で伝えてきたが、「筆跡などで個人が特定できてしまう」として、閲覧は拒んでいるという。
 両親は「学校が都合の悪い情報を隠しているのではと勘繰りたくなる。私たちは真実を知りたい」と話している。


◆緊急全校集会、校長が謝罪

 男子生徒が通っていた県立高校では18日午前、体育館に1~3年生約800人を集めて緊急の全校集会が開かれた。校長が、男子生徒の自殺とその後の対応について経緯を説明し、「調査で負担をかけた。興味本位のうわさが流れるなど、心に深い傷を負わせて申し訳なかった」と謝罪。生徒らは静かに聞いていたという。

 校長らによると、「亡くなった生徒のことを考えるとつらい」、「自殺を防ぐために自分に何かできたのでは」と悩み、学校を数日欠席したり、カウンセラーへの相談を希望したりする生徒がいるという。
 学校は、いじめに気付けなかったことを重く受け止め、▽教諭が生徒を観察する力や生徒から話を聞き出す力を養う研修▽生徒の悩み相談に応じている学校外の相談機関の紹介――などの対策を検討している。


◆「事故」持ちかけ県教育長が批判

 自殺した男子生徒が通っていた県立高校の校長が、男子生徒の死について両親に「学年集会で不慮の事故と説明させてもらえないか」と持ち掛けていたことを巡り、兵庫県教委の大西孝教育長は18日の県議会文教委員会で見解を尋ねられ、「(生徒の自殺を)事実としてきちんと報告すべきだ」と校長の対応を批判した。
 「校長は保身のために言ったのではないか」と追及されると、大西教育長は「いじめを隠す思いが見えてくる。そうとられても仕方ない」と述べた。
【2012年9月18日 読売新聞】


生徒ら50人から聞き取り
【兵庫県警】


 いじめを受けていた兵庫県川西市の県立高2年の男子生徒(17)が自殺した問題で、兵庫県警が同じクラスの生徒ら計約50人から任意で聞き取りをしていたことが捜査関係者への取材で分かった。男子生徒に対する暴力や金品などの要求は確認されていないという。

 捜査関係者などによると、聞き取りをしたのは同じクラスの生徒全員と同じ中学出身の同級生ら。いじめに関わったとされる生徒3人も含まれていた。
 県警の捜査員がいじめの有無や内容、目撃者の有無などを確認した。自殺した生徒が死んだ虫を食べさせられようとして、口を真一文字にして嫌がる様子を見た、という証言もあったという。

 また、生徒の携帯電話は、父母の電話番号だけを残して通話やメールの履歴が消去されており、県警が復元作業を進めている。
【2012年9月18日 毎日新聞】


 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 


やっと加害者が書類送検されました

<兵庫・高2いじめ>侮辱容疑…同級生3人を書類送検
2013年5月1日(水)毎日新聞・読売新聞 記事を参照

兵庫県川西市で昨年9月に自殺した県立高校2年の
男子生徒(当時17歳)がいじめを受けていた問題で、
県警は1日、中傷する発言をしていたとして告訴された
同級生3人を侮辱容疑で神戸地検に書類送検した。

インターネット掲示板への中傷の書き込みでの適用は増えているが、
学校での口頭での悪口に同容疑を適用するのは異例という。
[ 2013/05/02 17:40 ] [ 編集 ]

ムシって言ったやつ逮捕すればいいんじゃない?
いじめは立派な人殺し
[ 2012/09/23 18:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/1412-3fe19e20