いじめ防止条例、可児市議会で可決、10月3日施行 【岐阜県可児市】 

121002 可児市議会
【写真】「子どものいじめ防止条例」について討論する岐阜県可児市議会=2日午前

子どものいじめ撲滅、まち全体で
岐阜・可児市が条例可決
罰則や強制力は、なし
 【岐阜県可児市】


 大津市の中2男子自殺などを受け、地域ぐるみの対応が急がれる小中学校のいじめ撲滅に向け、学校だけでなく保護者や市民らの責任を明記した岐阜県可児市の「子どものいじめ防止条例」が2日の市議会で可決、成立した。
 いじめが起きた際に客観的な立場から調査、助言する専門委員会の常設を盛り込んだ。文部科学省によると、いじめ防止条例は家庭や職場での虐待や暴力も対象とした兵庫県小野市の例がある。

 条例は、子どもたちにも広く読んでもらうため「です」「ます」調で表記した。いじめ防止を「社会全体で取り組む」と宣言。
 罰則や強制力はない。3日に施行される。
【2012年10月2日 共同通信】


いじめ防止条例、可児市議会が可決

121002 中日新聞 小中学校のいじめを防ぐため、学校だけでなく市や保護者、市民らの責務を定めた岐阜県可児市の「子どものいじめの防止に関する条例」案が2日、可児市議会で全会一致で可決された。3日から施行する。いじめに特化した条例は、家庭や職場での虐待や暴力も対象とした兵庫県小野市にあるが、全国でも珍しい。

 条例は子どもたちも読みやすいように「です」「ます」調で表記。いじめは子どもの権利侵害で、社会全体で取り組む課題と位置づけた。義務教育の中で起こるいじめの最終的な責任は市長にあるとの考えに立ち、市長が関係者に是正を求めることができる仕組みを設けた。

 市と学校に、いじめを防ぎ、解決に向けた速やかな対策を取る責務を明記。保護者は、いじめが許されない行為だと子どもに理解させる役割を果たす。市民や事業者は、子どもが安心して過ごせる環境づくりに努め、いじめを見つけた場合、速やかに市や学校に情報提供するよう求める。

 5月に弁護士や臨床心理士ら四人の専門家でつくる第三者委員会を設置。調査、助言の権限を持たせた。委員の活動に保護者や学校などは協力すると定めた。強制力や罰則はない。

 可児市では一昨年に中学校の女子生徒が服を脱がされ、携帯電話で写真を撮られる事件が起きた。冨田成輝市長は、いじめ撲滅を公約の一つに掲げ、同年10月の市長選で初当選。昨年2月、いじめや不登校問題に取り組む市民の勉強会で「学校と保護者だけで解決できない事例に対応する第三者機関が必要」と提言を受け、第三者委や条例づくりのきっかけになった。
【2012年10月2日 中日新聞】


 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/1422-6838755e