続報:福山市中2女子いじめ事件 証拠隠滅? 女子生徒中傷手紙の閲覧拒否 【広島県福山市】 

※ 100通以上もの中傷手紙を靴箱に入れられた「いじめ」、学校側は中傷手紙を子供から取り上げて、返却しないという暴挙に出ました。警察への任意提出も約50通にとどまっています。
 福山市教育委員会のホームページでは、教育長・吉川信政氏が、「いじめは,絶対にゆるされません」と書いていますが、教育委員会や学校現場には反映されていないようです。


続報:福山市中2女子いじめ事件
証拠隠滅? 
女子生徒中傷手紙の閲覧拒否
【広島県福山市】


学校側、中傷手紙を生徒から取り上げて返却拒絶。
警察に提出は約50通のみ。


 福山市の市立中2年の女子生徒(13)が校内で誹謗(ひぼう)中傷の手紙を送り続けられるいじめを受けた問題で、市教委が保護者の求めた手紙の閲覧を拒否していたことが24日分かった。
 手紙を保管していた学校側は、「プライバシーの問題があった」と説明。保護者は、「娘の被害を知ることができない」と憤っている。

 保護者は9月中旬に被害届を福山東署に提出した際、約100通の手紙のうち、生徒が持っていたものから約20通を証拠に添えた。
 数日後、学校に預けていた手紙の閲覧と引き渡しを求めたところ、学校と市教委は拒否。校長は、「他の生徒の名前が書かれた手紙があり、配慮が必要」と説明したという。校長は後日、保管していた約50通を自ら同署に提出した。

 生徒宛ての手紙が同級生の靴箱に入れられたのは昨年9~12月。生徒は持っているのが怖くなり、途中で別のクラスの担任教諭に預けるようになった。
 生徒は昨年12月、交番に相談するためいったん手紙を返してもらったが、友人と相談していたところ、別の教諭が、「返しなさい。学校で預かる」と言って全て持ち帰ったという。

 生徒の保護者は、「学校などの対応は隠蔽(いんぺい)ではと不信感が募った。娘の部分だけでも知りたいと訴えても『選び出せない』の一点張りだった」という。
 校長は中国新聞の取材に対し、「隠す意図はなかった。警察の捜査には協力する」としている。

 生徒は転校を希望しているが、市教委は現時点で認めていない。広島県教委は「市教委の対応について事実確認を進めている」という。
【2012年10月25日 中國新聞】


 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/1437-eae9229d