長野の富士見中学で、いじめ解決、独自の試み。複数の教師で対応、「事実」を追及、加害生徒のいいところをも認め反省を促す。謝罪は真摯に。【長野県富士見町】 

いじめ解決、事実確認から
長野・富士見中で独自取り組み

【長野県富士見町】


 いじめにどう対応し、解決を図っていくのか。「特効薬」はない中で、長野県富士見町立富士見中学の伏見之孝教諭(46)らは、独自の試みに取り組んでいる。柱となるのは事実関係を加害生徒も含めた全員で確認し、安易な謝罪を加害生徒に禁じること。いったい、どのようなやり方なのだろうか。【佐藤仁彦】

121121 朝日伏見教諭
【写真】教諭のチーム対応で、いじめを解決する手法に
取り組む伏見之孝教諭=富士見町の町立富士見中学校

 いじめの情報を得たら、担任ら教員6~7人に声をかけ、全員が集まれる日を決める。被害生徒には、「必ず先生が集まり、解決する」と伝え、具体的ないじめの内容をメモさせておく。同時に、教員側は加害生徒の「いいところ」もつかんでおく。例えば部活の顧問なら、その生徒が頑張った逸話を教えてくれる。

 当日、加害生徒に残ることを伝える。複数人の場合は、口裏を合わせないように、別々の教員が各生徒を担当し、事実関係の確認をする。この際、「いじめ」という言葉は使わない。いじめと呼べない事例もあるからだ。
 聞き取りは1回15分で計3回。各回ごとに各教員は生徒の話を突き合わせて、次の聞き取りに進む。その後、教員たちと加害生徒たちで全体会を開き、食い違いや矛盾点を検討しながら、全員で「事実」を確認していく。
 うそや、言い逃れについては、「事実」を基に追及する。
 一方で、教員たちは、事前に把握したその生徒のいいところを具体的に示してやることは忘れない。大半の生徒は、反省し、泣いてしまうことも多いという。

 ただし、この日謝罪することは許さない。謝ることで、罪を清算した気持ちになるからだ。「口先だけで『ごめん』なんて誰でも言える。4日後に謝罪の場を設けるから、それまで待ってください」と伝えておく。
 この期間を設けることで、加害生徒は、より深く反省するようになる。

 また、謝罪の日は、被害生徒に1人ずつ謝りに行かせる。1人で向き合わなければならない加害生徒は、心から言葉を絞り出そうとするという。
 伏見教諭は、「経験的に、この2人きりで過ごす時間が、その後の関係をよくするようだ」と話す。

 ただ、このやり方にも限界はある。有効なのは、教育指導が成り立つ生徒が対象。
 暴力や器物損壊、万引き、恐喝など、いじめを超えて犯罪の領域に至った場合は、警察と連携するしかないという。
 伏見教諭は、「教師が世間体を気にして通報をためらっているうちに、問題が深刻化することが少なくない。いじめが犯罪に発展した場合、学校が警察と連携しても、何ら恥じることはない」と話す。

◇「発生」察知するには
 伏見教諭によると、学校ではいじめが起きやすいタイミングがあるという。
 大まかには、(1)4、5月の友達関係を広げたい時期、(2)部活の大会などで、目標を達成した子が現れた時期、(3)ストレスがたまる時期――の三つだ。

 (1)は、新年度が始まったころ。生徒たちは友達関係を広げたい、という意欲で満ちている。仲間作りをする際、お気に入りの子を取られないよう、ライバルの子をはじく。
 (2)は、みんなが一つの目標に向かう部活の大会。レギュラーの座を巡って嫉妬が起きる。大会でよい結果を出せなかった生徒が、好成績の生徒を疎ましく思うこともある。
 難しいのは(3)だ。何らかの原因でストレスをためた生徒は、そのはけ口を、「誰かをバカにして笑う」ことで発散させようとする。お笑い番組の影響で、学校でも、「いじり役」と「いじられ役」に分かれた芸人ごっこは珍しくない。「いじり役」の子は仲間から笑いを得ようと、エスカレートしてしまう。
 こうした点を押さえておくことで、発生を察知しやすくなるという。
【2012年11月21日 朝日新聞】


※ 伏見之孝教諭は、以前、「いじめから子供を守ろう!ネットワーク」のシンポジウムに参加され、いじめ解決についてお話をいただきました。熱心にいじめ解決に取り組む先生方から、解決策、多くの知恵を教えていただいております。

 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 


資金カンパ協力のお願い

出水発いじめ問題を考える会ブログより転載・・御免】


活動支援カンパ 口座 設置しました。
テーマ:活動支援カンパ

いじめ問題を考える会の目的は、
「中村真弥香自殺事件の真相解明」

「青少年のいじめによる自殺の再発防止」
です。

支援いただいたカンパ金は
いじめ問題を考える会の活動全般に充てます。
随時、会計報告をいたします。

①ゆうちょ銀行内からのご支援
口座記号番号     01790-5-92164
口座名称        いじめ問題を考える会
加入者払込店     出水 
加入者払出店     出水

②他行からのご支援
口座番号        0092164
預金種目        当座
店名(店番)      一七九(イチナナキユウ)店(179)


[ 2012/11/24 05:31 ] [ 編集 ]

いいねぇ~
[ 2012/11/22 03:22 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/1458-a9e2ff98