いじめ事件で、民事訴訟提訴が相次ぐ。【埼玉県川越市・熊本市】 

※ いじめ事件で、民事訴訟提訴が相次いでいます。

121204NHK

中2男子、暴行で意識不明の重体
加害少年や市などを提訴

【埼玉県川越市】


 ことし1月、埼玉県川越市で中学生の男子生徒が同じ学年の少年3人から暴行を受け、意識不明の重体になっている事件で、この男子生徒と母親が、暴行した少年らと保護者、それに川越市に対し、1億1000万円余りの損害賠償を求める訴えを起こしました。

 訴えを起こしたのは、ことし1月、川越市の公園で同じ学年の当時中学2年生の少年3人から殴ったり蹴ったりする暴行を受け、意識不明の重体となっている15歳の男子生徒と母親です。
 訴えによりますと、少年3人は暴行を受けた男子生徒が意識を失って倒れたのに携帯電話で撮影するなどしてすぐに学校や消防に連絡せず、救急隊が到着したときには男子生徒は心肺停止の状態に陥っていたとしています。
 さらに川越市についても、学校の教員らが日頃からいじめを認識していたのに、その場かぎりの注意しかせず安全への配慮義務を怠ったほか、少年らの保護者も監督義務を果たさなかったとして、合わせて1億1600万円余りの損害賠償を求めています。

 男子生徒は現在も意識不明の状態が続いていて、暴行を加えた少年3人は傷害の疑いで逮捕され、その後、3人とも少年院に送られました。
 これについて川越市は、「訴状を見て事実関係を確認したうえで誠意をもって対応していきたい」と話しています。
【2012年12月4日 NHKニュース】


「発達障害でいじめ」
元野球部員が学校など提訴
【熊本市】


 熊本市の鎮西高の元野球部員(16)が発達障害を理由に部内でいじめられ心身に苦痛を負ったとして、元部員と両親が30日、同高を運営する学校法人鎮西学園などを相手取り、慰謝料など計880万円の損害賠償を求める訴訟を熊本地裁に起こした。

 学校法人のほかに訴えられたのは、教頭と野球部の元副部長。
 訴状などによると、元部員は幼児の時に発達障害と診断された。中学時代に野球で活躍し、今年4月、スポーツ特待生として同高に入学し、野球部に入った。
 しかし、入部後、間もなく、他の部員や副部長から暴言や暴力を受け、教頭はいじめの報告を受けても放置したとしている。両親は学校の対応への反発から授業料を払わず、元部員は10月末、除籍処分となったという。

 訴えに対し、同高は「両親の報告を受け、いじめの有無を調査したが、確認できなかった。詳細については、訴状が届いていないのでコメントできない」としている。
【2012年12月2日 読売新聞】


 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/1470-78d9001a