中3生徒、鼻の骨を折る重傷、同級生を逮捕。中1頃からの暴力や器物損壊を、校長、「いじめではなくてけんか」として対処せず。【神奈川県相模原市】 

※ 学校側が、生徒が暴力を受けたり、物を壊されているという事実を把握しながら、「いじめ」とは認めず、適切な対応を怠ったため、いじめがエスカレートし、被害生徒が重傷を負い、加害生徒が逮捕されるという重大事件が発生してしまいました。
 早期にいじめを解決していれば、教え子に重傷を負わせ、教え子を逮捕されることもなかったのです。いじめ事実を把握しながら放置していた学校の責任は大きいです。


同級生の顔面にひざ蹴り、
傷害容疑で中3逮捕

【神奈川県相模原市】


 同級生に暴力をふるってけがをさせたとして、神奈川県警相模原署は6日、相模原市中央区に住む市立中学校3年の少年(15)を傷害容疑で逮捕し、発表した。容疑を認めているという。
 同署は少年らのグループが同級生を日常的にいじめていたとみて、他のいじめ行為も立件する方針だ。

 発表によると、少年は10月17日の昼休み中、校内の廊下で同級生の男子生徒(15)に無理やり肩を組んで、「お前の死刑が確定した」などと発言。男子生徒が腕を振り払ったところ、少年は男子生徒の髪をつかんで顔面をひざ蹴りし、鼻骨骨折の重傷を負わせた疑いがある。

 男子生徒は同署に、「1年生の1学期ごろから、同級生10人ぐらいからいじめを受けていた」と説明。暴力のほか、上履きを隠されたり文房具を壊されたりした、と話しているという。

 男子生徒の母親によると、男子生徒は重傷を負った日以降、学校を休んでおり、期末テストも受けられなかったという。

 この中学校の校長によると、少年と男子生徒に1年生の頃からトラブルがあったことを学校側は把握しており、その都度、担任が双方から事情を聴き、指導してきたという。

 だが、校長は、「けんかと受け止めていた面もあり、いじめの認識が甘かった」と説明。傷害事件については、「大変申し訳なく思っている。社会で許されないことは学校でも許されないということを徹底し、暴力をなくしていく」と話した。
【2012年12月7日 朝日新聞】


 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 


恵藤憲二朗と申します

恵藤憲二朗と申します
この日記はためになりますね。
また来ます。
[ 2012/12/10 13:22 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/1472-d907e3e1