いじめ自殺訴訟、遺族に厳しい控訴審判決相次ぐ。名古屋高裁判決・高松高裁判決 

※ いじめ自殺の遺族が提訴した民事訴訟の「控訴審判決」が、最近相次いで言い渡されましたが、いずれも被害者側にとって厳しい内容でした。

いじめ自殺:
控訴審で学校法人の賠償減額

【名古屋高裁判決】


 中学1年の時に受けたいじめが原因で高校2年の高橋美桜子(みおこ)さん(当時16歳)が自殺したとして、母典子さん(54)=愛知県刈谷市=が学校法人市邨(いちむら)学園(名古屋市瑞穂区)などを相手取り、慰謝料など約4250万円の支払いを求めた訴訟の控訴審判決が25日、名古屋高裁(林道春裁判長)であった。
 林裁判長は、いじめと自殺の因果関係を認めて学園側に約1491万円の支払いを命じた1審の名古屋地裁判決を変更、約619万円に減額した。

 1審判決は、「学校側は、いじめを放置すれば自殺を招く恐れがあることを予見できた」としたが、林裁判長は美桜子さんが中学1年修了時に転校し、3年5カ月後に自殺していることから、「その間にさまざまな出来事や人間関係があった。高校の同級生とのトラブルや教諭との人間関係、進級問題による精神的ストレスが、自殺の原因と推認される」と判断した。

 美桜子さんは解離性障害などと診断されており、林裁判長は1審同様、いじめと障害の因果関係は認定。そのうえで、自殺当時の症状について、「中学で受けたいじめと似た状況になった時に、過剰に反応する程度に過ぎなかった」として、障害が自殺の原因とはならないと指摘した。

 美桜子さんは02年4月、同学園が運営する名古屋経済大市邨中に入学。同級生から靴に画びょうを入れられたり、暴言を浴びせられたりするなどのいじめを受け、03年3月に転校した。06年8月、住んでいたマンションから飛び降りて死亡した。

 市邨学園は、「判決を重く受け止め、真摯(しんし)に対応する。生徒間のトラブル発見、防止に努める」とのコメントを出した。

◇母 「1審判決から後退し残念」

121225 毎日 高裁の判決後に高橋さんは記者会見し、「1審判決から後退したという気持ちで、残念」と、目を潤ませながら話した。
 高橋さんは、判決が学校側がいじめを放置した責任に言及したことは評価しながらも、「いじめがなければ娘が亡くなることはなかった。娘の声が高裁に届かなかった」と悔しさをにじませた。

 現在は国や愛知県に対し、美桜子さんへのいじめの実態を解明する第三者調査委員会の設置を求めているという。
 高橋さんは、私立学校への行政側の指導が不足していることが問題と指摘し、「私立でも公立でも、子どもに救いの手がさしのべられる仕組みを作ってほしい」と訴えた。【山口知】
【2012年12月25日 毎日新聞】

【写真】美桜子さんの遺影を前に厳しい表情で会見する高橋典子さん(左)=名古屋市中区の名古屋司法記者クラブで2012年12月25日、山口知撮影

岐阜県瑞浪中2女子自殺
二審もいじめ認めず

【名古屋高裁判決】


 岐阜県瑞浪市で2006年10月、中学2年の女子生徒=当時(14)=が自殺したのはいじめが原因として、両親が同級生4人と親に5600万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、名古屋高裁(渡辺修明裁判長)は19日、一審の岐阜地裁に続き、「違法ないじめ行為があったとはいえない」として、両親の訴えを棄却した。
 「いじめが自殺の原因」と認めた学校側と、司法の判断が再び異なる結果となった。
 両親側は、女子生徒の遺書に4人の名前が書かれていたことや、学校が全生徒に実施した無記名アンケートの結果を根拠に、いじめがあったと主張していた。

 判決は、遺書には、「4人からどのような精神的苦痛を受けたのか、具体的な事実をうかがわせる記載がない」と指摘。アンケート結果も、新聞報道の影響や匿名での記述を理由に、信用性を疑問視した。いずれも昨年11月の一審判決を支持した。
 一方で一審判決が、いじめがあったと早急に認めた学校や市教委の判断を「理解できない」と非難した点を修正。「教育関係者の間では本人が身体的、精神的に苦痛を感じていれば、いじめとみなす」と踏み込み、女子生徒が「同級生からうざい、きもいと言われた」と話したとする母親の証言を採用。「女子生徒が4人に不信感や不満を持ち、4人の態度を嫌がらせと考えていたことがうかがわれる」と認めた。
 ただ、結論は、「学校や市教委がいじめを認めたからといって、直ちに民法上の不法行為に該当するとみることはできない」とした。

 判決後、4人の代理人は、「マスコミや教諭は当時、その場の雰囲気に振り回され、実際にはなかったいじめを認めた」、女子生徒の父親は、「裁判は形式的、表面的。怒りを通り越して悲しい」と語った。両親側は上告する意向。
【2012年12月20日 中日新聞】


高知・中1男子自殺:控訴審
190万円損害賠償の1審判決一部取り消し
慰謝料のみ30万円、学園に命じる

【高松高裁判決】


 高知市の私立高知中学1年の男子生徒(当時13歳)が09年、いじめが原因で自殺した可能性があるのに調査を怠ったとして、両親が同校を運営する学校法人高知学園などに800万円の損害賠償を求めた控訴審の判決が20日、高松高裁であった。
 金馬(こんま)健二裁判長は学園側などに190万円の支払いを命じた1審・高知地裁判決を一部取り消し、慰謝料30万円のみを認めた。

 判決によると、1審判決が認定した学園側の調査義務違反について、金馬裁判長は、「調査は十分だったとは言えないが、必要な義務は尽くしている」として両親の主張を退けた。
 一方、担任が当時、両親に、「霊媒師によると、生徒は3年ぐらい前から死に対する興味があった」などと話し、配慮を欠いたとして慰謝料を認めた。

 生徒は09年11月、市内の自宅で自殺。遺書などはなかったが、通夜の際に友人が生徒の両親に、「先輩が『死んだらいい』と言っていた」と手紙で伝えたという。
 今年6月の1審判決は、「全校生徒ないしはそれに準ずる範囲で調査すべき義務があった。調査報告義務違反は取り返しのつかないもの」などと指摘し、学園側に計190万円の支払いを命じた。【鈴木理之】
【2012年12月21日 毎日新聞】


 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/1485-42d2dcec