高2男子バスケ部主将、顧問から試合中平手打ち、体罰で自殺 【大阪市立桜宮高校】 

130109.jpg 
【写真】男子生徒の自殺について記者会見する大阪市教委の職員ら。
右から2人目は市立桜宮高の佐藤芳弘校長 Photo By 共同

高2男子顧問から試合中平手打ち
バスケ部主将体罰で自殺

【大阪市立桜宮高校】


 大阪市教育委員会は8日、昨年12月下旬に市立桜宮高2年の男子生徒=当時(17)=が自殺したと発表した。
 生徒はバスケットボール部の主将。顧問の保健体育科の男性教諭(47)から体罰を受けていたと手紙に書き残しており、自殺前日にも体罰を受けていた。市教委は自殺と体罰の因果関係について、「今の段階では分からない」と歯切れの悪い説明を繰り返した。

 生徒は自室で昨年12月23日午前6時半ごろ、制服のネクタイで首をつった状態で死亡しているのが見つかった。
 生徒は自殺の数日前に顧問宛ての手紙を書き残していたが、手渡せていなかった。「ほかの部員が同じことをしても自分だけ叩かれる」、「主将としての責任感に苦しんでいる」などとする内容だった。ほかにも部活動が負担になったとの旨を記したメモもあった。
 生徒は自殺前日の22日、練習試合に出場。顧問はミスをした生徒を複数回、平手で叩いた。生徒は帰宅した際、母親に、「お弁当おいしかった。きょうも(顧問から)かなり殴られた」と話していた。自殺した23日も練習予定があったという。

 通夜で、「これは体罰ではないのか」と、頬が腫れ、唇が切れている生徒の遺体を見るよう詰め寄った母親に、顧問は、「本当に申し訳ありません」とその場で体罰を認め謝罪。大阪府警の聴取に「部活動が負担になっていたんだろう」と話し、市教委の聞き取り調査に悔いるような様子を見せているという。

 市教委によると生徒は試合中などに平手打ちの体罰を繰り返し受けていた。市教委は、「かなりの頻度だったようだ」としており、日常的に体罰を受けていた可能性がある。
 父親は自宅でインターホン越しに、「気持ちの整理がついていない。今はコメントは差し控えたい」とした。

 また、学校がバスケットボール部の部員50人に12月28日、アンケートした結果、48人が顧問の教諭が他の部員に体罰を加えるのを見たと答えた。自身が体罰を受けたとした部員も21人いた。
 男子バスケットボール部は府内の大会で優勝を重ねる強豪で過去5年間でインターハイに3回出場。生徒は昨年9月から主将を務め、真面目で責任感が強かったという。

 顧問は1994年に採用され、同校で勤務。熱心な指導者として府内でも知られた一方、2011年9月には市公正職務審査委員会に、「体罰傾向があるのでは」と情報が寄せられた。
 当時、学校側は、「体罰はなかった」と結論づけて市教委に報告していた。

 市教委幹部らはこの日、大阪市役所で会見。体罰については「やりすぎだと思う」と顔をゆがめる一方、自殺との因果関係については「今後、調査していきたい」と歯切れの悪い説明に終始した。今後は弁護士でつくる市の外部監察チームが因果関係について調べる。
【2013年1月9日 スポーツニッポン】


顧問の体罰常態化 「自分も」21人

130109 読売 大阪市立桜宮(さくらのみや)高校(大阪市都島区)の2年男子生徒(17)が、所属するバスケットボール部の顧問の男性教諭(47)から体罰を受けた翌日に自宅で自殺した問題で、同校がバスケットボール部の男女部員計50人を対象にアンケートを実施したところ、うち38人が、自殺前日より前にも、「(男子生徒への)体罰を見た」と回答していたことがわかった。
 「自分も体罰を受けた」との回答も21人にのぼった。顧問による体罰が常態化していた実態が浮き彫りになっている。

 市教委が8日、記者会見し、明らかにした。アンケートは生徒の自殺を受け、昨年12月27日、部のミーティングに出席した部員を対象に実施。無記名方式で、体罰内容は自由記述とした。
 それによると、練習試合の際、男子生徒が頬を数回たたかれたとされる、自殺前日の体罰を男女22人が目撃。その日より前についても男女38人が、男子生徒への体罰を見た、と答えた。
 男子部員12人と女子部員9人が、「自分への体罰があった」としたほか、他の生徒に対する体罰についても、男女48人が「見た」と回答。
 具体的な体罰としては、「ビンタ」、「たたく」、「蹴る」が挙げられていた。
【2013年1月9日 読売新聞】


体罰当日に遺書
数日前顧問に手紙
「なぜ僕だけ」


 大阪市立桜宮高校(同市都島区)2年の男子生徒(17)が昨年12月に自殺した問題で、生徒が家族宛ての遺書を書いたのは、所属するバスケットボール部顧問の男性教諭(47)から体罰を受けた当日だったことが、捜査関係者への取材で分かった。亡くなったのは翌日だった。
 同部の主将を務める生徒は数日前、「僕も頑張っているのに、なぜ僕だけ言われるのか」などと顧問宛てに手紙を書いたが、渡せなかった。
 府警は、追い詰められていた生徒が、体罰を引き金に死を決意した可能性が高いとみている。【大久保昂、原田啓之】

 捜査関係者によると、遺書は昨年12月22日付。
「長い間バスケットボールをさせてくれてありがとう。迷惑をかけることは分かっていますが、死ぬことに決めました」などと記載し、両親と兄にそれぞれ感謝する内容だという。この日、生徒は桜宮高体育館で石川県の高校と練習試合をした。この際、顧問から平手でほおを数回たたかれたという。直後に遺書を書いたとみられ、翌23日に自室で自殺しているのが見つかった。

 また、顧問への手紙には、「他の部員もできないのに、なぜ僕だけ言われるのか」、「僕も一生懸命頑張っている」などと書かれていた。体罰や主将としての悩みを顧問に訴えられない生徒に対し、家族が、「字にしてみたら」と促したという。
 また、生徒は自殺5日前の12月18日の練習試合中にも、顧問から体罰を受けていたことが市教委への取材で分かった。教諭が市教委に、生徒の顔を平手で数発たたいたことを明らかにした。
 家族は自殺の約1週間ほど前から、表情の変化など生徒の異変に気付いていたという。顧問への手紙を書いたのもこの時期だった。

 同校の男子バスケットボール部は全国高校総体に過去5年間で3回出場する強豪。顧問は94年に就任し、指導者として高い評価を受けていたという。

◇11年の通報も再調査の方針―市教委に監察チーム

 高2男子生徒の自殺問題で、市教委は、顧問の体罰を指摘した11年の外部通報に関し、外部監察チームで再調査する方針を決めた。
 同校は当時、生徒への聞き取りをせずに、「体罰はなかった」と結論付け、12年に現校長が就任した際にも情報が引き継がれなかった。市や学校の対応の甘さが今回の事態につながった可能性がある。
【2013年1月9日 毎日新聞東京夕刊】


 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2013/01/09 19:40 ] 教職員 | TB(0) | コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/1492-ce21b12a