昨年7月の中3男子自殺、アンケートで生徒らが「いじめ」を認識するも、学校側は「いじり」であって「いじめ」はないと主張。【熊本県県北】 

※ 一人の中学生の尊い命が失われ、子供たちは、「大きな石を投げられた」、「数人で押さえつけてズボンを脱がせようとした」等の事実をアンケートで答えているのに、学校側は、「いじめではない」、「いじりである」との主張を変えません。このような子供の心の痛みがわからない残念な先生がいる以上、学校現場だけにいじめ対策を任すのではなく、強制力のある「いじめ防止法」、「いじめ防止条例」を制定することが急務です。

生徒ら「いじめ」認識か
県北の中3自殺

【熊本県県北】


 県北の町立中3年の男子生徒が自殺し、両親が第三者委員会による真相解明を求める準備を進めている問題で、学校が全生徒に実施したアンケートには、「いじめがある」と認識していた記述が多数あった。
 学校は回収後の保護者説明会で、「度を過ぎたからかいはあったが、いじめではなく、いじり」と説明していた。

 アンケートは、男子生徒の自殺が分かった当日に実施。生徒への聞き取りも後日行い、結果をまとめた。
 男子生徒に関して見聞きした出来事として、▽女子トイレに靴が投げ込まれた、▽大きな石を投げられた、▽女性の名前で呼ばれ、クラスの班名になっていた、▽筆箱を投げられた、▽数人で押さえ付けてズボンを脱がせようとしていた-といった記述があった。
 男子生徒について、「いじられても笑っていたので、悩んでいたとは思わなかった」との見方の一方、「いじめが原因だと思う」、「嫌なことを言ってくる人がいて、それが悩みだったと思う」との回答があった。

 学校は昨年7月、自殺から2日後の保護者説明会で、「客観的にいじめはなかった」と説明。
 8月の説明会では、アンケートに、「複数から蹴られた」とあるのを、聞き取りにより「つつく感じの遊びだった」と結論付けた事例を挙げ、いじめではなく「いじり」との認識を示していた。

 熊本日日新聞の取材に対し、校長は、「靴や石を投げた行為は、生徒が互いにやりあっていたと判断している。継続して嫌がることをやってはおらず、いじめは見当たらなかった」と話している。
【2013年3月9日 熊本日日新聞】


 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/1521-ec6f9ffd