産経新聞が記事を掲載。井澤一明代表、いじめによる心の傷について語る。 

井澤一明代表、産経新聞が記事掲載
いじめによる心の傷について


 山口県宇部市の中学生死亡事件に関して、産経新聞が井澤一明(いじめから子供を守ろう ネットワーク)代表に取材、7月13日(土)付産経新聞に、井澤一明代表のコメントが掲載されました。井澤代表は次のように語りました。記事を引用いたします。
130712 産経

心の傷「ケア必要」

 山口県宇部市で、男子中学生が自宅で死亡した問題では、過去のいじめが、トラウマとなっていた可能性がある。いじめによる心の傷は何年も消えずに残り、ささいな瞬間に苦しい気持ちが再び思い出されるケースもあり、専門家は継続的なケアの必要性を訴える。

 「いじめから子供を守ろうネットワーク」(東京都品川区)によると、相談者のうち、40代の男性は中学2年時に同級生らから「バカだ」とからかわれた声を今も鮮明に思い出す。幼いころにいじめられた20代の女性は加害者と同じような年格好の子供とすれ違った際、記憶がよみがえり、苦痛を感じるという。

 井沢一明代表(55)は「仕事でうまくいったとか成功体験があれば、いじめを一つの経験とし、払拭することもできる。だが、特に若年層は立ち直りの機会が少なく、元気に見えても潜在的に苦痛を引きずっている場合が多い」とした上で、「長所を見つけて自信をつけさせるなど、愛情をかけ続け、孤立させないといった対応が必要だ」と話している。


 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2013/07/15 07:07 ] 活動報告&集い | TB(0) | コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/1574-f99782c8