☆いじめ問題と探偵の起用について☆ 

131114 女子

☆いじめ問題と探偵の起用について☆

最近、ドライブレコーダーが売れているそうである。ドライブレコーダーとは、自動車の運転席から見える光景の映像や音声を自動的に記録する車載装置である。
個人でも事故の際の証拠を残すために購入する例が増えている。事実、事故の過失割合がレコーダーの証拠により動く例は少なくない。

いじめでも証拠が決め手となる。被害を訴えても、いじめ加害者が、「そんなことしてません」と否定すると、多くの場合、教師によって、「証拠もないので、これ以上何もできません」と、いじめ問題に終止符を打たれてしまうことがあるからだ。

巧妙化している現在のいじめでは、証拠は一切残さないものも少なくない。そのため、子供が学校に行くときにICレコーダーを持たせて、「うざい」、「ブタ」などの言葉のいじめや学校の様子を録音し、いじめの証拠とする保護者も増えている。

一方、誰にも相談できず、親子で途方にくれる場合もある。
最近、テレビなどで、いじめ問題を取り扱う探偵が紹介されている。このような番組をみれば、いじめに悩んでいる親子は、プロがいじめ解決をしてくれるのではないかと、探偵に期待するであろう。

確かに、探偵が役立つ場合もある。たとえば、子供の様子が普段と違うのだが、子供が保護者に何も言ってくれないので、保護者が探偵に相談、探偵が子供を尾行していじめの現場を押さえ、いじめ解決に至ったケースなどである。

しかしながら、探偵は学校内に入れない。学校内で起こるいじめについて、探偵がビデオ撮影したりはできないということである。
教科書や体操着を破られるなど、誰がやったか分からないいじめについて、学校内で聞き込みすることなどもできない。

また、子供のいじめの8割前後は、悪口などの言葉のいじめや無視、仲間外れなどである。言葉のいじめであれば、探偵に頼まなくても、前述したように子供に持たせたICレコーダーで録音して証拠とできる。

探偵でも無料相談を受けているところもあるので、相談することも悪くない。ただ、正式に依頼をすると費用がかかることも知っておいていただきたい。
探偵といっても証拠を集めるだけで、学校やいじめ加害者側との交渉まではしない会社もある。どこまでやって、いくらかかるのかということを、正式に依頼をする前に確認しておくことが大事であろう。
いじめ加害者側に探偵費用を請求することはできない。
費用に見合った成果が得られるのか、冷静に検討することも大切である。

迷ったら、いじめから子供を守ろうネットワークに、ご相談いただければ幸いです。
いじめは絶対にゆるさない、このネットワークの基本理念です。

担当 興梠 規和


 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2013/11/18 07:07 ] メッセージ | TB(0) | コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/1618-199ecb19