大津地裁判決、大津いじめ自殺事件、口外しないとの確約書強制、アンケート黒塗りにしての情報開示について、違法と判断、損害賠償30万円の支払いを命じる。【滋賀県 大津地裁】 

※ 滋賀県大津市の中2生徒いじめ自殺事件に関して、学校側が生徒たちへのアンケート結果を口外しない旨の確約書を遺族に強制し、さらに、情報開示請求に対して、アンケートを黒塗りにして開示したことについて、大津地方裁判所は違法との判断をしました。以下、記事を引用します。

いじめアンケ黒塗り批判
大津市に地裁判決


 大津市でいじめを受けていた中学2年の男子生徒が2011年10月に自殺した問題で、遺族へのアンケート調査の開示をめぐって市の違法行為を認定し、慰謝料30万円の賠償を命じた14日の大津地裁判決は、遺族の心情に配慮せずにアンケート結果の大半を黒塗りで開示した市の姿勢を厳しく批判した。

 男子生徒の父親(48)が11年10月にアンケート結果を受け取る際、校長から部外秘の確約書を渡されたことについて、長谷部幸弥裁判長は、「(校長が)今後の学校の調査に影響が出る恐れがあると考えたことはやむを得ないが、子どもの自殺の原因を知りたいという遺族の心情に一定の配慮をすべきだった」と指摘。「アンケートの利用を一切禁止する必要性はなかった」と違法性を認めた。

 アンケートを基にした同級生らへの聞き取りができなくなった父親は同年11月、あらためて情報公開請求したが、市教委はアンケート結果の大半を黒塗りで開示した。
 長谷部裁判長は、「市の個人情報保護条例に基づき、個人名を除いて開示すべきで、条例の適用を誤った」と判断。アンケートの一部の存在を明らかにしなかったことも違法とした。
【2014年1月15日 京都新聞】


「遺族への開示後押し」
大津いじめ黒塗り、生徒父親が判決評価


140115 京都 大津市の違法行為を認定した大津地裁判決を受け、男子生徒の父親(48)は14日、「いじめに関するアンケートの開示を後押しする画期的な判決」と喜び、アンケートが開示されずに苦しんでいる全国の遺族にも開示が進むことを願った。

 判決後、大津市内で記者会見した父親は、「全国の自治体や教育委員会はプライバシーを理由に非公開の範囲を拡大し、いじめの調査を阻んできた」と強調した。さらに、「司法判断を重く受け止め、今後はいじめアンケートの積極的な開示を進めてもらいたい」と語気を強めた。
 訴訟では、市は、「適切な情報開示ができなかった結果、遺族の心情を損なった」と非を認め、遺族に謝罪している。判決を受け、大津市の越直美市長は、「遺族にあらためておわびしたい」と述べ、控訴しないことを表明した。富田眞教育長も「判決を真摯(しんし)に受け止めている」と述べた。

 鹿児島県出水市で2011年9月に自殺した中学2年の女子生徒=当時(13)=の遺族は、学校のアンケート結果の開示を市教委に要望し、情報公開請求を行ってきたが、いまだに開示されていない。
 女子生徒の祖父(63)は京都新聞の取材に、「アンケートは遺族にとって真相究明の手がかりになる。市教委は隠さず開示してほしい」と強く訴えた。
【2014年1月15日 京都新聞】

【写真】 判決を受けて記者会見する男子生徒の父親(14日午後3時10分、大津市梅林1丁目・滋賀弁護士会館)

 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/1642-c72fc598