高校野球部副顧問、部員のいじめに制止どころか加担 【富山県富山市・私立高校】 

※ 生徒のいじめを放置する教師や、いじめを隠蔽する教師が問題になっていますが、今度はいじめに加担して、いじめ加害生徒たちと一緒になって、教員が被害生徒をいじめていた事件が報道されました。このような事件が起こらないためにも、「いじめ防止対策推進法」に教職員への罰則(懲戒)規定を定め、さらに、各自治体で、教職員への罰則(懲戒)を規定した「いじめ防止条例」の制定することが急務です。以下、記事を引用します。

野球部副顧問、
部員のいじめに制止どころか加担

【富山市の私立野球有名高校】


 富山国際大付属高(富山市願海寺、中田正幸校長)の野球部で、副顧問を務める20歳代の男性教諭が、部員のいじめに加担していたことが28日わかった。
 日本学生野球協会は同日の審査室会議で、男性教諭を昨年12月17日から6か月の謹慎処分、同部を今年1月15日から1か月の対外試合禁止処分と決めた。男性教諭は副顧問を解任されている。

 三浦千之教頭によると、いじめがあったのは昨年8~12月。部室で複数回にわたり、2年生部員3人が1年生部員3人に対し、体をつねる、突っつく、体を押さえてくすぐる、肩をたたくなどした。副顧問はこれを悪ふざけと判断して制止せず、1年生の体を押さえるのに複数回加わったという。
 関係者によると、2年生が1年生に対し、下着の上から下半身を触るなどのいじめがあったという。
 三浦教頭によると、被害に遭った1年生のうち1人は、いじめを受けた後に部活動に参加しなくなり、もう1人も一時部活動を休んだ。学校側は、本人や保護者への聞き取りから、「いじめが原因ではない」としている。

 昨年12月中旬に同部監督の教諭がいじめのうわさを聞き、学校側が部員約40人に事情聴取し発覚。同月下旬に県高野連に報告したという。三浦教頭は取材に、「副顧問は止めるべき立場にありながら、判断が軽率だった。今後二度とこうしたことがないよう、教職員一同、きめ細かい指導を行っていきたい」と話した。
 同高は2011年の春の高校野球県大会で優勝、同年夏の県大会で準優勝した。
【2014年1月29日 読売新聞】


 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/1648-9e9e6592