いじめ自殺判決、相次ぐ。前橋地裁、県と市に450万円の支払いを命じる。山形地裁は遺族の請求を棄却。 

いじめ自殺、地裁判決2件

※ いじめ自殺事件について、山形地裁、前橋地裁で、相次いで判決が言い渡されました。以下、記事を引用いたします。

群馬の小6自殺、
校長らの責任認定
450万円の支払いを命じる

【前橋地裁判決】


 群馬県桐生市で2010年、小学6年生の上村明子さん(当時12)が自殺したのは学校でのいじめと校長らの不適切な対応が原因として、両親が市と県に3200万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、前橋地裁は14日、市と県に450万円の支払いを命じた。いじめと自殺の因果関係を認めた上で、校長、担任教諭らの責任を指摘、自殺後に市が実施した調査に問題があったと批判した。

 判決理由で原道子裁判長は、「臭い」、「きもい」など継続的な悪口や仲間はずれなどのいじめを受けていたのに、学校側が適切な指導をしなかったため絶望的な状況に追い込まれたと指摘。自殺の原因は、「校長と担任教諭にある」と認定した。
 さらに自殺後に市が実施した調査について、「真相解明より組織防衛を優先しており、不十分」と厳しく非難した。

 両親は訴訟で、「担任教諭はいじめを分かっていながら放置した。適切な対応を取っていれば自殺に至らなかった」と主張。市と県は、両親が主張するいじめの一部を認めた上で、「非常に軽微で自殺の原因とはならない」と反論していた。

 判決によると、上村さんは小4だった08年に桐生市立新里東小に転校。5年時から悪口を頻繁に言われ続け、6年時には教室内の離れた場所で給食を1人で食べるなど仲間外れの状態だった。10年10月に自宅で首をつって自殺した。
 新里東小は自殺後、同級生らを対象にアンケートや聞き取りを実施。第三者委員会がその結果を基に調査を進め、11年3月、「いじめが唯一の原因で自殺したとは判断できない」との報告書をまとめた。
 判決後、上村さんの父、竜二さん(54)は、「娘にいい報告ができる」と話した。
【2014年3月14日 日本経済新聞】


女子高生自殺…請求棄却
父親 「司法の壁厚い」

【山形地裁判決】


◆「いじめの可能性は否定できない」山形地裁

 山形県立高畠高校で2006年11月に飛び降り自殺した渋谷美穂さん(当時16歳)の両親が、「いじめを防げず娘が自殺した」などとして県に慰謝料など計約8920万円を求めた訴訟の判決が11日、山形地裁であった。
 石垣陽介裁判長は、「いじめの発見、予防義務を怠った過失があるとは認められない」として、原告側の請求を棄却したが、いじめの存在については、「可能性を否定できない」との見方を示した。

 判決では、美穂さんへのいじめについて、登校後に2~4限の授業を欠席し、学校を自殺場所に選んだことから、「学校生活との関連性が優にうかがわれる」と指摘した。
 また、遺書に体臭などに関する中傷や、「死んだ方がいい」と他の生徒から言われたことを記している点を踏まえ、「いじめの存在をうかがわせる」とした。「家庭内の問題だ」とした県側の主張は「考えられない」と退けた。
 ただ、「くさい」などの言葉が一部生徒の間でかわされていたものの、美穂さんへの中傷かどうかは断定できず、学校の調査結果などの証拠を総合しても、いじめの時期や態様などが不明だとして、「遺憾ながらいじめを特定するすべがない」と結論付けた。

 遺書にあった中傷や暴言などのほか、原告側が主張したいじめについて、個別に判断が示された。
 一緒に登下校していた女子生徒が避けるようになったことや、消しゴムのかすのようなものを投げられたことなどに関しては、「思い過ごしの可能性が高い」、「いじめの一環と断じることができない」などとした。

 学校側の安全配慮義務については、2~4限の授業を欠席したのに誰も気付かなかった点を「全く問題がなかったわけではない」としたが、「直ちに捜索する法的義務があるとは認められない」。
 2004年に別の生徒が飛び降り自殺した後、自殺防止マニュアルを作成しなかったことなども「法的義務に抵触するものではない」とした。
 一方、いじめの有無を把握するために学校が行った調査については、「形式的で誘導的な質問にとどまった」、「遺書の内容や原告らから提供された情報に関する吟味分析がなされた形跡がない」などと批判。
 「原告らが調査結果に容易に納得しないのも無理はない」と、原告側の主張に一定の理解を示した。

◆「結局、真相は解明されなかった」

140312 読売新聞 判決後、山形市内で記者会見した美穂さんの両親の登喜男さん(62)と真理子さん(53)。登喜男さんは、「文部科学省や自治体は変わってきたが、司法の壁は厚い」。真理子さんは、「被告の提出証拠で否定されると、それまでという感じが納得できない」と無念そうに語った。
 判決では、いじめが存在した可能性を認めながらも、自殺の原因については、学校生活との関連性を指摘するにとどまった。
 登喜男さんは、「真相が知りたいと始めた裁判だったが、結局、解明されなかった。もう少し踏み込んでほしかった」と話した。
 会見に同席した代理人の原田敬三弁護士は、「結局、学校が(いじめは)ないと言ったら、どうしようもないという結論だ」と指摘。「県は、判決で調査のまずさへの言及があったことを重く受け止める必要がある」と述べた。

 吉村知事は、「内容は十分に精査したいと思いますが、教育委員会には、子どもたちが安心して学べる学校づくりに、これまで以上にしっかりと取り組んでいただきたい」とのコメントを発表した。
【2014年3月12日 読売新聞】

【写真】記者会見する(左から)渋谷真理子さん、登喜男さん(山形市七日町の県JAビルで)

 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/1677-b7873ba4