◆◇ 家庭内歴史教育と偉人教育のススメ ◇◆ 

140925 家族

◆◇家庭内歴史教育と偉人教育のススメ◇◆

いじめ防止で、一番大切なことは「いじめない子」をつくることです。
いじめから子供を守ろうネットワークでは、いじめはいけない、いじめは卑怯なことだということを繰り返し子供に伝えています。
これももちろん効果はあるのですが、できれば子供たちが自分で、「いじめなんてしたくない」と思えるといじめはなくなります。
人は、「しなければならない」-must-ではなく、「したい」-want-という気持ちでこそ、自主的に行動します。子供自身が、「いじめない人になりたい」と思わなければ、大人の目の届かないところでいじめを行ってしまいます。

それでは、どうしたら、「いじめない人になりたい」と思えるようになるでしょうか。それは、「自分はいじめをするような卑怯な人間ではない」と子供たちに誇りをもたせることが大切だと考えます。

子供たちの心に誇りをもたせるためには、国に誇りをもたせる、郷土に誇りをもたせる、あるいは家に誇りを持たせるという方法があります。
その中で私は家庭でできることとして「家庭版歴史教育」をお勧めしたいと思います。例えば、代々勉強ができる家柄であるとか、品位ある家柄であるとか、商家として成功したとか、お祖父さんが亡くなってから、女手一つで家を守って家族の面倒をみたとか、なんでもいいのです。
先祖がいて、この家にも歴史があって、その歴史の中に自分が存在するというようなことを子供の心の中に育てる教育です。

家庭版歴史教育は、実はとても大切です。
学校での歴史教育は、どちらかというと今までのマイナスの部分だけを伝えることが多かったと思います。学校の教科書を見ても、日本がどんなに素晴らしい国かということよりも、人類の歴史は階級闘争の歴史であるとか、戦争によって日本には大きな被害だけが残ったというどちらかというとマイナス面を強調する部分が多いように思います。
しかし、歴史教育では、マイナスの部分以上にプラスの部分を伝えることが大事だと思います。なぜなら、マイナスの歴史の流れの中で人を見ると、やはり人に対する見方がマイナスになってしまうからです。
大人になってからは、真実の探求という点で、プラスもマイナスも冷静に学ぶことは大切だと思います。事実をしっかりと見極め二度と過ちを繰り返さないように、考えることは必要だからです。
しかし、子供のうちは子供の中に自尊心を育てる、自分に自信を持って「自分の生まれた国は素晴らしい国である」、「先人たちは立派だった」、「自分はやればできる」、「自分は悪いこと、卑怯なことをするような人間ではない」と信じ込ませる教育が必要だと考えます。

教科書や学校の授業に対して家庭でできることは、正直、ある程度の限界がありますが、家庭版歴史教育では、子供に親や祖父母の恥ずかしい過去を教える必要はありません。人間ですから、そんなことを言い出したらきりがなくなります。苦労話は、美談として伝えるのであれば、それなりの意味がありますが、余計なことを言う必要はありません。思い切り先祖の素晴らしいところを教えてあげましょう。
後で子供が成長してから実態がわかってしまったとしても、たいしたことはありません。うちはすごく賢い家系であるとか、品位のある家系だと思ったら、子供はそうなりたいと思うはずです。
素直なうちに、自分にまつわる自信を植え付けておいたほうがよいのです。
そして、「自分はいじめなどという卑怯なことをする人間ではない」と思わせるくらいの歴史教育をしてしまってよいと思います。

また、憧れの人をつくるというのも子供に誇りをもたせるためにはよい方法です。なぜならば子供の「自信」、「自尊心」、「自己愛」につながるからです。自分自身を真に大切にできる子は、他人をも大切にすることができます。
また、いじめない子を作るという観点からは、多少離れますが、万一、仲間外れにされる、いじめられる、友達がいなくなるという「自己否定」につながりかねない場面に遭遇しても、憧れの人がいたり、自分のよって立つところ(家庭の歴史)に自信があれば、少々傷ついても、深刻化する前に親のフォローなどで立ち直ることができるのです。
憧れの人を作る方法は、「偉人伝」をたくさん読んで自分なりに発見するとよいと思います。また、イチロー選手など子供が自然に憧れる人のエッセーや言葉を紹介してあげて、自分もそういう人に近づいていきたいと思わせる方法もあります。
もし、日々の生活に中で、心が乱れて「いじめたい」衝動が起きても、憧れの人がいれば、「あの人ならそんなことをしない」と立ち止まる勇気を出す要因になってくれることでしょう。家庭版歴史教育の中で、憧れの先祖がいてもいいかもしれません。

以上、子ども自身が自分に誇りを持ち「いじめない人になりたい」と思えるための「家庭版歴史教育」と「憧れの人を作る方法」をご紹介致しました。
いじめをする子が、一人でも少なくなることを願っています。

一財いじめから子供を守ろうネットワークいじめ相談員・いじめ防止指導員
NPO法人全国webカウンセリング協会ネットいじめ対応アドバイザー
All aboutいじめ問題担当ガイド
小野田真里子


 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2014/09/25 13:00 ] メッセージ | TB(0) | コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/1742-5f44fc3e