◆◇ 大人のいじめ ◇◆ 

141008 輝く雲

◆◇ 大人のいじめ ◇◆

 最近、「いじめから大人も守ろうネットワーク」 も必要なのではと思うことがある。それほどまでに大人のいじめの話題をよく耳にする。
 大人のいじめが問題視されるようになってきた風潮自体は好ましいものだ。なぜなら、これまで、大人のいじめは被害者に問題があると思われてきたからだ。仕事が出来ない、協調性がない、そんな人に対してストレスをためてしまう人がいじめをしてしまうという考えだ。
 それに対して最近の大人のいじめは、加害者側の特性がクローズアップされている。
 人から認められたいという欲求が強い。
 人の気持ちに対して鈍感である。
 ささいなことでも攻撃せずにいられない。
 そんな大人が、誰かを見下し、攻撃することで自分を保とうとする。これは子供のいじめとそう変わらない動機である。
 そして被害者になりやすい特性もある。
 人に親切で優しい。
 我慢強い。
 自分が悪いと考えがち。

「自分にも悪いところがある」 「他の人に知られたら恥ずかしい」 「自分が我慢すればいい」
 被害者がそんな考えを持つといじめは長期化し、エスカレートする。
 
 いじめは被害者ではなく、加害者が悪い。これは大人も子供も変わらない。残念ながら、世の中には他の人を傷つけても罪悪感を感じないどころか、喜びを感じるような変質者もいるのである。そういう相手にターゲットにされた場合、被害者のダメージは計り知れない。
「いじめは悪だ」 「何があっても子供を守り抜く」
 そう大人が思うなら、自身に関わるいじめとも闘わなければならない。行動することではなく、行動しないことこそ恐れなくてはならない。

 自分が悪いという考えを捨てる。
 事実を他の人に伝える。
 加害者と距離を置く。物理的にそれが無理なら、心理的に距離を置く。
 大人のいじめに関しての本、特にモラルハラスメント関係の書籍を読み対処を学ぶ。

 大人の社会にもいじめがあると聞けば、いじめを受けている子供は絶望するだろう。なぜなら大人になってもいじめが続くと感じるからである。
 だから大人もいじめと闘おう。自分自身を守るだけでなく、世の中を変える力になろう。そしてそこで得た知恵を子供に伝えていこう。大人の社会も、子供の社会も、いじめがなくなる。それが私達の願う世界だ。

担当  守矢 光児


 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2014/10/10 12:00 ] メッセージ | TB(0) | コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/1746-feb07dd5