☆ 書籍 「不登校指導入門」 ☆ 

不登校指導入門

☆ 書籍 「不登校指導入門」 ☆

 子供がいじめで学校に行けなくなったという、保護者の方からの相談をよく受ける。
 「どうしたら学校に行けるようになるのでしょうか?」
 お母さんたちは電話の向こうで泣いている。
 学校側からは、
 「いじめは収まっている。学校に来られないのはお子さんの気持ちの問題です」
 「お母さんも、○○くんが学校に来られるように努力してください」 などと言われている。
 不登校は子供や家庭の責任であるかのような言葉である。保護者も非常に傷ついている。

 さらに、「学校を休むと内申書に響く。高校に行けなくなる」 と登校を迫られる。これでは不登校の子供や保護者の不安や焦燥は強くなるばかりだ。
 稀な事案ではない。日本の各地から同じような相談がくる。もしかして、先生方は不登校の子供の気持ちが分からないのではないかと思う。

 10月末に出版されたばかりの、書籍 「不登校指導入門」 (明治図書出版刊)を読んだ。
 著者の千葉孝司氏は北海道の中学校教諭。数多くの不登校の生徒たちと関わり、数回の家庭訪問で再登校に至った生徒も少なくない。同氏の不登校指導は、「千葉マジック」 とも呼ばれていると言う。それをまとめたのがこの書籍である。

 著者は、まず、「教師のマインドセットを変える」 ことを勧める。教師中心の発想から子供中心の発想へと考え方を変えなければならないと言う。
 「子供は学校に来るのが当たり前」、学校に来ない子供や保護者は、「手のかかる子供」、「困らせる子供」、「甘やかしている親」 だと感じるのは、教師中心の発想である。
 子供中心の発想をする教師なら、不登校の子供や保護者を、「援助を求めている子供」、「困っている子供」、「手だてのない親」 だと捉えて、積極的に手を差し伸べる。
 また、不登校とは、学校に 「行かない」 のではなく、「行けない」 のだと著者は訴える。「行けない」 のは学校という集団に不安を感じて心のエネルギーを消耗させてしまうからである。著者は、「心の疲労骨折」と表現している。

 いじめによる不登校についても言及している。
 「いじめの解消」 と 「いじめの解決」 とは異なると述べられている。
 「いじめの解消」 とは、目の前のいじめがストップし、なくなることである。
 「いじめの解決」 と言えるためには、まずは加害者がいじめをしなくなること、さらに、被害者の心の傷が癒え、自尊心を回復し、信頼しあえる人間関係を構築できるようになることの両者が必要だと説明している。
 いじめが解消されていても、いじめが解決していないのであれば、子供は学校に行けない。本書には、被害者の心の傷を癒す教師の対応などが具体的に紹介されている。

 また、再登校のためには、「安定させる」 → 「エネルギーを充電させる」 → 「挑戦させる」 という3つのステップが勧められている。
 「安定させる」 とは、不安で揺れる子供の気持ちを安定させること。そのためには、ジャッジせずに、「ありのままを受け入れる」 ことが大切だと述べている。
 「エネルギーを充電させる」 とは、消耗された心のエネルギーを充電することで、「子供の意欲を認めること」、「子供のやることを理解し支持すること」 などが重要である。
 そして、「挑戦させる」 とは、再登校に向けて一歩を踏み出すことである。まず学校に間に合う時間に起床する、その翌日には学校に行く身支度をするなど、小さな挑戦を積み重ねていくことを勧めている。

 本書では、不登校に関する知識や理論の展開だけにとどまらず、全編を通じて、教師が不登校の子供と話すときの会話例、家での保護者と子供の会話例など、すぐに役立つ解決方法が詳しく紹介されている。

 書籍 「不登校指導入門」 は、簡潔にまとめられた読みやすい本である。学校の教職員のみならず、お子さんの不登校で悩んでいる保護者の方にもお勧めの書籍である。

いじめから子供を守ろうネットワーク
松井 妙子

著者千葉孝司氏へのインタビューはこちら→

http://www.meijitosho.co.jp/eduzine/interview/?id=20141048

 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2014/11/15 11:00 ] 書評、書籍紹介 | TB(0) | コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/1756-1c826098