◆◇ 子供を救えるのは ◇◆ 

150527 緑

◆◇ 子供を救えるのは ◇◆

 今年の2月、川崎市で中学1年生の少年が河原で殺害されるという痛ましい事件があった。
 被害者の少年は小学校6年生の時に島根県から転校してきた。バスケットボール部に所属していたが、夏以降練習に参加しなくなり、非行傾向のある生徒と関わるようになった。やがて年長の地元の非行グループと関わり、離れることを望んだが暴力をふるわれ抜け出せなくなった。
 学校では笑顔を絶やさなかったという被害者の少年。大人と違い遠くに避難できるわけでもない。少年には自力で抜け出す術はない。
 友人に 「殺されるかもしれない」 と伝えた少年のSOSは大人に届くことはなかった。

 事件後に文部科学省の緊急確認調査が行われた。7日間以上連続して連絡が取れず、生命・身体に被害が生じるおそれがあると見込まれる児童生徒数は全国で232人。学校外の集団との関わりの中で生命・身体に被害が生じるおそれがあると見込まれる児童生徒数は168人。合わせて400人。
 大人の差し出す手が届いていない400人の子供。そもそも子供達のSOSに大人は手をさしのべているのだろうか。
 「愛の反対は憎しみではなく無関心です」 とマザーテレサは語った。子供のSOSにどれくらいの大人が耳を傾けようとしているのだろう。

 平成25年度に発表されたいじめの認知件数は18万件を超える。
 もちろん認知されないものも多くあるだろう。
「心配をかけたくないから」 とSOSを出せないいじめ被害者も多いだろう。
 命にかかわるような危険を抱える子供は、大人が思う以上にたくさんいる。
 そんな子供を救えるのは大人しかいない。その大人が子供の苦しみに目を向けなければ、子供は救えない。もっと大人の心に愛が必要だ。

 マザーテレサはこうも語った。
「銃や砲弾が世界を支配していてはいけないのです。世界を支配していいのは愛なのです。」
 大人は自らを振り返るべきだ。
「私達の心には愛が満ち、その愛は広がって子供を救っているだろうか」 と。

担当  守矢 光児


 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2015/05/28 17:37 ] メッセージ | TB(0) | コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/1802-266fc1c1