◇ 事務長メッセージ ◇◆◇ 時代は変わってい る◆◇ 

170622 少年たち

◇ 事務長メッセージ ◇
◆◇ 時代は変わってい る◆◇


先週の6月13日、内閣府が2017年版の 「子供・若者白書」 を発表いたしました。
それによりますと、いじめの認知件数が増加を続けるだけでなく、ニートの数も4年ぶりに増加に転じるなど、若者を取り巻く状況がたいへん厳しいことがわかってきました。

まず、今回の白書では 「若者にとっての人とのつながり」 が特集されています。
この調査は昨年12月、15~29歳の1万600人にネットで実施され、回答した6636人から無作為抽出した6千人分を分析したものです。
そこでは、「自分の居場所が多い子は充実感がある」
一方で自分の 「居場所」 と感じる割合は職場や地域よりも 「インターネット空間」 の方が高い。
「就学・就業していない若者の7割超が学校での友人を相談相手と思わない」 など、孤立してしまっている子供や若者に対する支援が必要であるという問題が浮き彫りになりました。

一方、いじめ問題や不登校についてですが、いじめの認知件数は2010年代に入ってから増加を続けており、2015年には約22万5000件になりました。
学年別では中学1年生が最も多くなっています。
また、いじめの原因や動機として最も多いのは 「力が弱い・無抵抗」 で、「いい子ぶる・なまいき」、「態度動作が鈍い」 がそれに続きました。
不登校についてですが、中学校では、2012年以降増加傾向にあり、2015年には2.83%、約10万人が不登校になっています。
小学校での不登校は1992年以降、微増が続いており、2015年には0.42%で約3万人弱が小学校に行けないでいます。
高校で不登校の生徒は減っており、1.49%約5万人。高校を中退する生徒も減少を続けています。

さて、このような内容の白書が発表されたのですが、ここで、保護者の皆様に考えていただきたい事があります。
それは、自分が過ごしてきた学生時代と、今の子供たちが過ごしている時代とは、様々なものが、変わってきているということです。
いじめ相談を受けていると、「自分の時代はこうだった」 と言って、学校と交渉することに賛同いただけないことがあります。これは、父親の方にこの傾向が強いように感じます。
しかし、白書の内容でもわかるように、子供たちを取り巻く環境は変わってきており、厳しさも増してきています。
そして、様々な問題を抱え、昔よりストレスなども増えているように思います。
また、子供を守るという考えが広まった反面、打たれ弱い子供が増えているのも事実です。
だからこそ、今の子供たちの置かれた環境や、様々な社会状況なども踏まえ、いじめ問題にも取り組んでいただきたいと思います。
「自分の時代はこうだった」 と言って、突き放してしまうより、まずは、子供の話を聞いて、一緒に考えていく姿勢が大切だと考えます。
時代の違いというものは、考えているよりも大きなものです。
大切なのは、子供の視線で考えてあげることではないでしょうか。
いじめ問題で、ご不明な点などございましたらご遠慮なくご相談ください。
よろしくお願いいたします。

いじめから子供を守ろう ネットワーク
事務長 丸山秀和

◎参考
内閣府:子供・若者白書について

http://www8.cao.go.jp/youth/suisin/hakusho.html

 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2017/06/22 10:30 ] メッセージ | TB(0) | コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/1987-42d704a4