◇ 事務長メッセージ ◇◆ 教育の無償化を考える ◆◇ 

171012 学校図書館

◇ 事務長メッセージ ◇
◆◇ 教育の無償化を考える ◆◇


一昨日10月10日、衆議院選挙が公示されました。
今回の選挙では、教育問題も争点の一つとしてあげられており、各党が、教育の無償化を訴えています。

これは、教育にかかる家庭負担を解消するためだと思われますが、教育の無償化は、様々な問題を抱えていると思います。

教育の無償化は、お金のない家庭にとっては、高校や大学への道が開け、人材の育成に役に立つ面はあると思います。
しかし、無償化により、学校間の競争がなくなり、教師も生徒も、向上を目指さない、堕落への道を歩むことになる危険性を持っています。
教育の荒廃が起きてくるのです。
子供たちはというと、「親なんか、いてもいなくてもいい」 という考え方になり、「親不孝のすすめ」 になってしまう可能性があります。
これでは、無償化の意味がありません。

結局、教育の無償化というのは、「学校に行くことが出来る」 ということしか考えておらず、学校に入ってから、どうするのかという点が、考慮されていないのです。
ここで考えなければならないことが、「教育の質」 の問題です。

「教育の質」を考える時、もう一つ問題点があります。
今、教育現場は、教師への過度な負担が大きな問題になっているのです。
文部科学省が4月に発表した調査では小学校教諭の約3割、中学校教諭の約6割は時間外労働が、労災認定基準で使われる 「過労死ライン」 に達していたそうです。
また、月平均で比較すると、昭和41年度は、およそ8時間だったものが、平成18年度は、およそ42時間と、5倍以上に増えています。特に、土日の部活動の指導時間は、ここ10年で2倍にもなっています。
子供たちの人数は減っていますし、教える内容も減っているのです。
これは、本来の教師の仕事以外の、何か無駄な仕事が、つくられているのではないでしょうか。
たとえば、教師の質の向上で、研修が行われているようですが、研修後の報告書の作成が大変で、研修で学びを得るよりも、報告書で時間を取られることの方が大変で、何のための研修なのかが疑われているという話も聞きます。
どこか、今の教育システムに問題があるように思います。

一方、教師のモラルも問題になっています。連日のように、教師の不祥事が報道されています。
いじめ問題でも、教師が加担していたり、反対に、全く無視して、いじめ問題から逃げていたりしています。

このような状況では、子供たちが、本当に安心して学校生活を送ることが出来ません。まず、この 「教育現場の質」 を向上することが、急務だと思います。
器にものを入れることよりも、器をしっかりさせなくては、ものを入れることは出来ないのです。政府も、この器づくりである、教育現場の質の向上に力を入れてもらいたいものです。

教育現場の質の向上は、いじめ問題の撲滅につながっていきます。
私たちも、強く訴えていきたいと思います。
皆様のご協力をお願いいたします。

いじめから子供を守ろう ネットワーク
事務長 丸山秀和


 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2017/10/15 17:00 ] メッセージ | TB(0) | コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/2014-e7d0b567