fc2ブログ









「いのちの電話」相談員6年で11%減、自殺予防に影響も 

相談員の減少によって、いじめによる自殺者に影響が無いことを、切に願いたいです。by HM


「いのちの電話」相談員6年で11%減、自殺予防に影響も


 自殺者が9年連続で3万人を超え、自殺予防が大きな課題となる中、全国49か所に開設された「いのちの電話」の相談員が、現在の開設数になった6年前に比べ、計約900人減少し、ほとんどの電話相談センターで「相談員不足」を訴えていることが、「日本いのちの電話連盟」(東京)と読売新聞の調査でわかった。



Click here to find out more!


 相談員の高齢化が背景にあるとみられ、中には受付時間を短縮したり、電話回線を減らしたりするケースもあった。行政の支援不足を指摘するセンターも約8割に上り、ボランティアで運営する「最後のセーフティーネット」の苦境が浮き彫りになった。


 同連盟によると、センター数が現在の49か所になった2001年に全国で7933人いた相談員は、年々減少し、今年は7074人になった。この6年で11%減少したことになる。


 また、読売新聞が49の全電話センターに調査したところ、46か所が「相談員が不足している」と回答。センターの相談員数は48~409人と様々だが、不足の背景として「相談員が高齢化し、家族介護や病気などで退会者が増えた」などという声が目立った。「仕事を持つ女性が増え、応募者が減った」「研修に2年かかる上、研修費も自己負担のため、新規に集まりにくい」といった意見もあった。


 「愛媛いのちの電話」では、相談員不足を理由に、昨年から午前中の受信を休止した。「断腸の思いだが、活動存続のためにはやむを得ない」としている。名古屋や群馬などは「時間帯によって、受け付け回線数を減らしている」という。将来、時間短縮や回線減の可能性があると答えたセンターも8か所あった。


 一方で、全体の相談件数は1996年の約56万6000件から06年は約70万4000件に増加。いずれも心の悩みを吐露する内容だが、相談員が最も神経を使う「自殺を直接または間接に示唆する『自殺志向者』」からの割合は、2・5%から6・9%に増えている


 06年の自殺志向者からの相談割合が13・5%と全国で最も高かった「秋田いのちの電話」でも相談員不足は深刻。「2台あっても1台しか受けられない日もある。『つながりにくい』と言われるのは心苦しく、24時間相談も実現したいが、1日9時間を維持するのが精いっぱい」という。


 財政面でも苦労が多い。個人や企業からの寄付金は減少傾向で、今年度、自治体からの補助金が「ゼロ」と答えたセンターが12か所あった。「24時間体制を18年間維持してきたが、公的支援はほとんどない」(鹿児島)、「やりくりが苦しい。資金援助があれば」(福島)といった声は多く、行政の支援が「不十分」と答えたセンターは39か所に上った。


 日本は先進国の中でも自殺率が目立って高く、政府は昨年、自殺対策基本法を施行。今月8日には、16年までに自殺率を20%以上減らすことを目指した「自殺総合対策大綱」を閣議決定するなど、自殺対策に本腰を入れ始めた。


 同連盟の岡本正子事務局長は「相談員不足は深刻で、活動に大きな支障が出ている。活動の意義を社会に理解してもらい、相談員の養成や確保につなげたい」と話している。


2007年6月13日9時4分  読売新聞)



      ※記事以外のコメントはBBSへ投稿ください。
     ☆おとな向け掲示板☆
      ☆児童・生徒向け掲示板☆
       
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-           いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-

☆ご協力のお願い☆ 現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)


banner2.gif         ブログランキング・にほんブログ村へ         a_03.gif    
↑人気ブログランキング      ↑ブログ村                   ↑FC2ブログ☆ランキング




いのちの電話で話したことある。仕事がうまくいかず上司との軋轢もあり、不本意に仕事を辞めることになり、どうしたらいいか、もうダメだ……そしてやっとつながったいのちの電話。相談員はひと言「職安に行ってください」。仕事をやめた背景とか気持ちとかを聞いてほしくてかけたのにふざけんな! 仕事を探すためには職安に行くなんざガキでも分かることだ! 問題はそんなことじゃねーんだよ! そんなことも分からん奴がしゃあしゃあと「いのちの電話です」なんて抜かしてんじゃねーよ! このままいのちの電話なんざなくなっちまえ!
[ 2014/10/30 13:13 ] [ 編集 ]

やめたほうがいい

人生経験もない、話を聞く力もない、人間、やめたほうがいい!自殺促進をしてると同じだ!
特に女、やめたほうがいい!数字や、机の上だけで判断できる物事ばかりではないと知れ!
[ 2010/06/10 15:42 ] [ 編集 ]

いのちの電話の実態

死にたい人のかけるところではない。

相談員の相手ができるか、が条件。

電話を一方的に切られることも多い相談機関である。
苦情を言っても、聞かないかともあるから覚悟すること。

周りに会話する人が一人もいなくて
他人と話せればいい、ぐらいの軽い気持ちでないと
打撃は大きいので、あらかじめ承知してかけること。
[ 2010/01/23 11:04 ] [ 編集 ]

いのちの電話 利用手引き

いのちの電話は、最悪の事態を予想してかけること!→ここの場に合わないと拒否され、不愉快な思いで電話を切られる。もしくは、話した揚句、電話を切りたいと言われ電話を切られる。苦情は、受け付けない相談所も多い。
その結果、体調を崩したり、症状が悪化することもありうる。余計苦しめられることも視野に入れて、それでも電話をかけたければ電話すること。電話した自分が悪いと考えられる時だけにすること!
[ 2010/01/23 10:57 ] [ 編集 ]

私も、ただ話を聞くって、すごく大事だと思います。
切迫詰まって自殺まで考える人は、アドバイスや説教なんか欲しくないんです。

たとえそんな状況に追い込まれたのが自分に責任があっても、そんなの本人が一番解ってます。でも人生やり直す気力なんて無くしてるし、説教なんて嫌って程聞かされてるから、もうたくさんなんです。

死を考える人は、不思議と、目の前の人が本当に自分の事を真剣に考えてくれてるか、それともただ言いたい事を言ってるだけか、直感で解るんですよね。

確かに、追い詰められた人は人格を否定するような事は言うかもしれない。ただ、そうする事で周囲から否定されてきた自分、最後に自分で自分の存在を否定してしまった事のバランスを保ってるんです。

そんな状況でやたらアドバイスや励ましは、自殺を助長するのでは?と思います。
[ 2007/06/18 22:48 ] [ 編集 ]

受容して聴くことは、糸口

相談者が、自分の悩みの苦しさから、相談員の人格を否定したり、時に罵倒したりということがあります。
相談員には、自分を助けようとしている相談員に対してさえもヒドイ態度に出てしまう程に追い詰められている相談者の苦しみの深さを受容して聴くことが求められます。

相談員に対して理不尽な態度に出る相談者は、自分が周りの人々から理不尽な仕打ちを受け苦しんでいると考えられますから、相談員が相談者の理不尽な態度に腹を立てたり、傷ついたりせず、冷静に相談者の気持ちを受容していくことは、言葉で何らかのアドバイスをするより雄弁に、相談者に、理不尽な仕打ちを受けた時にどう受け止めればいいのかのお手本になります。
そして、自分の気持ちを深く理解してくる人が居ることが、相談者に勇気を与えることになります。
そうした意味で、受容は、とても大切なことだと思います。
[ 2007/06/18 12:35 ] [ 編集 ]

いのちの電話の相談員の方から

こんな話を聞いたことがあります。相談員としての指導をうけた際、ただ、受容し、どんなケースであっても全て聞けと言われ、納得できず、相談員をやめたと言うことでした。電話をしてくる中には、やはり色々な人がいます。だからこそ、ラポートが大切なのでしょうけれど、相談員の人格を否定したり尊重されなかったりするものまでも、ひたすら聞くことと言われ、納得できなかったとのことです。
悩み事・自殺・いじめ、etc相談窓口は色々あるようですが、聞くだけで、なんの智慧も貸せない窓口のありかたも考え直すべきではないでしょうか。
[ 2007/06/17 00:39 ] [ 編集 ]

こんなホームページ見つけました。

http://www2.plala.or.jp/takayamakaoru/
[ 2007/06/16 15:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/208-673b24b1