親の理不尽な要求、抗議に学校苦慮 

この記事の内容ですと、親側にのみ問題があるように聞こえますが、このような親はほんの一部です。学校側も、親たちから信頼を失った責任をもっと自覚すべきであり、親を監視するだけではなく、学校を監視する委員会(外部組織)の設置が望まれます。by HM


親の理不尽な要求、抗議に学校苦慮…


子供の通う学校に理不尽な要求や抗議を行う親に、全国の公立小中学校や教育委員会が苦慮している実態が、読売新聞の調査で明らかになった。


 ◆18教委、クレーム対策


 調査に応じた67の主要都市の教委のうち、40教委がこうした親の実例を把握し、18教委はクレームに対応するための専門職員の配置や教員研修といった対策を実施していた。政府の教育再生会議も第2次報告で、専門家チームを設ける必要性を指摘しており、親のクレーム対処が教育現場の大きな課題となっている。


 調査対象は、全国の道府県庁所在地と政令市、東京23区の計73市区の教育委員会。公立小中学校における親のクレームについて尋ねたところ、67教委から回答があり、40教委が身勝手な要求や問題行動に「苦慮している」と回答した。


 具体例の中では、「自宅で掃除をさせていないから、学校でもさせないでほしい」「(子供同士で小さなトラブルになった)相手の子を転校させるか、登校させないようにしてほしい」など、我が子かわいさから理不尽な要求に至るケースが目立った。


 また、勉強の進み具合が遅れている中学生に小学生の問題を解かせたところ、「子供が精神的に傷ついた」と抗議したり、子供が起こした自転車事故なのに、「学校の指導が悪い」と主張したりする例もあった。


 親が学校現場を飛び越して、教育委員会や文部科学省に、メールや電話で苦情を持ち込むことも多く、ある教委では、抗議の電話が6時間に及んだという。暴力団とのつながりをほのめかし、圧力をかけようとするケースもあった。


 親からの継続的なクレームに対応するため、教師が部活動の指導やテストの採点作業の時間を奪われたり、精神的なストレスを抱えたりすることも多く、「教育活動に支障を来している」との声が出ている。


 今回の調査に対し、「事例を公表することで当事者が再びクレームをつけてくる恐れがある」との理由から回答を避けた教委もある。


 一方、18教委では、クレームを想定した対策を実施。「管理職と教務主任を対象に研修を実施」(佐賀市)、「教委に親対応の専門職員を置いている」(奈良市)、「目に余る時は警察と連携する」(名古屋市)といった取り組みのほか、問題行動を起こす親を精神的にサポートする必要があるとして、「臨床心理士と協力して対応する」(東京都江東区)という教委もある。また、東京都港区では今月から、クレームに対し、学校が弁護士に相談できる制度をスタートさせた。


 教育再生会議も今月1日に公表した第2次報告の中で、精神科医や警察官OBなどが学校と保護者の意思疎通を手助けする「学校問題解決支援チーム(仮称)」を各教委に設置するよう提言している。


(2007年6月18日  読売新聞)


   ※記事以外のコメントはBBSへ投稿ください。
     ☆おとな向け掲示板☆
      ☆児童・生徒向け掲示板☆
       
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-           いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-

☆ご協力のお願い☆ 現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)


banner2.gif         ブログランキング・にほんブログ村へ         a_03.gif    
↑人気ブログランキング      ↑ブログ村                   ↑FC2ブログ☆ランキング



もうひとつ、感じているのは、傍から見たら「そんなのはねつければ良い」と良く言われますが、もともと理不尽な相手を普通にはねつけると、もっとこじれる事が多々あります。


私は教師の方々の肩を一方的に持つつもりはありませんが、会社がバックアップして代わりに相手にしてくれる私たちでさえ、ほぼ1日対応に時間を取られて仕事にならない時があります。
教師の方々の萎縮ぶりを見てると、もしかして、孤軍奮闘を強いられているのでは?と思います。

親に出来る事があるとすれば、そういう方々を同じ保護者としていさめる事は無理でしょうか?

[ 2007/07/02 06:43 ] [ 編集 ]

こなつさんの意見はもっともです

私も小売り店でパートをしていますが、「なんだろ?この人?」って理不尽な苦情を言うお客様がいますね。

結局のところ、こういう人達は自分が良ければ、人にどう思われようが全然構わないと思うのです。

その我儘を通す為に、他のお客様や理不尽な苦情を言われた店員の気持ちなど考えないでね。

教師も「切実な訴え」と「バカ親のワガママ」の区別位は分からないとさ、いじめに対処出来ませんよね?
[ 2007/07/01 22:12 ] [ 編集 ]

区別

「切実な訴え」と「バカ親のワガママ」の区別ぐらいちゃんとつけて下さい。
「いじめ解決の要求」まで「理不尽」とされたらたまりませんよ!
[ 2007/07/01 09:11 ] [ 編集 ]

イジメと直接関係はありませんがリンクを貼らせていただきます。
悪いところがあれば削除させて頂きますのでご連絡下さい。
[ 2007/07/01 05:55 ] [ 編集 ]

以前に同じような記事を別の新聞で読みました。

確かにそれはありえます。と言うのは、私自身は小売業と言う全く違う業界で勤務していますが、小売業にも「・・はあ?」と言うクレームが寄せられています。

誤解を恐れずに言うと、それは、騒ぎ立てれば何とかなる、と言う理屈さえ感じます。


もちろん、そのような方ばかりではありませんが、感じているのが、普通の苦情・苦言以外に、理解に苦しむ内容がここ2~3年に急に増えてきており、その対応にかなりエネルギーを取られているのが現状です。


会社がそういった対応のノウハウを持っていて、バックアップしてくれる私たちでさえ理解に苦しみますから、慣れていない先生がたは、辛いだろうと思います。・・・逃げてはいけませんが。


何か世の中考え方の軸が変になってきた?と感じています。

[ 2007/06/30 22:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/214-95ff6b8a