FC2ブログ









★☆ イジメの悩みから、解決の道すじへ ☆★  

200313 階段

★☆ イジメの悩みから、解決の道すじへ ★☆

コロナウィルスのために全国の小中高校が休校となって、約二週間が経過しようとしています。
みなさま、いかがお過ごしですか。
日本では、ほとんどの家庭のお母さまが仕事を持っているため、保護者の皆さんから、
「テレワークと言っても、自分の職場では、それはできないので困っている」
「ママ友同士で助け合い、順番に家で子どもを預かって、仕事と休みをやりくりしてやり過ごしている」
「学校の学童やトワイライトスクールに預けるしかない」
と様々な苦労話をうかがいます。

おおかたの子どもは、休みを喜んでいます。
家の中で勉強をしたり、本を読んだりしてますが、親の目を盗んでゲームをしたり、公園で友達と遊んだり羽根をのばしている子もいます。

「こんな時期に、イジメの相談やお困りごとの相談なんて、無いでしょ」と思われがちですが、そうでもありません。
あるスクールカウンセラーさんに聞くと、
「学校は休校で学生たちは来ませんが、通常通りに小学校、中学校に行きますし、保護者の相談の予約が入っていて、面談をします」
とのことでした。

ただ、子どもたちや保護者の皆様の中には、「これまで相談しても、なかなか解決しなかった」という感想をお持ちの方も多いのです。
学校も先生方もカウンセラーさんも話を聞いてくれて、
「お気持ちは分かります。〇〇▲▲で、お困りなのですね。何が問題か、わかって良かったですね」
と言われるけれども、イジメっ子は相変わらず、いじめてきます。
先生はイジメっ子の親に知らせず、わが子が不登校になっても、宿題や学校からのお知らせや連絡をくれるだけだったり、少し熱心な先生だと、週に一回、担任が家庭訪問して、玄関先で子どもと少し話をしてくれるだけで、結局のところ、「何も進展しない」という話をよく聞きます。

「では、どうして欲しいかを学校に言いましたか?」と聞くと、
「もちろんです。いじめ加害者に謝ってもらいたい、自分の子どもが登校できるようにしてほしい、静かに学習できるクラスの環境を整えてほしい、とこれまで訴えてきました。
しかし、学校が何もしてくれません」
気落ちして、親子ともメンタルをやられてしまいましたということもよく聞きます。

では、学校の先生の立場で考えてみましょう。
担任の先生も、学年主任も、生徒指導主事も、もちろん校長先生も、まったく気にしていなかったわけではありません。
学校にも「できることとできないこと」があるだけということもあります。

今という時期は、学校にお願いするという意味では、大事な時期なのです。
解決に向けての有効な手をうてる時、道筋をつけられる時なのです。
来年度に向けて3月末という時期は、校長はじめ教職員が変わります。また、担任も変わります。
おそくとも3月第2週から第3週にかけて、「クラス編成」という、学校においては、ビッグイベントがあります。
学校にとっても、ちょうど、積み残した問題や課題を解決する時期なのです。

「クラス編成」では、だれとだれを一緒にしてはいけないか、だれとだれが親友か、よくよく考慮されます。
その学年ごとの「クラス編成会議」は、必ずしも一度で決まるわけではありません。
まずは学年の中心の先生が案をつくる。そして資料を出し合い全員で話あいます。
良識のある先生、ベテランの先生方は、人間関係もよく観察しています。
担任が見過ごしたことも指摘することがあります。
また、転勤するか、しないかも、この時期、大きなポイントです。
「本校では何年目だから、自分はまだ(学校を)変わらない。来年度は問題を解決し、しっかり責任ある立場で運営しよう」という気持ちから、きびしい意見を言う先生もいます。
最終(案)をつくったら、最後は、校長、教頭はじめ管理職を交えた全員で、クラス編成会議をおこないます。
ですから、保護者としては、クラス替えをして欲しいとか、違う担任の元で学びたいとの要望をしてみることで、子供たちの状況が変わることがあります。

不登校だと、毎日にメリハリがなく何となく過ぎていきます。
「4月から新学期だけど、イジメをする子ども、加害者のグループのメンバーと一緒になりたくない」
という気持ちは漠然と持っています。
しかし、「何も言わない」、「何もしない」、「運を天にまかせる」では何も解決しないのです。

より具体的に、
「〇▲〇▲さんとは、同じクラスになりたくありません」
「いじめグループと一番、遠い場所に教室があるクラスにしてください」
「体育や音楽などで、もし共通の授業があるとして、一緒にしないでください」
「トイレの位置も考慮して、同じトイレで顔を合わすこといないようにしてほしい」
としっかり主張をされることをお勧めしたいと思います。
もちろん、全部の希望が通るわけではありませんが、それでも子どもの環境を変えるには、今の時期までにしっかりと希望を伝えておくことが最も大切なのです。

ちょうどコロナウィルス休校のため、落ち着いて物事を考えることができる時期にあります。
イジメはもうたくさん、転校する、通信制の学校に変える、というのも一つの手段です。
しかし、どうか人生の選択肢は、たくさんあり、しかも多面的にあることを知ってください。

そのためには専門家によく相談してください。
いじめから子供を守ろうネットワークは、いつでも相談をお待ちしております。
みなさま方の健康と繁栄を心から願っています。

社会福祉士・精神保健福祉士・元保護観察官
前名古屋市教育委員会 子ども応援委員 SSW
現福祉系大学 講師  堀田利恵


 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2020/03/13 11:55 ] メッセージ | TB(0) | コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/2144-531ccea5