FC2ブログ









◆◇ お弁当メンバー ◇◆ 

200428 緑 葉

◆◇ お弁当メンバー ◇◆
 
 かつて、勤務していた高校で1年生女子のトラブルがありました。

 その日は秋の文化祭の当日で、学校の一般公開日でした。1人の女子生徒の母親とその知人が、学校を訪れました。仰ることには「この子たちを呼んでこい」とのことでした。
 私は困りました。聞けば、娘さんが、ある女子のグループからいじめられているということでした。
 保護者が学校に怒鳴り込んでくるからには、よほどの事だろうと思いました。すぐに、被害生徒を呼び、お母様たちの前で事情を聞きました。

 直接聞くと、入学後間も無く「仲良し」グループができ、当初は仲良くしていたと言います。昼休みには机をくっつけて一緒にお弁当を食べる「お弁当メンバー(弁メン)」でした。
 ところがある時から、なぜかメンバーから無視されて、仲間外れ、つまり、お昼の仲間に入れない、移動教室で一人だけ置いて行かれる等が始まり、さらには、その名前を挙げずに、聞こえよがしに被害生徒の悪口を言い合うなどの“いじめ”行為を受けるようになったとのことでした。

 当時、私は教頭でした。担任の先生もいじめに気付いていないようなので、呼んで、一緒に本人からの事情を聴いてもらいました。学年の先生たちに、他の「弁メン」からの事情聴取をお願いしました。
 ところがあいにくその日は文化祭の一般公開日であったため、担任の先生をはじめほとんどの教員が動きまわっている状態で、事情聴取が進みません。
 さらに困ったことに、その間に、被害生徒の保護者たちが、「弁メン」の生徒たちを懲らしめようと、一般公開されている校内を探し回ろうとしはじめてしまいました。私はそれを止めるのに大変苦労しました。

 その後、個々の事情聴取の内容が徐々に入ってきました。
 他の「弁メン」が被害生徒を無視するようになったきっかけは、ある時、本人が他クラスの教室で別グループとお弁当を食べていたからでした。「裏切った」という受け止め方をしたようです。些細なことですが、それがきっかけとなって、つらい日々が始まったのです。

 私は校長に報告し、教頭の私が個別に、被害生徒を含む「弁メン」全員に話をすることにしました。(業界用語では「指導」と言います)
 加害生徒たちには、無視などの行為が“いじめ”であることを認識させました。また、逆恨みをしないこと、これまでのような対応をしないこと、報復をしないことなどを確認し、その場で「反省文」を書かせました。
 救いだったのは、5人のメンバーの生徒たちは、みな素直であったことです。今後はよければ、元のように仲良くしたいと言ってくれました。

 その様子を、娘さんとお母さんたちに伝えました。そして、担任が間に入り、被害生徒と「弁メン」たちを会わせました。
 加害生徒たちは謝罪し、「ごめんね」、「また仲よくしよう」と言っていました。本人も喜んでいたように思います。

 お母さんも安心したようで、その後、私たちにお礼を述べてくれました。
 お母さんたちが帰られる時、私がお見送りしていると、問題となったグループの「弁メン」メンバーが駆けつけて、笑顔で手を振っていました。ご一家もそれに笑顔で応えていました。
 もう時刻は午後7時を過ぎていました。その日は、朝からこの件の対応にすべての時間を費やしました。
 「弁メン」グループの保護者の方にも、連絡を入れ事情説明をしておきました。
 表面的な仲直りではないか、との心配もありましたので、その後も担任が注意深く見守っていましたが、担任の目から見てもその後は問題はないという報告が届いて安心しました。

 今年は、学校生活が始まらない学校が大半ですが、新入生は当初、「友達ができるだろうか」、「仲間外れにならないだろうか」という不安を抱いています。
 生徒たちは周囲をうかがいながら、同調し行動を共にするようになります。その内心は「自分だけ浮いてしまわないだろうか」という不安でいっぱい。
 社会学者の宮台真司氏はこれを「寂しさ地獄」と呼んでいましたが、入学してしばらくは、教員が意識しておく必要のあることだと思います。

 「弁メン」もこのような心理状態で形成され、その中の影響力のある子供の「声」に周囲が同調し、グループへの帰属を確認し安心しようとする心理があるのだと感じました。その関係が崩れると攻撃対象とされてしまうことがあります。
 新入生の保護者の皆様には、新しい友達関係にも心配りをお願いしたいと思います。

元公立高校校長 清川 洋


 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2020/04/28 13:37 ] メッセージ | TB(0) | コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/2147-88d6f6c5