「いじめ逆襲マニュアル」書評 

「いじめ逆襲マニュアル」


           河西善治著


 「このくそオヤジ!ぶっ殺してやるぞ!」


180センチはあろうかと思われる、暴走族の17歳の少年は大声で怒鳴る。


自分の息子を恐喝する、非行グループ主犯格の家に乗り込んだときのことだ。


その少年の父親は、前歯を何本も折られ、自分の手には負えないと逃げ腰だ。


闘いのゴングは鳴らされた。


「恐喝をやめなさい!」という著者に、「うるせぇ!てめぇ~ぶっ殺すぞ!」と少年は叫び、河西氏も一歩も引くことなく、「もしうちの子に手を出したら、この木刀でお前を半殺しの目にあわせてやるからな!」と応じる。


二人の怒鳴り声は、団地中に響き渡る。闘いは2時間続いた。


その間、河西氏は少年に恐喝は絶対に悪いこと、自分の子供を守るためにはどんなことでもする覚悟があることを身をもって示した。


 その結果その少年は涙ぐみながら、恐喝をやめる約束をし、恐喝事件もぴたりと止んだ。


「自殺したい」と息子に言われ、問題解決のため加害者の家に乗り込んだ河西氏のいじめ撲滅体験である。


 いじめを受けて親が学校に相談にいくと、ほとんどの場合、「学校は警察ではありません。」「双方から事情を聞いて善処します。」「努力しますので時間をください。」と学校から言われ、学校はその後何もしないので、「ちくった」報復としていじめは悪化する。多くのいじめ被害と悲劇は、公立小中学校に対する親の無知から生じている。今の教師たちは、昔と違って、定時出社退社のパートタイマーのおばちゃん、おじちゃんのようである。


学校でいじめを受けても、学校や行政は助けてくれない。だから、いじめっ子への直接行動しかない。それでもだめな場合は、相手の名前やいじめを隠蔽する教師の名前のビラを撒くなどの方法で公表したり、教師への公開質問状を出したりして社会的制裁を加えることが、いじめ解決には最も有効な方法である。子供を未然にいじめから守り、もしいじめにあっても早期に救うための認識と方法を「親学」として学ばねばならない、と河西氏は訴える。



自分の子がいじめられていることが判明したらどうすべきか。


まず、親は原因者であるいじめっ子に対して即反撃し、いじめを表面化する。具体的には学校の校門などで他の子供が見ている前でいじめっ子に直接注意する。


本書によると、ここでしてはいけないことは、事前に相手の親や担任に訴えて、学校交渉という密室に持ち込まれてしまうことだ。この点が他の、「いじめ対策」本と異なる。


それでもやめないときは、「うちの子の身の安全が心配だ」と担任に告げ、個人的に授業参観を行い、いじめっ子にさらに圧力をかける。小学校段階ならほとんどここまででいじめはストップできる。


注意することは、リーダー格の子供だけを攻撃することだ。その子を見せしめにすれば、いじめグループの結束は崩れ、いじめは収まる。そして長期戦にしないこと。自殺寸前に追い込まれている場合でも、直接一撃で撃退できる。「いじめを直ちにやめろ。もし、チクッたなどどいってうちの子に手を出してみろ、直ちにお前を私が制裁してやるからな。またこれまでの被害を調べて告訴してやる。」といえば十分である。と河西氏は言う。


 


いじめがあった場合、現在の公立学校の体制では正攻法で立ち向かったら、ほとんどの親は立ち打ちできない。だから河西氏の言うように、親の直接行動が必要なのだ。


もちろん親が乗り出すことで周囲から非難されたり、変わり者扱いされたりすることもあるだろう。だが世間体を気にしたり、親子とも無傷でいようとしたら問題はいつまでも解決しない。親が子供をどんなことをしてでも守るという気迫の大切さを本書から感じられた。いじめられている子供が求めているものは、世間的に立派な対応をする親ではなく、身を挺して子供を助けてくれる親なのだ。


 


本書は、学校に言ってもいじめが改善されないときに、緊急避難として親の直接行動を考える際には、必読の書であろう


 


冒頭の河西氏のバトルを読んだとき、正直私はおじけづいた。果たして私にそこまでできるだろうか。しかも氏は他人の子供も何人も助けている。


しかし親が戦わなければ、子供に正義を教えられない。


そのとき戦わなければ、子供の手本になるような父親になれない。


本書を3回読み終わったとき、


私にも、来年小学校に上がる息子を持つ父親として、いじめに対する覚悟ができた。


「なりふり構わず、命を懸けて君を守る」と。by 小野田厚志


  


   ※記事以外のコメントはBBSへ投稿ください。
     ☆おとな向け掲示板☆
      ☆児童・生徒向け掲示板☆
       
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-           いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-
☆ご協力のお願い☆ 現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif         ブログランキング・にほんブログ村へ         a_03.gif    
↑人気ブログランキング      ↑ブログ村                   ↑FC2ブログ☆ランキング

[ 2007/07/02 07:07 ] 書評、書籍紹介 | TB(0) | コメント(7)

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/997016.html
追加・参考までに前の記事です(再投稿)
[ 2007/07/04 08:00 ] [ 編集 ]

前のコメントの記事の「その後」です。http://www.excite.co.jp/News/economy/20070703202357/JCast_8937.html    
[ 2007/07/04 04:12 ] [ 編集 ]

いつも読ませていただいてます。ところで、時々「リクエストされたページは表示できません」と表示されて読めない事があるのですが、これは誰かが不適切な内容だと判断した結果の処置なのですか?読めなかった時の内容がとても気になるのですが…。
[ 2007/07/03 12:26 ] [ 編集 ]

子供を守ろう!

 命を懸けて君を守る、、、命を懸けて子供を守る、、こちらのブログはそういった熱い思い、真摯な思いを持った方々が来ておられるんですよね。

 これから書くことは、もしかして爆弾発言かもしれませんが、勇気を持って書きますです(^^ゞおおげさかな、、、。

 こちらのブログは「いじまも」ほぼ通称になってるみたいですが、実は私は違和感があったのです。ぱっと聞いたり見ると、何を守ろう、、なのかわかりにくいな、、と思っていました。

 そうしたところ、きょうのトップ記事のラストの言葉を見てひらめいたのは、「こどまも」です。子供を守ろう、、というのが主旨のこちらのブログには「こどまも」がぴったりくるのでは、、と書き込んでます。

 言霊ってあると思うんですけど、「いじまも」と「こどまも」と比べると、「こどまも」は子供を守るという強い意志とともに、子供への優しい愛情、いつくしみも感じられるのでは、、と思います。。。いかがなものでしょうね。。。

 絶対変えて、、ということではないので、どうぞ誤解なされませんようにお願いいたします。
[ 2007/07/02 19:06 ] [ 編集 ]

力には、力を。ということですか。

そういう親を持つ子は、しあわせだけど、
そういう親は、少数だろうな。

それから、学校の「クレーム親」として
訴えられないように、言動に最新の注意がいる。
…そういう時代なんだろうな。

「本当は」「法治国家」なんだから、
こんなの、まちがってる。

力には、より強力な力を。

これって「弱肉強食」以外のなんでもない。

だけど、

こうまでやらないと、

くされきったガキどもは、

いじめと称して、犯罪をやりたい放題

やっちまうんだろうな。


「力」は、どうしても、必要ですね。

出来れば、「法の力」であってほしい。とは、思います。

でも、現実を見聞きすると、

「われ、なめとんのか、こら。
このクソガキが」

くらいは、
親として、
加害者に対して言えないと、ダメなのかしら…。
[ 2007/07/02 18:05 ] [ 編集 ]

行動としては誰もが出来ることでは無いが、
誰もが出来ることが書かれてある。

親が身を呈して子供を守るという姿勢だ。
小野田氏の感想にもあるように
「なりふり構わず、命を懸けて君を守る」だ。

「なりふり構わず、命を懸けて」・・
どれだけの人が出来るだろう。。

それさえあれば、いじめは終息に向くと思うのだが。。
[ 2007/07/02 12:59 ] [ 編集 ]

うちと同じ

 うちの息子が部活の先輩にセクハラないじめに合った時、学校の担任も「2度としたら許さんからなっ!」と叱ってくれたし、謝罪に来た親子を泣くくらい主人が怒鳴って叱って近所中にも丸聞こえでした。多分ヤンキー上がりの極道の父親と勘違いされてると思います。私も集団登校のリーダーをやる息子が6年生の時、悪口を言う相手に電話で「お宅の息子さんがリーダーやれば良い!」と叱ったらすぐ親子でお詫びに来たり・・・昨日、「この家の人、怒るよ。」って小さい子がうちの前を通りながら言ってました。でもお陰様で(?)その後、息子をいじめる先輩達も、とても優しく指導してくれる様になったし近所の子も息子に対して悪口やいじめがパタリと無くなりました。親は嫌われても良いのです。息子を守る為なら・・・この記事を読んで思い出しました。v-258
[ 2007/07/02 08:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/226-ff483229